20歳になったら国民年金

日本に住んでいる20歳以上60歳未満のすべての方は、国民年金に加入して保険料を納めることになります。
自営業者・学生・フリーターの方などが20歳になったときは、住所地の市町村役場へ国民年金加入の手続きが必要です。また、厚生年金保険や共済組合の加入者(第2号被保険者)に扶養されている配偶者の方が20歳になったときは、第2号被保険者の勤務先を経由して加入の手続きを行うことになります。
なお、第2号被保険者が20歳になったときは、加入の手続きは必要ありません。
 国民年金の加入手続きをきちんとして、保険料を納めましょう。
 学生の方や収入が少なく保険料の納付が困難な方の場合は、「学生納付特例」や「納付猶予」など保険料の支払いを猶予する制度がありますので、お住まいの市町村役場で国民年金の加入手続きを併せて申請してください。
● 学生納付特例
   対象となられる方は、大学等に在学する20歳以上の方で、本人の前年所得が118万円以下の方となります。必要書類は、有効期限付きの学生証のコピーか在学証明書です。
● 納付猶予
   50歳未満の方で、本人・配偶者の前年の所得が一定額以下であれば申請により、保険料の納付が猶予されます。(世帯主の所得は審査の対象外です。)
   保険料を納めないままにしておくと「もしも」のときの障害基礎年金や遺族基礎年金を受けられない場合があります。納めることが困難な場合は、申請をしましょう。それぞれ、必要書類が異なりますので、ご注意ください。

 

日本年金機構のホームページ http://www.nenkin.go.jp/に年金の情報が満載されています。
 

関連情報
お問い合わせ
保健福祉部 保険年金課 国民年金係
電話番号 : 0946-28-7561
ファックス番号 : 0946-22-1129
メールアドレス : honen-nenkin@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?
このページへのルート一覧
ライフイベントから探す > 成人 > 20歳になったら国民年金