広報あさくら(平成24年5月1日号)

広報あさくら(平成24年5月1日号)目次

 

表紙(1ページ)

特集、平成24年度予算(2ページから5ページ)

合併後の事務事業一元化報告(6ページ)

住民税の主な改正内容(7ページ)

区会長さんを紹介します(8ページから9ページ)

公共交通ニュース(10ページから11ページ)

食の原点回帰1(12ページ)

朝倉市体育協会表彰式(13ページ)

市政ニュース(14ページから19ページ)

リビングシリーズ(20ページから21ページ)

情報満載!お知らせ広場(22ページから25ページ)

健康と福祉のページ(26ページから27ページ)

図書館だより(28ページから29ページ)

文化・学習の催し(30ページから31ページ)

市民くらぶ(32ページから33ページ)

まちかどウォッチング(34ページから35ページ)

裏表紙(36ページ)

 

表紙(広報あさくら平成24年5月1日号、1ページ) 

■第14回春の芸能公演

 3月25日、ピーポート甘木・大ホールで、甘木連合文化会主催の春の芸能公演が行われました。社交ダンスや筝曲・尺八の演奏、民謡や詩吟、剣舞道や謡曲仕舞などが披露されました。また、10年目になるという小中学生伝統芸能体験講座の成果発表として、舞台や生け花展示なども行われました。 

ページの先頭へ戻る
  

特集、平成24年度予算(広報あさくら平成24年5月1日号、2ページから5ページ) 

一般会計 253億円
(平成23年度比 3.2パーセント減)
 平成24年度の一般会計と9つの特別会計を合わせた予算総額は419億7370万1千円。前年度と比べて2億7125万1千円の減となりました。
【総務財政課】

●平成24年度当初予算編成方針
 長引く円高や東日本大震災の爪痕が大きく残り、経済の見通しが懸念される中、市の発展と市民福祉向上のため、6つの柱からなる重点施策を掲げ、「親と子と孫が一緒に暮らす朝倉市」をめざした予算編成を行いました(詳しくは4ページ)。

●一般会計予算の概要
 平成24年度一般会計当初予算は253億円で、前年度当初予算と比べ8億2300万円(3・2パーセント)の減額となっています。
 これは、平成23年度国の第3次補正予算に伴い、本来、平成24年度事業として予定していた学校の耐震化事業約9億5679万円を前倒しして、平成23年度3月補正に予算計上したためで、これを含んだ予算額で比較すると1億3379万円、0・5パーセントの増となります。

●義務的経費の減少
 義務的経費とは、市の運営に必要な費用のことで、家計では食費や医療費などの生活費にあたるものです。
 議員報酬や職員の給料などの「人件費」、社会保障経費の「扶助費」、市の借金の返済金である「公債費」の3つの義務的経費は115億8517万3千円で、前年度と比べて4億2130万7千円(3・5パーセント)の減となり、一般会計歳出の45・8パーセントを占めています。
 「人件費」は職員数の削減などで減少し、「扶助費」は法改正による子ども手当等支給費の減等で減少しています。
 また、「公債費」も繰上償還金8731
万7千円を計上していますが、対前年度比8パーセント減の25億4972万1千円となりました。

●自主財源・市税の減少
 市が自ら確保できる財源「自主財源」は減少し、84億8061万9千円(前年度比4億639万5千円減)で歳入全体の33・5パーセントです。
 市税は、個人市民税の税制改正や法人税の回復基調により増加しているものの、固定資産税の評価替え等の影響により70億443万7千円(前年度比1億467万9千円、1・5パーセント減)となっています。

●依存財源がわずかに減少
 地方交付税は、75億5400万円(前年度比3億4300万円、4・8パーセント増)となり地方交付税の不足を補てんする臨時財政対策債は11億6500万円(前年度比1億900万円減、8・6パーセント減)となりました。臨時財政対策債を除く市債は23億1550万円(前年度比2億4950万円、9・7パーセント減)です。
 また、国県支出金は47億3358万1千円(前年度比3億1730万5千円、6・3パーセントの減)となっていますが、これは使途が決められており市税のように自由に使うことはできません。

●市債残高は増加
 返済額より借入額が大きく、市債残高は増加しています。そのため、平成24年度末の市債残高見込は約274億円となります。しかし、地方債は後年度に地方交付税により措置されるものが多いため、実際の市の負担は少なくなります。

一般会計「歳入」…253億円
自主財源(33.5%)
市税…70億443万7千円(27.7%)
分担金・負担金・使用料・手数料…7億3911万4千円(2.9%)
諸収入・自主財源その他…7億3706万8千円(2.9%)

依存財源(66.5%)
地方交付税…87億1900万円(34.5%)
国庫支出金…31億2826万2千円(12.4%)
県支出金…16億531万9千円(6.3%)
市債…23億1550万円(9.1%)
依存財源その他…10億5130万円(4.2%)

一般会計「歳出」(目的別)…253億円
民生費…82億6608万2千円(32.7%)
土木費…36億9225万円(14.6%)
総務費…31億2001万4千円(12.3%)
公債費…25億4972万1千円(10.1%)
衛生費…24億2752万8千円(9.6%)
教育費…24億3045万7千円(9.6%)
農林水産業費…11億7397万2千円(4.6%)
消防費…9億653万円(3.6%)
その他…7億3344万円6千円(2.9%)

一般会計「歳出」(性質別)…253億円
義務的経費(45.8%)
扶助費…48億6537万5千円(19.2%)
人件費…41億7007万7千円(16.5%)
公債費…25億4972万1千円(10.1%)

投資的経費(15.7%)
普通建設事業費…38億5921万1千円(15.3%)
災害復旧費…1億1008万円(0.4%)

その他の経費(38.5%)
物件費…32億658万円(12.7%)
繰出金…35億1962万6千円(13.9%)
補助費…25億8074万円(10.2%)
その他…4億3859万7千円(1.7%)

 特別会計
 会計名  予算等金額  前年比
 住宅新築資金等貸付特別会計  1047万3千円  +5.8%
 簡易水道特別会計  813万円  +22.1%
 国民健康保険特別会計(事業勘定)  77億1354万7千円  +5.5%
 国民健康保険特別会計(直営診療施設勘定)  2億7058万9千円  -4.2%
 後期高齢者医療特別会計  8億1006万円  +3.7%
 介護保険特別会計(保険事業勘定)  51億8111万円  +3.4%
 介護保険特別会計(介護サービス事業勘定)  2323万4千円  -4.9%
 下水道事業特別会計  19億9783万円  -2.7%
 農業集落排水事業特別会計  3億9512万円  +2.0%
 個別排水事業特別会計  2億6314万5千円  +6.5%
 工業用地造成事業特別会計  46万円  0.0%

 会計用語説明

 【一般会計と特別会計】一般会計は、基本的・全般的な経費を経理する会計。特別会計は、特定の事業を行うために特定の歳入・歳出を一般会計と区分して経理するための会計。

【歳入】地方公共団体が仕事を行うために必要な経費を補うもので、その団体の会計年度における一切の収入のこと。
▼市税…市民が納める市民税や固定資産税、軽自動車税など
▼分担金・負担金…受益者の負担金で、主に保育料など
▼使用料・手数料…公共施設の使用料や住民票発行の手数料など
▼諸収入…各種貸付の元利償還金、延滞金などの徴収金
▼自主財源その他…財産収入、寄付金、繰越金、繰入金
▼地方交付税…市の財政力に応じて国から交付されるお金で、普通交付税と特別交付税がある。自治体間の財政力の不均衡をなくし、どこの住民にも一定の行政サービスが行えるよう、国税(所得税、法人税、酒税、消費税、たばこ税)として集められた財源のうち、一定割合の額を地方公共団体に再配分するもの
▼国庫支出金…市が行う特定の事業に対して国から交付されるお金で、国庫負担金、国庫補助金、国庫委託金の3つに分類される
▼県支出金…市が行う事業に対して県から交付されるお金で、通常は使途が特定される
▼市債…市の借入金で、償還が2年以上にわたるもの。公共施設建設のように一時的に多額の経費を必要とし、かつ長期間にわたって利用できるものの財源に充てられる
▼依存財源その他…地方譲与税、利子割交付金、配当割交付金、株式等譲渡所得割交付金、地方消費税交付金、ゴルフ場利用税交付金、自動車取得税交付金、地方特例交付金、交通安全対策特別交付金

【目的別歳出】地方公共団体が行う事務を目的別に分類。行政サービスの水準や行政の特色がわかる。
▼民生費…安定した社会生活を保障するための経費で、児童福祉・老人福祉・生活保護・その他の社会福祉費など
▼土木費…道路や河川、公園、公営住宅建設など社会資本整備のための経費
▼総務費…市の全般的な管理事務に関する経費で、戸籍・統計・選挙・徴税費・職員給など
▼公債費…借り入れた市債の元利償還金
▼衛生費…ごみ・し尿を処理したり、生活排水や公害対策、健康管理・予防などの経費
▼教育費…学校教育や生涯学習の充実、文化・スポーツ振興などの経費
▼農林水産業費…農林業振興の支援や生産基盤整備などの経費
▼消防費…消防施設の整備や消防団の経費など
▼その他…商工費、議会費、災害復旧費、労働費、予備費

【性質別歳出】地方公共団体の経費は、性質別に義務的経費、投資的経費、その他の経費に区分できる。義務的経費は、人件費、扶助費、公債費など支出が義務づけられている経費。投資的経費は、道路や公共施設建設など行政水準の向上にかかる経費で、普通建設事業費、災害復旧事業費から構成される。
▼扶助費…社会保障制度の一環として、高齢者、児童、心身障害者などに支援するための経費
▼人件費…議員報酬、職員給与など
▼公債費…借り入れた市債の元利償還金
▼普通建設事業費…道路や公共施設の新増設に必要とされる経費
▼災害復旧費…災害で被災した施設などを復旧するための経費
▼物件費…賃金、旅費、交際費、需用費など消費的な性質をもつ経費▼繰出金…一般会計、特別会計、基金との間で相互に資金運用するための経費
▼補助費…市から他の団体などに、行政上の目的から支払う経費
▼その他…投資および出資金・貸付金、維持補修費、積立金、予備費

●平成24年度の主な事業

1.働く場のある「朝倉」づくり
(1)生活を守る雇用の確保
▼中小企業融資保証料補給金(信用保証料の1/2補助)     380万円
▼中小企業者等事業融資資金貸付 1億円
▼緊急経済対策中小企業応援保証料補給金
1300万円
▼企業誘致推進(産業政策マネージャー配置)
289万9千円

(2)希望の持てる農林業づくり
▼農林業基盤整備事業補助金(農林業施設改修に対する補助金)  1560万円
▼森林整備事業費補助金(新)少花粉種苗導入補助含む   1092万9千円
▼新規就農支援事業  229万4千円


(3)だれもが訪れたくなる観光地づくり
▼朝倉の宝観光振興事業   265万円
▼朝倉宝探しコンテスト     71万円
▼山田堰展望所整備・木の丸公園改修事業
2920万円
▼百人一首活用事業(朝倉市で第1回小倉百人一首競技かるた大会開催)  133万円

(4)賑わいのある商店街づくり
▼プレミアム付き地域振興券発行事業
1200万円

2.子どもがのびのび育つ「朝倉」づくり
(1)若い世代が住みやすい環境づくり
▼乳幼児(小学生未満)医療費の無料化
1億4515万7千円
▼こども医療費(小学生の入院医療費)の助成         472万8千円
▼妊婦健康診断の公費負担(14回)
3895万5千円
▼縁結び事業       150万円

(2)子どもが健やかに育つ環境づくり
▼小中学校耐震化事業  8939万6千円
▼教育相談体制    526万6千円

(3)ふるさとに誇りを持てる教育の充実
▼「わたしたちの朝倉」編集作成事業
461万円
▼小中一貫教育検討(モデル事業)
113万7千円

3.健康で長生きが楽しい「朝倉」づくり
(1)はつらつとした高齢者づくり
▼要援護見守り支援ネットワーク事業の推進
80万円
▼市民後見人育成事業       50万円
▼在宅老人福祉事業費  2094万5千円

(2)障がい者が社会参加できるまちづくり
▼ピーポート大ホール玄関前バリアフリー化改修事業等   2487万4千円
▼本庁階段手すり設置    350万円
▼障害福祉サービス事業
7億7339万9千円

(3)健康で生きがいのあるまちづくり
▼予防接種事業(成人)    4602万円
▼健康管理システム改修  517万7千円

4.災害に強い「朝倉」づくり
(1)災害に備える基盤づくり
▼避難所表示板設置     56万7千円
▼浸水対策事業費     3190万円

(2)防災体制の充実
▼消防団施設整備事業   1276万8千円
▼防犯灯設置補助金     150万円
▼地域自主防災リーダー育成 29万1千円
▼避難支援計画の策定    38万5千円
▼自主防災マップ作成    81万8千円

5.快適に生活できる「朝倉」づくり
(1)快適にいきいきと生活できる基盤
づくり
▼光通信サービス環境構築事業
   1億6240万円
▼急傾斜地崩壊対策事業   700万円
▼朝農跡地総合体育施設建設基礎検討費
 400万円

(2)新エネルギーの普及・CO2削減の推進
▼環境家計簿の普及    1万2千円
▼公用車へのエコメーターの導入  18万円
▼太陽光発電設置補助金 1500万円

(3)森林、水の保全
▼荒廃森林再生事業   4087万5千円

(4)循環型社会の構築
▼汚泥再生処理センター、朝倉・杷木し尿処理施設管理     4億108万6千円

6.市民と行政が協働する「朝倉」づくり
(1)市民と行政との新しい関係づくり
▼あいのりタクシー運行委託料
1790万円
▼協働のまちづくり基本指針策定等
27万円
▼協働提案公募事業           102万円
▼高校生から市政への提言    13万円

(2)男女の力がともに発揮できる社会づくり
▼男女共同参画推進事業  221万4千円

(3)市民が利用しやすい市役所づくり
▼ワンストップサービス窓口
188万4千円
▼組織機構改革          ―
▼電子申告サービス業務
1082万1千円

(4)健全な行財政システムづくり
▼行財政評価事務    501万1千円
▼財政見通しの作成        ―


地方債現在高の推移
19年…………235億3256万円(うち交付税措置割合64%)
20年…………238億8795万円(うち交付税措置割合66%)
21年…………231億7719万円(うち交付税措置割合70%)
22年…………240億40万円(うち交付税措置割合73%)
23年(見込)…261億953万円(うち交付税措置割合74%)
24年(見込)…274億3135万円(うち交付税措置割合74%)


市税収入の推移
19年…………77億2227万円
20年…………75億5154万円
21年…………72億999万円
22年…………71億649万円
23年(見込)…71億912万円
23年(見込)…71億444万円

 ●あさくら家の家計の状況は?

 朝倉市の平成24年度予算(財政状況)を、1カ月分の家計に例えて見てみましょう。

◎支出を引き締めるあさくら家
 支出は食費(市の予算でいう人件費)、医療費(扶助費)、ローン返済(公債費)の必ず支払わなければならないものが1万2千円減の32万6千円。いずれも減額となっています。

◎景気回復が依然給料に反映されません
 緩やかな景気回復の兆しはあるものの、給料(市税収入)は前年度と比べ3千円の減で19万7千円となりました。親からの仕送り(国からの地方交付税など)も5千円減の、40万8千円となっています。 また、ローン借り入れを前年度より抑えることができ、7千円減の6万5千円となっています。

◎医療費は減りつつも、家計の2割
 支出では必ず支払わなければならない食費(人件費)、医療費(扶助費)、ローン返済(公債費)がいずれも減っています。医療費は減っていますが、家計の2割をしめ、家計を圧迫しています。

◎ローン残高は増加傾向
 ローン残高は、926万円となり、昨年度より45万円増えています。自宅の増改築費用のほとんどをローンに頼っています。また、返済額より借入額が大きいため、残高は年々増加している状況です。貯金総額は391万円で、昨年とほぼ同額となっています。


あさくら家、1カ月の家計簿
《収入》
◎給料【市税】…19万7千円(-3千円)
◎パート収入、不動産収入など【分担金、使用料、財産収入、諸収入など】…3万6千円(-1千円)
◎親からの仕送り【地方交付税、地方譲与税、国県支出金など】…40万8千円(-5千円)
◎貯金の取り崩し【繰入金】…6千円(-7千円)
◎ローン借入【市債】…6万5千円(-7千円)
合計…71万2千円(-2万3千円)

《支出》
◎食費【人件費】…11万7千円(-5千円)
◎医療費【扶助費】…13万7千円(-1千円)
◎ローン返済【公債費】…7万2千円(-6千円)
◎自宅の増改築、車の購入など【投資的経費】…11万2千円(-1万4千円)
◎光熱水費、電話代など【物件費など】…9万9千円(+-0千円)
◎子どもへの仕送り【繰出金】…9万9千円(+3千円)
◎貯金【積立金】…3千円(+1千円)
◎自治会費など【負担金・補助金】…7万3千円(-1千円)
合計…71万2千円(-2万3千円)

※前年度の給料を20万円としています。括弧内の数字は、前年度と比較した額です。

※詳しくは、市総務財政課財政係(22-1111、内線61-318)へ。 

 ページの先頭へ戻る

合併後の事務事業一元化報告(広報あさくら平成24年5月1日号、6ページ)

 合併前の事務事業のうち、それまでの経緯や影響の大きさを考慮すると合併までに統合が困難なものや、合併後に統合を図ったほうが適当と考えられるものについては、「新市において調整する」と確認されていました。その未調整事項が268項目ありましたが、250項目は平成23年1月までに調整が完了しています。
 その後、平成24年1月末現在で新たに8項目の事務事業の調整が完了しましたので、その調整概要についてお知らせします。
 詳しい調整内容については、各担当部署へお問い合わせください。

《総務部》

■コミュニティ推進室(22-1111内線64-27)
○地域づくり支援事業
 平成23年度から美奈宜の杜地区でもコミュニティ組織が発足し、市内17地区の全地区でコミュニティ組織の体制が確立した。
 また、各コミュニティ組織に対する補助金は、平成22年度に定めた「朝倉市地域コミュニティ活動助成補助金交付要綱」に基づき交付を行う。
《市民環境部》
■環境課(直通23-1153)
○ごみの分別・収集運搬・手数料
〔ごみの分別〕資源ごみ・不燃ごみの分別は、次の15品目に統一した。((1)無色透明びん、(2)茶色びん、(3)その他の色びん、(4)アルミ缶・その他の缶、(5)ペットボトル、(6)紙パック、(7)紙製容器包装、(8)プラスチック製容器包装、(9)硬金属、(10)雑物、(11)乾電池、(12)体温計、(13)蛍光灯、(14)円形蛍光灯、(15)割れた蛍光灯)
〔ごみの収集運搬〕収集方法および運搬方法等は、甘木地域は直営方式、朝倉地域および杷木地域は業務委託方式とした。
〔手数料〕家庭系可燃ごみ専用袋等の料金は、次のとおり統一(大40リットル50円/枚、小27リットル30円/枚、粗大ごみステッカー300円/枚)。事業系可燃ごみについては、次のとおり統一。(150円/10キログラム)

《農林商工部》

■農業振興課(直通52-1427)
○地域農政推進対策事業
〔地域農業マスタープラン〕地域農業マスタープランと位置づけられる「朝倉市食料・農業・農村基本計画」を平成23年度に策定した。
〔経営生産対策推進会議〕平成21年度に朝倉市農業振興連絡協議会(構成員…朝倉市、朝倉市農業委員会、農林事務所、普及センター、筑前あさくら農業協同組合、筑後川流域農業共済組合)を設立した。
〔農業経営改善支援センター〕合併時(平成18年度)に朝倉市農業経営改善支援センターを設置した。なお、旧甘木市において設置していた経営指導マネージャーは、平成19年度までで廃止した。
〔審議会等〕平成22年度に朝倉市農林行政審議会を設立した。

《都市建設部》

■都市計画課(直通22-1115)
○都市計画策定事務
 平成23年度に第1次都市計画マスタープランを策定した。
○国土利用計画
 平成23年度に第1次国土利用計画を策定した。
■下水道課(直通22-1119)
○個別排水処理施設(町単)
 朝倉地域で、合併前に設置された浄化槽、および合併前に建築された建物に平成20年度までに設置された浄化槽は、旧朝倉町の使用料等を平成24年3月請求分まで継続し、平成24年4月請求分から市内統一料金を適用する。なお統一料金と比較し月額1000円以上使用料が上がるものには、5年間の緩和措置を設ける。
 また市が負担している浄化槽のブロア等電気料は、下水道使用料統一に伴う5年間の緩和措置にあわせ段階的に減額し、平成29年度に廃止する。
○下水道使用料、賦課徴収
〔使用料の額〕《集合処理の場合》平成24年4月請求分から市内統一料金を適用する。ただし、朝倉地域の事業所については2年間の緩和措置を設ける。
《浄化槽の場合》平成24年4月請求分から市内統一料金を適用する。ただし、朝倉地域の合併前に設置した浄化槽等使用料については、上記「○個別排水処理施設(町単)」のとおりとする。また杷木地域の11人槽から15人槽の浄化槽は、2年間の緩和措置を設ける。
〔使用料の賦課方法〕
・一般住宅の人員基準日は、月末の人員で算定
・当月分を翌月賦課(浄化槽は当月分を当月賦課)
・事業所の水量検針方法は、毎月始めに検針
・接続完了後、初めて使用開始する開始月の使用料は無料
・使用を開始・休止する場合は日割り計算
〔使用料の減免〕自治公民館等は、基本使用料(1050円)のみ徴収

《教育部》

■生涯学習課(直通22-2348)
○各種講座の開催
 全市民を対象とした講座は引き継ぐ。公民館・コミュニティ主催講座は、平成23年度から地域コミュニティ活動助成補助金に統合し自主運営を行う。
※詳しくは、市行政経営課経営係(22-1111、内線61-306)へ。

 ページの先頭へ戻る

 

平成24年度 住民税の主な改正内容をお知らせします【税務課】(広報あさくら平成24年5月1日号、7ページ)
 

●扶養控除の見直し

 子ども手当の創設、高校の授業料無料化に伴い、次のように見直されます。
 ◎年少扶養親族(16歳未満の扶養親族)に対する扶養控除(33万円)が廃止されます。
 ◎特定扶養親族(16歳以上23歳未満)のうち、16歳以上19歳未満の人に対する扶養控除の上乗せ部分(12万円)が廃止されます。

(注)16歳以上19歳未満の人に対する扶養控除は、一般扶養控除に移行し、控除額は33万円となります。

●同居の特別障害者に対する 障害者控除の見直し

 同居特別障害者加算の特例措置として、扶養控除の額または配偶者控除の額に23万円が加算されていましたが、前述のとおり、16歳未満の年少扶養親族に対する扶養控除が廃止されたことに伴い、特別障害者の場合の障害者控除の額(30万円)に23万円を加算することになりました。
 このため、同居特別障害者の場合の障害者控除の額は53万円になります。

【問い合わせ先】
市税務課住民税係
(22-1111、内線61-162、61-163、61-160)

 ページの先頭へ戻る

平成24年度、区会長さんを紹介します(広報あさくら平成24年5月1日号、8ページから9ページ)

 地区の代表として、市と市民のパイプ役となり、地区のお世話をしていただく、朝倉市の新しい区会長さんを紹介します。
 一年間よろしくお願いします。

◎上秋月地区

田中 一藤(田代)
原田 政嗣(山見・仲仁鳥)
倉地 久人(仁鳥・日向石)
内田 博親(長谷・川端・首渕)
福田 幸男(出町・浦泉・野添)
篠田 謙六(中村・光月・片峯)
手島 國勝(小原・弓削)
内田 正登(松丸・原田)
山崎 夏雄(下戸河内)

 ◎秋月地区

井手 峯勝(上野鳥)
柴田 治夫(下野鳥)
高山 繁規(浦泉)
鹿田 義弘(今小路)
田尻 新(魚町)
髙木 觀市(秋月中町)
江頭 安彦(新富)
井上 正一(石原)

◎安川地区

森 宗雄(長谷山)
井上 博文(女男石)
田中 恒人(千手)
山崎 善雄(甘水)
武井 將人(楢原)
芳野 晋(隈江)
舟木 正之(下渕第一)
舟木 義幸(下渕第二)
花田 重之(持丸)

◎甘木地区

吉田 琢麿(水町)
河辺 繁弘(旭町)
上野 義博(菩提寺)
辻 正東(琴平町)
上野 隆(七日町)
矢野 城平(八日町)
釜堀 正勝(八幡町)
松岡 準二(馬場町)
萩尾 正勝(三福町)
塚本 茂(本町)
坂口 博昭(四重町)
上村 裕治(四日町)
原田 幸雄(上新町)
柿原 秀樹(下新町)
塚本 信人(恵比須町)
緒方 静夫(県営恵比須団地)
時津 邦克(山領町)
藤井 重貞(高原町)
田篭 庄市郎(庄屋町)
合谷 精一郎(上二日町)
元山 勇治(下二日町)
倉掛 由助(川端町)
藤田 友吉(川原町)
玉城 正徳(天神町)
香月 眞太郎(横内町)
松本 武(泉町)
窪山 重登(新河町)
桒野 種義(神田町)
近藤 亨(双葉町)
内田 壽雄(大内町)
丸林 健二(神田町雇用促進住宅)

◎馬田地区

矢野 勝保(牛木)
武田 東洋男(千代丸)
田中 進(東田)
溝上 敬暉(馬田)
井上 正敏(上浦)
草場 剛晴(下浦)
田中 淳夫(草水)
芳谷 和彦(中原)

◎立石地区

松岡 忠夫(相窪)
山部 英明(柿原)
髙瀬 嘉重(堤)
梶原 靖範(来春)
北川 初司(一木)
奥田 善行(頓田)
今村 豊(古賀)
熊谷 春男(柿添)
櫻木 哲弘(一木雇用促進住宅)

◎福田地区

國松 茂(鳩胸)
原田 明夫(小田本村)
松尾 俊春(春)
山口 茂喜(小田正信)
平井 勝行(小隈)
永露 惣三男(平塚)
下釜 弘行(中寒水)
原野 満(倉吉)
林内 俊伸(白鳥)

◎蜷城地区

山中 政次郎(林田・鎌崎)
平田 哲夫(金丸)
井上 請一(徳渕)
田中 政則(八重津)
荻野 修次(下長田)
平野 和博(町)
羽野 斌(藤島)
齊藤 英俊(中小路)
豊原 柾突(上畑・楓)
石橋 正二郎(中)
西 公雄(片延)
西 稔(鵜木)
大楠 信一(四郎丸)
森 洋(古江)
田中 武一郎(坂井)

◎金川地区

唐川 哲夫(上屋永)
田子森 英樹(下屋永)
内田 泉(桑原)
水城 憲造(田島)
酒井 通哲(中島田)
大内田 一男(牛鶴)

◎三奈木地区

石川 信幸(上三奈木)
手嶋 博雄(川原)
森田 久(下三奈木)
堀 俊明(角枝団地)
三浦 博幸(下万願寺)
渡邉 哲雄(長畑)
和智 早苗(十文字・櫨畑)
武田 雄一(上櫨畑)
熊本 茂雄(久保鳥・六本松)
篠原 勝洋(城)
古川 晃久(荷原)
橋本 計(矢野竹)
松田 準一(屋形原)
持丸 佳弘(板屋)

◎高木地区

町田 実(黒松)
福山 英雄(宮園)
鳥巣 良彦(馬場)
渕上 和久(北小路)
手嶋 昭年(疣目)
林 享一(疣目口)
秋吉 正栄(元の目)
和智 助行(荒田)
大山 秀一郎(佐田田代)
安陪 正昭(木和田)
熊谷 繁(安谷)
手島 精三(地下)
手嶋 貞文(藪)
岩下 夏雄(仏谷)
鬼塚 博志(西原)

◎美奈宜の杜地区

前田 幸保(美奈宜の杜)

◎朝倉地区

後藤 秀昭(恵蘇宿)
手島 英夫(山田)
大内田 弘光(菱野)
竹井 勝美(三島)
林 徹朗(久重)
江藤 和夫(下古毛1)
江藤 正徳(下古毛2)
田中 敏朗(下古毛3)

◎宮野地区

宮本 明信(山後)
星野 照明(上須川)
稲富 成生(尾西)
仲山 佳孝(来光寺)
矢野 辰夫(長安寺)
半田 佳哉(下須川)
浦塚 洋明(八坂)
井上 貴(立野)
吉橋 利行(中宮野)
柳瀬 英伸(落合)
服部 裕之(下町)
古賀 常文(上比1)
大楠 公(上比2)
浦塚 四男美(下比)
田中 寛(新道)
佐藤 守(烏集院)

◎大福地区

西川 清(西入地)
丸林 賢次(東入地)
石松 久慶(入地中町)
福山 幸則(東中町)
江藤 利春(多々連)
江藤 昌幸(田中)
井上 敏實(上寺)
植田 茂昭(東長渕)
植田 貞宣(西長渕)
古賀 一生(上の原)
浦 長生(乙王丸)
佐渡島 勇(善光寺)
藤﨑 裕二(十文字)
鶴田 卓(三寺)
調 秀男(中央)
徳永 秀雄(小塚)
師岡 光與(大角)
徳永 萬利(余名持)
半田 喜俊(立出)
古賀 正則(石成)

◎松末地区

伊藤 孝(池ノ迫)
伊藤 邦敏(星丸正信)
佐々木 幸三(獺ノ口)
池田 廣久(立)
小川 祥一(真竹)
小川 謙二(小河内)
岩下 幸夫(松末本村)
小ノ上 善三(石詰)
田中 耕起(中村)
井手 巽(乙石)
田中 良造(赤谷)

◎杷木地区

飯田 昭雄(穂坂)
吉岡 興亞(林田)
時川 知親(東林田)
熊谷 和之(西林田)
髙倉 德保(新浜)
石井 德昌(白木)
梶原 満明(上池田)
梶原 厚(下池田)
上田 克弘(杷木上町)
平川 隆夫(東町)
飯田 弘(中央通)
山﨑 俊春(西町)
松坂 辰雄(下池田住宅)
日野 恒憲(大山上)
黒木 正司(大山下)

◎久喜宮地区

福田 幸夫(古町)
因間 幸一郎(久喜宮上町)
石井 久(久喜宮中町)
西村 和男(新町)
林 定本(久喜宮原鶴)
伊藤 正義(若市)
村上 久義(上げ)
井上 憲二(杷木古賀)
石井 千丈(寒水)
薮内 一夫(浜川)

◎志波地区

青柳 明伸(志波上町)
仲山 和麿(志波中町)
森高 秀暉(下町)
後藤 秀敏(宮舟)
小山田 新吾(高山)
畑 就惠(志波原鶴)
田中 靖宏(塚原)
足立 光生(尾迫)
田篭 和明(梅ヶ谷)
坂本 三憲(道目木)
日野 嗣(平榎)
宿里 祥晃(松葉)
古賀 仁司(政所)
足立 秀夫(笹尾)
小田 英夫(杉馬場)

※市総務財政課文書法制係(内線61-314) 

  ページの先頭へ戻る

 

公共交通ニュース(広報あさくら平成24年5月1日号、10ページから11ページ)【公共交通推進室】

Q.事前予約制は、具体的にはどう予約すればよいのですか? また、なぜ予約制なのですか?

A.予約は、運行事業者に電話をして、「氏名」、「利用日」、「乗降場所」、「利用便」、「連絡先」の5点を伝えるだけです。
 予約制を導入したのは、利用者がいない便や利用者のいない区間を運行しないようにして無駄をなくすためです。

Q.予約制とのことですが、時刻表はどうなるんですか? 利用者がいない区間を運行しないということは、予約の状況でバスの来る時間が変わるのでは?

A.予約の状況で利用する時間が変わります。そのため、パンフレットやバス停には幅を持たせた目安の時刻表を掲載しています。
 より正確なバス到着時間は、運行事業者に予約をしていただいた後、運行事業者から「(明日は)何時何分ごろに○○で待っていてください」という電話でお伝えします。

Q.バスが走るようになると便利になるけれど、バス停はどこにあるの? 遠いとバス停まで歩くのが大変です。

A.バス停は、集落の公民館等に設置をしています。
 ただ、『あいのりタクシー』はコース上であれば、バス停以外でも乗り降りすることができる「フリー乗降区間」があり、バス停まで行かなくても途中で乗り降りができます。

Q.3月1日の広報に『あいのりタクシー』のパンフレットが折り込んであったけれど、なくしてしまった!
 新しいパンフレットが欲しいけれど、市役所まで取りに行く時間がない。どこかに置いてないの?

A.『あいのりタクシー』のパンフレットは市役所だけではなく、最寄りの地区公民館や路線沿いの病院、金融機関等にも可能な限り設置をしています。市のHPも活用ください。また、郵送対応もしますのでお気軽に連絡ください。

Q.4月からたくさんの路線が運行を開始したようですが、朝倉市の公共交通は今どうなっているの? 何が運行されているかよくわからないし、『あいのりタクシー』等の事前予約の電話番号もわかりません。

A.朝倉市内を運行している公共交通のうち、市のコミュニティバスは、あいのりタクシー、あいのりスクールバス、朝倉地域コミュニティバスと3種類あります。これらを利用するときは、左の一覧表にある各路線の運行事業者に電話で申し込んでください。
 市のコミュニティバスは、このような10人乗りの車両で運行しています。
お気軽にご利用ください。

 なお、その他の公共交通は次のとおりとなっています。

【その他の公共交通】

〔路線バス〕
◎西鉄バス
・甘木幹線(国道386号中心)
・小石原線・宝珠山線
・高速バス

◎甘木観光バス
・田主丸線
・秋月線
・三輪線
・矢野竹線
・甘木循環・美奈宜の杜線

〔鉄道〕
◎甘木鉄道
◎西鉄甘木線

Q.ここ数年、市内の公共交通が変わっているけれど、今後はどうなるの?

A.市では、平成20年度に策定した『朝倉市地域公共交通総合連携計画』にそって路線事業を進めています。本年度は、平成25年度のスタートを目指し、路線バス(美奈宜の杜線・矢野竹線)を見直す協議を地元と行っていきます。
 なお、これらの路線事業は創って終わりではありません。むしろ「どのように守り、どのように維持していくのか」が大切なのです。沿線住民のみなさんとともに、将来的に続けていける生活交通として守り、そして育てていきたいと思っています。

※公共交通に関する問い合わせは、市公共交通推進室(22-1111、内線61-504、61-505)へ。

【パンフレット訂正のお知らせ】

※一部地域に3月1日号の広報紙と一緒に配布した「あいのりタクシー上秋月・安川線」のパンフレットに一部誤りがありました。お詫びして訂正いたします。
〔運休日〕
誤)年末年始(12/31~1/31)
正)年末年始(12/31~1/3)

 ページの先頭へ戻る
 

食の原点回帰1(広報あさくら平成24年5月1日号、12ページ)

食材には、もっとも美味しい時期がある(文・中村富美夏 なかむら・ふみか 食育インストラクター)

 現在、1年中店頭に並ぶ野菜や果物は少なくありません。私たちは、好きなときに好きなものを買うことができます。それは、とても便利なことです。しかし、その便利さの裏で、私たちが忘れかけていることがあります。
 食材には、もっとも美味しい時期があるのです。
 四季の移り変わりがある日本では、その食材が本来収穫できるシーズンは限られ、最盛期を「旬」といって大切にしてきました。「旬」の食材は、本来自然に生育する時期に生産されるため、より安全で、大量に流通するため価格も安いというメリットがあります。また、自然の恵みを存分に受けて育った食材は、栄養価も高く美味しいのが特徴です。
 生産者や輸入業者は、私たち消費者が求めるものに見合う生産、商品の開発をするのです。消費者が利便性だけで食材を選んでいたのでは、今の状況は変わりません。消費者が食材に関する知識を持ち、その食材本来の味や栄養、環境や安全性のことまで考えて選ぶようにすれば、スーパーでも「旬」の食材中心の品揃えに変わっていくでしょう。それは、安全で美味しい野菜が安く手に入るようになる、ということなのです。
 それには、まず私たちの意識を変える必要があります。日本の野菜の「旬」を再確認し、それぞれの時期に適したものを食べるようにしましょう。
 旬野菜を選ぶ際の大まかな目安を書き記しますので参考にしてください。

【春の野菜】草木の新芽が芽吹く春の野菜は、緑が鮮やかで香りと柔らかさ、苦みなどが特徴のものが多く見られます。
【夏の野菜】夏は、ほてった体を冷ます夏の野菜が旬を迎えます。暑さで奪われやすいビタミンCが豊富なものも多く、水分もたっぷり含まれています。
【秋の野菜】食物繊維が豊富なイモ類やキノコ類など、体に優しく、夏の暑さで疲れた体を癒し、胃腸の調子を整えてくれます。
【冬の野菜】根菜や葉もの中心。ビタミンが多く、抵抗力を高め、体を温めます。

旬の食材を食べる―野菜を美味しく食す「簡単ドレッシング」

 春野菜は、味が濃く香りを楽しめる野菜が多くあります。たっぷり料理するのも良いですが、素材を引き立てるドレッシングもお勧めです。
 市販のドレッシングは、成分表を見ると知らないカタカナ(添加物)がたくさん書かれています。
 今回は、我が家で手軽にでき、お財布にもうれしい、簡単ドレッシングをご紹介します。

<材料>
しょうゆ・酢(レモン汁)・油

<作り方>
しょうゆ・酢・油を2・2・1の割合で混ぜ合わせるだけです。
◎調理時間…1分
◎保存期間…1週間程度(要冷蔵)

玉ねぎ・大根おろし・ごま・しょうがなどを混ぜ合わせても美味しくなります。

なかむら・ふみか◆市内在住。NPO法人日本食育インストラクター協会認定のインストラクター。「新鮮ぬくもり畑」マネージャー、「子育て支援センターつどいの広場」食育講座など多方面で活躍。

【問い合わせ先】市農業振興課(直通52-1427)

ページの先頭へ戻る


朝倉市体育協会表彰式(広報あさくら平成24年5月1日号、13ページ)

◆家族で挑戦、あさくら自然学校「FANs」~朝倉の自然に挑み、たのしみ、家族力UP!~

■対象…5月から平成24年1月までの9回連続講座の全日程に参加可能な家族や世帯(2人以上)。
■初回期日…5月27日(日)
■定員…25人程度(申込多数の場合抽選)
■申込期限…5月22日(火)、17時まで
■参加費…1世帯3000円(初回一括支払い)
※申込みなど詳しくは市生涯学習課(22-2348)へ。

FANsとは、朝倉の自然を題材にし、蛍の里での田植えや稲刈り、筑後川の川下り、日本で一番美しい○○虫探し!などに月一ペースで家族で挑戦し、朝倉の自然や人との繋がりを再発見し、家族力が高まるワクワクドキドキの地域発見体験型講座です!

◆平成23年度朝倉市体育協会表彰式

 朝倉文化ホールで3月20日、朝倉市体育協会表彰式が行われました。表彰されたのは次のみなさんです(敬称略)。おめでとうございます。

【個人表彰の部】

《ラグビー》和田健吾(東福岡高)、《野球》堀尾敬太(秋月中)、《バスケットボール》熊谷亜沙美(福岡大学付属若葉高)、《バレーボール》唐川愛璃(十文字中)、松浦成慶(東福岡高)、平井孝明(筑紫台高)、梅野聡(日本体育大)、《バドミントン》濱﨑駿(秋月中)、濱﨑元輝(自由ヶ丘高)、《陸上》松尾黛樹(浮羽究真館高)、田中真美(北九州市立高)、野上喜久治(社会人)、小屋勇太(佑誠高)、吉橋侑平(佑誠高)、石田和也(社会人)、《水泳》宮本彬生(比良松中)、《レスリング》菅原翔太(三井高)、砥板天行(三井高)、樋口祐作(三井高)、《柔道》林大貴(福岡大)、石井貴将(天理高)、信國文孝(社会人)、松尾浩一(社会人)、《日本拳法》髙尾久美子(朝倉高)、《空手》梶原盛(鴻城高)

【功労者表彰の部】

《ソフトボール》田中茂徳(蜷城ソフトクラブ)、《野球》後藤知久(志波ベイスターズ)、《バスケットボール》井上裕二(立石ミニバスケット)、《卓球》師岡利幸(大庭ウイング)、《水泳》橋本妙子(朝倉市水泳協会)、《空手》永露福督(金川空手道)、《剣道》北原勝(尚楠塾)、窪山登(立石剣道)、妹川政彦(立石剣道)、渡邊洋光(馬田剣道)、柳原末雄(朝倉剣道)
※詳しくは市生涯学習課(22-2348)へ。

ページの先頭へ戻る

市政ニュース(広報あさくら平成24年5月1日号、14ページから19ページ)

◆甘木地域センターの愛称を募集します【市街地活性化推進室】

 甘木地域センターは、甘木中央公園東側に、9月の利用開始予定で、建設工事が進んでいます。地域住民の相互交流を目的に地域活性化の拠点施設として文化・交流等の都市活動・コミュニティ活動を支える施設です。多目的ホール、会議室、和室、調理実習室等が整備されます。
 同センターが、子どもから高齢者まで多くのみなさんに利用されるよう、愛称を募集します。
■応募方法 
・任意の様式に愛称(漢字等の場合はフリガナをつける)、愛称についての簡単な説明のほか、申込者の郵便番号、住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記し、朝倉市市街地活性化推進室へ持参、FAX、電子メールまたは郵送(〒838-8601、朝倉市菩提寺412-2)
・愛称は、自作・未発表のものに限る。一人何点でも応募可(ただし、異なる愛称に限る)
■募集期限…5月31日(木)、17時必着(当日消印有効)
■注意事項
(1)応募の選考については、市が審査し決定
(2)採用された愛称の著作権その他の一切の権利は市に帰属
(3)応募作品は第三者の著作権、商標権を侵害しないものに限る。また、これに反して作品が第三者の権利を侵害したものと認められた場合は、選定の対象となりません。選定後であっても、選定を取り消すことがあります
(4)応募者から知り得た情報については、この応募に関してのみ使用し、他に利用することはありません
(5)作品の送付に関わる費用は、応募者の負担
(6)甘木地域センターオープン時に表彰
 入選の場合、最優秀のみ本人に7月末までに通知します。応募作品の中から最優秀1点に賞状と記念品を差し上げます。
※詳しくは、朝倉市市街地活性化推進室(内線61-240、FAX23-1536、電子メールshigaichi@city.asakura.lg.jp)へ。

◆県リサイクル施設整備費補助事業

 県では、県内で新たに産業廃棄物のリサイクル施設を整備しようとする事業者に施設整備費の一部を補助します。
 補助金交付の申請をするためには、次の要件をすべて満たすことが必要です。
(1)施設の中核的技術やリサイクルシステム等において先導性を有し、他のモデルとなること
(2)産業廃棄物のリサイクル、減量化の効果が高く、県内への波及効果が見込めるものであること
(3)焼却施設等廃棄物の処理、処分を主たる目的とするものでないこと
(4)施設の整備完了後、速やかに事業化できるものであること
■補助の概要
◎補助率…3分の1以内(補助金額3000万円を限度)
◎募集期間…5月7日(月)~18日(金)
※詳しくは、県環境部循環型社会推進課リサイクル係(092‐643‐3372)へ。

◆縁結びを応援する団体を募集します(縁結び応援事業費補助事業)【子ども未来課】

 結婚の意欲があっても出会いの機会が少ない独身男女に、結婚のきっかけとなる出会いの場を提供する事業を行う団体を募集します。
 市では、次世代育成支援計画の一環として、事業の経費を予算の範囲内で補助します。
■補助対象団体
 5人以上で構成し、計画的に公益活動を実践し、営利を目的としない公益の増進に寄与する団体
■対象事業・活動
 縁結び事業に該当し、市の他の補助金を受けていないこと
■補助金額
 縁結び事業に必要な経費(建設費、備品購入費および事業目的に付随しない食料費を除く)の3分の2以内で、上限50万円(算出された額に1000円未満の端数が生じた場合、端数切り捨て)
 なお、次の経費は補助の対象外です。
・団体の事務所の維持・管理に要する経費
・団体の経常的な活動に要する経費
・団体の構成員による会合の飲食費
・団体の構成員に対する人件費や謝礼
■応募方法
 縁結び応援事業費補助金申請書に、次の書類を添えて市子ども未来課へ提出
(1)活動計画書
(2)収支予算書
(3)定款、規約または会則等
(4)役員・会員名簿
■募集期間…5月1日(火)~31日(木)
※詳しくは、市子ども未来課子育て支援係(内線61-126)へ。

◆軽自動車税減免のお知らせ【税務課】

 身体・知的・精神に障害がある人の所有する軽自動車や、その家族が身体障害者等のために利用する軽自動車については、障害の部位や程度によって軽自動車税が減免される制度があります。ただし、障害者1人に対し普通車を含めて1台限りのため、普通自動車が減免対象となっている場合、軽自動車税は減免できません。
●減免の対象となる軽自動車
■ケース(1)
・身体等に障害があり、日常生活を営むうえで歩行が困難な人が所有する軽自動車
 軽自動車の所有者が、身体障害者等と生計を一緒にしている人の場合も含みますが、その場合は内容が若干異なります。
■ケース(2)
・もっぱら身体障害者のために利用する車いすの昇降装置や固定装置、浴槽を装着した特別仕様の軽自動車や、同種の構造変更が加えられた軽自動車

●減免には申請が必要です
■申請に必要なもの
・身体障害者手帳や戦傷病者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳など((1)の場合のみ)
・車の構造がわかるパンフレットや写真など((2)の場合のみ)
・車を運転する人の免許証
・車検証
・印かん(シャチハタは不可)
・軽自動車税納税通知書(納付書)
■申請期間…5月2日(水)~24日(木)、土・日曜・祝日を除く
■申請先…市税務課、朝倉・杷木支所市民窓口係

●引き続き減免を受けようとする場合は、郵送でも申請を受付
 平成23年度に減免を受けている人には、納税通知書と一緒に平成23年度の申請内容を記載した申請書を郵送します。内容に変更のある場合は訂正し、記名・押印のうえ変更書類を添付してください(変更のない場合は記名・押印のみで可)。いずれも申請期間内に返送してください。
※詳しくは、市税務課(内線61-163)へ。

◆男女共同参画審議会委員を募集します【行政経営課】

 市では、「朝倉市男女共同参画のまちづくり条例」および「第2次朝倉市男女共同参画推進計画」に基づき、男女共同参画社会の実現に取り組んでいます。男女がお互いを尊敬しあい、社会のあらゆる分野で、性別にかかわらず個性と能力を十分に発揮し、喜びや責任を分かち合う男女共同参画社会を実現しましょう。
 男女共同参画のまちづくりを推進するため、一緒に調査・審議、実施状況の点検・評価等を行う審議会委員を募集します。
■募集人数…若干名
■資格等…市内に在住または勤務し、年間6~8回の会議に出席できる人
■任期…2年間
■募集期間…5月1日(火)~31日(木)
■応募方法…指定の応募用紙に必要事項を記入し提出。応募用紙は市行政経営課(市役所本庁・3階)で配布。市ホームページからも入手可
■応募先…朝倉市行政経営課男女共同参画推進・青少年係(〒838-8601、朝倉市菩提寺412-2)
※詳しくは、市行政経営課男女共同参画推進・青少年係(内線61-329)へ。

◆朝倉市女性人材リストの登録者を募集します【行政経営課】

●あなたの意見を市政に活かし、男女共同参画社会の実現を目指しませんか
 市では、市の政策や方針決定の場へ女性の意見を反映させるため、女性人材リストの登録者を募集しています。このリストを参考に、審議会などのメンバー選考や各種研修会等の講師選定を行います。
 市政に関心のある女性、様々な分野で知識や経験を持つ女性など、積極的な登録をお願いします。
 自薦、他薦は問いませんが、他薦の場合は必ず本人の同意を得てください。
■登録要件
 20歳以上の女性で、次のいずれの要件にも該当する人
・市内に居住または勤務する人(市内の団体に所属している人も可)
・市政や地域づくりなどに関心があり、知識や経験を活かしたい人
■登録方法
 朝倉市女性人材リスト登録票に記入し提出。登録票は市行政経営課(市役所本庁・3階)で配布。市ホームページからも入手可
※詳しくは、市行政経営課男女共同参画推進・青少年係(内線61-329)へ。

◆5月5日~11日は児童福祉週間【子ども未来課】

 毎年5月5日の「こどもの日」から1週間(5月5日~11日)は「児童福祉週間」です。
 子どもや家庭、子どもの健やかな成長についてみんなで考えましょう。
※詳しくは、市子ども未来課子育て支援係(内線61-126)へ。

◆養育費の電話相談

 母子家庭のお母さん、父子家庭のお父さんまたは離婚協議中の人を対象に養育費の電話相談業務を実施しています。
■受付日時…平日の9時~16時
※詳しくは、県母子家庭等就業・自立支援センター(092-584-3931)へ

◆ふるさと応援寄附金をいただきました【行政経営課】

 朝倉市ふるさと応援寄附金として、平成23年度は、3人から3件、合計6万円の寄附をいただきました。ありがとうございました。寄附金は朝倉市のまちづくりのために大切に活用させていただきます。
 寄附者氏名等と寄附の使途別明細を紹介します。
■寄附者
・原田秀俊さん(愛知県長久手市在住、杷木久喜宮出身)
・古林義弘さん(長崎県西彼杵郡長与町在住、古毛出身)
・梶原研一さん(東京都町田市在住)
■平成23年度寄附の使途
・豊かな地域資源を活かした産業活動を展開するまちづくり事業(1件、3万円)
・自然と共生する循環型社会を築くまちづくり事業(2件、3万円)
※詳しくは、市行政経営課経営係(内線61-306)へ。

◆非自発的離職者の国民健康保険税軽減措置があります【保険年金課】

 倒産・解雇、雇い止めなどを理由に離職し国民健康保険に加入した65歳未満の人は、申請すれば国民健康保険税の算定時に給与所得を100分の30とする軽減措置が行われます。
 対象となるのは平成21年3月31日以降に離職した雇用保険の特定受給資格者および特定理由離職者で、軽減期間は離職日の翌日から翌年度末までです。
 申請するときは、雇用保険受給資格者証を必ず持参してください。
※詳しくは市保険年金課(内線61-153、61-181)へ。

◆ふるさとづくり地域活動支援事業。住みよい郷土づくり活動を支援します【コミュニティ推進室】

 市では、ふるさとの魅力を育み活力と個性ある地域づくり活動を支援します。
■対象となる活動
 市内で行う無報酬・継続的な活動で、次にあてはまるような事業です。
(1)地域文化の保存継承や復活、自然保護、または社会奉仕に取り組む活動
(2)地域づくり活動のための調査研究や技術習得のための研修
(3)産業、経済、文化、教育、福祉、観光など地域活性化のための活動や生涯学習に関する調査研究
(4)地域づくりに関する講演会や研修会などを開催する活動
(5)そのほか地域づくりに関わり、制度の趣旨にそった活動
■助成の対象…活動に伴う旅費、車借上料、受講料(参加料)、講師謝金、会場使用料など行事等の経費(活動者の報酬や飲食費および諸経費など社会的に妥当でない費用を除く)
■補助金額…補助対象経費の2分の1(上限10万円)
■申請書の配布場所・提出先…市コミュニティ推進室(ピーポート甘木・3階)
■申請期間…5月15日(火)~6月8日(金)
■手続きの流れ
(1)申請(期限厳守)[団体→市]
(2)決定通知[市→団体]
(3)補助金交付(概算)[市→団体]
(4)実績報告(事業完了後)[団体→市]
(5)確定通知[市→団体]
(6)補助金返還(必要な場合)[団体→市]
■その他
・事業終了後には、会計資料等を添えた実績報告が必要です
・市などから、ほかの補助金を交付されている団体は対象外となる場合があります
・応募多数の場合は、予算の都合で補助金額を調整する場合があります
※詳しくは、市コミュニティ推進室(内線64-27)へ。

◆外国人住民のみなさんへ。仮住民票を送付します【市民課】

●7月9日、外国人登録制度が変わります
 入国管理法や住民基本台帳法などが改正されました。外国人登録制度が廃止され、外国人住民には新たに住民票が作成されます(外国人登録制度の詳しい変更内容については、広報あさくら6月1日号でお知らせします)。

●住民票ができます
◎日本人と同じ世帯の場合は、日本人と外国人の両方が記載された住民票の写しを発行できます
 このため、外国人登録原票記載事項証明書はなくなります。
 法改正以前の住所履歴等の証明が必要な場合、法務省大臣官房秘書課個人情報保護係に外国人登録原票の開示請求をしてください。
◎他市町村に転出する場合、朝倉市に転出届を出してから、引越先の市町村へ転入届を出してください
◎在留資格がない人や、短期滞在の人は住民票の対象外です
 住民票の写しの交付、印鑑登録はできなくなります。また、すでに印鑑登録している場合は失効します。在留資格の更新など、必要な手続きは早めにしてください。

●5月下旬に仮住民票を送付します
◎現在の外国人登録の内容をもとに仮の住民票を作成し、5月下旬に登録住所に郵送します
 必ず内容を確認し、変更する場合は外国人登録の変更手続きをしてください。変更しない場合は手続き不要です。また、5月7日時点でオーバーステイになっている人には仮住民票が郵送されません。至急、在留期間更新の手続きをしてください。
◎日本人と外国人が同じ世帯にいる場合、世帯主あてに世帯状況確認通知を郵送します
 世帯主や続柄を変更する場合は、手続きをしてください。なお、続柄を証明する書類が必要となる場合があります。

●詳しい情報については、次のホームページで確認してください
◎在留資格・在留カードや特別永住者証明書に関すること
 《法務省ホームページ》 http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/index.html
 《ポルトガル語版》 http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/pt/index.html
 《スペイン語版》 http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/es/index.html
 《英語版》 http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/en/index.html
 《中国語(簡体字)版》 http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/zh-CN/index.html
 《中国語(繁体字)版》 http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/zh-TW/index.html
 《韓国語版》 http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/ko/index.html

◎住民票に関すること
 《総務省ホームページ》 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/zairyu.html
 《英語版》 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/zairyu_english.html
 《韓国語版》 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/zairyu_korean.html

●電話で問い合わせることもできます
◎電話問い合わせ先
 《外国人在留総合インフォメーションセンター》0570-013904(平日8時30分~17時15分)
 《IP電話 ・PHS・海外から》03-5796-7112
※詳しくは、市市民課(内線61-136)へ。

◆耕作放棄地の再生利用を支援します【農業委員会事務局】

●耕作放棄地再生利用緊急対策事業
 市耕作放棄地対策協議会では、耕作放棄地再生利用緊急対策事業を活用し、耕作放棄地の解消・再生利用に取り組む人を支援します。
(1)再生作業
 障害物除去、深耕、整地等および土づくり(肥料、有機質資材の投入等)を一括で行うものです。
■対象者…農業を営む個人、法人、農業者が組織する団体(集落営農組織等)
■対象農地…農業振興地域制度における農用地
■交付金額…10アールあたり9万円(国補助5万円+市補助4万円)
■その他条件
・所有権の移転または、5年以上の貸借契約を締結すること(所有者に代わって再生作業を行う)
・再生作業を行う年度から起算して5年間以上の耕作をすること
・対象事業費が10アールあたり10万円を超えること
・事業完了を年度末までに行うこと(平成25年3月31日まで)
 なお、重機を使った大規模な再生作業は、対象事業費の2分の1以内で補助します。農用地以外で再生作業を行う場合や、土地所有者が再生作業を行う場合は、戦略作物(麦・大豆・そば・なたね等)を作付けする場合のみ対象となります。

 また、(1)の再生作業を行ったうえで、次の(2)、(3)の事業にも取り組めます。
(2)土づくり(2年目以降必要な場合)
■交付金額…10アールあたり2万5000円
(3)営農定着(作物の播種・定植等経費)
■交付金額…10アールあたり2万5000円
 
 その他、経営相談、実証ほ場の設置・運営、加工品試作・試験販売等の経営展開の事業((1)再生作業を行うことが条件)のほか、用排水施設・農業用機械・施設等の整備などを行う施設等補完整備事業等があります。
※各事業については、諸条件等があります。詳しくは、市耕作放棄地対策協議会(市農業委員会事務局内、直通52-1896)へ。

◆下水道の費用や手続き。もう一度確認してください【下水道課】

 市では、市民の生活環境の向上と河川・水路等の水質浄化を図るため、下水道の整備を進めています。下水道を使用するには、開始手続きのほか、負担金(分担金)・使用料の納付等が必要です。
 下水道の利用についてわからないことがあれば、気軽に市下水道課へお問い合わせください。
●使用料の納付
■使用開始・廃止、世帯人数を変更した場合は届出を
 各家庭から出た汚水を処理場で処理する費用や、下水管の維持管理費、浄化槽の保守点検費等として、下水道を使用する世帯には使用料の納付が義務付けられています。
 使用を開始したり廃止したりする場合や、世帯人数の変更がある場合は、市下水道課へ届出が必要です。
 届出をしないで使用したときは、使用開始の日にさかのぼって使用料を徴収します。

●アパート等に入居した人へ
■下水道開始手続きが必要です
 下水道に接続しているアパート等へ入居した人は、各自で下水道開始の手続きが必要です。
 接続の有無については、管理会社または市下水道課へお問い合わせください。

●住宅から事業所へ変更した場合、手続きが必要です
 一般家庭世帯から事業所等へ建物の区分(使用目的)が変更となる場合、必ず手続きが必要です。
※詳しくは、市下水道課庶務係(内線61-531、61-535)へ。

 ページの先頭へ戻る

 

リビングシリーズ(広報あさくら平成24年5月1日号、20ページから21ページ

◆人権 子どもと嘘

 子どもが嘘をついたら、悲しいし、怒りたいし、「何で嘘をついたの」と責めたくなります。嘘ばかりつく子どもの将来が不安になって思い悩んだりすることもあるのではないのでしょうか? 
 子どもの嘘と大人の嘘を同じに考えることはできません。
 幼児期の嘘は「思い込みからくるもの」であったり、こうなったらいいなという「願望」であったり、「周りの期待に応えたい思い」であったり、大人に「反抗」するためのものであったりします。あれこれ尋ねられたりするのを「面倒くさがったり、忘れてしまったりする」ために嘘をつくのです。しかし、これも社会性を育むうえで必要なため、少々の嘘は叱るより、どうして嘘をついてしまったのかを自覚させていくことが大切です。
 子どもは、しつけが厳しすぎたり、かまってもらいたいのにかまってもらえなかったり、寂しいときに嘘をつくものです。心を外から強制したり、縛り付けたり、力ずくで嘘をつくことをやめさせようとしたり、説得してみてもダメです。同じことをまた繰り返すでしょう。いつも親から否定的な言葉で叱られたりする子どもは、自分のことを好きになれるでしょうか?
 子どもは親の愛を強烈に求めています。どんなに怒られても、子どもは親のことが大好きなのです。子どもは親に褒められたい、認められたいと願っています。子どもの話に耳を傾け、思いを共感し、抱きしめてあげることで子どもは安心するものです。
 子どもに明るく接していれば、子どもは自然に親の愛を感じます。愛されて育った子どもは、人を愛することを学びます。子どもを愛情の毛布でくるんでみることから子育てを見つめ直してみませんか?
※人権に関する問い合わせは、市人権・同和対策課へ。

◆消費 次々に、開運商品を売りつける手口に要注意

 開運商品や祈とうサービスなどの契約をさせられたという相談が増加しています。
●相談内容
 「雑誌広告を見て、90日間返金保証付きの開運ブレスレットを購入した。効果がないので返金してもらおうと業者に電話をかけると、顔写真を送るようにいわれた。すると業者から、『写真鑑定の結果、あなたには自殺する運気がある』といわれた。運気を向上させるためにと、次々に祈とうサービスや霊石の契約をさせられた」
 これは、開運ブレスレットや数珠などの通信販売をきっかけとして次々に開運商品を売りつける悪質な手口です。相談者の多くは、業者に電話をかける際に新たな勧誘をされるとは思わず、不意打ち的に、不安をあおって勧誘されています。勧誘を断ろうとすると、「以前断って車いす生活になった人がいる」と脅すなど、勧誘方法に問題点が見られます。
 また、広告には「効果がなければ返金する」と書いてあっても応じられないことが多いようです。業者に自分の悩みを打ち明けているケースが多く、弱みを握られ一層不安をあおられたり、解約の申し出をしづらくなっています。
●アドバイス
◎お金を支払っても運が開けるわけではないと理解しましょう
◎すぐに契約せず、購入する気がなければきっぱり断りましょう
◎クーリング・オフ期間内であったり、書面の交付がされていない・不備がある場合、クーリング・オフの申し出をしましょう
◎不安をあおるような方法で次々に商品を勧誘されたり、業者が解約に応じない場合は、すぐに消費生活センターに相談しましょう
◎勧誘時に恐怖を感じることがあれば、警察にも相談しましょう
※消費生活に関する問い合わせは、市消費生活センターへ。

◆男女 ひとりで悩んでいませんか?

●DV・デートDVとは
 ドメスティック・バイオレンス(DV)は、家庭内で起こる主に配偶者間の暴力のことですが、近年は「デートDV」も問題となってきました。
 デートDVは、交際相手からの暴力のことです。殴ったり蹴ったりの身体的暴力のほか、言葉や態度によって精神的に追い詰め、支配関係をつくりあげるなど、配偶者間のDVと同じ構図です。
 内閣府は、平成18年(2006年)4月、「男女間における暴力に関する調査報告」を発表しました。調査報告によると、10代から20代の結婚前に、「交際相手(後に配偶者となった相手以外)がいた(いる)」人の、女性13・5パーセント、男性5・2パーセントが、「身体的暴行」「心理的攻撃」「性的強要」のいずれかの経験があることが明らかになっています。
 交際相手からの暴力は、個人的な問題と捉えられがちで、友人などに相談しても、「いやなら別れればいい」とか、「愛情の表れ」といった反応をされることがあります。これもDVとの共通点です。

●あさくら女性ホットライン
 DVに対して、「家庭内の問題」や「交際相手だから別れればいい」という見方をせずに、被害者の声にしっかりと耳を傾けていくことが最も重要です。市では「あさくら女性ホットライン」を開設して、専門の女性相談員による電話相談を受けています。一人で悩まずに気軽に相談してください。
 「あさくら女性ホットライン」は、あなたの気持ちを大切にして、あなたの力になれるよう、そして何ができるかをあなたと一緒に考えていきます。
▼あさくら女性ホットライン
 毎週月~金曜日、10時~17時
 092-513-7337
※このコーナーに関する問い合わせは、市行政経営課へ。

◆税 固定資産税に関するよくある質問

●質問(1)
 平成24年度は「固定資産の評価替え」の年だそうですが、どういうことですか?
●答え(1)
 固定資産税は固定資産の価格(評価額)をもとに課税されます。この価格は、総務大臣が定めた基準に基づいて評価・決定され台帳に登録されます。
 土地と家屋については、原則として3年間評価額を据え置く制度。言い換えれば、3年ごとに評価額を見直す制度になっています。
 平成24年度は評価替えの年度であるため、これまで据え置かれていた家屋の価格に3年間の減価償却をみた下落が行われます。また、土地についても、通常の年度で行っていた簡易な方法での見直しではなく、鑑定評価を用いた価格の見直しを行っています。

●質問(2) 
 昨年11月に自分の所有地を売る契約をし、今年の3月に買主への所有権移転登記を済ませました。今年度の固定資産税はどちらに課税されますか?
●答え(2) 
 あなたに課税されます。地方税法の規定で、土地については、毎年1月1日現在で土地登記簿に所有者として登記されている人に対し、当該年度分の固定資産税を課税することになっているからです。仮に1月2日以降に家屋を取り壊したり、所有者が変わったりしても、1年分の固定資産税を納めなければなりません。
 売買契約などで、固定資産税の負担割合を計算することがありますが、これはあくまでも当事者間の約束事にとどまります。
※税金に関する問い合わせは、市税務課へ。

  ページの先頭へ戻る

 

情報満載!お知らせ広場(広報あさくら平成24年5月1日号、22ページから25ページ) 

◆イベント

□朝倉市オープンガーデン

 春の花でいっぱいの個人の庭を開放します。
■期日…5月11日(金)・12日(土)
※詳しくは、朝倉市民祭実行委員会事務局(市観光協会ほとめく館内、24-6758)へ。

□市民に贈る吹奏楽の夕べ

 ブリヂストン吹奏楽団久留米の第36回朝倉定期演奏会です。
■日時…6月8日(金)、18時30分~(18時開場)
■場所…ピーポート甘木・大ホール
■入場料…全席自由、《前売り》500円、《当日》800円(大人・子ども共通)
■チケット発売開始…5月11日(金)~
■チケット発売所…ピーポート甘木・文化課(毎日8時30分~22時)、ブリヂストン甘木工場、Aコープ甘木店、朝倉市観光協会・ほとめく館
※詳しくは、ブリヂストン甘木工場(22-7111)へ。

□朝倉市長杯市民交流ゴルフ大会

 第19回目の市民交流ゴルフ大会です。
■日時…5月17日(木)、《受付》8時10分~8時50分、《開会》9時
■場所…秋月カントリークラブ
■対象…市内に在住または勤務するゴルフ愛好家(4人1組)
■参加料…2300円(別途プレー費が5500円必要)
■申込期限…5月10日(木)
■募集人数…20組(80人)、定員になり次第締切
※詳しくは、秋月カントリークラブ(21-1515)へ。

□看護の日のつどい

 「看護の心をみんなの心に」をテーマに、看護の心、ケアの心を分かち合い、21世紀の高齢社会を担う若い世代にもその心が受け継がれるよう「看護の日のつどい」を開催します。
■日時…5月12日(土)、12時~
■場所…ナースプラザ福岡(福岡市東区)
■内容…看護職員知事表彰、ふれあい看護体験発表、AEDと救急蘇生の実演、大棟耕介さん(NPO法人日本ホスピタル・クラウン協会理事長)の講演「ホスピタルクラウンが伝える感動と笑顔~すべての人たちの笑顔が見たい~」、看護体験川柳の掲示、AED体験、健康相談(12時~15時30分)、看護師等になるための進路相談(12時~15時30分)など
■定員…約500人
■参加費…無料
※詳しくは、県保健医療介護部医療指導課(092-643-3276)へ。

□千代の里ふれあい祭り

 障害者支援施設・千代の里では、第15回ふれあい祭りを開催します。アトラクション、バザー、ゲーム、お楽しみ抽選会などです。
■日時…5月19日(土)、12時~16時30分
■場所…千代の里グラウンド(千代丸)
※雨天時は20日(日)に順延。詳しくは、ふれいあい祭り実行委員会(23-2992)へ。

□大刀洗平和記念館収蔵庫展

 第4回収蔵庫展「通信機器と箱類展」です。
■期間…開催中~5月31日(木)
■時間…9時~17時(入館は16時30分まで)
■場所…大刀洗平和記念館
■入館料…《大人》500円、《高校生》400円、《小中学生》300円(15人以上は100円引き)
※詳しくは、大刀洗平和記念館(23-1227)へ。

◆講演・講座など

□女性センターあすみん講座のご案内

【生活支援事業】
◎クッキング講座「養生薬膳料理」
 季節ごとの薬膳料理をつくります。
■日時…6・7・10・11月の第4土曜日(計4回)、10時~12時30分
■場所…市女性センター・調理実習室
■定員…10人
■受講料…1000円(4回分)。材料代が別途必要
■申込期限…5月25日(金)
■申込方法…市女性センター窓口、または電話予約(託児は申込時に予約)
【就業支援事業】
◎パソコン入門講座
 「エクセル基礎・応用編」
■日時…6月2日~7月14日の毎週土曜日(計7回)、9時30分~12時30分
■場所…杷木地域生涯学習センター・パソコン室
■定員…15人(定員を超える場合抽選)
■費用…《受講料》2100円、《教材代》1500円
◎介護事務講座
 介護事務管理士の資格取得講座です。
■日時…6月9日~7月14日の毎週土曜日(計6回)、10時~16時
■場所…市女性センター・会議室
■定員…20人(定員を超える場合抽選)
■費用…《受講料》3000円、《教材代》6400円、資格検定料が別途必要
【就業支援事業の申込方法等】
■申込方法…ハガキに希望講座・住所・氏名・連絡先を明記し、市女性センターへ郵送または窓口で申し込む
■託児…申込時に予約(ハガキで申し込む場合、子どもの年齢・性別を記入)
■申込期限…5月15日(火)
※詳しくは、市女性センターあすみん(〒838-1511、朝倉市杷木池田483-1、62-3375、日曜・月曜休館)へ。

□福祉ボランティア入門講座

 ボランティア活動の第一歩。まずはボランティアについて知ることから始めてみませんか。
■日時…5月30日(水)、13時30分~15時
■場所…ピーポート甘木・第5学習室
■講師…NPO法人NPO九州理事・今村晃章さん
■対象…市内在住で、ボランティア活動に興味のある人
■定員…30人(先着順)
■参加費…無料
■申込期限…5月25日(金)
※詳しくは、市社会福祉協議会(22-7834)へ。

□朝倉体育センター健康講座・健康体験教室

◎健康講座
「あなたは自分の身体のことをどれだけ知っていますか?」
 身体が出しているサイン。見逃していませんか。
■日時…5月19日(土)、10時30分~12時
■対象…18歳以上の人
◎健康体験教室
「頑張っているママさん、大集合」
 40秒で簡単筋トレ。ヨガやダンスで、シェイプアップしましょう。
■日時…5月23日(水)、10時30分~12時
◎健康体験教室
「もしも、タイムマシーンがあったら、あなたは何歳に戻りたいですか?」
 40秒で簡単筋トレ、脳の活性化運動で若返りましょう。
■日時…5月23日(水)、13時30分~15時
■対象…50歳以上の人
【共通事項】
■場所…朝倉体育センター・研修室
■講師…全日本コンディショニングコーチ協会・安武路杖子さん
■参加費…無料
※詳しくは、朝倉体育センター(52-3160)へ。

□母子家庭のためのパソコン講習会(中級)

■期日…6月12日~29日の火・水・木・金曜(12日間)
■時間…18時~21時
■場所…クローバープラザ(春日市)
■受講料…無料(テキスト代2500円が必要)
■対象…県内に住む母子家庭の母または寡婦で、求職・転職を希望している人
■定員…20人
■託児…あり(要予約)
■申込方法…市子ども未来課および県保健福祉環境事務所社会福祉課にある申込書に記入し、県母子寡婦福祉連合会へ
郵送またはFAX。 申込書はホームページ(http://fukuoka-kenboren.jp/)からも入手可
■申込期限…5月23日(水)
※詳しくは、県母子寡婦福祉連合会(〒816-0804、春日市原町3-1-7 クローバープラザ受け箱11号、092-584-3931、FAX092-584-3923)へ。

◆お知らせ

□農業者年金に加入しませんか

 農業者年金とは、加入者が積み立てた保険料とその運用益で将来受け取る年金額が決まる積立方式の年金で、少子高齢化に対応する長期的に安定した制度です。
■加入のメリット
◎終身年金で、80歳までの保証つき
◎支払った保険料は全額社会保険料控除の対象
◎一定の要件を満たせば保険料の国庫補助あり
■加入条件…年間60日以上農業に従事する、国民年金の第1号被保険者で60歳未満の人
※詳しくは、市農業委員会事務局(直通52-1896)または最寄りのJAへ。

□飲酒運転のない、安心して暮らせる社会に

 福岡県飲酒運転撲滅運動の推進に関する条例が制定され、4月1日から施行されました(一部の規定は9月21日から施行)。これは、全国初の罰則付き飲酒運転撲滅条例で、福岡県議会で議員提案によって制定されました。
 これを機に、県民、事業所、行政などが力を合わせ、飲酒運転のない、安心して暮らせる社会をつくりましょう。
※詳しくは、朝倉警察署(22-0110)へ。

□多胎児を持つ親子サークル

 多胎児を持つママからの声で実現したサークル「ツインズクLOVE」です。
■日時…5月25日(金)、10時~12時
■場所…寿楽荘
■対象…市内在住で、双子以上の子どもを持つ保護者と子ども(未就学児)
※詳しくは、家庭子どもセンター(通称・もこもこ、24-0055)へ。

□法務局の無料法律相談

 弁護士による法律相談です。
■日時…5月17日(木)、13時~16時
■場所…福岡法務局朝倉支局1階・相談室
■定員…6人(申込順)
■相談時間…1人30分
■申込方法…電話予約(平日の8時15分~17時15分)
※申込時に収入などをお尋ねします。詳しくは、福岡法務局朝倉支局(22-2455)へ。

□お金の悩み出張相談会

 借金などお金の悩みについて相談に応じます。事前に予約してください。
■期日…5月10日(木)・24日(木)
■時間…10時~16時
■場所…ピーポート甘木・第8学習室
■相談料…無料(福岡県民対象)
※詳しくは、グリーンコープ生活再生・久留米相談室(0942-36-8877)へ。

□自動車税の納期限は5月31日

 5月初旬、4月1日現在で自動車を所有している人に、自動車税の納税通知書を送付しています。5月31日までに県税事務所や金融機関で納めましょう。なお、コンビニエンスストアでは、土・日曜、夜間も納めることができます。
※詳しくは、福岡県久留米県税事務所自動車税係(0942-30-1078)へ。

□福岡県肢体不自由児療育キャンプ

(1)進行性筋萎縮症児のキャンプ
■期間…7月28日(土)・29日(日)の1泊2日
■場所…国民宿舎ひびき(宗像市)
■対象…県内の進行性筋萎縮症児と保護者
■定員…30人
(2)海のキャンプ
■期間…8月10日(金)~12日(日)の2泊3日
■場所…県立少年自然の家「玄海の家」(宗像市)
■対象…県内の小学3年生~中学3年生の在宅肢体不自由児
■定員…50人
(3)山のキャンプ
■期間…8月25日(土)~27日(月)の2泊3日
■場所…やすらぎ荘(筑前町)
■対象…県内の小学3年生~中学3年生の在宅肢体不自由児
■定員…30人
【共通事項】
■申込期間…5月7日(月)~21日(月)
※詳しくは、福岡県肢体不自由児協会(県障害者福祉課内、092-643-3264)へ。

□洪水対応訓練のためのサイレンをならします

 江川ダム・寺内ダムでは、5月15日(火)・16日(水)、本格的な洪水期を迎えるにあたり対応訓練を行います。5月15日(火)の10時~12時ごろ、小石原川・佐田川沿いの各警報局のサイレンをならします。
 実際の放流による警報と間違えないよう注意してください。なお、天候の状況で訓練を中止した場合にはサイレンをならしません。
※詳しくは、江川ダム(25-0113)、寺内ダム(22-6713)へ。

□寺内ダム流木の無料配布

 寺内ダム管理所で流木を無料配布します。
■日時…5月19日(土)、9時~12時(なくなり次第終了)
■場所…寺内ダム下流の広場
■配布物…流木(根株・約100立法メートル、小割した流木・約70立法メートル)。営利目的での利用はご遠慮ください
※雨天の場合は26日(土)へ延期。詳しくは、寺内ダム(22-6713)へ。

□草を差し上げます

 筑後川河川事務所では、河川敷の雑草の伐採焼却を行っています。焼却量を減らし二酸化炭素の排出を減らすため、伐採した草を梱包(15キロ程度)して希望者に差し上げます。
■除草期間…《1回目》5月中旬~6月中旬、《2回目》9月初旬~10月中旬
■条件…現地まで取りに来ることができ、営利目的ではない人
※詳しくは、同事務所吉井出張所(0943-75-2300)へ。

◆募集します

□甘木絞り保存会会員

 平成24年度の会員を募集しています。5月11日(金)に開講式を行います。
■日時…毎月第2・第4金曜日、9時30分~12時
■場所…ピーポート甘木・第7学習室
■持参するもの…裁縫道具(木綿針、木綿糸(30番)、糸切りハサミ)、木綿布
■年会費…2200円
※詳しくは、篠田さん(25-0204)へ。

□「女性研修の翼」団員

 県が実施する女性海外研修事業です。
■研修期間…11月11日(日)~18日(日)
■研修国…フランス、オランダ
■対象…県内に居住する20歳以上65歳以下の人(平成24年4月1日現在)で、団体や企業で男女共同参画等に関する活動を積極的に行っており、研修後も活動を期待できる人(公務員や学生、過去に同種の事業に参加した人を除く)
■定員…20人
■費用…25万円程度
■申込先…市行政経営課男女共同参画推進・青少年係
■申込期間…5月7日(月)~6月8日(金)
※書類・面接選考あり。詳しくは、県男女共同参画推進課(092-643-3391)へ。

□県政モニター 

 県では、県の施策や制度などについて意見を聴く県政モニターを募集します。
■対象…県内在住の18歳以上の人(平成24年4月1日現在)。国や地方公共団体の議員、常勤の公務員、平成22・23年度県政モニター経験者を除く
■定員…300人
■任期…6月下旬(予定)~平成25年3月31日(日)
■業務内容…アンケートの回答(3回程度)、県政への提案
■謝礼…活動状況に応じて図書カードを進呈
■申込期限…5月31日(木)
※郵送で回答する一般コースと、インターネットコースがあります。詳しくは、福岡県県民情報広報課(092-643-3103)へ。

◆相談コーナー
5月1日~5月21日

市役所(22-1111)
■家庭児童・母子相談(本庁子ども未来課)
土・日・祝日以外毎日、8時30分~17時
各支所へ事前予約すれば支所で相談に応じます
■農地相談(本庁・朝倉・杷木支所)
15日(火)、13時30分~16時
■消費生活相談(消費生活センター52-1128)
土・日・祝日以外毎日、10時~16時

ピーポート甘木
■心配ごと相談(社協22-7834)
8日(火)、13時~16時
■司法書士相談(社協、予約制22-7834)
10日(木)、13時~16時
■行政相談(市役所行政経営課22-1117)
15日(火)、13時~16時
■法律相談(社協、予約制22-7834)
11日(金)、13時~15時

朝倉老人福祉センター(社協)
■心配ごと相談・行政相談(52-0154)
1日(火)、13時~16時
■心配ごと相談・人権相談(52-0154)
15日(火)、13時~16時

杷木老人福祉センター(社協)
■心配ごと相談・行政相談(63-3543)
9日(水)、13時~16時

北筑後保健福祉環境事務所(朝倉本庁舎)
■エイズ・クラミジア・梅毒の相談・検査、B型・C型肝炎相談・検査(予約制22-4190)
7日(月)・14日(月)・21日(月)、9時~10時
■心の相談(予約制22-3965)
1日(火)・8日(火)・15日(火)、13時~15時

朝倉商工会議所
■年金相談(予約制092-552-6118・6112)
9日(水)、10時~15時
■法律相談(予約制21-2624)
1日(火)・9日(水)・11日(金)・16日(水)・21日(月)、13時30分~17時(予約後、市役所行政経営課で紹介カードを発行)

朝倉市教育支援センター
■教育相談(22-3399)
土・日・祝日以外毎日、9時~16時30分

電話相談
■無料建築相談(取次22-1859内線527)
11日(金)、9時~17時(甘木朝倉建築設計協会の相談電話番号を紹介)
■あさくら女性ホットライン(092-513-7337)
土・日・祝日以外毎日、10時~17時
■妊婦さん・赤ちゃん・子ども・思春期電話相談(092-642-0110)
年末年始以外毎日、9時~17時30分

◆今月の納税等

◎固定資産税(1期)
◎軽自動車税(全期)

◆朝倉市郡ひとの動き 平成24年3月31日現在

朝倉市、人口57,276人(前月比-187)、男性26,932人、女性30,344人、世帯数20,486戸(前月比+12)
筑前町、人口29,228人(前月比-47)、男性13,909人、女性15,319人、世帯数9,959戸(前月比+8)
東峰村、人口2,477人(前月比-20)、男性1,147人、女性1,330人、世帯数918戸(前月比-4)

 ページの先頭へ戻る
 

健康と福祉のページ(広報あさくら平成24年5月1日号、26ページから27ページ)

◆障害者のための交流施設、地域活動支援センター「あさくら」

 地域活動支援センター「あさくら」では、障害のある人やその家族が地域で安心して暮らせるようサポートします。
 相談支援専門員が仕事や人間関係等の生活相談・電話相談に応じるほか、各種制度や生活に役立つ情報を提供します。また、施設内に設置した交流スペースでは、仲間との交流などができます。
 なお、利用するためには登録が必要です。
■開所日時…月~金曜日の9時~17時(土・日・祝日、8月14日・15日、12月30日~1月3日は休み)
■場所…屋永2291(甘木病院横)
■利用料…無料

●障害者無料相談(毎月実施)
 センターの指導員が相談に応じます。平成24年度から事前予約(相談日前日まで)が必要です。予約がない場合、お待たせする場合があります。
5月15日(火)
■場所…朝倉老人福祉センター・健康相談室
5月16日(水)
■場所…ピーポート甘木保健福祉センター・第2応接室
5月17日(木)
■場所…女性センターあすみん・講習室1
【共通事項】
■時間…13時30分~16時(受付は15時30分まで)
※詳しくは、地域活動支援センター「あさくら」(23-0285)へ。

◆ファミリーサポートセンターあさくら会員登録会

 地域のなかで「子育ての手伝いをしたい人」と「子育ての手助けをしてほしい人」が会員となって、一般的な子育てを助け合う有償のボランティア組織です。
 子どもの対象年齢は生後3カ月~小学6年生です。
《お願い会員登録会》
●日時…(1)5月15日(火)、(2)5月23日(水)
●時間…10時~12時
●場所…ピーポート甘木
《会員登録講習会》
●期日…(1)5月23日(水)、(2)5月30日(水)、(3)6月6日(水)
●場所…ピーポート甘木
●託児…あり
※詳しくは、ファミリーサポートセンターあさくら(寿楽荘内、24-0055)へ。

◆子育てほっとサロンつどいの広場
5月の行事予定

 つどいの広場(寿楽荘内)は、毎週火曜~金曜日の10時~15時まで開設しています。主な行事は次のとおりです。気軽に遊びに来てください。父親サークルのメンバーを常時募集しています。
(1)5月2日(水)、10時30分~11時30分
●内容…だっこビクス
(2)5月10日(木)、11時~
●内容…小麦粉粘土
(3)5月17日(木)、11時~
●内容…手作りおもちゃ
(4)5月24日(木)、11時~
●内容…手作りおやつ
(5)5月31日(木)、11時~
●内容…大型紙芝居
※詳しくは、朝倉市子育てほっとサロン・つどいの広場(080-6439-1851)へ。

◆子育てインフォメーション

問い合わせ先
市健康課(22-8571)

◎すくすく(育児)相談
 子どもの成長・発達、母乳、離乳食、遊び、歯みがき、しつけ、トイレトレーニングなどご相談ください。
●日時 (1)5月16日(水)、13時30分~15時、(2)5月23日(水)、13時30分~14時30分
●場所 (1)ピーポート甘木・保健福祉センター、(2)朝倉地域生涯学習センター
※5月16日の医師の診察と母乳相談の受付は、14時30分までです

◎もぐもぐ教室
 離乳食のはじめ方・進め方がわからない、思うように食べてくれないなど、離乳食で悩んでいるみなさん、参加してみませんか?
●日時 5月24日(木)、10時~12時
●場所 ピーポート甘木・保健福祉センター
●対象者 生後4カ月~9カ月の乳児とその保護者(申込順15組)
※18日(金)までに予約が必要です。託児あり。母子健康手帳、筆記具、エプロンを持参してください

◎マタニティクラス(母親学級)
 肥満、妊娠高血圧の予防について学ぶほか、調理実習・試食もあります。
●日時 5月15日(火)、9時30分~12時
●場所 ピーポート甘木・保健福祉センター
※11日(金)までに予約が必要です。母子健康手帳、筆記具、エプロンを持参してください

◎母子健康手帳交付
《健康課》月~金曜日(祝日を除く)、8時30分~17時
《朝倉支所・市民窓口係》5月23日(水)、9時30分~12時
《杷木支所・市民窓口係》5月17日(木)、9時30分~12時

◎のびのび広場
 子どもたちがのびのびと遊べて、子育て中の人が交流できるように、部屋を開放します。
●期日 5月1日(火)・7日(月)・8日(火)・14日(月)・15日(火)・21日(月)・22日(火)・28日(月)・29日(火)
●時間 10時~13時
●場所 ピーポート甘木・保健福祉センター
※7日(月)の10時~11時30分は、身体計測を行います

◎にこにこ こども相談
 ことばや行動、発達について専門スタッフが相談を受けます。予約制です。
●日時 5月22日(火)、9時30分~
●場所 ピーポート甘木・保健福祉センター

◎ポリオ予防接種
●日時 5月28日(月)、13時30分~14時30分
●場所 ピーポート甘木・保健福祉センター
●対象者 生後3カ月~90カ月未満(2回の投与が必要。1回目と2回目の間は41日以上あけてください)
●持ってくるもの 母子健康手帳(予診票は会場に準備しています)
●接種できない人 BCG・MR(麻しん・風しん混合ワクチン)の予防接種後27日以内、三種混合の予防接種後6日以内、ポリオ1回目投与後41日以内の乳幼児。当日発熱や下痢等の症状がある乳幼児
※「予防接種と子どもの健康」を必ず読み、なるべく三種混合3回接種後に、ポリオを接種してください。

◆診療のお知らせ
5月3日~5月20日

●休日当番医
※診療時間…9時~17時

◆5月3日(木)
・和田外科医院
(外科系/杷木池田62-0676)
・くまもと内科医院
(内科系/三奈木22-3101)
◆5月4日(金)
・森山内科
(内科系/杷木池田62-0111)
・朝倉健生病院
(外科系/甘 木22-5511)
◆5月5日(土)
・坂田医院
(外科系/ 堤 22-2768)
・朝倉健生病院
(内科系/甘 木22-5511)
◆5月6日(日)
・くさば内科クリニック
(内科系/筑前町21-3703)
・香月病院
(外科系/下 浦22-6121)
◆5月13日(日)
・星野医院
(外科系/持 丸21-0132)
・田辺医院
(内科系/杷木池田62-0061)
◆5月20日(日)
・朝倉健生病院
(内科系/甘 木22-5511)
・稲永病院
(内科系/筑前町22-0288)

●歯科休日急患診療
※診療時間…9時~15時

◆5月3日(木)
・羽野歯科医院(大 庭52-1118)
◆5月4日(金)
・山口歯科医院(筑前町23-1300)
◆5月5日(土)
・中尾歯科医院(甘 木24-5477)
◆5月6日(日)
・辻歯科医院(甘 木22-6438)
◆5月13日(日)
・うすき歯科医院(一 木24-3691)
◆5月20日(日)
・原鶴デンタルオフィス(杷木志波62-3578)

※変更になることがあります。
電話で確認して来院してください。


◆朝倉地域休日夜間急患センター(来春)
23-0077(朝倉医師会病院内)
《平日》内科・外科17時~翌日8時30分、小児科19時30分~23時30分
《土曜日》内科・外科12時30分~翌日9時、小児科17時~翌日9時
《日・祝・年末年始》内科・外科9時~翌日8時30分、小児科9時~翌日7時


◆福岡県救急医療情報センター
092-471-0099
 24時間体制で救急病院を紹介。


◆小児救急医療相談(聖マリア病院)
0942-37-6116
携帯短縮 #8000設時間…19時~翌日7時(23時以降は民間の健康相談事業者が対応)
 小児の救急医療に関する相談と、夜間診療の情報提供。

 ページの先頭へ戻る 

 

図書館だより(広報あさくら平成24年5月1日号、28ページから29ページ) 

 ◆5月の休館日

5月3日(木・祝)、4日(金・祝)、7日(月)、14日(月)、21日(月)、28日(月)
図書整理のため、はき図書館は28日(金)から31日(木)まで休館します。

◆今月の催し物 / 参加費無料
□あさくら図書館
■おはなし会
日時 毎週土・日曜日、14時~
場所 おはなしコーナー
内容 絵本の読み聞かせ、手遊びなど

■あかちゃんおはなし会
日時 5月5日(土)、11時~
場所 おはなしコーナー
対象 0歳~1歳の乳児と保護者
内容 絵本の読み聞かせ、わらべうたなど

■おはなしのへや
日時 5月18日(金)、11時~
場所 おはなしコーナー
対象 1歳~3歳の乳児と保護者
内容 絵本の読み聞かせ、わらべうたなど

■青空おはなし会
日時 5月5日(土)、14時~
場所 あさくら図書館・中庭
対象 1歳~3歳の乳幼児と保護者
内容 大型絵本の読み聞かせ、紙芝居など

□はき図書館
■わくわくおはなし会
日時 5月25日(金)、11時~
場所 おはなし室
対象 乳幼児と保護者
内容 手遊びうた、読み聞かせなど

□中央図書館
■おはなし会
日時 毎週土・日曜日、14時~
場所 おはなしの部屋
内容 絵本の読み聞かせ、手遊びなど
第1・3土曜日は「虹の会」、第4土曜日は「日本語教室あさくら」のおはなし会です

■ぴよぴよおはなし会
 赤ちゃんのおはなし会です。
日時 5月9日・16日(水)、11時~
場所 おはなしの部屋
対象 0歳~3歳未満の乳幼児と保護者
内容 手遊びうた、読み聞かせなど

□金曜日の映画館(大人向け)
 無料の上映会です。気軽にご鑑賞ください。
場所 中央図書館2階・視聴覚室
時間 13時30分~
期日・内容
11日 殯の森/邦画
18日 めぐり逢い/洋画・字幕

□あさくらシネマ
場所 朝倉地域生涯学習センター・AVホール
時間 13時30分~
6日 となりのトトロ/アニメ

◆ブックスタート
 絵本をとおして親子のふれあいを深めてもらおうと、乳幼児健診の会場で絵本を開く楽しさや大切さを伝えます。

《10カ月児》
■5月9日(水)
時間 健診受付13時15分~
場所 ピーポート甘木・保健福祉センター
対象 甘木・朝倉地域の平成23年6月生まれの赤ちゃんと保護者

《1歳6カ月児》
■5月10日(木)
時間 健診受付13時15分~
場所 ピーポート甘木・保健福祉センター
対象 甘木・朝倉地域の平成22年10月生まれの赤ちゃんと保護者

■5月17日(木)
時間 健診受付13時~
場所 市女性センターあすみん(杷木池田)
対象 杷木地域の平成22年9月~10月生まれの赤ちゃんと保護者

 ◆4月23日~5月12日は子どもの読書週間

 4月23日~5月12日は読書週間です。市立図書館や学校の図書館を利用して、多くの本に出会い、ふれあいましょう。

●ブックリサイクル
 保存期限の過ぎた本や雑誌を無償でお譲りします。
◎中央図書館
●日時…6月2日(土)・3日(日)、10時~17時
●場所…中央図書館前 カルチャーモール

◎はき図書館
●日時…6月8日(金)・9日(土)・10日(日)、10時~17時
●場所…はき図書館前 エントランスホール

◆特別整理期間のお知らせ

 朝倉市図書館では、所蔵資料が紛失していないか、本来あるべき場所に正しく配置されているかなどの点検作業を行うため、特別整理を行います。

【休館期間】
◎はき図書館 5月28日(月)~6月5日(火)
◎あさくら図書館 6月4日(月)~13日(水)
◎中央図書館 6月18日(月)~28日(木)

◎中央図書館
● 日時 …5 月28日(土)・29日(日)、10時~17 時
●場所…中央図書館前 カルチャーモール

◎はき図書館
● 日時 …6 月3日(金)・4日(土)・5日(日)、10 時~17時
●場所…はき図書館前 エントランスホール

◆今月のおすすめ
●一般書
「猫弁」 
大山 淳子 著
 婚活中の天才弁護士、百瀬太郎。猫いっぱいの事務所で人と猫の幸せを考える日々に、盗まれた霊柩車を取り戻してという依頼が舞い込む。すべてのピースが繋がった後に、予測不可能な結末が……。
(中央・あさくら・はき 所蔵)

●一般書
「日食のすべて」
大越 治・塩田 和生 著
 2012年5月21日、日本で25年ぶりに金環日食が見られます。日食時に見える現象とその観測法や日食写真の撮影法など詳しく解説しているこの本を読めば、より一層楽しめますよ。
(中央 所蔵)

●児童書
 「カリーナのりんご」 
今関 あきよし 著
 チェルノブイリの事故のその後を、少女カリーナの目を通して綴る。美しいふるさとや、やさしい家族がいた生活が、事故を境に一変。厳しい現実は遠い国の話ではなく、3月11日を迎えた日本の現実でもある。
(中央・あさくら・はき 所蔵)

●雑誌
「芸術新潮」
 「暮らし」はアートであるをキャッチフレーズに、あらゆる事象を「芸術」という観点から検証し、表現する『芸術新潮』。歴史と文化を見続けてきたアートマガジン。あらゆる美しきものを独自の切り口で紹介しています。
(中央 所蔵)

 ページの先頭へ戻る
 

文化・学習の催し(広報あさくら平成24年5月1日号、30ページから31ページ)

◆美術展会員展 平成 24年度(通算16回) 朝倉市美術展会員展

 朝倉市美術展会員の作品を、日本画、洋画、写真、
彫刻、工芸、書の各部門ごとに展示します。
■期間…5月15日(火)~20日(日)、10時~
18時(最終日は17時まで)
■場所…ピーポート甘木2階、第4・第5学習室
※入場無料。詳しくは、ピーポート甘木・文化課(22-0001)へ。

◆一人芝居 宮部みゆき二本立て「ばんば憑き」「お文の影」
 白石加代子 百物語 第29夜

 1992年6月、岩波ホールで始まった百物語。今回朝倉市で、宮部みゆき江戸怪談のひとつの到達点とされる2作品「ばんば憑き」「お文の影」を上演します。演じるのは白石加代子、演出は鴨下信一。胸をうち、心に沁みる、怖くも哀しいふしぎ物語。じっくりとご堪能ください。
【観劇】
■日時…6月19日(火)、19時~(開場18時30分)
■場所…ピーポート甘木・中ホール
■入場料…全席指定・前売券2500円(当日500円増)
未就学児は入場不可。託児をご利用ください。《6月12日(火)までに要予約・1人500円》
■チケット発売日…5月2日(水)、8時30分~(ローソンチケットは10時~)
■入場券販売所
・ピーポート甘木(8時30分~22時)
・ローソンチケット電話受付0570-084-008〔Lコード:87049〕(24時間)
■主催…朝倉市教育委員会
※本公演は宝くじの助成を受けて実施しています

【講習会(ワークショップ&バックステージツアー)】
 作品をさらに楽しんでいただくため、制作スタッフによるワークショップ(作品解説)とバックステージツアー(舞台裏の見学)を実施します。
■日時…6月19日(火)、14時~16時(予定)
■場所…ピーポート甘木・中ホール
■定員…15人(定員になり次第締め切り)
■費用…無料(ただし、劇のチケット購入が別途必要)
■応募方法…住所、氏名(フリガナ)、性別、年齢、電話番号を明記し、ハガキ、FAXで応募する
■応募先…〒838-0068、朝倉市甘木198-1、朝倉市総合市民センター ピーポート甘木事務所「百物語」係 FAX(23-0697)
※詳しくは、ピーポート甘木・文化課(22-0001)へ。

◆文化趣味講座 平成24年度文化趣味講座 「小石原焼で陶器の印かんを作ろう」講座

 陶器でオリジナルの印かんを作ります。雅印、画印など、好きな書体で作った印かんで書や手紙に彩りを添えましょう。制作後、焼いて後日お渡しします。
■日時… 6月6日(水)、13時30分~(2時間程度)
■場所…ピーポート甘木・第7学習室
■講師…太田剛速さん(筑前小石原焼まるた窯元)
■費用…受講料無料、ただし材料代500円 
■定員…15人(定員を超えた場合抽選)
■申込方法…ピーポート甘木・文化課へ電話で申し込む
■申込期間…5月8日(火)~15日(火)、8時30分~17時15分
※詳しくは、ピーポート甘木・文化課(22-0001)へ。

◆相撲大会 第15代横綱初代梅ヶ谷顕彰記念 第14回わんぱく相撲大会出場者募集

 第15代横綱初代梅ヶ谷の輝かしい功績を顕彰するとともに、相撲を通して青少年の健全育成と地域の活性化を図るため、第14回のわんぱく相撲大会を開催します。
■日時…6月3日(日)、10時開会(9時受付。まわしを付けるので早めに受付してください)
■場所…サンライズ杷木特設相撲場
■対象…市内の小学生と幼児
■種目…(1)学年別個人戦、(2)チーム別団体戦
■申込方法…所定の申込書を、市生涯学習課に提出
■申込期限…5月23日(水)(期限までの申込みがない場合、大会当日の受付はできませんのでご注意ください)
■注意事項…昼食、お茶等は各自でご用意ください
※詳しくは、市生涯学習課(22-2348)へ。

◆歴史バスハイク
春の歴史バスハイク参加者募集  

 県内の歴史を探訪し、私たちの故郷・朝倉市郡内の身近な歴史や伝統文化を再確認します。
■日時…5月30日(水)、8時30分~16時30分(予定)
■場所…求菩提資料館ほか豊前地方
■定員…25人(応募多数の場合抽選)
■申込方法…1人1枚のハガキに氏名・郵便番号・住所・電話番号を記入し、甘木歴史資料館(〒838-0068、朝倉市甘木216-2)へ郵送で申し込む
■申込期限…5月15日(火)、当日消印有効
■参加費…2000円程度(入館料・昼食代など)
※詳しくは、甘木歴史資料館(22-7515)へ。

 ◆ホールの催しガイド(ピーポート甘木、朝倉・杷木地域生涯学習センター)、4月10日現在

【5月】
ピーポート甘木
・15日(火)、朝倉市老連甘木支部総会、中ホール、10時~、関係者、《連絡先》朝倉市老人クラブ連合会(080-1731-7999)
・26日(土)、世界禁煙デー講演会、中ホール、13時~、無料、《連絡先》朝倉医師会病院(23-0077)
・27日(日)、社会福祉のためのコンサート フラメンコショー、中ホール、18時30分~、2500円、《連絡先》鶴田威出自(090-3335-5264)

朝倉地域生涯学習センター(朝倉文化ホール)
・26日(土)、朝倉地域振興会総会、19時~、関係者、《連絡先》朝倉地域振興会(52-1113)

杷木地域生涯学習センター(杷木文化ホール)
・12日(土)、杷木地域コミュニティ連合会主催学級開講式、10時~、関係者、《連絡先》杷木地域コミュニティ連合会(62-0178)
・16日(水)、寿大学教養講座、9時30分~、関係者、《連絡先》杷木地域コミュニティ連合会(62-0178)

【6月】
ピーポート甘木
・8日(金)、ブリヂストン定期演奏会、大ホール、18時30分~、前売500円、当日800円、《連絡先》ブリヂストン甘木工場(22-7711)
・10日(日)、市民公開講座「体に良い運動の話」、中ホール、14時~、無料、《連絡先》社団法人福岡県理学療法士会(093-965-2380)
・16日(土)、ピアノ発表会、中ホール、13時30分~、無料、《連絡先》古賀徳子(22-5017)
・19日(火)、白石加代子百物語第29夜、中ホール、19時~、前売2500円、当日3000円、《連絡先》市文化課(22-0001)
・27日(水)、JA筑前あさくら第18会通常総代会、大ホール、9時~、関係者、《連絡先》JA筑前あさくら(23-2222)

朝倉地域生涯学習センター(朝倉文化ホール)
・2日(土)、朝倉市まちづくりチャレンジ大学第1回講義、14時~、受講生無料、一般1000円、《連絡先》チャレンジ大学・篠崎(080-1708-3113)

杷木地域生涯学習センター(杷木文化ホール)
・6日(水)、寿大学教養講座、9時30分~、関係者、《連絡先》杷木地域コミュニティ連合会(62-0178)

※主催者の都合により、日時・内容・料金等が変更されることがあります。詳しくは、主催者におたずねください。 

 ページの先頭へ戻る
 

市民くらぶ(広報あさくら平成24年5月1日号、32ページから33ページ)

 ※このコーナーでは、みなさんからの作品や投稿、あかちゃんの写真を募集しています。また、「広報あさくら」への意見やまちの話題など、いろいろな情報をお待ちしています。(企画政策課広報統計係)

◆広報文芸

≪俳句≫ (矢野たけし選)

・塾の子の仰ぐ夜桜駅ホーム 小田  鳥巣 隆士

・蕗の薹もう出し頃と娘来て 石成  大熊サヤ子

・味みしてと嫁のさし出す芹御飯 小田  柳瀬喜美枝

・山笑う天狗面売る英彦の里 下浦  藤田  晃

・この橋を渡れば里よ春の川 堤  石丸アタヱ
 

≪川柳≫ 平井良子選
今月の題「明」

・「明るいね」ヘッドスキンの我が夫 屋永  牛尾 弘之

・ランドセル明日の未来へ羽ばたいて 屋永  釜堀 守人

・今日も又、明るい話題よく彈み 美奈宜の杜  松田 義登

・孫が来る明日待つ身の日の長さ 美奈宜の杜  宇都 信泰

・老いて尚明るい暮し子の支援 金丸  安武シズヱ

4月1日号の川柳「最後の日分らぬ命ありがたき」の作者は田中妙子さんでした。お詫びして訂正します。

●スポコン広場2連覇 蜷城小、2年続けての快挙

 3月9日、蜷城小学校の3年生11人が市役所を訪問し、福岡県の「スポコン広場」で総合優勝を果たしたことを報告しました。「スポコン広場」は子どもの体力向上を目指して福岡県が開催しているスポーツ大会です。
 蜷城小は、ドッジボールラリーで大会新記録を出し、昨年の6年生が優勝したのに続いて2連覇を達成しました。リーダーの荻野祐以くんは、「来年もがんばって、また優勝したい」と意気込みを語りました。

◆け・ん・こ・う!Cooking 県栄養士会・学校給食部会

「じゃが芋のマヨネーズ焼き」
■材料(4人分)…玉ねぎ小1個(薄切り)、バター大さじ1、じゃが芋4個(600グラム)、ウインナーソーセージ8本(斜めに3等分)、小ネギ1本(小口切り)、マヨネーズ大さじ4、牛乳大さじ5(75cc)
■作り方…(1)じゃが芋は一口大に切って茹で、火が通ったら水をきり、塩、こしょうで薄く調味する、(2)フライパンにバターを溶かし、玉ねぎがしんなりするまで炒める。ウィンナーも一緒に炒め、じゃが芋を合わせ、塩こしょうをしてグラタン皿にいれる、(3)牛乳とマヨネーズをよく混ぜ、(2)にかけ230度のオーブンで8~10分焼く
■一口メモ…冷凍のナチュラルカットポテトを使っても美味しいです。

◆私のイラスト展 作品募集中!

【応募方法】ハガキの表に、住所・氏名(ふりがな)・年齢・コメント、裏にイラストを白黒ではっきり描いて、市企画課広報統計係へ。
※掲載された方には、図書券を差し上げます。

【今月のイラスト】
※イラストは省略します。

◆満一歳おめでとう

 6月1日号「満一歳おめでとう」コーナーの申し込みは5月10日までに市企画政策課広報統計係(市役所本庁3階)へ。

 ページの先頭へ戻る

まちかどウォッチング(広報あさくら平成24年5月1日号、34ページから35ページ)

■桜に誓う、飲酒運転撲滅 秋月桜開き・飲酒運転撲滅キャンペーン

 3月18日、県下でも有数の桜の名所、秋月杉の馬場で、秋月コミュニティ運営協議会と福岡県朝倉警察署主催で、第1回秋月桜開きが行われました。これは、秋月の様々な桜の名所を広く知ってもらい、同時に、秋月では飲酒運転をさせないことを誓って実施されたものです。
 桜開きでは県警音楽隊の演奏やカラーガード隊の見事なフラッグ演技の披露後、林流抱え大筒の号砲を合図に飲酒運転撲滅パレードも行われました。秋には紅葉開きも実施するそうです

■防災意識を高めよう 手作り防災頭巾贈呈式

 3月12日、金川小学校で手作り防災頭巾の贈呈式がありました。これは、21世紀を担う子どもの健全な育成を願う会・朝倉支部が「3.11を忘れない、防災意識の啓発運動の一環」として行ったものです。1個7枚のタオルで作成する防災頭巾を計35個、1年生の代表5人に手渡しました。この防災頭巾は、普段は椅子の背もたれカバーとして使い、災害時には防災頭巾としてすぐに使用できるようになっており、中のタオルを取り出して使うこともできます。

■頓田の森の悲劇を忘れない 頓田の森ぴーすきゃんどるナイト2012

 3月27日、太刀洗空襲により引き起こされた頓田の森の悲劇を悼み、平和への祈りを込めた「頓田の森ぴーすきゃんどるナイト2012」が行われました。
 第一部では、立石公民館で「一ツ木児童遭難顛末記」の朗読や歌、オカリナ演奏。草倉哲夫さんが作詞した「頓田の森の風」の合唱が行われました。
 第二部では、頓田の森に移動し、キャンドルに火を灯して献奏と黙祷が捧げられました。

■入り交じる充足感と使命感 朝倉市消防団入退団式

 4月1日、ピーポート甘木・大ホールで、朝倉市消防団入退団式が行われました。今年は、160人が退団し、125人の団員が新たに入団しました。
 今年もやり遂げたという充実感で清々しい笑顔の退団者と、それを称えつつも少し寂しげに見送る団員たち、そして新たな使命感と緊張で引き締まった表情の新入団員のみなさんが入り交じり、それぞれが、新たな決意をもって市民の生命・身体・財産を守ることを誓いました。

■救急車も早く到着します 一般県道安谷赤谷線開通記念式

 佐田の牟田地区で3月24日、一般県道安谷赤谷線開通記念式典が行われました。これは佐田安谷と、杷木赤谷を結ぶ県道の未開通部分であった1・2キロメートル区間が開通したことによるものです。平成16年度からの事業開始から約7年の歳月を経て完成に至りました。この開通により、地域住民の利便性や救急医療の面で格段の生活向上が見込めるとのことです。式典後には、警察車両を先頭に、地元住民を乗せたバスが渡り初めを行いました。

■命を守るてんとうむし 甘木朝倉法人会 防犯ブザー贈呈式

 3月28日、甘木・朝倉市町村会館1階会議室で、子ども防犯ブザー贈呈式が行われました。今回、朝倉市郡の3市町村、19小学校の新入生735人に対して、てんとうむし型の防犯ブザーが贈られました。
 これは、甘木朝倉法人会が毎年朝倉市郡の各小学校の新入生に対して贈っているもので、今回で7回目。今年は全小学生を代表して甘木小学校の5年生が防犯ブザーを受け取り、「私たちも下級生に防犯ブザーの使い方や、イカノオスシの合言葉を教えていきます」と語りました。

ページの先頭へ戻る
 

裏表紙(広報あさくら平成24年5月1日号、36ページ) 

◆原鶴温泉 第61回川開き花火大会

 筑後川の夏の風物詩「鵜飼」。5月20日の鮎漁解禁に合わせ花火大会が行われます。約4000
発の打ち上げ花火や仕掛け花火が夜空を色鮮やかに染めます。
■日時…5月20日(日)、20時~(雨天決行)
■会場…原鶴温泉筑後川河川敷
■駐車場…原鶴放水路が臨時駐車場となります(約1200台収容)
■交通規制…19時30分~21時30分は温泉街の車両の通行はできません
※詳しくは、原鶴温泉旅館協同組合(62-0001)へ。

◆防災パンフレット・自主防災マップ ~災害は、普段の備えで被害を軽減できます~

【防災パンフレット】
 市では、防災パンフレットを作成し、広報あさくら5月1日号とあわせて全世帯に配布しています。普段からご家庭や地域の防災にご活用ください。

【自主防災マップ】 
 市では、「防災意識の高揚」と「地域住民が使いやすい防災マップ」を目指して、地区ごとの「自主防災マップ」を作成しています。
 平成23年度は、秋月地区、安川地区、馬田地区にて、地域の役員のみなさんと意見を出し合いながら、自主防災マップを作成しました。
 こちらの自主防災マップは、広報紙4月1日号とあわせて、3地区に住んでいる人へ配布しています。今後、他地区でも作成していきますのでご協力をお願いします。

【入手方法】
 防災パンフレット・自主防災マップともに市のホームページに掲載していますので、そちらからもダウンロードできます。
◎市ホームページ(http://www.city.asakura.lg.jp)内の「もしものときは」を参照
※詳しくは、市消防防災課(内線61-119)へ。。

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ
総務部 人事秘書課
電話番号 : 0946-22-1111
ファックス番号 : 0946-22-1118
メールアドレス : jinji@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?