介護保険居宅介護(介護予防)福祉用具購入費支給申請について

介護保険の要介護及び要支援認定を受けている在宅の方が、都道府県知事の指定をうけた事業者から特定(介護予防)福祉用具を購入した場合に、市が日常生活の自立を助けるために必要と認める場合に限り、購入費用(消費税を含む、4月~3月までの1年間で上限10万円)の9割又は8割が保険から給付されます。ただし、対象費用の1割又は2割は自己負担となります。

※負担割合については、負担割合証をご確認ください。

 

対象となる特定(介護予防)福祉用具の種目

1 腰掛便座
  次のいずれかに該当するものに限る。
 一 和式便器の上に置いて腰掛式に変換するもの
 二 洋式便器の上に置いて高さを補うもの
 三 電動式又はスプリング式で便座から立ち上がる際に補助できる機能を有しているもの
 四 便座、バケツ等からなり、移動可能である便器(水洗機能を有する便器を含み、居室において利用可能であるものに限る。)

2 自動排泄処理装置の交換可能部品
  自動排泄処理装置の交換可能部品(レシーバー、チューブ、タンク等)のうち尿や便の経路となるものであって、居宅要介護者等又はその介護を行う者が容易に交換できるもの。
  専用パッド、洗浄液等排泄の都度消費するもの及び専用パンツ、専用シーツ等の関連製品は除かれる。

3 入浴補助用具
  座位の保持、浴槽への出入り等の入浴に際しての補助を目的とする用具であって次のいずれかに該当するものに限る。
 一 入浴用いす
 二 浴槽用手すり
 三 浴槽内いす
 四 入浴台(浴槽の縁にかけて利用する台であって、浴槽への出入りのためのもの)
 五 浴室内すのこ
 六 浴槽内すのこ
 七 入浴用介助ベルト

4 簡易浴槽
  空気式又は折りたたみ式等で容易に移動できるものであって、取水又は排水のために工事を伴わないもの

5 移動用リフトのつり具の部分
  身体に適合するもので、移動用リフトに連結可能なものであること。

 

手続き方法

 特定(介護予防)福祉用具を購入される場合は、事前に担当の介護支援専門員(ケアマネジャー)に相談して下さい。

 

手続きに必要なもの

1.償還払いの場合
償還払いとは、福祉用具を購入する際、いったん全額を利用者が支払い、後に9割又は8割が還付される方法です。
この方法では、都道府県知事の指定を受けたどの販売業者からも購入できます。

1)介護保険居宅介護(介護予防)福祉用具購入費支給申請書兼請求書
2)領収証
3)パンフレットの写し等
4)委任状(販売事業者等が申請する場合)


2.受領委任払いの場合
受領委任払いとは、利用者は自己負担分の1割又は2割のみ支払をすればよく、一時的な費用負担を避ける方法です。
 この場合、「受領委任払い取扱事業者」として朝倉市に登録された事業者から購入しなければなりません。(登録事業者名簿は下記に掲載しています。)

1)介護保険居宅介護(介護予防)福祉用具購入費支給申請書兼請求書(受領委任払い用)(様式第9号)
2)領収証
3)パンフレットの写し等
4)介護保険住宅改修費等受領委任払いに係る委任状

 (5)委任状(販売業者等が申請する場合)

 

 

 

ダウンロード
委任状(35KB)(PDF文書)
介護保険住宅改修費等受領委任払いに係る委任状(様式第11号)(109KB)(PDF文書)
福祉用具支給申請書 (償還払い用)平成30年2月~(138KB)(PDF文書)
福祉用具購入費支給申請書兼請求書(受領委任払い用)平成30年2月~(200KB)(PDF文書)

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせ
保健福祉部 介護サービス課
電話番号 : 0946-22-1111
ファックス番号 : 0946-23-1536
メールアドレス : kaigo@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?
このページへのルート一覧
▶ オンラインサービス > 申請書ダウンロードサービス > 介護サービス課 > 介護保険居宅介護(介護予防)福祉用具購入費支給申請について
ライフイベントから探す > 高齢・介護 > 介護保険 > 介護保険居宅介護(介護予防)福祉用具購入費支給申請について