まちかどウオッチング(平成23年3月1日号)

■目指せ、けん玉名人 立石公民館・けん玉道場

 立石公民館では毎月第2・第4土曜日に、学校外活動の場として「けん玉道場」を開催しています。取材した1月22日は5人が参加。お互いが競い合いながら「世界一周」「飛行機」などけん玉の技を練習しました。またこの日は趣向を変えて、「けん玉積み木」に挑戦。子どもたちが自由なイメージでけん玉を積み上げ、ユニークな作品をつくりました。けん玉道場への参加希望者は、立石公民館(22-2101)へお問い合わせください。

■歌と文化の祭典 杷木コミュニティ・第6回芸能文化祭

 杷木地域生涯学習センターで1月23日、杷木コミュニティ協議会主催による文化祭が開催されました。メインイベントの紅白歌合戦には各地区から34人が出場し、鮮やかな衣装を着て自慢の歌声を披露。また、職場対抗歌合戦には杷木小学校やJA杷木支所の職員など8チームが出場。会場は溢れんばかりの熱気に包まれました。また、会場内には陶器や絵画など多数の作品が展示され、多くの人が見入っていました。

■園児らが元気よく「鬼は外」 志和保育所で節分行事

 節分の日の2月3日、志和保育所の園児23人が、同保育所が食育活動の一環でつくった豆を使って豆まきをしました。保育士が扮する鬼が登場すると、園児らは「鬼は外、福は内」と大きな声で元気良く豆を投げました。この日は、市が実施する「ふれあい保育事業」で英会話を教えている、土谷オクサーナさんも飛び入りで参加。初めて節分行事を体験し「豆を投げるということに驚いたけれど、楽しい行事ですね」と話してくれました。

■1000枚の甘木絞り 甘木アーケード商店街・展示イベント

 甘木町まちづくり計画「新プラン21」に基づき事業が進められている甘木アーケード商店街で、1000点の甘木絞りが展示されました。甘木小児童、甘木町女性の会などが制作したもので、伝統的な藍色のほか、緑色や赤色の作品が並びました。干支の兎や豆太鼓「バタバタ」をデザインした作品などが飾られています。訪れた人たちは「素敵な催しですね。見事なデザインが多く、小学生の作品もいいですね」と話していました。作品は3月10日まで展示される予定です。

■健康づくりは日ごろの食事から 食生活改善推進会・健康料理教室

 市民の健康づくりを目的に活動している朝倉市食生活改善推進会(ヘルスメイト)が主催した健康料理教室が1月21日、ピーポート甘木で開催されました。約30人の参加者は、糖尿病やメタボリックシンドロームに関する講義を聞いた後、糖尿病予防レシピに挑戦。いわしのハーブパン粉焼きや、めかぶの梅和えなど主食・主菜・副菜を考慮しバランスのとれた料理を作りました。参加者からは「家族の健康づくりに役立てたい」と好評でした。

■1時間ずーっと、紙芝居 子どもと読書講座・紙芝居マラソン

 紙芝居の魅力を知ってもらおうと、1時間続けて8作品を紹介する「紙芝居マラソン」が1月16日、市中央図書館で開催され、約80人が参加しました。紙芝居文化の会のみなさんが演じ手となり、就学前から小学校中学年程度の子どもを対象にした紙芝居を紹介。対話をするように語りかけながら紙芝居を披露しました。長時間にもかかわらず、子どもたちは集中して聞き入っていました。小中学校で本の読み聞かせ活動を行っているという参加者は「紙芝居の魅力に改めて気づいた」と話してくれました。 

お問い合わせ
総務部 人事秘書課
電話番号 : 0946-22-1111
ファックス番号 : 0946-22-1118
メールアドレス : jinji@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?