秋月城跡出土の高麗鐘(県指定)

福岡県 有形(考古資料)  平成13年2月21日指定

甘木歴史資料館

昭和63年(1988)、秋月城内より出土したこの高麗鐘(通称、朝鮮鐘)は、11世紀前半頃に朝鮮半島にて製作されたものである。胴部中央には「筑前國下座郡・・・永和三年(1377)・・・」の銘文が追刻されている。日本には現在、朝鮮鐘が47口あり、その多くは中世和冦による掠奪品とみられている。永和年間もまた和冦が盛んであった時期で、この鐘もそういった経緯を辿っているのかもしれない。

秋月城跡出土の高麗鐘

*甘木歴史資料館の展示は不定期で変更しておりますので、見学希望の方は事前にご確認下さい。 

 

関連情報
お問い合わせ
甘木歴史資料館
電話番号 : 0946-22-7515
ファックス番号 : 0946-22-7515
メールアドレス : ama-reki@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?