後期高齢者医療制度の保険料の納め方


 

 保険料の納め方は、受給している年金の額等によって、「年金から天引きされる特別徴収」と「納付書などで納める普通徴収」の2通りに分かれます。



特別徴収から口座振替への変更について

 平成21年度から、特別徴収(年金からの天引き)の方はどなたでも申請により、特別徴収(年金からの天引き)から口座振替へ変更できるようになりました。
 変更を希望する方は、「後期高齢者医療保険料納付方法変更申出書」と「口座振替の申請」を行うと、年金から天引きが中止され、口座振替による納付へ変更になります。
 ただし、これまでに保険料の滞納がある場合は、口座振替への変更が認められないことがあります。
 申請手続きについては、朝倉市保険年金課までお問い合わせください。

社会保険料控除について
 後期高齢者医療保険料は、所得税及び住民税の申告のとき、社会保険料控除の対象となります。
 特別徴収(年金天引き)から口座振替へ変更した場合、社会保険料控除は、口座振替で納付した方に適用されますので、世帯全体の所得税及び住民税の負担額が変わることがあります。

※ 保険料を納めないでいると

 災害などの特別な事情がないのに、保険料の滞納が続く場合、有効期限の短い保険証や資格証明書が交付されたり、給付の一時差し止めや滞納処分の措置がとられることがあります。


ご相談ください

 保険料の納付などでお困りのときは、朝倉市保険年金課まで


 還付金詐欺にご注意!

 市役所(町村役場)などの職員を装い電話をかけ、ATM(現金自動預け払い機)で医療費や年金等の払い戻しの手続きをすると偽り、お金をだまし取ろうとする詐欺事件が多発しています。
 ATMを介して払い戻しをすることは絶対にありませんので、ご注意ください。

 

お問い合わせ
保健福祉部 保険年金課
電話番号 : 0946-22-1111
ファックス番号 : 0946-22-1129
メールアドレス : honen@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?
このページへのルート一覧
ライフイベントから探す > 高齢・介護 > 後期高齢者医療制度 > 後期高齢者医療制度の保険料の納め方