介護保険負担限度額認定申請について

 介護保険施設(介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、介護医療院)に入所する、または、ショートステイを利用される人で、負担限度額認定の申請により認定された人は、所得に応じた食費・居住(滞在)費の負担限度額(下表参照)が設けられます。交付された認定証を施設に提示することにより、負担限度額までを自己負担し、残りの費用は介護保険から給付されます。ただし、通所サービスにおける費用は対象となりません。
 また、すでにこの認定証の交付を受けている人は、有効期間が7月31日で終了します。引き続き軽減を希望される人は、更新申請が必要です。

食費・居住(滞在)費の利用者負担限度額(1日当たり)
利用者
負担
対象となる人
(次のいずれかに該当する場合)
居住費等の負担限度額 食費の負
担限度額
ユニット型
個室
ユニット型
個室的多床室
従来型
個室
多床室
1段階 (1) 市町村民税非課税世帯である老齢福祉年金受給者
(2) 生活保護受給者
820 490 490
(320)
0 300
2段階 (1) 市町村民税非課税世帯であって、(合計所得金額+課税年金収入額+非課税年金収入額)の年額が80万円以下である人 820 490 490
(420)
370 390
3段階 (2) 市町村民税非課税世帯であって、上記の第2段階に該当しない人 1,310 1,310 1,310
(820)
370 650

 第4段階(基準費用額*1)

上記に該当しない人 1,970 1,640 1,640
(1,150)
370
(840)
1,380

 ※従来型個室における(  )内の金額は、介護老人福祉施設と短期入所生活介護を利用した場合の負担限度額です。

*1:第4段階は、国が定める食費・居住費の標準的な額ですので、施設ごとに異なります。

 

~負担限度額申請について~

 【要件(すべてを満たすことが必要です)】

  ・世帯全員が市町村民税非課税

  ・別世帯に配偶者がいる場合は、別世帯の配偶者も市町村民税非課税

  ・預貯金等が一定額以下

   (単身で1,000万円以下、夫婦で2,000万円以下)

  ※非課税年金(遺族年金・障害年金)も収入として見ます。

  【不正受給への罰則】

  ・虚偽の申告(失念等を含む)により不正に支給を受けた場合、支給された額の最大2倍の加算金が課されることがあります。

○ 手続き方法

 新様式の申請書・同意書をダウンロードして添付書類とともに窓口に直接提出していただくか、郵送で提出ください。

 郵送先

  〒838-8601 福岡県朝倉市菩提寺412番地2

  朝倉市役所 介護サービス課 給付育成係

○ 手続きに必要なもの

 (1)  介護保険負担限度額認定申請書

  (2)  同意書

    (必要に応じて課税状況、所得状況の照会を行う場合があります。)

  (3)  預貯金等の写し 

        本人名義のすべての通帳の見開き(口座、名義がわかるページ)と申請日より2ヶ月前までの直近の残高がわかるページの写しを添付してください。

    ※配偶者がいる場合は、配偶者名義のすべての通帳も必要です。

    (通帳の写し等は、申請書とあわせてホチキス留めしてください)

    * 記入もれ・添付もれの場合は、再度ご提出をお願いします。

    * 有価証券等もある場合は、その写しも添付してください。

  (4) 印鑑(スタンプ印不可)

ダウンロード
負担限度額申請について(119KB)(PDF文書)
負担限度額認定申請書・同意書(215KB)(PDF文書)
負担限度額認定申請書・同意書(記入例)(243KB)(PDF文書)
周知用リーフレット(非課税年金勘案)(381KB)(PDF文書)

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせ
保健福祉部 介護サービス課
電話番号 : 0946-22-1111
ファックス番号 : 0946-23-1536
メールアドレス : kaigo@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?
このページへのルート一覧
▶ オンラインサービス > 申請書ダウンロードサービス > 介護サービス課 > 介護保険負担限度額認定申請について
ライフイベントから探す > 高齢・介護 > 介護保険 > 介護保険負担限度額認定申請について