広報あさくら第140号(平成24年1月15日号)

広報あさくら第140号(平成24年1月15日号)目次

表紙(1ページ)

確定申告はお早めに(2ページから3ページ)

市政ニュース(4ページから5ページ)

情報満載!お知らせ広場(6ページから7ページ)

健康と福祉のページ(8ページから9ページ)

裏表紙(10ページ)

 

表紙(広報あさくら 平成24年1月15日号、1ページ)

■ぺったん餅つき楽しいね―わんぱくクラブ甘木餅つき会―

 12月11日、学童保育所わんぱくクラブ甘木(甘木小学校内)で餅つきがありました。参加したのは甘木小学校の児童とその保護者、先生など約100人。もち米を石臼と杵でこね、すべて人力でつきあげました。途中、もちが元気よく臼から飛び出すなどのハプニングもあり、会場は終始大盛り上がりでした。

ページの先頭へ戻る

確定申告はお早めに(広報あさくら 平成24年1月15日号、2ページから3ページ)

◆確定申告はお早めに 市県民税・所得税の申告は3月15日(木)まで

■所得税の確定申告
【申告が必要な人】
●商業・工業・農業などを営んでいる人
●家賃・地代・不動産売却などの所得がある人
●給与所得者
 給与所得者は通常、年末調整で税金の精算が行われ、所得税の申告は必要ありません。しかし、次のいずれかに該当する人は申告が必要です。
(1)給与・退職所得以外の所得の合計額が20万円を超える人
(2)給与を2カ所以上の事業所からもらっている人
(3)給与収入の年額が2000万円を超える人

■市県民税・国保税の申告
 市県民税・国民健康保険税(国保税)の申告書は、2月上旬に区会長を通じて広報紙と一緒に各世帯に配布します。
【申告が必要な人】
 今年1月1日現在で、朝倉市に住所があり(住民登録がなく市内に居住している人を含む)、次に該当する人は、市県民税・国民健康保険税の申告が必要です。
(1)給与所得者で、勤務先から市役所へ「給与支払報告書」が提出されなかった人(パートやアルバイト、中途 退職者を含む)
(2)給与所得以外に各種所得があった人(給与所得以外の所得が20万円以下の場合、確定申告は不要ですが、市・県民税の申告は必要)
(3)各種所得がある人で、所得税の確定申告をしなくてよい人(農地の貸付料としてお米や金品等をもらっている人を含む)

【申告をしなくてもよい人】
(1)所得税の確定申告をした人
(2)勤務先から市役所へ「給与支払報告 書」の提出があり、給与以外の所得 がなかった人
(注)所得がない人でも、国民健康保険に加入している人や介護保険の申請をする人、各種年金、ひとり親家庭等医療などを受給している人は、その資格の判定や所得証明書発行の資料となるため、市県民税・国民健康保険税申告書を提出する必要があります。

■納税も期限内に
 期限を過ぎると、延滞税がかかり、差し押さえなどを受けることもあります。必ず期限内に納めましょう。
◎所得税は3月15日
◎贈与税は3月15日
◎個人事業者の消費税は4月2日

■申告相談の日程
 確定申告期間中は、日程表のとおり申告相談を行います。期間中、市役所本庁での相談は受け付けていません。
 なお、朝倉・杷木地域は、2月29日(水)まで各支所で相談を行いますが、その後、支所では行いません。

■申告や相談に必要なもの
(1)申告書の送付を受けている人は、その申告書。所得税は「確定申告書」、 市県民税・国民健康保険税は「市民税・ 県民税・国民健康保険税申告書」
(2)口座振替希望の人は、通帳とその印かん
(3)給与や年金などの収入がある人は平成23年分の源泉徴収票
(4)事業所得、不動産所得、農業所得などがある人は、収入・必要経費などが分かる帳簿書類
(5)社会保険料・生命保険料・地震保険 料の所得控除を受ける人は、社会保 険料(国民年金保険料等)や生命保 険料などの証明書
(6)医療費控除を受ける人は、支払った医療費の領収書・保険金などで補てんされる金額の明細書(医療費は治療を受けた人ごとに集計してください)

■インターネットでも確定申告できます
 国税庁のホームページ(http://www.nta.go.jp)の「確定申告書等作成コーナー」で所得税の確定申告書等が作成できます。
 作成した申告書等を出力し、源泉徴収票などの必要書類を添付して郵送すれば、税務署に行く必要がありません。 また、e-Tax(イータックス)に登録すれば、そのままデータを送信して、オンライン上で確定申告ができます。

申告相談の日程表
【甘木地域】
◎受付時間…9時~16時
◎会場…ピーポート甘木2階 第4・5学習室
◎期日と対象地区
・2月16日(木)は、蜷城
・2月17日(金)は、福田
・2月20日(月)は、安川
・2月21日(火)は、三奈木
・2月22日(水)は、馬田(上浦・下浦・中原・草水)
・2月23日(木)は、馬田(千代丸・牛木・馬田)
・2月24日(金)は、立石
・2月27日(月)は、金川
・2月28日(火)は、上秋月・秋月
・2月29日(水)は、高木、美奈宜の杜
・3月1日(木)~15日(木)は、甘木および市内全地区

【朝倉地域】
◎受付時間…9時~16時
◎会場…朝倉支所3階 大会議室
◎期日と対象地区
・2月16日(木)は、恵蘇宿、山田、菱野
・2月17日(金)は、久重、下古毛
・2月20日(月)は、三島、山後、上須川、尾西、来光寺、長安寺、下須川、中宮野
・2月21日(火)は、八坂、立野、落合、下町、上比、下比、新道、烏集院
・2月22日(水)は、西入地、中町、東中町、中央
・2月23日(木)は、多々連、東長渕、西長渕
・2月24日(金)は、東入地、田中、十文字、余名持
・2月27日(月)は、上の原、善光寺、乙王丸
・2月28日(火)は、大角、三寺、小塚
・2月29日(水)は、上寺、立出、石成
※3月1日(木)~15日(木)は、ピーポート甘木2階 第4・5学習室で申告相談受付

【杷木地域】
◎受付時間…9時~16時
◎会場…杷木支所1階 東側フロア
◎期日と対象地区
・2月16日(木)は、大山上、大山下、池ノ迫、星丸正信、獺ノ口、立
・2月17日(金)は、真竹、小河内、松末本村、石詰、中村、乙石、赤谷
・2月20日(月)は、穂坂、林田、東林田、西林田
・2月21日(火)は、新浜、白木、杷木上町
・2月22日(水)は、上池田、下池田、東町、中央通
・2月23日(木)は、西町、下池田団地、古町、久喜宮上町、久喜宮中町、新町
・2月24日(金)は、久喜宮原鶴、若市、上げ、寒水
・2月27日(月)は、杷木古賀、浜川、志波上町、志波中町
・2月28日(火)は、下町、宮舟、高山、志波原鶴、塚原、尾迫
・2月29日(水)は、梅ヶ谷、道目木、平榎、松葉、政所、笹尾、杉馬場
※3月1日(木)~15日(木)は、ピーポート甘木2階 第4・5学習室で申告相談受付

いずれの地域も、土・日曜の相談や受付は行っていません

●所得税の問い合わせ先
・甘木税務署(0946-22-2720)

●市県民税の問い合わせ先
・市税務課(0946-22-1111内線61-162、61-163)
・朝倉支所市民福祉係(直通0946-52-1543)
・杷木支所市民福祉係(直通0946-62-3370)

ページの先頭へ戻る
 

市政ニュース(広報あさくら平成24年1月15日号、4ページから5ページ)

◆朝倉市第6期高齢者福祉計画・第5期介護保険事業計画(素案)のパブリックコメント(意見募集)【介護サービス課】

 市では、高齢者が住み慣れた地域でいきいきと、健やかに暮らしていけるよう、平成24年度から26年度までの3年間を計画期間とした「第6期高齢者福祉計画・第5期介護保険事業計画」を策定します。この計画素案についてみなさんから意見を募集します。
■計画素案の入手方法
(1)市のホームページ(http://www.city.asakura.lg.jp)から(「みんなの声」→「パブリックコメント」)
(2)市の窓口で
・総合案内(本庁1階)
・介護サービス課(本庁2階)
・朝倉支所市民福祉係(1階)
・杷木支所市民福祉係(1階)
■募集期間…1月20日(金)~2月10日(金)、必着
■意見の提出方法
 任意の様式に、表題「第6期高齢者福祉計画・第5期介護保険事業計画について」と計画素案への意見、住所、氏名(法人・団体は名称および所在地)、電話番号を記入して次の方法で提出
(1)郵送(〒838-8601、朝倉市菩提寺412-2、朝倉市介護サービス課宛て)
(2)電子メール(kaigo@city.asakura.lg.jp
(3)FAX(0946-23-1536)
(4)計画素案の入手窓口へ直接持参
■その他…提出された書類は返却しませんが、個人情報保護条例に基づき適正に管理します。
※詳しくは、市介護サービス課給付育成係(0946-22-1111内線61-223)へ。

◆個人事業主・事業所のみなさんへ。給与支払報告書の提出を忘れずに【税務課】

 給与支払報告書は、給与所得者にとって住民税申告に代わるものです。翌年度の住民税の計算のもととなる大切な資料ですので、必ず期限までに提出してください。特に年末調整で住宅ローン控除を適用する場合は、正しく記入した給与支払報告書の提出がないと住民税の住宅ローン控除の適用ができませんので注意してください。
■提出期限…1月31日(火)
■提出先…市税務課
■提出する人…個人・法人を問わず、給与・賃金を支払った人
■対象…平成23年中に給与・賃金等の支払いをした全員。支払金額の多少や年末調整の有無にかかわらず、パート・アルバイト・専従者なども対象です(年の途中に退職した人の分も提出)
※詳しくは、市税務課住民税係(0946-22-1111内線61-162、61-163)へ。

◆文化財を火災から守ろう

 昭和24年1月26日、世界的至宝で1300年の歴史を持つ日本最古の壁画が描かれた奈良県法隆寺金堂が焼損しました。このため、文化財を火災や震災等の災害から保護しようと、1月26日を「文化財防火デー」と定め、全国的に文化財防火運動を展開しています。
 文化財を災害から守るためには、文化財周辺の住民の協力が大切です。私たちのまちにも様々な文化財があります。文化財は私たち共通の財産です。火災による焼失から保護し、後世に残しましょう。
※詳しくは、甘木・朝倉消防本部予防課(0946-23-2752)へ。

◆平成24年度一般競争(指名競争)入札参加資格申請書の受付【総務財政課】

 平成24年度に市が発注する「建設工事」「測量および建設コンサルタント」「物品および役務の提供」の入札参加資格を得るための一般競争(指名競争)入札参加資格審査申請書の受付を行います。
 提出要領など詳しい内容は市のホームページ(http://www.city.asakura.lg.jp)に掲載しています。内容を確認のうえ申請してください。
■受付期間…2月1日(水)~3月9日(金)、当日消印有効
■有効期間…7月1日~平成25年6月30日
■受付場所…市総務財政課管財係(本庁3階)
※詳しくは、市総務財政課管財係(0946-22-1111内線61-312、61-313)へ。

◆県立久留米聴覚特別支援学校幼稚部入学者募集

■対象…両耳の聴力レベルがおおむね60デシベル以上で、補聴器等を使用しても通常の話声を理解することが不可能または著しく困難で、原則として福岡県に在住する人
(1)3歳児(平成20年4月2日~平成21年4月1日生まれ)で入学を希望する人
(2)4~5歳児(平成18年4月2日~平成20年4月1日生まれ)で編入学を希望する人
■募集期間…1月23日(月)~2月3日(金)、9時~17時(土・日曜を除く)。最終日は16時まで
■検査日…2月22日(水)
■合格発表…3月8日(木)
※詳しくは、同校(0942-44-2304)へ。

◆介護保険住宅改修等受領委任払い取扱事業者講習会【介護サービス課】

 住宅改修等を行う事業者が、介護保険住宅改修等受領委任払い取扱事業者として登録するには、講習会受講が義務付けられています。受講していない場合は、償還払いのみの取扱事業者となります。登録を希望する場合は、必ず講習会を受講してください。
■対象…介護保険住宅改修等受領委任払い取扱事業者として、次の(1)または(2)に該当する事業者
(1)新規に登録を希望する事業者
(2)平成22年度に登録し更新を希望する事業者
■日時…2月17日(金)、《(1)の事業者》10時~、《(2)の事業者》13時30分~
■場所…市役所本庁・別館第1会議室
■申込方法…市ホームページ(http://www.city.asakura.lg.jp)からダウンロードした申込書に必要事項を記入し、電子メール(kaigo@city.asakura.lg.jp)またはFAX(0946-23-1536)で、市介護サービス課給付育成係へ申し込む
■申込期限…2月3日(金)、17時
※詳しくは、市介護サービス課給付育成係(0946-22-1111内線61-261)へ。

◆県立福岡聴覚特別支援学校幼稚部入学者募集

■対象…平成20年4月2日~平成21年4月1日までに生まれた、聴覚に障害がある幼児(4歳・5歳児も受付可)
■募集期間…1月23日(月)~2月3日(金)
■入学選考日…2月22日(水)
※詳しくは、同校(092-821-1212)へ。

ページの先頭へ戻る

 

情報満載!お知らせ広場(広報あさくら平成24年1月15日号、6ページから7ページ) 

◆講演・講座など

□女性センター講座

 女性センターあすみんが主催する3つの講座です。
(1)チャレンジ講座、手作りチョコとクッキー
■日時…2月10日(金)、18時~
■場所…市女性センターあすみん・調理実習室
■費用…《受講料》200円、《材料費》1000円
■定員…12人
■申込方法…市女性センターの窓口、または電話申込

(2)リラックスストレッチ講座
 親子で楽しくリズム体操をしましょう。
■日時…2月7日(火)、10時30分~(90分以内)
■場所…市女性センターあすみん・軽運動室
■参加費…無料
■申込方法…市女性センターの窓口、または電話申込(子どもの年齢・人数が必要)

(3)親子で3B体操
■日時…2月21日(火)、11時~(60分程度)
■場所…市女性センターあすみん・軽運動室
■参加費…無料
■申込方法…市女性センターの窓口、または電話申込(子どもの年齢・人数が必要)
【共通事項】
■申込期限…2月1日(水)
※詳しくは、市女性センターあすみん(0946-62-3375)へ。

□糖尿病と合併症予防講演会

 全国の糖尿病患者・糖尿病予備軍は2210万人といわれていますが、糖尿病が疑われる人の約4割はほとんど治療を受けたことがありません。講演会に参加して学習してみませんか。個別相談もあります。
■日時…2月5日(日)、12時~16時
■場所…コスモスプラザ(筑前町)
■内容…わきさか内科医院院長・脇坂正則さんの講演「糖尿病の合併を起こさないためには」、糖尿病食の展示、血糖血圧の測定、健康・栄養相談など
■参加費…無料
※詳しくは、筑後地区糖尿病療養指導士・下曽山さん(080-1750-5025)へ。

□朗読ボランティア養成講座

 あなたの声でボランティア活動をしてみませんか。NHK北九州放送局アナウンサーの原田徹さんを講師に招き、朗読の基礎や発声方法などを学びます。
■期日…2月7日(火)・15日(水)・21日(火)、全3回
■時間…13時~15時
■場所…ピーポート甘木・視聴覚室
■内容…実技指導、録音体験、講演など
■定員…20人(申込順)
■参加費…無料
■申込期限…2月1日(水)
※詳しくは、市社会福祉協議会(0946-22-7834)へ。

□新春講演会「絆~語り継ぎたい日本人の物語」

 甘木朝倉法人会朝倉支部・東部支部主催の講演会です。中村学園大学教授・占部賢志さんを講師に迎えます。
 占部さんは、社会貢献活動の一環として、NPO法人アジア太平洋こども会議・イン福岡「日本のこども大使育成塾」塾長などを務めています。
■日時…1月24日(火)、19時~
■場所…朝倉地域生涯学習センター
■参加費…無料
※詳しくは、甘木朝倉法人会東部支部(朝倉市商工会内、0946-62-0473)へ。


◆募集します

□市社会福祉協議会職員

■募集人員…一般職員1人
■受験資格・条件…社会福祉士資格取得者または取得見込者(平成23年度中)。ただし、採用日に社会福祉士を取得していること
■採用日…平成24年4月1日
■年齢…不問。ただし、60歳定年制度あり
■処遇(給与月額)…《大学卒》15万8700円、《短大卒》14万9800円、《高校卒》14万2300円
■申込方法…履歴書(写真貼付)、社会福祉士を有している人はその写し1通を添付し、市社会福祉協議会へ持参または郵送
■受付期間…1月16日(月)~31日(火)、8時30分~17時15分、土・日曜を除く。郵送の場合は31日、17時15分必着
◎1次試験
■期日…2月11日(土)
■内容…総合適性検査
◎2次試験(1次試験合格者のみ)
■期日…2月19日(日)
■内容…論文、パソコン基礎、面接
※詳しくは、市社会福祉協議会(〒838-0068、朝倉市甘木198-1、0946-22-7834)へ。


◆イベント

□新春百人一首カルタ会

 恵蘇八幡宮の御祭神である天智天皇が朝倉の地で詠んだといわれる歌が、藤原定家選小倉百人一首の筆頭札として収められていることにちなんで開催される、第20回カルタ会です。
■日時…1月22日(日)、10時~14時
■場所…恵蘇八幡宮社務所
■対象…子どもから高齢者まで
■内容…百人一首、いろはカルタ、こままわし、羽根つき
※詳しくは、上原さん(0946-52-0557)へ。


◆お知らせ

□県下一斉無料法律相談キャンペーン

 県弁護士会では、無料法律相談を実施します。
◎二日市法律相談センター
■日時…2月1日(水)~14日(火)、13時~16時。日曜・祝日休み
■電話…092-918-8120
◎久留米法律相談センター
■日時…2月1日(水)~14日(火)、10時~11時30分、13時~16時。火・木曜は17時30分~19時にも実施、土・日曜休み
■電話…0942-30-0144
◎うきは法律相談センター
■日時…2月1日(水)・8日(水)、13時~15時30分
■電話…0942-30-0144
【共通事項】
■相談時間…1人30分
■事前予約…1月18日(水)から各センターで予約開始
※詳しくは、天神弁護士センター(092-741-3208)へ。

◆相談コーナー 1月15日~2月7日

市役所(22-1111)

■家庭児童・母子相談(本庁福祉事務所)
土・日・祝日以外毎日、8時30分~17時
各支所へ事前予約すれば支所で相談に応じます
■農地相談(本庁、朝倉・杷木支所)
16日(月)、13時30分~16時
■消費生活相談(朝倉支所0946-52-1128)
土・日・祝日以外毎日、10時~16時
■巡回交通事故無料相談(本庁301会議室)
25日(水)、10時~15時  

ピーポート甘木保健福祉センター(社協)

■心配ごと相談(0946-22-7834)
24日(火)、13時~16時
■行政相談(0946-22-7834)
17日(火)、13時~16時
■法律相談(予約制0946-22-7834)
20日(金)、2月3日(金)、13時~15時

朝倉老人福祉センター(社協)

■心配ごと・行政相談(0946-52-0154)
2月7日(火)、13時~16時
■心配ごと相談・人権相談(0946-52-0154)
17日(火)、13時~16時

杷木老人福祉センター(社協)

■心配ごと相談・人権相談(0946-63-3543)
25日(水)、13時~16時  

北筑後保健福祉環境事務所(朝倉本庁舎)

■エイズ・クラミジア・梅毒の相談・検査、B型・C型肝炎相談・検査(予約制0946-22-9886)
16日(月)・23日(月)・30日(月)、
2月6日(月)、9時~10時
■心の相談(予約制0946-22-3965)
17日(火)・24日(火)・31日(火)、2月7日(火)、
13時~15時
■総合栄養相談(予約制0946-22-3964)
25日(水)、13時~15時
■年金相談(予約制092-552-6118・6112)
25日(水)、10時~15時
■法律相談(予約制0946-21-2624)
18日(水)・25日(水)・31日(火)、2月7日(火)、13時30分~17時(予約後、市企画政策課で紹介カードを発行)

朝倉市教育支援センター

■教育相談(0946-22-3399)
土・日・祝日以外毎日、9時~16時30分

電話相談

■あさくら女性ホットライン(092-513-7337)
土・日・祝日以外毎日、10時~17時
■妊婦さん・赤ちゃん・子ども・思春期電話相談(092-642-0110)
年末年始以外毎日、9時~17時30分

ページの先頭へ戻る

 

健康と福祉のページ(広報あさくら平成24年1月15日号、8ページから9ページ)

◆麻しん・風しんの予防接種

 市では、国の麻しん(はしか)排除計画(平成24年度までに日本から麻しんを排除することを目標)に基づき、麻しんの予防接種率をより向上させることに力を入れて取り組んでいます。個人の予防が社会全体の予防に繋がります。対象者で未接種の場合は、早めに接種を受けましょう。
【麻しん・風しんとは】
 患者の咳やくしゃみの中に含まれるウイルスを吸い込むことで感染します。麻しんの感染力は非常に強く、感染した後、約10~12日間の無症状の期間(潜伏期)を経て、熱・せき・鼻水などの症状が現れます。数日後には、首すじ・顔から赤い発しんが出て、全身に広がります。38~39度台の熱が1週間~10日程度続くこともあります。
 麻しんや風しんは、重症化すると肺炎や脳炎を引き起こすこともあります。また、妊婦が妊娠初期に風しんを発症すると、ウイルスが胎児にも感染し、新生児に疾患(先天性風しん症候群)が現れる場合があります。

●平成23年度麻しん・風しん定期予防接種対象者
・1期…1歳~2歳未満の子ども
・2期…小学校就学の前年度の1年間にある子ども(平成17年4月2日~平成18年4月1日生)
・3期…中学校1年生に相当する年齢の人(平成10年4月2日~平成11年4月1日生)
・4期…高校3年生に相当する年齢の人(平成5年4月2日~平成6年4月1日生)

※詳しくは、市健康課(0946-22-8571)へ。

◆お元気ですか? 保健師です

認知症ってどんな病気?

●認知症はだれにでも発症する可能性がある病気です
 認知症とは、いろいろな原因で正常であった脳の働きが低下し、生活するうえで支障がでている状態を指します。認知症を引き起こす病気のうち、最も多いのはアルツハイマー病で、認知症の約6割、続いて多いのが脳血管性認知症でおよそ2割を占めています。
 認知症は、だれにでも発症する可能性があり、加齢とともに増えてくる病気です。症状には、「中核症状」と呼ばれるものと、「周辺症状」と呼ばれるものがあります。「中核症状」は、脳の神経細胞が壊れることによって直接起こる症状です。覚えられない、すぐに忘れる、時間や日付がわからなくなり何回も同じことを言ったり、聞いたりする行為が見られます。
 一方、周囲の人とのかかわりの中で起きてくる症状を「周辺症状」といいます。財布がなくなった、だれかに盗られたといって大騒ぎをしたり、暴力をふるったり、徘徊したりといった行為がみられます。「認知症はどうせ治らない病気だから、病院に行っても仕方がない」という人がいますが、これは誤った考えです。認知症で大切なことは早期発見・早期治療です。
 認知症は、生活習慣や食生活が大きく影響するといわれています。適度な運動とバランスのとれた食事が、認知症予防に効果があるとされています。家に閉じこもると、認知症は悪化してしまいます。できるだけ外出する機会を積極的につくりましょう。
●ステップ運動と、認知症サポーター養成講座
 市健康課(0946-22-8571)では、生活習慣病予防、介護予防事業としてステップ運動教室を各地域で展開しています。また、市介護サービス課(0946-22-1111、内線61-225)では、認知症を正しく理解し、認知症の人や家族を守る「認知症サポーター養成講座」を、10人以上の受講者が集まれば無料で実施します。興味のある人は連絡してください。

◆子育てインフォメーション

【甘木・朝倉地域の人】
・4カ月健診は2月7日実施で、対象は平成23年9月生
・10カ月健診は2月1日実施で、対象は平成23年 3月生
・1歳6カ月健診は2月2日実施で、対象は平成22年7月生
・3歳健診は2月3日実施で、対象は平成21年1月生
●受付時間…13時15分~13時45分
●場所…ピーポート甘木・保健福祉センター
【杷木地域の人】
・4カ月健診は2月16日実施で、対象は23年9月・10月生
・10カ月健診は2月16日実施で、対象は23年3月・4月生
●受付時間…13時~13時30分
●場所…女性センターあすみん
【共通事項】
●内容 身長・体重測定、小児科医による診察、歯科健診(1歳6カ月児、3歳児および保護者)、育児・栄養相談、ブックスタート(10カ月児・1歳6カ月児)
※該当者には封書で通知します。必ず母子健康手帳を持参してください。詳しくは、市健康課(0946-22-8571)へ。

◆ファミリーサポートセンターあさくら「病後児預かり」を開始します

 ファミリーサポートセンターあさくらは、新たに病後児預かりを始めます。子どもの対象年齢は1歳から小学校6年生までです。会員になるためには講習会の受講と登録が必要です。
 すでに会員登録している場合も、病後児預かりをするためには、新たに講習会を受講する必要があります。
【会員の種別】
◎お願い会員…子育ての手助けをして欲しい人
◎みまもり会員…子育ての手伝いをしたい人
◎どっちも会員…手助けもして欲しいし、手伝いもしたい人

【病後児預かりの講習会】
 みまもり会員養成講習会とあわせて、
病気やケガが回復期にある子どもの預かりについての講習会を行います。
 預かりの場合は、必ずかかりつけの医師の許可を得ることが必要です。
●日時…(1)2月8日(水)、9時30分~14時30分、(2)2月15日(水)、10時~15時30分
●場所…老人福祉センター・寿楽荘
●託児…あり。2月3日(金)までに予約
※詳しくは、ファミリーサポートセンターあさくら(0946-24-0055)へ。

◆診療のお知らせ 1月15日~1月29日

●休日当番医
※診療時間…9時~17時
◆1月15日(日)
・まつざきクリニック
(内科系/ 堤 0946-22-1066)
・窪山医院
(内科系/甘 木0946-22-2014)
◆1月22日(日)
・中村クリニック
(外科系/筑前町0946-42-1801)
・朝倉健生病院
(内科系/甘 木0946-22-5511)
◆1月29日(日)
・重松医院
(内科系/杷木池田0946-62-0721)
・冨田小児科医院
(内科系/甘 木0946-22-2036)

●歯科休日急患診療
※診療時間…9時~15時
◆1月15日(日)
・篠﨑歯科医院(甘 木0946-22-3276)
◆1月22日(日)
・島添歯科医院(杷木池田0946-62-1180)
◆1月29日(日)
・辻歯科医院(甘 木0946-22-6438)
※変更になることがあります。電話で確認して来院してください。

◆朝倉地域休日夜間急患センター(来春)

0946-23-0077(朝倉医師会病院内)
《平日》内科・外科17時~翌日8時30分、小児科19時30分~23時30分
《土曜日》内科・外科12時30分~翌日8時30分、小児科17時~翌日9時
《日・祝・年末年始》内科・外科9時~翌日8時30分、小児科9時~翌日7時

◆福岡県救急医療情報センター

092-471-0099
 24時間体制で救急病院を紹介。

◆小児救急医療相談(聖マリア病院)

0942-37-6116
携帯短縮 #8000設時間…19時~翌日7時(23時以降は民間の健康相談事業者が対応)
 小児の救急医療に関する相談と、夜間診療の情報提供。

ページの先頭へ戻る

 

裏表紙(広報あさくら平成24年1月15日号、10ページ)

◆第4回朝倉市ビーチボールバレー大会参加者募集

■日時…2月19日(日)、9時~(受付8時20分~8時30分。組み合わせ抽選8時30分~)
■場所…朝倉体育センター
■参加資格
(1)大会当日時点で20歳以上(学生を除く)の朝倉市民で編成された、監督1人、選手6人以内(交代選手2人含む)のチーム。競技を行うのは男女2人ずつ4人とする。ただし、60歳以上の選手は男女どちらでカウントしても良い。また、監督は選手を兼ねることができる。
(2)参加チームは、A(経験者チーム)とB(初心者チーム)のどちらかを選択するものとする。A・B両方に重複しての参加は不可。
■服装…動きやすい服装で、体育館シューズを必ず着用してください。
■申込方法…所定の申込用紙に必要事項を明記し、市生涯学習課へ電子メール、FAX、郵送のいずれかで申し込む(電話での申し込みは不可)。申込用紙は市生涯学習課窓口、または市ホームページ(http://www.city.asakura.lg.jp)から入手可能。
■申込期限…2月9日(木)、17時必着
■申込先…市生涯学習課(〒838-0068 朝倉市甘木198番地1、FAX0946-22-2811、電子メールsyogaku@city.asakura.lg.jp
※詳しくは、市生涯学習課(0946-22-2348)へ。

◆広報で振り返る 平成23年 朝倉市の主なできごと

◆2月
・旧秋月藩士・臼井六郎を描いた小説「敵討」が、「遺恨あり 明治十三年 最後の仇討」としてTVドラマ化
・朝倉自家用自動車協会が解散
◆3月
・朝倉市食料・農業・農村基本計画を策定
・東日本大震災発生。義援金受付開始。市内各地で募金活動(1)
・甘木・朝倉消防本部緊急消防援助隊が被災地で救援活動
・国道322号甘木大刀洗バイパス橋梁完成(2)
◆4月
・統一地方選挙(福岡県知事選挙、福岡県議会議員一般選挙、朝倉市議会議員一般選挙)
・道の駅原鶴ファームステーションバサロ開店15周年
・住宅用太陽光発電システム設置補助制度スタート
・甘木鉄道開業25周年
・朝倉地域コミュニティバス事業、上秋月地域あいのりスクールバス事業のスタート
・朝倉市教育支援センター開所
◆5月
・教育長に宮﨑成光氏を再任(任期は6月11日から平成27年6月10日までの4年間)
・第2期朝倉市まちづくりチャレンジ大学開校
◆7月
・朝倉農業ネットワークと朝倉光陽高校生徒が共同で開発したふりかけ「ふり柿たろう」の販売開始(3)
・アナログ放送終了、地上デジタルテレビ放送移行
◆8月
・新しい千手橋完成(4)
・災害時要援護者の台帳登録を開始
・市保健師を東日本大震災被災地へ派遣(8月1人、9月1人)
◆10月
・朝倉市の未来予想図(高校生の提言)発表会を開催(5)
・高齢者にやさしい自動車開発プロジェクト社会実証実験を朝倉市で実施
・片男波部屋が朝倉農業高校跡地に部屋を開設
・第1次国土利用計画・都市計画マスタープランを策定
◆11月
・高齢者にやさしい自動車開発プロジェクト体験走行会を朝倉市で実施(6)

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ
総務部 人事秘書課
電話番号 : 0946-22-1111
ファックス番号 : 0946-22-1118
メールアドレス : jinji@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?