堤当正寺古墳出土品(県指定)

福岡県 有形(考古資料)  平成14年4月5日指定

甘木歴史資料館

県指定史跡となっている堤当正寺古墳から出土した遺物で、円筒埴輪や形象埴輪(盾・靫・蓋・家・船)などの他に、後円部の石室外から甲冑類(小札式鋲留衝角付冑・頸甲・肩甲・三角板式革綴短甲)などが出土した。円筒埴輪は古寺1号墳出土のものと同じ工人により製作された可能性があり、当地の埴輪供給体制を考える上でも重要な資料。

堤当正寺古墳出土品
*甘木歴史資料館の展示は不定期で変更しておりますので、見学希望の方は事前にご確認下さい。
関連情報
お問い合わせ
甘木歴史資料館
電話番号 : 0946-22-7515
ファックス番号 : 0946-22-7515
メールアドレス : ama-reki@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?