工業統計調査

 工業統計調査は、製造業(日本標準産業分類における大分類F−製造業)に属する事業所(国に属する事業所を除く)を対象として、毎年末現在の事業所数、従業者数、製造品出荷額、原材料使用額等を調査することによって、工業の実態を明らかにし、産業政策、中小企業政策など、国や都道府県などの地方公共団体の行政施策のための基礎資料となります。
 また、我が国の経済統計体系の根幹を成し、経済白書や中小企業白書などの経済分析及び各種経済指標にデータを提供することを目的としています。
 工業統計調査は明治42(1909)年に開始され、国勢調査に次ぐ基本的な統計調査であることから、「製造業の国勢調査」とも呼ばれています。
 平成26年の調査では、4人以上の事業所が朝倉市全体で108事業所あり、前回調査と比べて4.4%の減少し、従業員数は5,549人で3.26%の増加、製造品出荷額は32,439,583万円で11.39%の増加となっています。
 

ダウンロード
利用上の注意(297KB)(PDF文書)
工業統計表「市区町村編」(H18~H26)(149KB)(エクセル文書)
外部へのリンク

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせ
総務部 人事秘書課
電話番号 : 0946-22-1111
ファックス番号 : 0946-22-1118
メールアドレス : jinji@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?