広報あさくら(平成23年4月15日号)

広報あさくら(平成23年4月15日号)目次

 

表紙(1ページ)

市政ニュース(2ページから7ページ)

情報満載!お知らせ広場(8ページから9ページ)

健康と福祉のページ(10ページから11ページ)

裏表紙(12ページ)

 

表紙(広報あさくら平成23年4月15日号、1ページ)

 

■わたしたちにやれることを

 3月15日、蜷城小学校の6年生13人が、東日本大震災被災地への募金活動をジャスコ甘木店の店頭で行いました。子どもたちは、手作りの特大ポスターを掲げ、大きな声で募金の呼びかけを行いました。募金をしてくれた多くの人の善意に触れた空閑愛里沙さんは、「この募金で被害にあっている人を助けたいです」と語りました。

ページの先頭へ戻る
 

市政ニュース(広報あさくら平成23年4月15日号、2ページから7ページ)

 

◆住宅用太陽光発電システム設置補助制度 【環境課】

 市では平成23年度から、環境への負荷の少ない自然エネルギー利用促進のため、住宅用太陽光発電システムを設置する人を対象に、設置費用の一部補助を始めます(国の補助制度と併用も可)。
【平成23年度受付期間】
 4月1日~平成24年2月末日
【申請方法】
 市環境課にある補助金交付申請書に記入し同課へ提出
・事前登録者(システム付住宅購入者のみ)は、国の補助金交付決定の写しが必要です。ただし、国の補助が終了したときは、省略できます
・着工後申請、中古品、および増設分の申請はできません
・受付は先着順で、予算が無くなり次第終了です
・郵送による申請もできますが、必要事項が記載されていない場合は受付が遅れることがあります
【補助金額】
 新品の太陽電池モジュール(パネル)の最大出力値1キロワット当たり3万円を乗じて得た額(上限額10万円)。最大出力値の小数点以下2位未満の端数は切り捨て。補助金額の1000円未満切り捨て
【補助対象者】
 平成24年3月末日までに工事を完了し、工事完了後に実績報告をできる人
【実績報告書の提出期限を厳守】
・実績報告については、申請者が、工事完了後1カ月以内(実績報告期限(1))に行ってください(必要書類・印かんを市環境課へ持参)
・実績報告期限を厳守してください。理由書の提出がない限り、3月31日(実績報告期限(2))を過ぎると、補助金の交付ができなくなります(原則として市環境課から問い合わせは行いません)
●補助期間
 4月1日~平成26年3月末日まで(3年間限定、予定)
※詳しくは、市環境課(〒838-0062、朝倉市堤4-6、23-1153)へ。

 

 ◆行政相談委員の委嘱 【企画政策課】

 4月1日付けで、総務大臣から次の3人が行政相談委員に委嘱されました。
 行政相談委員は、地域での皆さんの身近な相談相手として、行政サービスに関する相談を受け付け、相談者への助言や関係行政機関への通知などの仕事を無報酬で行っています。
【行政相談委員】
◎泉百合子さん(甘木)  再任
◎江藤紀文さん(田中)  再任
◎井手廣喜さん(杷木松末)  新任
■委嘱期間…4月1日~平成25年3月31日までの2年間
※詳しくは、市企画政策課広報統計係(内線310)へ。

 

◆エコファミリー応援事業(環境家計簿)応募者へ。環境市民賞を創設します 【環境課】

 県では、家庭からはじめる地球温暖化防止対策として、「福岡県環境家計簿」の記帳を通じて、省エネルギー・省資源に取り組むエコファミリー応援事業を実施しています。
●環境市民賞
 市では平成23年度から、エコファミリー応援事業で県が製作した「福岡県環境家計簿」を活用し、環境への取り組みが優秀な世帯等を表彰する環境市民賞を設けました。
 この賞は、「福岡県環境家計簿」に記帳する項目の中から「電気・ガスの使用量」の項目に限定し、その節減に取り組んだ世帯等を表彰する、市独自の表彰制度です。環境市民賞の対象となるためには、福岡県エコファミリー応援事業に応募する必要があります。
【エコファミリー応援事業】
■応募対象
 世帯単位でだれでも応募できます。自治会、職場、その他グループ単位でも可
■応募方法
 市環境課で配布する応募用紙に必要事項を記入の上、提出
●エコファミリー応援事業の申込には、承諾書が必要です
 エコファミリー応援事業に申し込むときは、環境家計簿に記入した内容を市と県で共有するために必要な「情報の共有承諾書」を、市環境課へ提出してください(環境家計簿に同封して県に提出することも可)。
 承諾書は市環境課に用意しています。承諾書の提出がない場合、県から確認の連絡があります。
※詳しくは、市環境課(23-1153)へ。

 

◆家庭用植物性廃食油の回収 【環境課】

 市では平成23年度から、自然環境を保全しリサイクルを推進するため、家庭用植物性廃食油の回収を行います。
 家庭(個人)で処分に困っている場合には、次の要領でお願いします。
(1)廃食油(植物性油のみ)は、透明ペットボトルに詰めて、しっかりとキャップを閉める
(2)市環境課、または、朝倉支所市民福祉係・杷木支所市民福祉係へ直接持参する。回収(廃棄)料は無料
(3)業務用分については回収しません
(4)地区等(個人分以外)で相当量が回収された廃食油は、こがね園(桑原1088-1、24-1294)へ直接持ち込みができます。
 事前にこがね園へ連絡(平日の9時~16時)して、直接持ち込んでください。
 なお、現在すでに回収を実施している地区等は、今後も引き続きそのまま回収できます。
※詳しくは、市環境課(23-1153)へ。

 

◆4月24日は、市議会議員選挙の投票日 【選挙管理委員会】

 4月24日は朝倉市議会議員選挙の投票日です。当日投票所に行けない人は、期日前投票が利用できます。入場券または本人確認ができるものを持参してください。
【期日前投票】
■期間・時間…4月18日(月)~23日(土)、8時30分~20時
■場所…朝倉市役所本庁舎1階、朝倉支所1階、杷木支所1階
※詳しくは、市選挙管理委員会事務局(内線130)へ。

 

◆民生委員の戸別訪問調査にご協力を 【福祉事務所】

■地域の生活状況把握のための調査
 朝倉市民生委員児童委員協議会では、地域の生活実情をより的確に把握し、高齢者等への相談・支援活動の充実を図るため、市内全地域一斉の生活調査キャンペーンを展開します。地区担当の民生委員が対象世帯を訪問し、次の事項についてお尋ねします。
 訪問するときは「民生委員児童委員証」等を提示し、民生委員であることの確認をしたうえで調査します。ご理解とご協力をお願いいたします。    
■調査事項
◎独り暮らし、二人暮らし高齢者の生活状況
◎家族と同居の高齢者の生活状況
◎その他地域の生活実情把握に関する調査
■生活調査キャンペーン期間
 (調査実施期間)
 5月1日(日)~7月31日(日)
※詳しくは、朝倉市民生委員児童委員協議会事務局(市福祉事務所管理係内、内線114、124)へ。

 

◆県南広域水道企業団水質検査計画を策定

 朝倉市へ水道用水を供給している福岡県南広域水道企業団では、「平成23年度水質検査計画」を策定しました。
 この計画は、市水道課、企業団の窓口・ホームページで見ることができます。
※詳しくは、同企業団水質センター(0942‐27‐1563)または市水道課(内線232)へ。

 

◆巡回畜犬登録と狂犬病予防注射のお知らせ 【環境課】

 飼い犬には、一生に1度の登録(生後91日以上の犬)と、年1回の狂犬病予防注射が法律で義務づけられています。
 平成23年度2回目の巡回畜犬登録・狂犬病予防注射を行います。どの会場でも登録と予防注射ができます。都合のよい会場で受けてください。
【予防注射の日程/第2次注射】
 次の日程で都合の悪い場合は、動物病院で注射をうけてください。
■5月9日(月)
《ピーポート甘木》
 13時30分~14時10分
■5月10日(火)
《朝倉体育センター前》
 9時30分~10時10分
《杷木支所》
 10時50分~11時10分
【愛犬健康チェック票】
 登録済の場合は愛犬健康チェック票(郵送済)を必ず記入し、切り取らないで会場に持参してください。
【料金】
■登録済の犬…3050円(注射料)
■新規登録の犬…6050円(登録料と注射料)
●ルールやマナーを守りましょう
◎事故防止のため、首輪はややきつめにし、必ず犬を制御できる人が連れてきてください。また、犬のフンの後始末ができるものをお持ちください。
◎注射を動物病院で受けた場合や、犬が死んだとき、飼い主が変わったときなどは届け出をしてください。
◎散歩中の犬のフン放置や、放し飼いによる苦情があとを絶ちません。飼い主としてのマナーを守り、周囲へ迷惑をかけないよう気をつけましょう。
※詳しくは、市環境課(23-1153)へ。

 

◆後期高齢者医療広域連合平成23年度健康診査

 後期高齢者医療広域連合では、被保険者を対象として、生活習慣病の予防と早期発見・早期治療を目的に健康診査を実施します。4月下旬、被保険者全員に受診票とお知らせを送ります。
■受診対象者
 被保険者。ただし、健康診査の目的から、がん、脳血管疾患、心疾患、動脈硬化症、糖尿病、高血圧症、脂質異常症、心臓病などの治療を受けている人は対象となりません
■受診期間
 4月下旬~平成24年3月31日
■受診票の送付時期
(1)4月末までに被保険者となる人は、4月下旬
(2)5月以降に被保険者となる人は、被保険者となる月(75歳の誕生月など)の上旬
■受診時の自己負担金
 1人500円
■受診方法
 受診票に同封した健康診査の実施医療機関で、個別に予約して受診
※詳しくは、福岡県後期高齢者医療広域連合・お問い合わせセンター(092-651-3111)へ。

 

◆ふくおか県政出前講座

 県では、県の施策や事業などについて142のテーマを用意し、県職員が講師となって分かりやすく説明する「ふくおか県政出前講座」を実施しています。講師派遣費用は無料です。
■対象…おおむね20人以上が集まる集会など
※詳しくは、福岡県県民情報広報課(092-643-3103)へ。
◆耕作放棄地再生利用対策の概要
【農業委員会事務局】
 市では約100ヘクタールの耕作放棄地が発生しています。朝倉市耕作放棄地対策協議会では、耕作放棄地再生利用緊急対策事業を活用し、所有者に代わって耕作放棄地の解消、再生利用に取り組む人へ支援を行います。
●再生利用活動(使用貸借等で再生利用の取り組みを支援)
(1)再生作業、土づくり
 再生作業(障害物除去、深耕、整地等)と土づくり(肥料、有機質資材の投入等)を行う場合に、国の支援額と合わせて総費用の9割を市が支援します。
◎定額支援として10アール当たり5万円を国が補助。重機等を用いて行う場合には、国の2分の1補助などがあります。
◎土づくり(2年目以降必要な場合のみ)では、10アール当たり2万5000円を国が補助。
(2)経営展開
 経営相談、実証ほ場の設置・運営、加工品試作、試験販売等を行う場合に、国が定額を補助。ただし、総費用が10アール当たり6万円未満の場合は対象外です。
●施設等補完整備
 次の場合に、国が2分の1以内で補助します。
◎用排水施設、農業用機械・施設等の整備
◎小規模基盤整備(10アール当たり2万5000円を国が補助)
■支援対象者…農業を営む個人、法人(農業者が組織する団体含む)
■申込期限…平成24年2月24日(金)
■その他
◎戦略作物等を栽培する場合は、土地所有者による再生作業および農用地区域外の取り組みについても支援対象とします。
◎再生させ利用する場所では5年以上の貸借契約等を締結し、作付を行うこと等の諸条件があります。申し込む場合には、朝倉市耕作放棄地対策協議会へお尋ねください。
※詳しくは、朝倉市耕作放棄地対策協議会(市農業委員会事務局内、52-1896)へ。

 

◆朝倉市職員の人事異動[平成23年4月1日] 【人事秘書課】

 平成23年4月1日付け朝倉市職員の人事異動についてお知らせします。掲載は係長以上で、( )内は異動前の職場です。
●部長昇任
・総務部長・渡辺義明(総務財政課長)
・議会事務局長・西村和徳(都市計画課長)

●課長昇任等
・総務財政課長・堀内善文(総務財政課長補佐)
・消防防災課長・末次一夫(消防防災課消防防災係長)
・市民課長〈選挙管理委員会事務局長併任〉・江藤剛一(選挙管理委員会事務局選挙係長)
・人権・同和対策課長・太田眞博(人権・同和対策課長補佐)
・健康課長・宮地ミドリ(朝倉支所市民福祉係長)
・農業振興課長・熊谷鉄夫(福祉事務所次長)
・ダム対策室長・大楠吉博(ダム対策室次長)
・教育課長・髙木昌己(教育課総務係長)
・生涯学習課長・中山玲子(杷木支所市民福祉係長)
・水道課長・仲山茂木(農業振興課営農推進係長)
・朝倉支所長〈市民福祉係長事務取扱、選挙管理委員会事務局併任〉・赤時富士人(下水道課長補佐)

●課長配置替え等
・人事秘書課長・髙良恵一(企画政策課長)
・企画政策課長・秋穗修實(生涯学習課長)
・都市計画課長〈建築係長事務取扱〉・末次和幸(水道課長)
・農業委員会事務局長・前田祐二(人事秘書課長)
・杷木支所長〈市民福祉係長事務取扱、選挙管理委員会事務局併任〉・田中学(人事秘書課付参事〈甘木・朝倉広域市町村圏事務組合派遣〉)

●課長補佐配置替え等
・人事秘書課付参事補佐〈甘木・朝倉広域市町村圏事務組合派遣〉・武内伸一(生涯学習課長補佐)
・税務課長補佐〈管理係長事務取扱〉・金子文明(保険年金課長補佐)
・福祉事務所次長〈障がい者福祉係長事務取扱〉・井手武志(文化課長補佐)

●係長昇任
・人事秘書課人事係長・小林泰輝(総務財政課)
・総務財政課財政係長・佐々木哲治(人事秘書課)
・収納対策課管理収納係長・安丸千奈美(収納対策課)
・市民課戸籍住民係長・栁瀬ユミ(企画政策課)
・介護サービス課資格認定係長・平田江利子(福祉事務所)
・農林課農林土木係長・武田円三(農林課)
・農業振興課農政係長・末石豊伸(建設課)
・農業振興課営農推進係長・保坂恭彦(水道課)
・建設課土木係長・足立勇一(建設課)
・教育課総務係長・千種信昌(保険年金課)
・生涯学習課生涯学習推進係長・鎌田正博(生涯学習課)
・選挙管理委員会事務局選挙係長・三浦弘己(税務課)
・農業委員会事務局農業委員会係長・武内政喜(農業委員会事務局)
・松末保育所長・田中みつ子(松末保育所)
・久喜宮保育所長・高浪邦恵(久喜宮保育所)

●係長配置替え
・企画政策課IT推進・情報処理係長・則松秀樹(税務課管理係長)
・企画政策課男女共同参画推進・青少年係長・本田聡子(健康課庶務係長)
・公共交通推進室推進係長・碓井一哉(保険年金課特定保健係長)
・収納対策課特別債権整理係長・森田和枝(生涯学習課スポーツ振興係長)
・環境課廃棄物係長・徳永順一(ダム対策室ダム対策係長)
・人権・同和対策課人権・同和対策係長・岩切範宏(農業委員会事務局農業委員会係長)
・保険年金課国保年金係長・森部秀二(企画政策課IT推進・情報処理係長)
・保険年金課特定保健係長・江上せい子(生涯学習課図書館係長)
・健康課庶務係長・佐藤純子(人事秘書課付係長〈甘木・朝倉広域市町村圏事務組合派遣〉)
・福祉事務所保護係長・藤瀬弘安(福祉事務所保育所係長)
・福祉事務所保育所係長・郷原康志(農業振興課農政係長)
・ダム対策室ダム対策係長・寺岡滝治(収納対策課特別債権整理係長)
・朝倉農業高校跡地対策室対策係長・井上宏一(人事秘書課人事係長)
・下水道課庶務係長・半田佳哉(建設課土木係長)
・教育課施設係長・江藤宏彦(朝倉農業高校跡地対策室対策係長)
・生涯学習課スポーツ振興係長・桑野和男(農業委員会事務局農業委員会係長)
・生涯学習課図書館係長・白水ひろみ(福祉事務所障がい者福祉係長)
・文化課文化振興係長・西和臣(人事秘書課人事係長)
・秋月保育所長・井上静江(志和保育所長)
・蜷城保育所長・別府恵子(松末保育所長)
・杷木保育所長・藤本英子(蜷城保育所長)
・志和保育所長・吉井三津子(秋月保育所長)

 ●退職(平成23年3月31日付)
・総務部長・樋口信尋
・議会事務局長・北嶋雅昭
・消防防災課長・都合和則
・市民課長・田中重男
・人権・同和対策課長・田中又博
・健康課長・井手廣喜
・農業振興課長・岩下孝
・ダム対策室長・石松隆児
・教育課長・林千七
・農業委員会事務局長・平田純慈
・朝倉支所長・花田實
・杷木支所長・高倉保之
・企画政策課長補佐・野上純子
・収納対策課長補佐・山﨑善勝
・市民課長補佐・守安信夫
・環境課長補佐・久保俊二
・農林課長補佐・大庭博昭
・都市計画課長補佐・田中康利
・教育課長補佐・星野敏勝
・環境課廃棄物係長・飯田朝英
・介護サービス課資格認定係長・日野利昭
・杷木保育所長・池田眞弓
・久喜宮保育所長・友岡愛香
※詳しくは、市人事秘書課人事係(内線320、321)へ。

 

◆県リサイクル施設整備費補助事業の募集

 県では、県内で新たに産業廃棄物のリサイクル施設を整備しようとする事業者に施設整備費の一部を補助します。補助金交付の申請をするためには、次の各要件をすべて満たすことが必要です。
●要件
(1)施設の中核的技術やリサイクルシステム等で先導性を有し、他のモデルとなること
(2)産業廃棄物のリサイクル、減量化の効果が高く、県内への波及効果が見込めるものであること
(3)焼却施設等廃棄物の処理、処分を主たる目的とするものでないこと
(4)施設の整備完了後、速やかに事業化できるものであること
●補助率…3分の1以内(補助金額3000万円を限度)
●募集期間…5月9日(月)~20日(金)
※詳しくは、県環境部循環型社会推進課リサイクル係(092‐643‐3372)へ。

 

◆県安全・安心まちづくり団体補助事業の募集

 県では、防犯活動を新たに開始する団体または活動を拡充して防犯活動に取り組む団体(自治会、PTA、ボランティア団体、自主防犯団体など)の活動を補助します。
■対象事業…団体が今年度に新たに開始する事業または活動を充実させる事業で、非営利のもの
■対象経費
(1)帽子、ベスト、ジャンパー等の防犯活動用被服
(2)タスキ、のぼり旗、懐中電灯等の防犯活動物品
(3)講師謝金、会議室使用料等の研修会等開催時の費用
(4)看板・パンフレット等の防犯啓発費用
■助成内容…1団体あたり10万円を上限に福岡県内40団体に助成
■申込期限…5月13日(金)
■申込方法…市消防防災課にある申込用紙に必要事項を記入し提出
※詳しくは、市消防防災課(内線110)へ。

 ページの先頭へ戻る

情報満載!お知らせ広場(広報あさくら平成23年4月15日号、8ページから9ページ)

 

◆お知らせ

□通行に注意してください

 市内の道路で、道路側溝の金属製側溝蓋(グレーチング蓋)の盗難が頻発しています。悪質な事件で、そのままにしておくと重大な事故につながる恐れがあります。
 市ではパトロールを強化しますが、市民のみなさんも通行に注意してください。また、蓋がなくなっているなどの道路の異状や不審な行動をとる人などを発見した場合には、市役所または警察署へ連絡してください。
■連絡先
《市建設課》内線210、211、212
《杷木支所庶務係》直通62-3373
《市農林課》直通52-1115
《朝倉警察署》110、22-0110 

 

□屋外広告物の掲示には許可が必要です

 広告物(広告塔、アドバルーン、のぼり旗、立看板、はり紙)を屋外に掲示する場合は、「広告物の規格」「表示できる場所、物件」など福岡県の条例に基づき、許可を受け掲示することとなります。
【違反広告物を取り除きます】
 禁止物件(橋、道路の防護柵、信号機、道路標識、街路樹等)に広告物を掲示されると、良好な景観を損なうとともに、人や車などの安全な通行を妨げたり、道路標識などの見誤りなどで交通事故を誘発したりする恐れがあります。
 このため、市では禁止物件等に掲示されている違反広告物の除去を実施します。
■実施時期…随時
■実施区域…市内全域。なお、除去した広告物は一定期間保管した後、廃棄処分します。「はり紙」以外の引き取りを希望する人は申し出てください。保管期間・場所などは市役所掲示場に公告します。
※詳しくは、市建設課用地管理係(内線213)または杷木支所庶務係(直通62-3373)へ。


◆イベント

□旧田代家住宅「五月人形展」

 秋月にある旧田代家住宅では「五月人形」の展示を行います。武家屋敷・庭園とともに、五月人形をご覧ください。
■期間…4月22日(金)~5月8日(日)
■時間…9時~16時
■所在地…秋月180-1
■観覧料…無料
※建物の中への立入はできません。庭園からの観覧となります。詳しくは、ピーポート甘木・文化課(22-0001)へ。

 

□朝倉市オープンガーデン

 春の花でいっぱいの個人の庭を開放します。
■期日…4月23日(土)・24日(日)
※詳しくは、朝倉市民祭実行委員会事務局(市観光協会ほとめく館 24-6758)へ。

 

□夏の料理コンテスト 

 三連水車の里あさくらでは、夏野菜のきゅうり・茄子・オクラ・ピーマン・ゴーヤ・ししとう・などをたっぷり使用した「夏バテ防止メニュー」を募集します。
 入賞した料理は、レストラン「水車の詩」のメニューとして提供予定です。
■日時…5月28日(土)、11時30分~
■場所…三連水車の里あさくら・研修室
■コンテスト内容…審査委員による投票で金賞・銀賞・銅賞を決定
■申込方法…住所、氏名、連絡先、レシピを記入のうえ、郵送またはFAXで申し込む。
■申込期限…5月23日(月)
※コンテスト当日、料理は試食用約50人分と写真撮影用1皿を用意してください。詳しくは、三連水車の里あさくら(〒838-1306、朝倉市山田2192-1、52-9300、FAX52-9100)へ。


◆試験

□危険物取扱者試験

【第1回試験】
■受付開始日…4月18日(月)
■受付期限…5月2日(月)
■試験日…6月19日(日)
■試験の種類…全種類
■試験地区…北九州、福岡、大牟田、久留米、飯塚、苅田※受験者のための準備講習会を、5月18日(水)に実施します。詳しくは、甘木・朝倉消防本部予防課(23-2752)へ。

 

◆募集します

□第2期・朝倉市まちづくりチャレンジ大学学生募集

 民間団体が中心になって企画し、5月28日に開校する「第2期・朝倉市まちづくりチャレンジ大学」では、学生を募集します。学びや活動を通して夢と活力ある豊かなまちづくりを若者とともに目指します。本年度は講義・シンポジウムなどを合計4回開催する予定です。開催日時は土・日曜日の13時~16時を予定しています。
■学長…朝倉市長・森田俊介
■定員…200人
■申込期間…4月15日(金)~5月15日(日)
■申込方法…住所、氏名、郵便番号、電話番号を書いてFAXまたは電子メールで申し込む
■申込先…《FAX》22-1108(企画委員・本石敏明さん)、《電子メール》kawaraya@orange.ocn.ne.jp(同)
■学費…年間5000円(学生は2000円)
■主催…チャレンジ大学企画委員会
■共催…朝倉市
【開校記念講演会】
■日時…5月28日(土)、13時~16時
■場所…杷木地域生涯学習センター(らくゆう館)
■内容…武雄市長・樋渡啓祐さんの講演「わたしの考えるまちづくり~官と民との協働~」
※詳しくは、同大学企画委員会・本石さん(090-7392-3195)へ。

 

◆相談コーナー(4月15日~5月7日)


市役所(22-1111)

■家庭児童・母子相談(本庁福祉事務所)
土・日・祝日以外毎日、8時30分~17時
各支所へ事前予約すれば支所で相談に応じます
■農地相談(本庁・朝倉・杷木支所)
15日(金)、13時30分~16時
■消費生活相談(朝倉支所52-1128)
土・日・祝日以外毎日、10時~16時
■巡回交通事故無料相談(本庁301会議室)
27日(水)、10時~15時

ピーポート甘木保健福祉センター(社協)

■心配ごと相談(22-7834)
26日(火)、13時~16時
■行政相談(22-7834)
19日(火)、13時~16時
■法律相談(予約制22-7834)
26日(火)、13時~15時
■消費生活相談(52-1128)
26日(火)、10時~16時

朝倉老人福祉センター(社協)

■心配ごと相談・人権相談(52-0154)
19日(火)、13時~16時

杷木老人福祉センター(社協)

■心配ごと相談・人権相談(63-3543)
27日(水)、13時~16時

北筑後保健福祉環境事務所(朝倉本庁舎)

■エイズ・クラミジア・梅毒の相談・検査、B型・C型肝炎相談・検査(22-9886)
18日(月)・25日(月)・5月2日(月)、9時~10時
■心の相談(予約制22-3965)
19日(火)・26日(火)、13時~15時
■総合栄養相談(予約制22-3964)
27日(水)、13時~15時
■女性の健康相談(予約制22-4211)
21日(木)、14時~17時

朝倉商工会議所

■年金相談(予約制092-552-6118)
27日(水)、10時~15時
■法律相談(予約制21-2624)
20日(水)・25日(月)、13時30分~17時(予約後、市企画政策課で紹介カードを発行)

電話相談

■無料建築相談(取次22-1859内線527)
第2金曜日、9時~17時(甘木朝倉建築設計協会の相談電話番号を紹介)
■あさくら女性ホットライン(092-513-7337)
土・日・祝日以外毎日、10時~17時
■妊婦さん・赤ちゃん・子ども・思春期電話相談(092-642-0110)
年末年始以外毎日、9時~17時30分

 ページの先頭へ戻る
 

健康と福祉のページ(広報あさくら平成23年4月15日号、10ページから11ページ)

 

◆交通事故等でケガをしたら、国民健康保険の届出を

 交通事故や傷害事件など第三者(自分以外の人)から受けた傷病による医療費は、本来加害者が負担すべきものです。
 しかし、事故等の話し合いの中で、その弁償が不十分であったり遅延したりしている場合には、届け出ると国民健康保険で治療を受けることができます。この場合、国民健康保険が加害者に代わって一時的に治療費を立替えて支払い、後で加害者(加害者が加入している自賠責保険等を含む)にその立替え分を請求します。
 国民健康保険で治療を受けるときは、事前に必ず市保険年金課へ「第三者行為による傷病届」の手続きをしてください。届出に必要な書類等は、問い合わせください。
 治療を受ける人が、社会保険など職場の健康保険に加入している場合は、職場の健康保険担当へ届け出ることになります。
 ただし、乳幼児・ひとり親・障害者医療証を持っている場合は、社会保険であっても市保険年金課へも届出が必要です。
●国民健康保険が使えない場合があります
 次のようなときは、国民健康保険が使えない場合があります。
◎業務上のケガや飲酒運転・無免許運転等でのケガの場合
◎届出をする前に加害者と示談をしていた場合
◎加害者からすでに治療費全額を受け取っている場合 など
◆届出の手順(交通事故の場合)
(1)交通事故を警察に届け、速やかに「事故証明書」をもらう
(2)市保険年金課へ届け出る(第三者行為による傷病届)
◆届出に必要なもの
 国民健康保険証、印かん、事故証明書
※「第三者行為による傷病届」の様式は、市保険年金課にあります。詳しくは、市保険年金課(内線181、153)へ。

 

◆お元気ですか?保健師です

「大好評!ステップ運動で健康づくり」

 運動不足の目安は、階段を昇って息がきれることです。日常生活で支障なく動ける身体機能を維持するためにも、階段昇りで息切れしない身体づくりに取り組みましょう。
【ステップ運動とは】
 ニコニコペースで行う踏み台昇降運動です。ウォーキングとスクワット運動の利点を併せもつ運動で、スタミナの向上と下肢筋力の向上の効果も期待できます。ニコニコペースとは、運動中に笑顔で会話ができるくらいの運動強度で、疲労もたまりにくく心臓への負担も穏やかで長時間続けられます。
●ニコニコペースの運動効果
 減量効果/血圧の安定/血糖コントロールを良くする/中性脂肪を低下させる/善玉コレステロールを増加させる/スタミナ・気力の増強
 現在、市内各公民館でステップ運動教室(13カ所)を開催しています。各教室では、ステップリーダーが健康づくりをサポートします。一緒に楽しく運動しませんか? 
【ステップ運動のやり方】
右足から始める場合、2回目は左足から、3回目は右足からと、バランスよく交互に昇ります。1回10分程度で、生活リズムに合わせて、1日20~30分が効果的です。
膝や腰が悪い人は、壁やテーブルを利用し、負担を軽くして行ってください。痛みを感じたときは無理せず、運動を中止してください。

 

◆障害者無料相談

 身体障害・知的障害・精神障害の人や家族の悩み、困りごとについて相談支援専門員が相談に応じます。
【朝倉老人福祉センター・
健康相談室】
■期日…4月19日(火)
【ピーポート甘木・保健福祉センター第2応接室】
■期日…4月20日(水)
【女性センターあすみん・
講習室1】
■期日…4月21日(木)
【共通事項】
■時間…13時30分~16時(受付は15時30分まで)
※詳しくは、市福祉事務所障がい者福祉係(内線120、121)、地域活動支援センターあさくら(23-0285)へ。

 

◆子育てインフォメーション

■乳幼児健康診査

【甘木・朝倉地域の人】
健診、月日、該当者
4カ月、4月5日、平成22年11月生
10カ月、4月6日、平成22年5月生
1歳6カ月、4月7日、平成21年9月生
3歳、4月1日、平成20年3月生
●受付時間 13時15分~13時45分
●場所 ピーポート甘木・保健福祉センター
【杷木地域の人】
健診、月日、該当者
4カ月、4月14日、22年11月・12月生
10カ月、4月14日、22年5月・6月生
●受付時間 13時~13時30分
●場所 女性センターあすみん
【共通事項】
●内容 身長・体重測定、小児科医による診察、歯科健診(1歳6カ月児、3歳児および保護者)、育児・栄養相談、ブックスタート(10カ月児・1歳6カ月児)
※該当者には封書で通知します。母子健康手帳を必ずお持ちください。詳しくは、市健康課(22-8571)へ。

 

◆診療のお知らせ

4月17日~5月5日

●休日当番医
※診療時間…9時~17時

◆4月17日(日)
・稲永病院
(内科系/筑前町22-0288)
・甘木中央病院
(外科系/甘 木22-5550)
◆4月24日(日)
・中村クリニック
(外科系/筑前町42-1801)
・窪山医院
(内科系/甘 木22-2014)
◆4月29日(金)
・森山内科医院
(内科系/杷木池田62-0111)
・太刀洗病院
(内科系/筑前町22-2561)
◆5月 1日(日)
・本田脳神経外科クリニック
(外科系/筑前町21-8105)
・朝倉健生病院
(内科系/甘 木22-5511)
◆5月 3日(火)
・重松医院
(内科系/杷木池田62-0721)
・朝倉健生病院
(外科系/甘 木22-5511)
◆5月 4日(水)
・宮田クリニック
(外科系/筑前町22-3331)
・甘木中央病院
(外科系/甘 木22-5550)
◆5月 5日(木)
・山鹿医院
(内科系/杷木志波62-0501)
・香月病院
(外科系/下 浦22-6121)

●歯科休日急患診療
※診療時間…9時~15時

◆4月17日(日)
・池本歯科医院(筑前町23-0173)
◆4月24日(日)
・石井歯科医院(甘 木22-3097)
◆4月29日(金)
・井上歯科診療所(筑前町42-4832)
◆5月 1日(日)
・伊藤歯科医院(筑前町42-4900)
◆5月 3日(火)
・河原歯科医院(菩提寺23-1717)
◆5月 4日(水)
・今井歯科医院(甘 木23-1288)
◆5月 5日(木)
・冨田歯科医院(甘 木23-2588)
※変更になることがあります。電話で確認して来院してください。

◆朝倉地域休日夜間急患センター(来春)
23-0077(朝倉医師会病院内)

《平日》内科・外科17時~翌日8時30分、小児科19時30分~23時30分
《土曜日》内科・外科12時30分~翌日8時30分、小児科17時~翌日9時
《日・祝・年末年始》内科・外科9時~翌日8時30分、小児科9時~翌日7時

◆福岡県救急医療情報センター
092-471-0099

 24時間体制で救急病院を紹介。

◆小児救急医療相談(聖マリア病院)
0942-37-6116
携帯短縮 #8000

※開設時間…19時~翌日7時(23時以降は民間の健康相談事業者が対応)
 小児の救急医療に関する相談と、夜間診療の情報提供。

 ページの先頭へ戻る
 

裏表紙(広報あさくら平成23年4月15日号、12ページ)

 

◆文化趣味講座 「天璋院篤姫」鑑賞教室参加者募集

 幕末の歴史を動かした篤姫のドラマチックな生涯を描いた、宮尾登美子作「天璋院篤姫」の舞台版。事前に講座で学び観劇を迎えることで、より楽しく有意義な鑑賞ができます。講座・観劇両日とも参加できる人を募集します。
■日時…《講座》7月7日(木)、10時~、
《観劇》7月21日(木)、11時の部(9時にピーポート甘木・第1駐車場に集合してマイクロバスで博多座へ)
■会場…《講座》ピーポート甘木・視聴覚室、《観劇》博多座
■講師…(株)博多座・演劇担当
■参加費(観劇料・弁当代)…《A席》1万4000円、《C席》5000円。参加費は、講座開催時に徴収
■定員…50人(先着順、定員になり次第締切)
■募集開始…4月23日(土)、8時30分~。1回の電話で2人まで受付
※詳しくは、ピーポート甘木・文化課(22-0001)へ。

 

◆女性センター主催講座参加者募集

【ハンドメイド講座・パンとデザート】
■日時…5月~6月の第2・第4土曜日(計4回)、9時30分~12時30分
■場所…市女性センターあすみん 
■定員…15人(先着順)
■内容…《第2土曜日》デザート、
《第4土曜日》パン
■受講料…800円(4回分)
■材料代…3200円(4回分)
■託児…あり(申込時に予約)
■申込方法…市女性センター窓口、
または電話で申し込む
■申込期限…4月26日(火)
【パソコン基礎講座】
■日時…5月7日~6月18日の毎週土曜日(計7回)、9時30分~12時30分
■場所…杷木地域生涯学習センター・パソコン室
■定員…15人(先着順)
■内容…基本的なパソコン操作
■受講料…2100円(7回分)
■教材代…1500円(7回分)
■託児…あり。申込時に予約またはハガキに記入
■申込方法…往復ハガキに講座名、住所、氏名、電話番号を記入し市女性センターへ郵送。または同センター窓口にハガキ1枚を持参
■申込期限…4月26日(火)
【パソコン ワード・エクセル応用】
■日時…6月25日~8月6日の毎週土曜日(計7回)、9時30分~12時30分
■場所…杷木地域生涯学習センター・パソコン室
■定員…15人(先着順)
■内容…ワード・エクセルの応用(便利な活用術等)
■受講料…2100円(7回分)
■教材代…1500円(7回分)
■託児…あり。申込時に予約またはハガキに記入
■申込方法…往復ハガキに講座名、住所、氏名、電話番号を記入し市女性センターへ郵送。または同センター窓口にハガキ1枚を持参
■申込期限…5月25日(水)
※定員を超える場合は、初めての人を優先します。定員に満たない場合は日程変更または中止となる場合もあります。詳しくは、市女性センターあすみん(〒838-1511、朝倉市杷木池田483-1、62-3375)へ。

ページの先頭へ戻る
 

お問い合わせ
総務部 人事秘書課
電話番号 : 0946-22-1111
ファックス番号 : 0946-22-1118
メールアドレス : jinji@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?