「特定健康診査」と「特定保健指導」について

健特定康診査とは

男の人 特定健康診査(以下、特定健診。)とは、内臓脂肪が原因とされる糖尿病や高血圧症、脂質異常症等の生活習慣病の早期発見・早期予防を目的として実施されている健診です。生活習慣病をそのまま放置すると心臓病、脳卒中、腎不全などを発症する可能性が高いと言われています。
 特定健診は自分自身の健康状態を知る機会であり、経年的に結果を見ていくことで身体の変化に気づくことができます。自分自身と家族の生活を守るためにも、年に1回は必ず受診しましょう。


特定健診の対象者について

 朝倉市が実施する特定健診の対象者は、健診日当日において朝倉市国民健康保険に加入されている40歳から75歳未満(75歳の誕生日前日まで)の方です。
 対象者には、5月中旬に「特定健康診査受診券」を送付します。
 
(その他の対象者)
 (注)生活保護受給者は、健康課(TEL:0946-22-8571)に問い合わせてください。
 (注)75歳以上の方は、福岡県後期高齢者医療広域連合(TEL:092-651-3111)に問い合わせてください。
 (注)社会保険加入者は、加入する医療保険者(健康保険証の発行元)に問い合わせてください。

次の方は、特定健診を受診していただく必要はありません。
○妊産婦
○刑事施設、労役上その他これらに準ずる施設に拘禁されている者
○国内に住所を有しない者
○船員保険の被保険者のうち相当な期間継続して船舶内にいる者
○病院又は診療所に6月以上継続して入院している者
○高齢者の医療の確保に関する法律第55条第1項第2号から第5号までに規定する施設(障害者支援施設、特別養護老人ホーム、老人保健施設など)に入所又は入居している者

 

特定健診の内容について

 特定健診の内容は以下のとおりです。

【基本的な健診の項目】
○問診・理学的所見(身体診察)
○身体計測(身長・体重・腹囲・BMI)
○血圧
○血糖検査(空腹時血糖・ヘモグロビンA1c
○血中脂質検査(中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール・総コレステロール
○肝機能検査(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GT(γ-GTP))
○尿検査(糖・蛋白・潜血
○腎機能検査(血清クレアチニン
○その他の代謝機能検査(尿酸
心電図検査

【詳細な健診の項目】
○貧血検査(赤血球数・血色素量・ヘマトクリット値)
○眼底検査(片眼)

(注)赤字は朝倉市国保が独自に実施する追加健診項目です。また、「詳細な健診の項目」は、一定の基準を満たした方で、医師が必要と判断した場合のみ実施しています。


特定健診の料金について

 自己負担金 1,000円(集団健診、指定医療機関、朝倉診療所)※ただし、年度内に41歳、46歳、51歳になる方は、無料で受診できます。(受診券に無料クーポン券を同封します)


特定健診の実施日程および指定医療機関について

 特定健診は、以下の3つの方法で受診することができます。

(1)集団健診
(注)集団健診では、特定健診、結核検診および各種がん検診(胃、大腸、子宮、乳、前立腺)を受診できます。
(注)予約制です。予約専用電話:0800-1707-531(通話料無料)
 
(2)個別健診                                                                                                                          (注)指定医療機関では、6月から翌年2月末まで受診できます。事前に各医療機関へ予約してださい。                                                            

(3)朝倉診療所
 → 朝倉診療所(検診情報)
(注)朝倉診療所では、年間を通じて受診できます。事前に予約してください。詳しくは、朝倉診療所健康センター(TEL:0946-52-1133)にお問い合わせください。 
 

★特定健診の詳細についてはこちらをご覧ください⇒朝倉市住民健診について

特定健診の受診に必要なもの

○特定健康診査受診券(対象者には5月中旬に送付)
○朝倉市国民健康保険被保険者証
○自己負担金 1,000円 (無料クーポン券対象者は無料)

 (注)上記のものを忘れた場合は、受診できないことがありますのでご注意ください。


特定健診の受診時の注意点

○健診の前日は、アルコールの摂取や激しい運動は控えましょう
○当日の朝は、食事はしないでください
○年度中に75歳になる方は、75歳の誕生日前日まで受けることができます
 (75歳以上の人は、福岡県後期高齢者医療広域連合より通知が来ますので、詳しくはその通知をご覧ください。)


特定健診の結果について

家族  集団健診で受診した方は、健診受診日の約1ヶ月後に健診結果通知表とあわせて個人の生活習慣やその改善に関する情報を自宅にお届けします。また、医療機関で受診した方は、各医療機関にお尋ねください。自分自身の生活を振り返り、積極的に健康づくりを実践しましょう!
 

職場や人間ドックで健診を受けられた方へ(お願い)

 対象となる方で職場の健診や人間ドックを受診した方は、特定健診を受診したものとしてみなされる場合があります。詳しくは、健康課へ連絡をお願いします。


特定保健指導とは

保健師 特定保健指導とは、まず対象者の健診結果を生活習慣のリスクに応じて、3つのグループに分けます。そして、生活習慣病予防の必要性がある方には保健指導をご案内し、保健師や管理栄養士等による生活習慣改善に向けた支援を行います。

(支援の種類)
積極的支援 健診結果の改善に向けて継続的に支援を行います。
動機付け支援 生活習慣の改善点などに気づき、実行できるように支援を行います。
情報提供 健診受診者全員に健康的な生活を送るための情報提供をします。



特定健診・特定保健指導のQ&A

(Q1)特定健診は、毎年受ける必要があるの?
(A1)生活習慣病の多くは、自覚症状がないまま静かに確実に進行していきます。生活習慣病の発症および悪化を予防するためにも、毎年の健診結果の変化を確認することが重要です。健診結果の数値が、異常値に近づいたり悪化したりしているのであれば、原因となる生活習慣を早めに見直すことが大切です。健康状態を比較するためにも、年に一度は必ず特定健診を受けましょう。

(Q2)メタボじゃないから関係ない?
(A2)特定健診は“メタボ健診”とも言われていますが、主に動脈硬化から起こる心臓病や脳梗塞などの病気を予防するための健診であり、メタボリックシンドロームだけを見つける健診ではありません。血圧や血糖値、脂質など動脈硬化を予防するための検査や、腎臓や肝機能など全身をみる検査も含まれていますので、肥満や痩せなどの体型に関わらず、ぜひお受けください。

(Q3)病院に通院していても、特定健診を受けないといけないの?
(A3)通院されている方も特定健診の対象者です。主治医の先生にご相談の上、ぜひ受診してください。

(Q4)忙しいし、健診の時間や費用ももったいない…
(A4)定期的に健診を受けないと、次のようなことが心配されます。
(1)将来、重い生活習慣病にかかる危険が高まります。
 生活習慣病の多くは、自覚症状がほとんどなく、気付いた時には治療に時間がかかったり、障害が残ったりすることも少なくありません。予防のためには、健診で異常を早期に発見して、早期に対応することが重要です。
(2)家計や収入に影響する恐れがあります。
 生活習慣病を見つけるのが遅くなることで、医療費が増し、その分家計や生活に影響を及ぼします。さらに長期の療養が必要となったり、障害が残ったりなどの深刻な病気の場合には収入にも影響するかもしれません。また、病気にかかる人が増えると医療費が増大し、国保保険料(税)の引き上げもあり得ます。

(Q5)年度の途中で国民健康保険に加入した場合はどうなるの?
(A5)健診日当日において、朝倉市国民健康保険に加入されている40歳から75歳未満(75歳の誕生日前日まで)の方であれば特定健診を受けることはできますが、「受診券」が必要です。「受診券」は申請がないと発行できませんので、特定健診を受診希望の方は健康課までお尋ね下さい。
なお、特定健診は年度中に1回の受診となっていますので、朝倉市国民健康保険に加入される前に、すでに特定健診がお済みの方は、同年度の受診は必要ありません。


朝倉市の現状について

朝倉市の特定健診受診率

tokuteikenkoushinsa

 健康コラム「健康」の判断を何でしていますか?

 「健康」を自覚症状で判断している人が多いと思いますが、自覚症状が出る前に体の中では何が起こっているのでしょうか。
Aさんの例で見てみましょう。


< Aさん 男性 70歳 >
Aさん男性70歳の例

 Aさんは、年齢と共に異常値を示す項目が積み重なってきています。血圧や血糖等が高い状態が続いていたようですが、特に自覚症状はなかったようです。しかし、その間にも全身の血管で動脈硬化が起きており、自覚症状(しびれ、物忘れ)が出て1カ月後には脳梗塞を起こしています。

Aさんの例を見てわかるように

生活習慣病の多くは、突然起こるわけではありません。
実は、時間をかけて少しずつ体の中が変化しているんです!!

 健診を受けることは、ご自身の体の中の状況を知るためにとても有効な方法です。
健診結果を見る時、まず異常の有無を確認されると思います。その次にしていただきたいことが、前回の検査数値との比較です。異常がなくても、数値が上がってきているのであれば、要注意です!!
 日々の生活の中で適切な生活習慣を身につけ、変化や異常値が出た場合は生活習慣を見直し、生活習慣病の発症や重症化を予防しましょう。


健康な生活を送るためのワンステップとして、特定健診をご活用ください!


家

 

お問い合わせ
保健福祉部 健康課 健診係
電話番号 : 0946-22-1111
ファックス番号 : 0946-23-0732
メールアドレス : kenkou@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?