健康と福祉のページ(平成23年1月15日号)

2011年1月15日号

□特定健診を受診しましょう

●メタボリックシンドロームに注意

 糖尿病などの生活習慣病は、自覚症状がほとんどないまま進行していきますので、早期に発見するためには定期的に健診を受けることがとても重要です。
 検査の結果、検査項目に異常があった場合は決して放置せず、改善に努めましょう。とくにメタボリックシンドロームに関係している項目は、1つ1つが軽度でも複数重なっている場合は注意が必要です。検査結果が基準値の範囲内であっても、年々少しずつ悪化している場合もありますので、リスクを早期に発見するためにも、年に1度は必ず健診を受けましょう。

●特定健診を実施しています

 特定健診は、下記日程の集団健診または朝倉診療所(3月まで)で受診することができます。
 なお、市指定医療機関での健診は、12月で終了しました。ご注意ください。

■日にち…2月17日(木)・18日(金)・19日(土)、3月6日(日)・7日(月)
■時間…8時30分~10時30分
■場所
《2月17日》市女性センターあすみん
《それ以外の日》市役所別館会議室
(注)朝倉診療所で受診する場合は、予約が必要です(52-1133)。詳しくは、市保険年金課特定保健係(内線240)へ。


□お元気ですか? 保健師です 「がんは死亡原因のトップ」

●日本人の主要な死亡原因

 昭和26年から脳血管疾患が第1位でしたが、昭和56年からがんがトップとなり、その後もがんによる死亡者は増え続けています。
 また平成21年の死亡数の割合をみると、がん30.1パーセント、心疾患15.8パーセント、脳血管疾患10.7パーセントとなっています。およそ3人に1人はがんで死亡したことになり、平成17年の統計では、がんと診断された人で男女別に見ると「男性は胃がん」「女性は乳がん」がトップとなっています。

●がんの原因 

 がんは正常な細胞が、がん細胞に変わることから始まります。その最大の原因は、細胞の老化です。つまり世界一の長寿国である日本は、世界一のがん大国ともいえ、だれもががんにかかる可能性があるということです。
 がんは無症状のうちに芽生えます。年1回検診を受けた方が安心で、早期発見すれば治る確率が高くなります。
 他のがんについても同じことがいえます。日ごろから健康的な生活習慣と検診でがんを予防しましょう。

●がん予防の十二カ条

(1)バランスのとれた栄養をとる
(2)毎日、変化のある食生活を
(3)食べ過ぎをさけ脂肪はひかえめに
(4)お酒はほどほどに
(5)たばこは吸わないように
(6)焦げた部分はさける
(7)かびの生えたものに注意
(8)日光にあたりすぎない
(9)適度にスポーツをする
(10)体を清潔に
(11)食べ物から適量のビタミンと繊維質のものを多くとる
(12)塩辛いものは少なめに、あまり熱いものはさましてから

【がん講演会のお知らせ】

 朝倉市健康づくり推進員企画の胃がん・乳がん講演会が開催されます。
■日時…1月30日(日)、14時開演
■場所…ピーポート甘木・中ホール
■講師…《乳がん》島一郎さん(朝倉医師会病院・外科部長)、《胃がん》實藤俊昭さん(実藤医院・院長)


◆子育てインフォメーション

【問い合わせ先】
市健康課 TEL 22-8571、FAX 23-0732

□乳幼児健康診査
【甘木・朝倉地域の人】
健診、月日、該当者
4カ月、2月1日、平成22年9月生
10カ月、2月2日、平成22年3月生
1歳6カ月、2月3日、平成21年7月生
3歳、2月4日、平成20年1月生

●受付時間 13時15分~13時45分
●場所 ピーポート甘木・保健福祉センター

【杷木地域の人】
健診、月日、該当者
4カ月、2月17日、22年9月・10月生
10カ月、2月17日、22年3月・4月生

●受付時間 13時~13時30分
●場所 女性センターあすみん

【共通事項】
●内容 身長・体重測定、小児科医による診察、歯科健診(1歳6カ月児、3歳児および保護者)、育児・栄養相談、ブックスタート(10カ月児・1歳6カ月児)

(注)該当者には封書で通知します。母子健康手帳を必ずお持ちください。


□子どもの健やかな成長のために

【養育費の電話相談について】
 福岡県母子家庭等就業・自立支援センターでは、母子家庭のお母さんまたは離婚協議中の人を対象に、養育費の電話相談業務を実施しています。相談を希望する人は、当センターまでご連絡ください。なお、受付時間は平日の9時~16時までです。
(注)詳しくは、福岡県母子家庭等就業・自立センター(092-584-3931)へ。


□献血のお知らせ

 輸血の安全性を高めるため、400ミリリットル献血へのご協力をお願いします。
 400ミリリットル献血のできる年齢は、18歳~69歳です。ただし、65歳以上の人は、60歳~64歳の間に献血経験のある人が対象です。

【2月3日(木)】
■時間…《1回目》10時~12時30分、《2回目》13時30分~16時
■場所…朝倉体育センター
(注)献血当日は、食事・睡眠を十分とってご参加ください。詳しくは、市福祉事務所障がい者福祉係(内線120・121)へ。


□診療のお知らせ(1月16日~2月6日)

●休日当番医
(注)診療時間…9時~17時

◆1月16日(日)
・藤井整形外科内科医院(外科系/筑前町092-926-1417)
・武井医院(内科系/馬田22-2300)
◆1月23日(日)
・なかしま小児科内科医院(内科系/筑前町42-2171)
・香月病院(外科系/下浦22-6121)
◆1月30日(日)
・久保山脳神経外科医院(外科系/柿原24-1711)
・田中内科医院(内科系/甘木22-3715)
◆2月6日(日)
・杉山診療所(内科系/安川25-0010)
・稲永病院(内科系/筑前町22-0288)


●歯科休日急患診療
(注)診療時間…9時~15時

◆1月16日(日)
・むらおか歯科医院(一木24-8861)
◆1月23日(日)
・篠崎歯科医院(甘木22-3276)
◆1月30日(日)
・島添歯科医院(杷木池田62-1180)
◆2月6日(日)
・辻歯科医院(甘木22-6438)

(注)変更になることがあります。電話で確認してから行ってください。


●朝倉地域休日夜間急患センター(来春)
23-0077(朝倉医師会病院内)
《平日》内科・外科17時~翌日8時30分、小児科(月曜~水曜・金曜)19時30分~23時30分
《土曜日》内科・外科12時30分~翌日8時30分、小児科17時~翌日9時 
《日・祝・年末年始》内科・外科9時~翌日8時30分、小児科9時~翌日7時


●福岡県救急医療情報センター
(092-471-0099)
24時間体制で救急病院を紹介。


●小児救急医療相談(聖マリア病院)
(0942-37-6116)
携帯短縮 #8000
(注)開設時間…19時~翌日7時(23時以降は民間の健康相談事業者が対応)
小児の救急医療に関する相談と、夜間診療の情報提供。

 

お問い合わせ
総務部 人事秘書課
電話番号 : 0946-22-1111
ファックス番号 : 0946-22-1118
メールアドレス : jinji@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?