高額医療・高額介護合算制度について

医療保険の「高額療養費」、介護保険の「高額介護サービス費」に加えて、医療と介護の両方の自己負担がある世帯(*1)について、年間(前年8月~7月)の自己負担額(*2)の合計が高額になり、下の表に定める限度額を超えたときは、申請により自己負担額の割合に応じてそれぞれの制度から払戻しを受けられます。

 

介護保険から支給されるものを「高額医療合算介護(予防)サービス費」、医療保険から支給されるものを「高額介護合算療養費」、地域支援事業から支給されるものを「高齢医療合算総合事業サービス費」といいます。

 

(*1)ここでいう世帯とは住民票上の世帯ではなく、加入している医療保険制度が同じ場合のことをいいます(国民健康保険と後期高齢者医療など加入制度が異なる場合は合算できません)。

(*2)すでに「高額療養費」、「高額介護サービス費」として支給された分は、上記の自己負担額には含みません。

 

医療と介護の自己負担合算後の限度額 (前年8月~7月の1年間の合計)

 

所得(基礎控除後の総所得金額)

70歳未満の人がいる世帯     所得区分 70~74歳の人がいる世帯 後期高齢者医療制度で医療を受ける人がいる世帯
901万円超 212万円     課税所得           690万円以上 212万円 212万円
600万円超      901万円以下 141万円     課税所得          380万円以上 141万円 141万円
210万円超      600万円以下 67万円     課税所得          145万円以上 67万円 67万円
210万円以下 60万円     一般 56万円 56万円
住民税        非課税世帯 34万円     低所得【2】 31万円 31万円
        低所得【1】* 19万円 19万円

 

*70歳以上の低所得者【1】の世帯で介護サービス利用者が複数いる場合、高額介護サービス費12か月分の限度額295,200円との均衡を保つため、31万円で再計算します。

 

○手続方法

 <朝倉市介護保険、かつ朝倉市国民健康保険又は後期高齢者医療に加入の人>

 支給の可能性がある人には、国民健康保険又は後期高齢者医療から毎年2月から3月頃に郵送でお知らせします。お知らせが届いたら、必要事項を記入・押印の上、下記受付窓口のいずれかにご持参いただくか、もしくは郵送でご提出ください。

 加入する医療保険が途中で変わった場合等はお知らせが送付されない場合もありますので、詳しくは加入する医療保健の窓口にお尋ねください。

 

 <上記以外の人>

 介護保険、医療保険の順番でそれぞれ申請が必要です。申請書をダウンロードして、介護サービス課にご持参いただくか、もしくは郵送でご提出ください。申請後、「介護保険自己負担額証明書」(年間の自己負担額を記載)を交付しますので、支給基準日(7月31日)時点で加入する医療保険の窓口に証明書を添付して申請してください。

加入する医療保険が同じ世帯で複数の介護サービス利用者がいる場合は、もれなく利用者全員分を提出してください。

 

 <手続きの時効>

 支給基準日の翌日(8月1日)から2年間です。

 

 

○手続きに必要なもの

(1)高額介護合算療養費等支給申請書兼自己負担額証明書交付申請書

(2)被保険者の印鑑(ゴム印、スタンプ式のものは不可)

(3)預金通帳など振込先の確認ができるもの(被保険者名義の口座)

(4)介護保険被保険者証

(5)医療保険被保険者証 (朝倉市の国民健康保険、後期高齢者医療の場合は、不要です。)

 

〇受付窓口

市庁舎1階 介護サービス課 0946-28-7586

朝倉支所 0946-52-1523

杷木支所 0946-62-1950

ダウンロード
高額介護合算療養費等支給申請書兼自己負担額証明書交付申請書(124KB)(PDF文書)

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせ
保健福祉部 介護サービス課
電話番号 : 0946-22-1111
ファックス番号 : 0946-23-1536
メールアドレス : kaigo@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?
このページへのルート一覧
▶ オンラインサービス > 申請書ダウンロードサービス > 介護サービス課 > 高額医療・高額介護合算制度について