広報あさくら(平成24年3月1日号)

広報あさくら(平成24年3月1日号)目次

 

表紙(1ページ)

平成23年度朝倉市表彰式(2ページ)

食の安全・安心への取り組み(3ページ)

市政ニュース(4ページから7ページ)

リビングシリーズ(8ページから9ページ)

情報満載!お知らせ広場(10ページから11ページ)

健康と福祉のページ(12ページから13ページ)

図書館だより(14ページから15ページ)

文化・学習の催し(16ページから17ページ)

市民くらぶ(18ページから19ページ)

まちかどウォッチング(20ページから21ページ)

裏表紙(22ページ)

 

表紙(広報あさくら平成24年3月1日号、1ページ) 

たすきつないでチームに貢献―平塚川添遺跡少年駅伝大会―

 平塚川添遺跡公園で1月15日に行われた少年駅伝大会。市内と朝倉郡内から、総勢57チーム、620人が参加しました。大会は女子の部と男子の部があり、女子の部では、杷木パールズが2位、男子の部では甘木ゴールデンフェニックスのAチームが3位入賞を果たしました。

ページの先頭へ戻る

 

平成23年度朝倉市表彰式(広報あさくら平成24年3月1日号、2ページ) 

4人と2団体を表彰 平成23年度朝倉市表彰式

 ピーポート甘木で1月22日、市の発展や公共福祉の増進に貢献した個人・団体をたたえる表彰式が行われました。
 式典では、森田市長が「今日まで長い期間にわたって、市政並びに地域社会において多大な貢献をされました。今日の市の発展があるのも、みなさまのご尽力、ご協力のおかげだと感謝します」とあいさつし、表彰状と記念品を手渡しました。また、受賞者を代表して朝妻順慶さんが謝辞を述べました。

(1)在職期間、功績
(2)受賞者からひと言

●一般表彰 朝妻順慶さん(上秋月)
(1)保護司(18年間)、地区社会福祉協議会会長(6年間)
(2)保護司として罪を犯した人々の改善更生と犯罪予防や、薬物乱用防止指導員としての活動が認められたものと思います。

●一般表彰 江藤義夫さん(三奈木)
(1)区会長会長、振興会会長などの地区要職で地域に貢献。地区社会福祉協議会副会長・理事(10年間)
(2)受賞に対し関係者の方々と住民の皆様のご指導ご協力の賜と感謝しております。妻と受賞の栄を分かち合います。

●一般表彰 倉光萬里子さん(馬田)
(1)平成5年から17年間、親子読書会で活動。子どもの情操教育に貢献
(2)他にもっと貢献された方が居られるのではと、大変申し訳なく恐縮に思っております。ありがとうございました。

●一般表彰 舟木富治さん(福岡市)
(1)朝倉市出身の画家。絵画4点(自画像、母と子、昆虫、群象)寄贈
(2)身に余る光栄です。出身地のみなさんに見てもらおうと思って寄付させていただきました。みなさんに喜んで戴いて、嬉しく思っています。

●一般表彰 財団法人 福岡県立朝倉農業高等学校校友会 白水福雄理事長
(1)土地の寄付。学校用地等42,444平方メートル、田畑15,638平方メートル、実習用山林88,872平方メートル
(2)朝倉市の事業振興に利用されて、市民皆様に喜ばれることを願っています。

●一般表彰朝倉自家用自動車協会
(1)移動図書館車の寄贈
(2)朝倉自家用自動車協会の解散に伴い、移動図書館車を朝倉市に寄贈しました。地域の教育向上に貢献することを祈念いたします。

※詳しくは、市人事秘書課秘書係(0946-22-1111、内線61-322)へ。

ページの先頭へ戻る

 

食料・農業・農村基本計画を知ろう! 第6号《食の安全・安心への取り組み》(広報あさくら平成24年3月1日号、3ページ) 

 平成23年3月に策定した「朝倉市食料・農業・農村基本計画」の内容について、シリーズで紹介します。

●高まる安全・安心への関心

 最近、農薬や有害化学物質、微生物を含む健康被害など、食品の安全性を脅かす事件が多く発生しています。こうした状況の中、食の安全・安心への消費者の関心は高く、生産者の顔が見える地元農産物への期待は高まっています。
 このことは、「食料・農業・農村基本計画」の策定にあたって平成22年3月に取った市民アンケートの調査結果でも明らかです(回答数698)。

(1)新鮮・品質の良さ  317人(45.5%)
(2)安全・安心  174人(25.0%)
(3)求めやすい価格 75人(10.8%)
(4)地元特産品 63人(9.1%)
(5)生産者との交流 18人(2.6%)
(6)品揃えの豊富さ 8人(1.1%)
(7)その他 2人(0.3%)
(8)無回答 39人(5.6%)

 「農産物を直売所で購入する一番の理由はなんだと思われますか?」という質問に対し、「安全・安心」という回答が25%も占めています。これは「新鮮・品質の良さ」という理由に次いで第2位と高い結果になっていて、直売所を利用する人の多くが、安全・安心を求めていることがわかります。

●安全・安心を実現する取り組み

 現在、市内には多くの直売所があり、生産者の顔が見える地元農産物を、市民が手軽に手にすることができています。
 このことを実現するために、様々な取り組みが行われています。そのうちのいくつかをご紹介します。

《生産履歴管理システム》
 生産履歴管理システムというものがあります。これは、食品の生産から加工・流通・販売までの過程を明確に記録し、商品からさかのぼって確認できるようにすることやその仕組みのことです。
 この生産履歴管理システムを、「三連水車の里あさくら」では平成19年度の開館当初から、ファームステーション「バサロ」では平成21年度から導入しています。
 JA筑前あさくらの各部会でも生産履歴に関する取り組みを行っています。

《福岡県減農薬・減化学肥料栽培認証制度》
 個人の生産者は、「福岡県減農薬・減化学肥料栽培認証制度」の認定を受けた農産物を提供するなど、消費者が安心して買い物ができるよう、安全性を確保することに努めています。
http://www.f-ninshou.net


《各種研修会の実施》
 朝倉普及指導センターでは、定期的に研修会を開催し、JAS法や食品衛生法をはじめ、農薬の適正使用についてなどのテーマで、農業者や関係団体等へ啓発を行っています。

●「食料・農業・農村基本計画」を知ろうシリーズを終えて

 平成23年3月に策定した「食料・農業・農村基本計画」。この計画について、市民のみなさんによく知ってもらうため、計画内容から一部を取り上げ、一年間を通してシリーズで掲載してきました。

【掲載号】
1)「朝倉市食料・農業・農村基本計画」を策定しました(5月1日号)
2)第2号《食育の推進》(7月1日号)
3)第3号《地域農業を支える担い手》(9月1日号)
4)第4号《地産地消の推進》(11月1日号)
5)第5号《農村地域の活性化~食で繋がる~》(1月1日号)

 農業が果たしている役割について、市民みなさんに深く理解してもらうこと。そうして、朝倉市の農業の将来像である「みんなで育む食と農のふる里 あさくら」を目指すこと。その実現にあたって、みなさんが役割に応じた取り組みができるように、朝倉市は様々な支援をしていきます。
※詳しくは、市農業振興課(0946-52-1427)へ。

ページの先頭へ戻る

 

市政ニュース(広報あさくら平成24年3月1日号、4ページから7ページ)

◆平成24年度朝倉市臨時職員を募集します(雇用対策)【人事秘書課】

 市では、最近の雇用情勢をうけ、短期の就業機会を創出・提供するため、臨時職員の登録者を募集します。
 なお、この登録は雇用を保障するものではありません。臨時職員を雇用する必要が生じたときに登録者の中から選考し採用するもので、登録者全員が採用されるとは限りません。また、この登録は、他に就職したり、進学したりすることを拘束するものではないため、登録後、就職や進学することもできます。
■職務内容…事務補助や比較的軽易な事務および作業(詳細は配属の部署で異なります)
■募集予定人数…10人程度
■雇用予定期間…4月1日~平成25年3月31日までの原則6カ月間以内(配属の部署で期間が異なります)
■勤務時間…月曜日~金曜日(祝日を除く)、8時30分~17時15分
■賃金…日額6300円(平成23年度実績)
■募集期間…3月1日(木)~4月27日(金)、ただし、土・日・祝日を除く、8時30分~17時15分
■申込方法…「平成24年度朝倉市臨時職員登録申込書【雇用対策】」に必要事項を記入し、現在の状態を証明できる書類(雇用保険受給資格者証、離職票)の写し、資格等を取得している人は資格・免許等の写しを添えて、市人事秘書課へ本人が提出。簡単な面接を行います
■募集案内・申込書の配布場所
・市人事秘書課(本庁3階)
・市総合案内窓口(本庁1階)
・朝倉支所庶務係(1階)
・杷木支所庶務係(1階)
 募集案内・申込書は3月1日(木)から配布し、市ホームページにも掲載します。募集案内を必ずご覧ください。
※詳しくは、市人事秘書課(0946-22-1111、内線61-320、61-321)へ。

◆子ども予防接種週間。予防接種を受けましょう【健康課】

●3月1日(木)~7日(水)は、子ども予防接種週間
 市内の協力医療機関では、期間中、予防接種の関心を高め、麻しん(はしか)などの予防接種率の向上をはかるため、予防接種に関する相談や予防接種(予約制)を行います。4月からの入園・入学に備えて、必要な予防接種をすませ、病気を未然に防ぎましょう。
 特に、次の平成23年度麻しん・風しん予防接種の対象者で、まだ済んでない人は、この機会に受けてください。
■対象者
◎4月に小学校に入学する子ども(平成17年4月2日~平成18年4月1日生まれ)
◎中学1年生に相当する人(平成10年4月2日~平成11年4月1日生まれ)
◎高校3年生に相当する人(平成5年4月2日~平成6年4月1日生まれ)

●予防接種週間協力医療機関(電話番号)
・上野医院(上秋月)、0946-25-0213
・福嶋外科小児科医院(甘木)、0946-22-2565
・冨田小児科医院(甘木)、0946-22-2036
・田中内科医院(甘木)、0946-22-3715
・たかせ小児科医院(来春)、0946-21-1146
・きたの小児科医院(屋永)、0946-23-1177
・安岡医院(小田)、0946-22-2912
・まつざきクリニック(堤)、0946-22-1066
・朝倉診療所(古毛)、0946-52-1131
・森山内科医院(杷木池田)、0946-62-0111
・重松医院(杷木池田)、0946-62-0721
※予防接種の日時は各医療機関で異なります。必ず医療機関へ事前に問い合わせてください。詳しくは、朝倉医師会(0946-22-2454)へ。

◆軽自動車等の変更手続きは4月1日までに【税務課】

 軽自動車税は、毎年4月1日現在に軽自動車等(原動機付自転車、農耕や荷役作業用等の小型特殊自動車、二輪の小型自動車を含む)を所有する人に課税されます。放置して使用していない軽自動車等がある場合は、4月1日までに廃車手続きをしてください。
盗難に遭い車両やナンバーがない場合も、盗難または廃車手続きが必要です。手続きが遅れると課税されます。
 また、市外に引っ越したときは住所変更の手続きが、廃棄や他人への譲渡などで車両を手放したときは廃車や名義変更の手続きが必要です。
 すでに、販売店等を通じて廃車や下取りを依頼した人は、廃車手続き・名義変更手続きが完了しているか確認することをお勧めします。
●手続きをしなかったら
 住所変更の手続きを行わなかった場合は、軽自動車税の納税通知書が届かなくなることがあります。また、廃車や名義変更手続きをしなかった場合は、引き続きあなたにその車両の税金がかかります。

【変更手続き先】
●朝倉市・甘木市・朝倉町・杷木町ナンバー
◎原動機付自転車・小型特殊自動車(トラクター、コンバイン、フォークリフト等)…市役所本庁、朝倉・杷木支所または転出先の市区町村
■手続きに必要なもの…《廃車手続き》ナンバープレート、印かん、《名義変更》ナンバープレート、譲り受けた人の印かん

●久留米ナンバー
◎250cc以下のバイク…全国軽自動車協会連合会福岡県事務取扱所久留米分室(久留米市上津町、0942-21-8893)
◎250cc超のバイク…九州運輸局福岡運輸支局久留米自動車検査登録事務所(久留米市上津町、050-5540-2081)
◎三輪・四輪軽自動車…全国軽自動車協会連合会福岡県事務取扱所久留米分室(久留米市上津町、0942-21-8893)または軽自動車検査協会福岡主管事務所久留米支所(久留米市上津町、0942-21-5680)
※詳しくは、市税務課(0946-22-1111、内線61-160)へ。

◆下水道・浄化槽の費用や手続き【下水道課】

 市では、市民の生活環境の向上と河川・水路等の水質浄化を図るため、下水道の整備を進めています。
 下水道を使用するには、開始手続きのほか、負担金(分担金)・使用料の納付等が必要となります。
 下水道の利用についてわからないことがあれば、気軽に市下水道課へお問い合わせください。

●受益者負担金(分担金)の納付
 下水道の公共マスや市設置型浄化槽を設置した世帯には、設置工事費や下水管埋費の一部として、受益者負担金(分担金)の納付が義務付けられています。受益者負担金(分担金)の納付期限は、5月・8月・11月・2月の末日です。

●使用料の納付
 各家庭から出た汚水を処理場で処理する費用や、下水管の維持管理費、浄化槽の保守点検費等として、下水道を使用する世帯には使用料の納付が義務付けられています。
 使用を開始したり廃止したりする場合や、世帯人数の変更がある場合は、市下水道課へ届出が必要です。

●アパート等の入居者へ
 下水道に接続しているアパート等へ入居した人は、各自で下水道開始の手続きが必要となります。
 接続の有無については、管理会社または市下水道課へお問い合わせください。
※詳しくは、市下水道課庶務係(0946-22-1111、内線61-531、61-535)へ。

◆朝倉市消費生活センターに相談してください【商工観光課】

 朝倉市消費生活センターでは、次のような相談に対応しています。
・身に覚えのない請求
・商品の契約やトラブル
・振り込め詐欺
・多重債務  
 そのほか、日常生活の中で起こる消費生活についての苦情や問い合わせ等に専門の相談員が対応し、その解決に向けた助言や情報提供などを行っています。
 「不審な電話がかかってきた」「悪質商法の被害に遭ってしまった」「契約内容に納得できない」など、心配なことがあったら、気軽に相談してください。
 また、多重債務などが原因で起こる「心の病」の相談に保健師が対応します。

●平成22年度の相談概要
 消費生活センターには、平成22年度に228件の相談が寄せられました。平成21年度に比べ若干減少しています。これは、消費者被害が減少した訳ではなく、様々な法律改正や専門の無料相談窓口が増えたために、朝倉市消費生活センターに寄せられる相談件数が減少したものと思われます。今後は、さらに消費者問題は複雑化されると予想されています。
 相談内容の中で最も多いのは、融資サービス(多重債務)で、昨年に引き続き最も多い相談です。融資サービス(多重債務)については、一刻も早く専門の相談窓口や弁護士に相談することが大切です。
 「おかしい、心配」なことがあったら気軽に相談してください。なお、相談者の個人情報の保護、相談内容の秘密などは厳守します。

◎年代別相談件数・相談内容(平成22年度)
・10代の人から5件の相談があり、主な相談内容は、リースサービス、アダルト情報サイト、エステ
・20代の人から20件の相談があり、主な相談内容は、融資サービス、健康食品、携帯電話
・30代の人から34件の相談があり、主な相談内容は、融資サービス、アダルト情報サイト、携帯電話
・40代の人から35件の相談があり、主な相談内容は、融資サービス、アダルト情報サイト、学習教材
・50代の人から38件の相談がり、主な相談内容は、融資サービス、生命保険、その他の相談
・60代の人から26件の相談があり、主な相談内容は、融資サービス、アダルト情報サイト、宝くじ
・70代の人から58件の相談があり、主な相談内容は、温熱治療器、メガネ、融資サービス
・その他、12件の相談があり、主な相談内容は、その他の相談、自動車

◎相談場所・件数(平成22年度)
・朝倉支所での定例相談は、224件
・社会福祉協議会での臨時相談は、4件

◎性別・相談件数(平成22年度)
・女性93件
・男性123件
・不明12件

●朝倉市消費生活センター
■相談日…月曜~金曜(祝日を除く)
■相談受付時間…10時~16時
■場所…朝倉支所1階・相談室(宮野2046-1)
■電話…0946-52-1128(センター直通)

●臨時消費生活相談
■相談日・場所…《杷木地域》偶数月の第2水曜日、社会福祉協議会杷木支所、
《甘木地域》偶数月の第4火曜日、社会福祉協議会甘木本所(ピーポート甘木・保健福祉センター内)
■相談受付時間…10時~16時

※詳しくは、市消費生活センター(0946-52-1128)、市商工観光課商工観光係(0946-52-1428)へ。

◆4月から国民健康保険証がかわります【保険年金課】

 4月から使用する被保険者証(柿色)を、3月中旬に世帯主あてに簡易書留で郵送します。国民健康保険の「資格確認等」が必要な一部の世帯には、別途、世帯主あてに通知しますので、指定された日に、現在の被保険者証(桃色)を市保険年金課へ持参してください。
 また、学生で被保険者証を持っている世帯や遠隔地による被保険者証の交付を受けている世帯で、引き続き「学」・「遠」 の被保険者証が必要な人は、新しい被保険者証と切り替えてください。切り替えをしないと、4月1日から保険診療が受けられなくなります。
■「学」・「遠」の被保険者証の切り替え手続きに必要なもの…新しい国民健康保険被保険者証、在学証明書(平成24年4月1日以降に発行されたもの)または学生証の写し(有効期限が明記されているもの)、印かん
 国民健康保険被保険者証は、個人情報が記載された大切なものです。住民登録している住所以外には郵送できません。
 なお、4月から高額な外来診療についても限度額認定証が適用になります。必要な人は申請してください。
※詳しくは、市保険年金課(0946-22-1111、内線61-153、61-181)へ。  

◆中学校卒業前までの子どもを持つ人へ。子ども手当の申請は3月末まで【福祉事務所】

 平成23年10月分からの子ども手当を受け取るためには、対象の子どもを持つ人はすべて、申請書を提出する必要があります(公務員は勤務先へ申請)。3月末までに申請しないと、10月分からの手当を受け取ることができなくなります。
※詳しくは、市福祉事務所児童・母子福祉係(0946-22-1111、内線61-126)へ。 

◆日中一時支援事業をご利用ください【福祉事務所】

 介護を行う家族等が、病気や旅行等で一時的に自宅で介護を行うことが困難となった場合に、施設等で日中活動の場(宿泊は伴わない)を提供し、見守りや社会に適応するための訓練を行う事業です。
■対象…市内に住所を有する在宅の障害者(児)で、身体障害者手帳、療育手帳または精神保健福祉手帳を持ち、障害程度区分1以上の認定を受けた人
■利用できる施設…市が委託した事業所
■利用料…原則、一割負担。ただし、次の(1)~(3)に該当する場合は利用料無料(食事代等必要経費は除く)
(1)生活保護およびそれに準ずる世帯のとき
(2)障害者およびその配偶者が市町村民税非課税のとき
(3)障害児の属する世帯全員が市町村民税非課税のとき
■利用日数…原則として、月7日(利用日数は利用時間に応じて、次のとおり計算)
◎4時間未満の利用の場合…4分の1日利用として計算
◎4時間以上8時間未満の利用の場合…2分の1日利用として計算
◎8時間以上の利用の場合…4分の3日利用として計算
(例)1日3時間利用を4日間利用した場合…(4分の1日)×4日=1日の利用として計算
■有効期間…最長1年間(4月~3月)。3月末で期間が終了するため、現在利用している人が次年度も利用するためには、新たに申請が必要
■手続きの流れ
(1)申請…市福祉事務所障がい者福祉係、朝倉・杷木支所市民福祉係で申請(申請書は各窓口にあり)
(2)聴き取り調査…市職員が対象者と保護者に聴き取り調査(申請と同時も可)
(3)障害程度区分認定…聴き取り調査に基づき、市が障害程度区分を判定
(4)決定…決定日、もしくは4月1日から利用可
※詳しくは、市福祉事務所障がい者福祉係(0946-22-1111、内線61-121)へ。

ページの先頭へ戻る

 

リビングシリーズ(広報あさくら平成24年3月1日号、8ページから9ページ)

  ◆人権 第6回人権作品コンクール作品集ができました

 本年度もたくさんの作品の応募がありました。その中から二つの作品を紹介します。いずれも思いのこもった内容です。作品を読みながら、やさしさやいのちの大切さが伝わり、温かい気持ちになることができます。
 作品集は、地域の公民館や市の図書館、市内小学校・中学校・高校で読むことができますのでご覧ください。人権作品コンクールは毎年実施しています。

●最優秀賞(詩部門中学生の部)
「心のキャッチボール」
秋月中学校3年 井上琴美

伝えていますか?
伝えようとしていますか?
あなたの思い

聞いていますか?
聞こうとしていますか?
周りの声

つながっていますか?
つながろうとしていますか?
あなたの心

してますか?
しようとしていますか?
あなたと、あなたの周りの
心のキャッチボール


●最優秀賞(詩部門小学生の部)
「いのち」
 金川小学校2年 井本陽仁

いのちって、
目には、見えないけれど
手では、さわれないけれど
たしかにあるんだね。

いのちって
どんな形かな?
どんなにおいかな?
あるときには、わからないけど
なくなったとき、
はじめて、わかったよ。
なくなってしまったら、
二どと
会えなくなることが…。

※詳しくは、市人権・同和対策課へ。

◆男女 男の家事・育児フォトコンテスト入選作品を紹介

 1月27日に開催した朝倉市男女共同参画講演会で「男の家事・育児フォトコンテスト」の表彰式を行いました。コンテストには43点の応募があり、家庭や地域で、家事や育児を自分の役割として積極的に行う男性の姿がありました。
 作品には子育てをするお父さんの姿が多く、朝倉市のカジダン(家事をする男性)・イクメン(育児をする男性)を見ることができました。また、この取り組みに協賛していただいた企業のみなさん、ありがとうございました。
 作品は、「朝倉市男女共同参画スタイル」(ブログ)で紹介しています。http://asakuradj.exblog.jp/
※詳しくは、市企画政策課へ。。

◆歴史 朝倉市指定史跡と無形民俗文化財

●虚空蔵山古墳群(市指定史跡)
 須川地区に分布する遺跡群の中の虚空蔵山古墳群の古墳8基と、それに付随すると思われる遺構が市の史跡として指定されています。昭和43年に虚空蔵山古墳群の発掘調査が行われ、古墳時代の後期に属すると思われる古墳から、耳環(じかん)、勾玉(まがたま)、管玉(くだたま)、鉄鏃(てつぞく)、鉄斧(てっぷ)等が見つかっています。

●美奈宜神社御神幸行列(市指定無形民俗文化財)
 美奈宜神社の御神幸行列は、江戸時代に始まったと考えられています。美奈宜神社秋の大祭(10月22日)に行われています。
 行列は200人にも及び、神輿には獅子3対、大名行列(毛槍)4組、鬼8匹、恵比寿様、大黒様、猿、大太鼓、小太鼓、旗流(はたながれ)、楽(がく)が従います。
 地区ごとに4組出る大名行列は、各組で所作、かけ声が異なっています。大小の太鼓は、荷原地区の子ども2人が舞いながらたたきます。
※このコーナーに関する問い合わせは、市文化課へ。

◆消費 「海外宝くじ」高額賞金に当選? 信用しないで!

 最近、申し込んだ覚えがないのに、中国や香港から宝くじや懸賞に当選したという内容のエアメールに関する相談が急増しています。
 手数料を払えばすぐに高額賞金がもらえるような書き方をしていますが、実際は、手数料を詐取することが目的の詐欺の一種と考えられます。高額賞金が手に入ったケースは今のところ確認されていません。

●相談事例(70代、女性)
 昨日、中国から「貴殿名義の未処理賞金を確認しています。受給額2億3200万円以上の賞金授与のため、「賞金支払請求書」の迅速な返送および手続き手数料5000円の振込みが必要です。 返信が確認できなかった場合は、あなたの全データが永久抹消され、今後一切の賞金の受領が不可能になります」というエアメールが届きました。そのような懸賞に応募した覚えはありませんが、賞金請求資格を失いたくないので、5000円振り込もうと思いますが良いですか。

●アドバイス
 問い合わせ先などが書いてある場合もありますが、連絡すると、電話番号など、より多くの個人情報が漏れる原因になります。絶対に連絡しないようにしましょう。
 また、クレジットカード番号を記入させる場合もありますが、一度カード番号を知らせてしまうと、長期間料金を引き落とされるなど悪用されることもあり、大変危険です。
 特に高齢者の被害が多く、安価な手数料で高額賞金が手に入ると思って払い込むケースが多いようです。周囲の人は日ごろの会話に注意を払うなど心掛けてください。
※消費生活に関する問い合わせは、市消費生活センターへ。

ページの先頭へ戻る

 

情報満載!お知らせ広場(広報あさくら平成24年3月1日号、10ページから11ページ)

◆募集します

□高等学校等奨学金貸与奨学生

 市では、平成24年度に高校、高等専門学校、短期大学、大学または大学院に進級進学する人で、本人またはその保護者が市内に1年以上在住する人を対象に奨学生を募集します。
■受付期間…4月2日(月)~5月1日(火)
■申請書類の配布場所…市教育課(ピーポート甘木・生涯学習センター3階)
※所得制限あり。奨学金の額や償還期間など詳しくは、市教育課(直通、0946-22-2333)へ。

◆お知らせ

□移動支援事業

 重度の障害者が、社会生活上必要不可欠な外出や余暇活動等に参加するための移動支援です。ただし、通年・長期の外出となる通所、通学等の送迎、日常生活訓練・機能訓練を目的とした利用、営業活動等の経済活動(就労等)に係る外出または通院時の付き添いは対象となりません。
■対象…重度(1級・2級)の視覚障害者(児)、全身性障害者(児)、知的障害者(児)、1級の精神障害者(児)
■交通手段…電車・バス・タクシーなどの公共交通機関。ヘルパーの自家用自動車による移動は不可。交通費はヘルパー分も利用者の負担
※詳しくは、市福祉事務所障がい者福祉係(0946-22-1111、内線61-120)、朝倉支所市民福祉係(0946-52-1523)、杷木支所市民福祉係(0946-62-1950)へ。

□障害者無料相談

 身体障害・知的障害・精神障害がある人とその家族が抱えるさまざまな不安や悩み、分からない点などについて、相談支援専門員が無料で相談に応じます。
◎3月13日(火)
■場所…朝倉老人福祉センター・健康相談室
◎3月15日(木)
■場所…市女性センターあすみん・講習室1
◎3月21日(水)
■場所…ピーポート甘木・保健福祉センター第2応接室
【共通事項】
■時間…13時30分~16時(受付は15時30分まで)
※詳しくは 、市福祉事務所障がい者福祉係(0946-22-1111、内線61-120、61-121)、地域活動支援センターあさくら(0946-23-0285)へ。

□お金の悩み出張相談会

 借金などお金の悩みについて相談に応じます。事前に予約してください。
■期日…3月8日(木)・22日(木)
■時間…10時~16時
■場所…ピーポート甘木・第8学習室
■相談料…無料(福岡県民対象)
※詳しくは、グリーンコープ生活再生・久留米相談室(0942-36-8877)へ。

□養育費の電話相談

 母子家庭のお母さん、父子家庭のお父さんまたは離婚協議中の人を対象に養育費の電話相談業務を実施しています。
■受付日時…平日の9時~16時
※詳しくは、県母子家庭等就業・自立支援センター(092-584-3931)へ。

□法務局の無料法律相談

 弁護士による法律相談です。
■日時…3月15日(木)、13時~16時
■場所…福岡法務局朝倉支局1階・相談室
■定員…6人(申込順)
■相談時間…1人30分
■申込方法…電話予約(平日の8時30分~17時15分)
※申込時に収入などをお尋ねします。詳しくは、福岡法務局朝倉支局(0946-22-2455)へ。

□農地の貸し借りは、農業振興課へ

 市農業振興課では、6月から始まる農地の貸し借りの利用権設定届出書を受け付けています。
 この制度は、農地を貸したい人と借りたい人の話し合いで契約内容が決まり、契約期限がくると農地は確実に所有者へ戻るものです。
■提出者…更新契約をする人、新規契約をする人
■提出場所…市農業振興課(朝倉支所1階)。本庁と杷木支所では受付できません
■提出書類…利用権設定届出書(双方の押印が必要)。届出書は総合案内(本庁1階)、市農業振興課(朝倉支所1階)、杷木支所庶務係(1階)で配布。市ホームページから入手できますが、A3サイズでの印刷が必要です
■提出期限…4月27日(金)、期日厳守
※詳しくは、市農業振興課(直通、0946-52-1427)へ。

□交通ルールを守り、交通事故ゼロへ

 平成23年中の福岡県内の交通事故は、発生件数、死者数、負傷者数のいずれも昨年より減少していますが、筑後地区の交通事故死者数は、前年に比べ増加しています。
 特に高齢者の死者数が多く、より安全な運転を心がける必要があります。また、飲酒運転も減少傾向にありますが、未だなくなりません。一人ひとりがルールを守り、交通事故をなくしましょう。
※詳しくは、市消防防災課(0946-22-1111、内線61-110)へ。

◆イベント

□音楽から歴史・文化を伝えるリトルコンサート

■日時…4月1日(日)、13時30分~
■場所…ピーポート甘木・中ホール
■入場料…無料
※詳しくは、音楽道「笑顔塾」・秋山さん(090-9572-6650)へ。

□頓田の森ぴーすきゃんどるナイト2012

 立石国民学校の児童31人が、1発の爆弾で命を落とした頓田の森の悲劇。ふるさとの悲劇に想いをはせ、悲劇が起きた日に集う、鎮魂と継承の市民の集いです。
 第1部は、頓田の森の悲劇に想いをはせる、歌や演奏、語りの時間。第2部は、キャンドルを灯しながら、追悼し黙とうする時間です。
■日時…3月27日(火)、18時30分~
■場所…《第1部》立石公民館、《第2部》頓田の森平和花園(第2部は雨天中止)
■参加費…無料
※詳しくは、舞台アート工房劇列車・釜堀さん(090-8222-8928)へ。

◆相談コーナー 3月1日~3月21日

市役所(0946-22-1111)
■家庭児童・母子相談(本庁福祉事務所)
土・日・祝日以外毎日、8時30分~17時
各支所へ事前予約すれば支所で相談に応じます
■農地相談(本庁・朝倉・杷木支所)
15日(木)、13時30分~16時
■消費生活相談(朝倉支所52-1128)
土・日・祝日以外毎日、10時~16時

ピーポート甘木保健福祉センター(社協)
■心配ごと相談(0946-22-7834)
13日(火)、13時~16時
■司法書士相談(0946-22-7834)
8日(木)、13時~16時
■法律相談(予約制、0946-22-7834)
9日(金)、13時~15時

朝倉老人福祉センター(社協)
■心配ごと相談・行政相談(0946-52-0154)
6日(火)、13時~16時

杷木老人福祉センター(社協)
■心配ごと相談・行政相談(0946-63-3543)
14日(水)、13時~16時

北筑後保健福祉環境事務所(朝倉本庁舎)
■エイズ・クラミジア・梅毒の相談・検査、B型・C型肝炎相談・検査(予約制、0946-22-9886)
5日(月)・12日(月)・19日(月)、9時~10時
■心の相談(予約制、0946-22-3965)
6日(火)・13日(火)、13時~15時
■乳幼児発達相談(予約制、0946-22-3964)
13日(火)、9時~12時

朝倉商工会議所
■年金相談(予約制、092-552-6118・6112)
14日(水)、10時~15時
■法律相談(予約制、0946-21-2624)
5日(月)・13日(火)・19日(月)、13時30分~17時(予約後、市企画政策課で紹介カードを発行)

朝倉市教育支援センター
■教育相談(0946-22-3399)
土・日・祝日以外毎日、9時~16時30分

電話相談
■無料建築相談(取次、0946-22-1859、内線527)
9日(金)、9時~17時(甘木朝倉建築設計協会の相談電話番号を紹介)
■あさくら女性ホットライン(092-513-7337)
土・日・祝日以外毎日、10時~17時
■妊婦さん・赤ちゃん・子ども・思春期電話相談(092-642-0110)
年末年始以外毎日、9時~17時30分

◆今月の納税等

◎国民健康保険税(9期)

◆朝倉市郡ひとの動き 平成24年1月31日現在

朝倉市、人口57,488人(前月比-60)、男性27,025人、女性30,463人、世帯数20,479戸(前月比+8)
筑前町、人口29,277人(前月比-14)、男性13,951人、女性15,326人、世帯数9,936戸(前月比-2)
東峰村、人口2,497人(前月比-6)、男性1,156人、女性1,341人、世帯数922戸(前月比±0)

 ページの先頭へ戻る

  

健康と福祉のページ(広報あさくら平成24年3月1日号、12ページから13ページ)

◆寄付ありがとうございました 社会福祉協議会(敬称略)

◎一般寄付(1月1日~1月31日)
半田義文2件、本覚寺寒行会、大安寺寒行団一同、國武征治
 

◎香典返し
後藤和子(故次男)牛鶴
斉田勢紀子(故孝之)甘木
井上和子(故銑二)千手
原田幸治(故末義)福光
栗林和子(故忠央)甘木
信國和博(故博)下浦
内田久雄(故トメ)上秋月
佐野日出子(故清人)楢原
井手信嘉(故玲子)秋月
牟田照雄(故豊武)中原
萩谷太良(故祥子)城
窪山義輝(故藤枝)一木
手島一二三(故強)黒川
内田孝良(故シカノ)持丸
牟田昇剛(故シノブ)屋永
北嶋武雄(故一枝)相窪
後藤幸男(故大輝)荷原
馬場肇子(故池田敏子)屋永
内田国善(故トシヱ)隈江
能登原廣美(故カメ)下浦
村上禮子(故キミ)堤
諫山鈴子(故政輝)三奈木
薙野キリエ(故雄幸)黒川
速見卓(故清子)堤
大内田千恵子(故英二)相窪
平田和美(故忠実)金丸
平木ヤエ子(故俊行)小田
高島幸子(故塚本一)持丸
高倉義美(故シマヨ)林田
牛島直子(故隆)小隈
平井和代(故シズ子)甘木
飯田勝実(故伊強)下浦
橘田富士子(故福治)牛鶴
柿原クラ代(故利行)甘木
坂上洋一(故美津枝)中原
近藤ハナヨ(故實)持丸
金堀真由美(故弘記)堤
井上隆嗣(故サツキ)小田
大楠剛二(故マツエ)柿原
八尋美洋子(故立石ミツヲ)馬田
和佐野英伸(故睦子)白鳥
田中彰一(故國雄)長谷山
白石澄栄(故広志)荷原
石田安弘(故龍一)宮野
吉橋寛一(故弘)宮野
德永ヨシ子(故光男)大庭
稲冨トミヱ(故實)須川
赤時英敏(故キヨカ)大庭
石丸チアキ(故吉彦)杷木池田
山下千里子(故九州男)杷木志波
日野淳一(故サカヱ)杷木志波

 ◆市社協への寄付者紹介

●次回から社協だよりへ掲載します
 市社会福祉協議会へ寄付をして頂いたお礼として、寄付者氏名を「広報あさくら」に掲載してきましたが、今号で終了します(平成24年1月分の寄付者まで掲載)。
 平成24年2月分の寄付者から、市社会福祉協議会発行の「社協だより」に掲載することとなりました。「社協だより」へは、5月号から掲載します。
※詳しくは、市社会福祉協議会(22-7834)へ。

 ◆子育てほっとサロンつどいの広場

3月の行事予定
 
 つどいの広場(寿楽荘内)は、毎週火曜~金曜日の10時~15時まで開設しています。主な行事は次のとおりです。気軽に遊びに来てください。
(1)3月1日(木)、11時~
●内容…折り紙
(2)3月2日(金)、11時~
●内容…ひな祭り
(3)3月7日(水)、11時~
●内容…だっこビクス
(4)3月15日(木)、11時~
●内容…しゃぼん玉
(5)3月22日(木)、11時~
●内容…おやつ作り
(6)3月29日(木)、11時~
●内容…粘土遊び
※詳しくは、朝倉市子育てほっとサロン・つどいの広場(080-6439-1851)へ。

 ◆ファミリーサポートセンターあさくら会員登録会

 地域の中で「子育ての手伝いをしたい人」と「子育ての手助けをしてほしい人」が会員となって、一般的な子育てを助け合う有償のボランティア組織です。 子どもの対象年齢は生後3カ月~小学6年生です。
【会員の種別】
◎お願い会員…子育ての手助けをして欲しい人
◎みまもり会員…子育ての手伝いをしたい人
◎どっちも会員…手助けもして欲しいし、手伝いもしたい人
《お願い会員登録会》
●日時…3月6日(火)、10時~12時
●場所…寿楽荘
※詳しくは、ファミリーサポートセンターあさくら(寿楽荘内、0946-24-0055)へ。¥

◆多胎児を持つ親子のサークル

 多胎児を持つママからの声で実現したサークル
「ツインズクLOVE」です。1人を育てることとは違う楽しみ、悩みなどを語り合いませんか。
■日時…3月7日(水)、10時~12時
■場所…寿楽荘
■対象…市内在住で、双子以上の子どもを持つ保護者と子ども(未就学児)
※詳しくは、家庭子どもセンター(0946-24-0055)へ。

 ◆子育てインフォメーション

問い合わせ先
市健康課(0946-22-8571)

◎のびのび広場
 子どもたちがのびのびと遊べて、子育て中の人が交流できるように、部屋を開放します。
●期日 3月5日(月)・6日(火)・12日(月)・13日(火)・19日(月)・26日(月)・27日(火)
●時間 10時~13時
●場所 ピーポート甘木・保健福祉センター
※5日(月)の10時~11時30分は、身体計測を行います

◎もぐもぐ教室
 離乳食のはじめ方・進め方がわからない、思うように食べてくれないなど、離乳食で悩んでいるみなさん、参加してみませんか?
●日時 3月22日(木)、10時~12時
●場所 ピーポート甘木・保健福祉センター
●対象者 生後4カ月~9カ月の乳児とその保護者(申込順15組)
※16日(金)までに予約が必要です。託児あり。母子健康手帳、筆記具、エプロンを持参してください

◎母子健康手帳交付
《健康課》月~金曜日(祝日を除く)、8時30分~17時
《朝倉支所・市民福祉係》3月28日(水)、9時30分~12時
《杷木支所・市民福祉係》3月15日(木)、9時30分~12時

◎マタニティクラス(母親学級)
 テーマは妊娠中の大切な食事(おいしいおっぱいのために)です。
●日時 3月13日(火)、9時30分~12時
●場所 ピーポート甘木・保健福祉センター
※9日(金)までに予約が必要です。母子健康手帳、筆記具、エプロンを持参してください。調理実習と試食があります

◎すくすく(育児)相談
 子どもの成長・発達、母乳、離乳食、遊び、歯みがき、しつけ、トイレトレーニングなどご相談ください。
●日時 (1)3月14日(水)、13時30分~15時 (2)3月28日(水)、13時30分~14時30分
●場所 (1)ピーポート甘木・保健福祉センター、(2)朝倉地域生涯学習センター
※医師の診察と母乳相談の受付は、14時30分までです

◆福岡県保育士試験 

■試験日…《筆記》8月4日(土)・5日(日)、《実技》10月14日(日)
■保育士試験の手引き(受験申請書)請求…4月2日(月)~
■受験申込受付期間…4月2日(月)~5月14日(月)
■受験申請書の請求先…(社)全国保育士養成協議会 保育士試験事務センター(〒171-8536、東京都豊島区高田3-19-10)
※詳しくは、同事務センター(0120-4194-82)へ

◆診療のお知らせ 3月4日~3月18日

●休日当番医
※診療時間…9時~17時

◆3月4日(日)
・朝倉診療所
(内科系/古 毛、0946-52-1131)
・太刀洗病院
(内科系/筑前町、0946-22-2561)
◆3月11日(日)
・石井外科クリニック
(外科系/杷木池田、0946-63-3772)
・小川内科胃腸科医院
(内科系/甘 木、0946-22-2130)
◆3月18日(日)
・なかしま小児科内科医院
(内科系/筑前町、0946-42-2171)
・朝倉健生病院
(外科系/甘 木、0946-22-5511)

●歯科休日急患診療
※診療時間…9時~15時

◆3月4日(日)
・羽野歯科医院(大 庭、0946-52-1118)
◆3月11日(日)
・ほりお歯科医院(馬 田、0946-22-0026)
◆3月18日(日)
・松原歯科医院(筑前町、0946-42-5532)

※変更になることがあります。
電話で確認して来院してください。

◆朝倉地域休日夜間急患センター(来春)

0946-23-0077(朝倉医師会病院内)
《平日》内科・外科17時~翌日8時30分、小児科19時30分~23時30分
《土曜日》内科・外科12時30分~翌日8時30分、小児科17時~翌日9時
《日・祝・年末年始》内科・外科9時~翌日8時30分、小児科9時~翌日7時

◆福岡県救急医療情報センター

092-471-0099
 24時間体制で救急病院を紹介。

◆小児救急医療相談(聖マリア病院)

0942-37-6116
携帯短縮 #8000設時間…19時~翌日7時(23時以降は民間の健康相談事業者が対応)
 小児の救急医療に関する相談と、夜間診療の情報提供。

ページの先頭へ戻る

 

図書館だより(広報あさくら平成24年3月1日号、14ページから15ページ)

 ◆3月の休館日

全館休館:5日(月)、12日(月)、19日(月)、20日(火・祝)、26日(月)
中央図書館が休館:3月28日(水)
あさくら図書館・はき図書館が休館:3月27日(火)

◆今月の催し物/参加費無料

□中央図書館

■おはなし会
日時 毎週土・日曜日、14時~
場所 おはなしの部屋
内容 絵本の読み聞かせ、手遊びなど
第1・3土曜は「虹の会」
第4土曜は「日本語教室あさくら」

■ぴよぴよおはなし会
日時 3月14日・21日(水)、11時~
場所 おはなしの部屋
対象 0歳~3歳未満の幼児と保護者

□はき図書館

■ミニ・サタおはなし会
日時 3月10日(土)、14時~
場所 はき図書館おはなし室
内容 読み聞かせ、簡単な工作など

■わくわくおはなし会
日時 3月23日(金)、11時~
場所 はき図書館おはなし室
対象 乳幼児と保護者
内容 絵本の読み聞かせ、手遊びなど

□あさくら図書館

■おはなし会
日時 毎週土曜日、14時~
場所 おはなしコーナー
内容 絵本の読み聞かせ、手遊びなど

■あかちゃんおはなし会
日時 3月3日(土)、11時~
場所 おはなしコーナー
対象 0歳~1歳の幼児と保護者
内容 絵本の読み聞かせ、わらべうたなど

■おはなしのへや
日時 3月16日(金)、11時~
場所 おはなしコーナー
対象 1歳~3歳の幼児と保護者
内容 絵本の読み聞かせ・わらべうたなど

◆ブックスタート

 絵本を通して親子のふれあいを深めてもらおうと、乳幼児健診の会場で絵本を開く楽しさや大切さを伝えます。

《10カ月児》

■3月7日(水)
時間 健診受付13時15分~
場所 ピーポート甘木・保健福祉センター
対象 甘木・朝倉地域の平成23年3月生まれの赤ちゃんと保護者

《1歳6カ月児》

■3月1日(木)
時間 健診受付13時15分~
場所 ピーポート甘木・保健福祉センター
対象 甘木・朝倉地域の平成22年8月生まれの赤ちゃんと保護者

■3月15日(木)
時間 健診受付13時15分~
場所 杷木・女性センターあすみん(杷木池田)
対象 杷木地域の平成22年7月~8月生まれの赤ちゃんと保護者

●3月の上映会

 無料の上映会です。
□金曜日の映画館(大人向け)
場所 中央図書館2階・視聴覚室時間 13時30分~
2日 おくりびと/邦画
16日 マイライフ/洋画

□あさくらシネマ
場所 朝倉地域生涯学習センター・AVホール時間 13時30分~
4日 アルプスの少女ハイジ/アニメ
23日 ピーターパン/アニメ

朝倉市子どもの読書週間

毎月23日の1週間は、「朝倉市子どもの読書週間」です

 朝倉市ではすべての子ども達が心豊かに成長することを願って、読書の楽しさやよろこびに出会える読書環境づくりをめざしています。
 この取り組みの中で、「23が60読書運動」を推進しています。
 これは、毎月23日を含む1週間のなかで、読書をした時間の合計が60分以上になることを目標にしています。
 各家庭の生活スタイルに合わせ、テレビやゲーム機、インターネットなどから離れて、家族みんなで読書に取り組みましょう。

映画上映会(入場無料)

◎中央図書館
春休みわくわく映画館
3月30日(金)
●時間…14時~
●場所…中央図書館2階・視聴覚室
●上映内容…「長靴をはいた猫」

◎はき図書館
春休み子ども映画館
3月28日(水)
●時間…14時~
●場所…杷木地域生涯学習センター(らくゆう館)2階・視聴覚室
●上映内容…「ピノキオ」

◆今月のおすすめ

一般書
「くちびるに歌を」
中田 永一 著
 長崎五島列島で合唱コンクールを目指す中学生たち。激しく対立したり、人には言えない悩みもあったり…。多感な彼らのひと夏の物語は、やがてひとつのハーモニーを奏で出す。美しすぎるラストは必見!(中央・はき 所蔵)

一般書
「奇跡の教室」
伊藤 氏貴 著
 まだ灘高が無名だったころから、1冊の文庫本をテキストにした国語の授業で、子どもたちに【生きる力】を教えた教師がいた。話題になった1冊です。(中央・あさくら・はき 所蔵)

児童書
 「がんばれヘンリーくん」
ベバリイ・クリアリー 作
 クリッキタット通りに住むヘンリーくんは、小学3年生。どこにでもいるごく普通の男の子。
彼のまわりで起こるゆかいな事件に目が離せません。半世紀以上も読み継がれる楽しい物語をどうぞ。(中央・あさくら・はき 所蔵)

雑誌
「日経おとなのOFF」  
日本語のマナー完璧講座
 大人のライフスタイルをより豊かにするための情報誌です。大人の趣味やマナーなど、
幅広いジャンルを特集し、分かりやすく解説します。(中央 所蔵)

ページの先頭へ戻る

 

文化・学習の催し(広報あさくら平成24年3月1日号、16ページから17ページ)

◆甘木歴史資料館 学習講座「ひみこ」参加者募集

■対象…地域の歴史・文化・文化財愛護に興味があり、年間を通じて参加できる人
■期間…4月21日~平成25年2月9日(月2回程度、第1・第3土曜日開催を基本とした全15回の講座)
■場所…甘木歴史資料館・研修室
■定員…40人(定員になり次第締切)
■参加費…1000円(資料代など)
■申込開始…3月6日(火)、9時~
■申込方法…甘木歴史資料館へ電話で申し込む
※詳しくは、甘木歴史資料館(0946-22-7515)へ。

◆甘木歴史資料館 甘木絞り保存会作品展

■期間…3月9日(金)~18日(日)、月曜休館
■時間…9時30分~16時30分(入館は16時まで)(3月9日は13時開場、3月18日は12時閉場)
■場所…甘木歴史資料館・研修室
■入館料…無料
※詳しくは、甘木歴史資料館(0946-22-7515)へ。

◆お菓子作り教室 文化趣味講座 「春休み親子の和菓子作り」

 簡単にできて、おいしい和菓子を2種類つくります。親子で仲良く参加しませんか?
■日時…3月24日(土)、
13時~(2、3時間程度)
■場所…ピーポート甘木・調理実習室
■定員…10組(応募多数の場合は抽選)
■講師…井口美智子さん(ジャパンホームベーキングスクール師範)
■対象…小学生とその保護者(親子以外も2人1組で参加できます)
■募集期間…3月3日(土)~9日(金)、8時30分~17時15分。9日は17時まで
■応募方法…ピーポート甘木・文化課へ電話で申し込む
■受講料…1組600円(材料代)
■持参品…エプロン、ふきん
■託児…あり(無料。申し込み時に要予約)
※詳しくは、ピーポート甘木・文化課(0946-22-0001)へ。

◆季節体験 平塚川添遺跡公園季節体験事業 若菜を摘んで、バスハイク

 平塚川添遺跡公園の野草を観察し、調理して味わってみます。周辺の文化財見学(バスハイク)もあわせて行います。
■日時…3月24日(土)、10時~15時
■場所…平塚川添遺跡公園、市内遺跡など
■定員…25人(先着順)
■応募方法…
平塚川添遺跡公園へ電話で申し込む
■募集開始…3月1日(木)~
■参加費…無料
■用意する物…弁当・水筒・軍手など
※詳しくは、平塚川添遺跡公園(0946-21-7966)へ。

◆講習会 遊びのツボ講習会 時と国境を飛び越える昔遊び&異国遊び体験会

 今と昔、日本と海外。遊びに時間も国も関係なし。いろんな時代や、様々な異国の遊びを、2回に分けて講習会を行います。楽しく体験、面白く学ぶ講習会です。2回とも参加できる人を募集します。

《第1回・昔遊び編》
 テレビゲームやカードゲームではない、昔の子どもたちが当たり前のように遊んでいた昔遊びをみんなで体験してみませんか? きっと大人は童心に戻り、子どもは新しい発見があるはずです。
■日時…3月22日(木)、19時30分~21時
■講師…宮野繁美さん(竜岩自然の家・前所長)

《第2回・異国遊び編》
 遊びは国境を超える。世界にはまだ知らない様々な遊びがあります。世界の遊びの、独特のルールや楽しさ、日本の遊びとの差異や共通点を実感してみませんか?
■日時…3月29日(木)、19時30分~21時
■講師…田渕陽平さん(国際協力機構(JICA)九州職員)

《共通事項》
■場所…甘木体育センター
■定員…30人程度(先着順受付)
■対象…様々な遊びに興味があり、両日参加ができる人。
※詳しくは、市生涯学習課(0946-22-2348)へ。

◆ホールの催しガイド(ピーポート甘木、朝倉・杷木地域生涯学習センター)、2月7日現在

【3月】

ピーポート甘木
・3日(土)、等身大人形劇「ピノキオ」、大ホール、13時30分~、大人1500円・子供1000円、《連絡先》カッパ座友の会(050-3458-2728)
・4日(日)、池上英樹&御喜美江デュオコンサート、中ホール、14時~、大人2000円・大学生以下1500円、《連絡先》市文化課(0946-22-0001)
・23日(金)、第11回朝倉市国際子ども芸術フェスティバル・前夜祭コンサート、中ホール、19時~、《フリーパス》子ども700円・大人3000円・親子3500円、《連絡先》朝倉市国際子ども芸術フェスティバル実行委員会(0946-63-9120)(注1)
・25日(日)、第14回春の芸能公演、大ホール、11時30分~、高校生以上1000円、《連絡先》甘木連合文化会(0946-21-0241)

杷木地域生涯学習センター(杷木文化ホール)
・7日(水)、寿大学・学園祭、9時30分~、関係者、《連絡先》杷木地域コミュニティ連合会(0946-62-0178)
・10日(土)、杷木地域コミュニティ連合会主催学級閉校式、10時~、関係者、《連絡先》杷木地域コミュニティ連合会(0946-62-0178)
・24日(土)、第11回朝倉市国際子ども芸術フェスティバル・スーパージャグリング「KIM CHANGHAENG PANIC ART」、(1)10時~・(2)14時20分~、《フリーパス》子ども700円・大人3000円・親子3500円、《連絡先》朝倉市国際子ども芸術フェスティバル実行委員会(0946-63-9120)(注1)
・25日(日)、第11回朝倉市国際子ども芸術フェスティバル・マジックショー「不思議ってステキ!!、(1)10時~・(2)14時~、《フリーパス》子ども700円・大人3000円・親子3500円、《連絡先》朝倉市国際子ども芸術フェスティバル実行委員会(0946-63-9120)(注1)
・31日(土)、自主文化事業・名画上映会「神様のカルテ」、(1)14時~・(2)19時~、前売500円・当日800円、《連絡先》市文化課(0946-22-0001)

【4月】

ピーポート甘木
・1日(日)、音楽から歴史・文化を伝えるリトルコンサート、中ホール、13時30分~、無料、《連絡先》音楽道「笑顔塾」秋山(090-9572-6650)
・14日(土)、第6回浄土真宗聞法のつどい、大ホール、13時~、1000円、《連絡先》福岡教区夜須組(0946-25-0335)
・15日(日)、ピアノ発表会、中ホール、14時~、無料、《連絡先》森部江里(0946-22-6617)
・20日(金)、三遊亭歌之介独演会、中ホール、14時~、3000円、《連絡先》キョードー西日本(092-714-0159)
・28日(土)、第83回連合福岡筑紫・朝倉メーデー、大ホール、10時30分~、無料、《連絡先》連合福岡筑紫朝倉地域協議会(092-918-0800)
・29日(日)、甘木音楽院発表会、中ホール、13時30分~、無料、《連絡先》川上フサ子(0946-24-6328)

朝倉地域生涯学習センター(朝倉文化ホール)
・25日(水)、福岡県都市選挙管理委員会連合会総会、10時30分~、関係者、《連絡先》市選挙管理委員会(0946-22-1114)

注1…3月23日・24日・25日に開催される「第11回国際子ども芸術フェスティバル」では、上記掲載のイベントを含め、市内7会場で全32作品46公演が実施されます。入場券は全作品が鑑賞できるフリーパス以外に1作品券(大人1500円、親子2000円)もあります。

※主催者の都合により、日時・内容・料金等が変更されることがあります。詳しくは、主催者におたずねください。 

ページの先頭へ戻る

 

市民くらぶ(広報あさくら平成24年3月1日号、18ページから19ページ)

 ※このコーナーでは、みなさんからの作品や投稿、あかちゃんの写真を募集しています。また、「広報あさくら」への意見やまちの話題など、いろいろな情報をお待ちしています。(企画政策課広報統計係)

●東福岡高校、全国高校ラグビー大会(花園)三連覇

 和田健吾さん(杷木池田)

 ラグビーを始めたのは父親の影響もあるかなと照れくさそうに話す和田健吾さん(18歳)。
 和田さんは、1月7日に決勝が行われた全国高校ラグビー大会で、史上5校目となる三連覇を達成した東福岡高等学校ラグビー部の一員です。
 和田さんのポジションは主に攻撃に参加するフォワード。その中でも、ボールを空中で奪い合う「ロック」という役割を担っています。
 全国大会で一番印象に残ったのは、準々決勝の桐蔭学園との試合(ベスト8)とのこと。非常に接戦で苦しい戦いだったと振り返りつつ、だからこそ楽しくプレーができた、と屈託のない笑顔を浮かべました。
 現在は後輩にユニフォームを渡し、ラグビー選手としての活動は一休み中。しかし、4月からは大学生。幼稚園から始めたラグビー、大学でも果敢にトライしたいと決意を語りました。

◆広報文芸 年間優秀作品を発表

 毎月応募された作品の中から選ばれた平成23年度優秀作品(各5点)を紹介します。
 受賞者には図書カードを贈呈します。

《俳句》(矢野たけし選)

●病む妹の手よりこぼるる雛あられ 甘木 平山千代子
【評】雛あられには、楽しさ可愛さがありますが、この句には病んで不自由な手で雛あられを楽しむ姿が浮かびます。
 この句は「手よりこぼるる」の一点をとらえて、姉妹の睦まじさと一抹の哀感を漂わせています。
 俳句は実感を大切にし簡潔に述べる詩です。

●語りたき戦友もなく終戦日 鵜木 林  公則
【評】戦後も早や67年。戦時の体験を持つ人も少なくなっていますが、戦場の経験者もいよいよ少ない今、生死をともにした人たちの思いは一入のはず。その戦友も亡くなった作者の実感がにじんでいます。

●植田早や水満々と山写す 石成 大熊サヤ子

●冬ざれや風鳴るばかり草千里 頓田 星野ヒサヱ

●ひたすらに夫の看護去年今年 堤 石丸アタヱ

《川柳》(平井良子選)

●故郷の路地裏恋し旧友の顔 頓田 田代 昭子
【評】もう故郷には父母もなく、幼いころの友だちにも久しく会っていない。
 「元気かしら。同窓会にも欠席のほうが多くて会えないし。いつか行ってみたいなあ」と、昔遊んだ友だちの顔、路地裏の景色が次々と浮かんできます。日暮れに母から呼ばれた声まで思い出します。ああ懐かしい。

●いくたびも難所を越えてこの今が 来春 見山 英美
【評】思えば戦後60有余年。外地からの引き揚げのときの苦しみ、また食糧難等々が私の心をよぎります。
 平和に暮らせる今日のこの幸せは、きっと神仏の「私」への願いだと思うとき、感謝の気持ちが満ちあふれてきます。

●今朝も又重ねて聞いて老いを知る 平塚 原田マユミ

●成人の晴着に重いクレジット 屋永 釜堀 守人

●やさしさと強さが欲しい親心 牛鶴 芹田 智惠

川柳次の題は「期」【広報文芸応募方法】 ハガキに三句以内とし、3月10日までに直接選者に応募してください。
【〃応募先】俳句は矢野たけしさん(〒838-0068朝倉市甘木1929-2)、川柳は平井良子さん(〒838-0068朝倉市甘木1074-2)へ。

◆け・ん・こ・う!Cooking 県栄養士会・学校給食部会 「ちらし寿司」

■材料(5人分)…ご飯750g、鶏もも肉75g、にんじん35g、ごぼう40g、しいたけ5g、いんげん20g、三温糖35g、こいくち12g、酢55g、塩2g、みりん5g、白ごま・のり適量、卵1個
■作り方…1)にんじん、ごぼう、しいたけを千切りにする 2)いんげんも千切りにし、さっと茹でておく 3)卵は薄焼きして千切りにする(錦糸卵) 4)鶏もも肉を炒め、火が通ったら1の野菜を一緒に炒める 5)三温糖、こいくち、塩、みりんで4)に味をつけ、最後に酢を加える 6)炊いたご飯に5)を加え混ぜ合わせる 7)6)をお皿に盛り、いんげん、卵、のり、白ごまの順に盛りつける
■一口メモ…具にしっかり味をつけておかないと、ご飯と混ぜたとき味が薄くなってしまいます。卵やのりで華やかに盛りつけましょう。

◆私のイラスト展 作品募集中!

【応募方法】ハガキの表に、住所・氏名(ふりがな)・年齢・コメント、裏にイラストをはっきり描いて、市企画課広報統計係へ。
※掲載された方には、図書券を差し上げます。

【今月のイラスト】
※イラストは省略します。

◆満一歳おめでとう

 4月1日号「満一歳おめでとう」コーナーの申し込みは3月8日までに市企画政策課広報統計係(市役所本庁3階)へ。

ページの先頭へ戻る

 

まちかどウォッチング(広報あさくら平成24年3月1日号、20ページから21ページ)

●のきだれ、こきだれ、こき回せー ひろにわ保育所・もぐらうち

 1月14日、ひろにわ保育所で、全107人の園児が参加した新春の風物詩、もぐらうちが行われました。これは、田畑を荒らすもぐらの害を防ぐために行われていたもので、五穀豊穣や家内安全を祈る儀式となっています。
 地域の人たちが竿を作り、それを年長さん20人が手伝いました。参加した保育園児たちは、「14日のもぐらうちー、のきだれ、こきだれ、こき回せー」との掛け声のもと、楽しそうに地面を竹竿で叩いていました。

●あの歌が詠まれた地だからこそ 恵蘇八幡宮・新春百人一首カルタ会

 恵蘇八幡宮での毎年の恒例行事「新春百人一首カルタ会」が1月20日行われ、50人が参加しました。このカルタ会は、百人一首の筆頭札、天智天皇の「秋の田の 刈り穂の庵の 苫をあらみ 我が衣手は 露にぬれつつ」が朝倉の地で詠まれたことにちなんで行われています。
 この大会に初めて参加した井本明日香さん(須川)は、「百人一首を始めて2カ月ほどですが、どんどん上達していくことが楽しい」と手応えを感じているようでした。

●届け、平和願うメッセージ 第31回朝倉地区人権・同和教育研究会

 1月21日、ピーポート甘木・大ホールで朝倉地区人権・同和教育研究会が開催されました。その研究会のオープニングステージで、朝倉地区住民や近隣住民71人が集まって結成された「さとうきび畑合唱団」の大合唱がありました。永松睦子さんの指揮、澤田美津子さんのピアノ伴奏に乗せて、ざわわ、ざわわ、ざわわ……で始まる「さとうきび畑」の混声三部合唱が大ホールに響き渡りました。この歌には、平和を願うメッセージが込められています。

●貴重な文化財を守れ 文化財防火のための模擬火災訓練

 1月26日の文化財防火デーの取り組みの一環として、1月29日、模擬火災訓練が実施されました。当日朝7時から旧田代家(秋月)、須賀神社(甘木)、宮野神社(宮野)、円清寺(杷木志波)と市内各地の文化財で順に火災訓練が行われ、それぞれの地域の分団が出動しました。
 訓練では、消防団が現地に急行し、水利やポンプ車にホースをつなぎ、実際に水を出してから撤収するまでが行われました。てきぱきと消火活動を行う消防団の姿に、地域住民から拍手が贈られました。

●世界に羽ばたけ、高校生 朝倉高校・国際英語スピーチコンテスト

 県立朝倉高校主催の英語スピーチコンテストが、1月19日、ピーポート甘木・大ホールにて開催されました。参加したのは、中国大連市第五中学(中高一貫校)、ベトナムのハノイ・アムステルダム・ハイスクール、県立城南高校、県立戸畑高校、県立朝倉高校の高校生10人。「私にできる国際協力」というテーマで1人6分間のスピーチを行いました。
 大会で1位に輝いたのは、朝倉高校2年の髙良礼花さん。素晴らしい英語のスピーチでした。

●怖~い鬼も退散だ 秋月保育所で節分行事

 2月3日の節分の日、秋月保育所で豆まきが行われました。21人の園児たちがお互いに豆をまきあい、心の中の悪い鬼を追い出しました。
 そこへ突然、怖い怖~い赤鬼と青鬼が登場。子どもたちも最初は逃げ回りましたが、やがて「鬼は~外~」と、みんなで協力して豆をまき、無事に怖い鬼たちを追い払いました。
 先頭に立って豆をまいた林龍哉くん(2歳)は、「鬼は怖くなかった。豆をぶつけたら逃げていったよ」と得意そうに話してくれました。

ページの先頭へ戻る

 

裏面(広報あさくら平成24年3月1日号、22ページ)

 ◆甘木歴史資料館 春季節展 あ!さくら展 春爛漫―桜が主役の作品展―

 甘木歴史資料館では、朝倉市内・近郊在住の画家・書家・作家による、桜をテーマとした作品展を開催します。

●期間 3月20日(火)~4月8日(日)
●場所 甘木歴史資料館ロビー
●時間 9時30分~16時30分(入館16時まで)
●休館日 毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)
●入館料 無料

【期間中イベント】さくらコンサート

●日時 3月31日(土)、13時~(約1時間程度)
●場所 甘木歴史資料館・ロビー
●入場料 無料
●演奏者 
◎西島幸宏(ヴォーカル)◎中西久美(フルート)
◎日高美佐(ピアノ)
※詳しくは、甘木歴史資料館(0946-22-7515)へ。

◆第6回福岡県景観大会

 個性豊かで美しく、誇りを持って次の世代に継承することができるまちづくりを推進するため、福岡県では、まちづくり団体、市町村、大学と連携したパートナーシップのもと、景観に関する取り組みを行っています。
 今回、美しいまちづくりについて多くのみなさんと語りあい、考えることを目的に、「第6回福岡県景観大会」を開催します。
■日時…3月18日(日)、10時~15時15分
■場所…九州国立博物館(太宰府市)
■参加費…無料
■その他…受賞作品等については、3月13日(火)から18日(日)まで、国立博物館エントランスホールにて展示します。朝倉市の風景も展示されます。
【問い合わせ先】
◎市都市計画課(0946-22-1115)
◎福岡県建築都市部都市計画課・都市政策係(092-643-3712)、ホームページ  http://www.b-machi.net
 

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ
総務部 人事秘書課
電話番号 : 0946-22-1111
ファックス番号 : 0946-22-1118
メールアドレス : jinji@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?