広報あさくら(平成24年8月1日号)

広報あさくら(平成24年8月1日号)目次

 

表紙(1ページ)

特集 7月の大雨災害に関するお知らせ(2ページから3ページ)

特集 朝倉市民平和祭(4ページから5ページ)

特集 朝倉産の農産物(6ページから7ページ)

百人一首ポスター募集(8ページ)

協働のまちづくりシンポジウム(8ページ)

夏のヒーロー、ヒロイン募集(9ページ)

市政への提言(9ページ)

市政ニュース(10ページから11ページ) 

リビングシリーズ(12ページから13ページ)

情報満載!お知らせ広場(14ページから17ページ)

健康と福祉のページ(18ページから19ページ)

図書館だより(20ページから21ページ)

文化・学習の催し(22ページから23ページ)

市民くらぶ(24ページから25ページ)

まちかどウォッチング(26ページから27ページ)

裏表紙(28ページ)

 

表紙(広報あさくら平成24年8月1日号、1ページ) 

■甘木祇園山笠

 7月15日、甘木須賀神社から、勇壮な甘木祇園山笠が走りだしました。高さ3メートルの曳山2台が、西町流れ、東町流れに分かれて市街地を疾走。オッショイ、オッショイという威勢の良い掛け声とともに、締め込み、法被姿の勇ましい男衆たちが山を曳いて走りました。
 

ページの先頭へ戻る
  

7月の大雨災害に関するお知らせ(広報あさくら平成24年8月1日号、2ページから3ページ) 


 7月の大雨により、被害にあわれた市民のみなさんに、心よりお見舞い申し上げます。
 市内各地で土砂災害、家屋の浸水、道路や河川の崩壊、農作物の被害など、広範囲に甚大な被害を蒙っています。市では、全力をあげて、被災者の対応や被災地の調査に努めているところです。
 今後も、国、県の協力を得ながら、被害にあったみなさんが1日も早く、安心して元の生活に戻り暮らせるように、復旧に取り組んでいきます。
 大雨による被害にあった人が利用できる制度などをまとめました。どうかご利用ください。

●大雨被害の罹災届出証明書を交付します【消防防災課】

 7月の大雨による被害について、保険金請求などの書類として罹災届出証明書が必要な人には、次の窓口で交付しています。
■交付場所…市消防防災課、朝倉支所市民窓口係および杷木支所市民窓口係
■必要なもの…印かん、被害状況が確認できる写真(2枚程度)
■届出用紙…市消防防災課、朝倉支所市民窓口係および杷木支所市民窓口係に備えています
■手数料…無料
※詳しくは、市消防防災課(内線61-110・119)へ。

●大雨被害についての市税等の減免制度【税務課・介護サービス課・保険年金課】

 大雨などの被害にあった場合には、平成24年度分の市税等(市県民税・固定資産税・国民健康保険税・後期高齢者医療保険料・介護保険料)が減免される制度があります。
■対象者…市税等の納税義務者で被災した人
■申請場所…市税務課、市保険年金課、市介護サービス課、朝倉支所市民窓口係または杷木支所市民窓口係
※詳しくは、次の各窓口へ。
◎市税務課(内線61-161・162)
◎市保険年金課(内線61-150・153)
◎市介護サービス課(内線61-221・224)へ。

●大雨被害についての災害弔慰金等の制度【福祉事務所】

■災害弔慰金・災害障害見舞金
 災害により死亡した人、負傷し障害(両眼失明、両ひじ・両ひざ関節切断等)のある人に弔慰金・見舞金が支給されます。
■災害援護貸付金について
 世帯主がおおむね1カ月以上の負傷または、家財・住宅などの被害(当該住宅又は家財の価額のおおむね3分の1以上)に応じて世帯主に対して貸し付けを行います(所得制限があります)。
■限度額…被害の程度による。最高350万円
■償還期間…10年(措置期間3年)
■償還方法…年賦または半年賦
※詳しくは、福祉事務所管理係(内線61-124)へ。

●緊急採用奨学金、減額返還・返還期限猶予の受付

 独立行政法人日本学生支援機構では、7月3日からの大雨被害にかかる災害救助法適用地域の世帯の学生に対する奨学金の緊急採用を受け付けます。
 災害救助法適用地域に居住する世帯で、当該の災害により家計が急変したことにより奨学金を希望する学生等については、在学する学校で、該当者全員の推薦を受け付けます。
 またこの災害により奨学金の返還が困難になった人には、奨学金の減額返還・返還期限猶予の願い出を受け付けています。
■災害救助法の適用地域
 朝倉市
■適用地域の準用
 災害救助法の適用を受けない近隣の地域で、同等の災害に遭った世帯の学生並びに同地域に勤務し勤務先が被災した世帯の学生で同等の災害に遭った人にも、適用地域に準じて取り扱うものとします。
■緊急採用奨学金の受付
(1)奨学金の種類…第一種奨学金(無利息)、第二種奨学金(利息付)
(2)奨学金の学校種別…大学・短大・高専・専修学校(専門課程)・大学院
(3)申込先…在学している学校
■減額返還・返還期限猶予の受付
 「奨学金減額返還願」もしくは、「奨学金返還期限猶予願」を日本学生支援機構に提出することで、奨学金の減額返還・返還期限猶予を受け付けます。詳細は、ホームページをご覧ください。
※詳しくは、独立行政法人・日本学生支援機構(JASSO)(03-6743-6662、メールアドレスkouhou@jasso.go.jp、ホームページhttp://www.jasso.go.jp/)へ。

●災害時の心得

 6月1日号の広報紙に載せた災害時の心得を再掲します。
(1)気象情報に注意し、災害の前兆現象を見逃さない
(2)停電に備えて、懐中電灯やラジオを準備する
(3)貴重品など非常持出品を準備する
(4)食料・飲料水を数日分確保する
(5)浸水の恐れがあるところは生活用品を高い場所へ移す
(6)屋根や外壁に、もろい所がないかチェックする
(7)強風による飛来物に備えて、窓ガラスを雨戸や板で保護する
(8)台風・大雨時には、野外活動は危険なため行わない
※詳しくは、市消防防災課(内線61-110・119)へ。

 5月1日号の広報紙と一緒に各家庭に配布した「防災パンフレット」で、避難場所や避難時に心がけるべき点について、もう一度家族や職場で確認しておきましょう。

福岡県防災情報等メール配信システム(登録無料) 防災メール・まもるくん(手軽にできる防災対策)

 災害情報などをメールで知らせてくれる、とても便利なメール配信システムです。
【お知らせする防災情報】
(1)地震、台風、大雨等の防災気象情報、避難勧告等
(2)災害時の安否情報通知
(3)地域の安全に関する情報
(4)福岡県避難支援マップ
【登録方法】
1)mamoru@bousaimobile.pref.fukuoka.lg.jpに空メール(件名も内容も入力せずに送信するメール)を送信する。
2)返信メールが届くので、その内容に従って登録を行う。

 ページの先頭へ戻る

朝倉市民平和祭 舞台演劇 心の種を(広報あさくら平成24年8月1日号、4ページから5ページ)

太平洋戦争末期。
愛すべき教え子を残し、戦地に赴いた先生がいた。
託された教え子を、必死に守ろうとした先生がいた。
それぞれの想いをよそに、 戦争はその激しさを増していく…。

●劇のストーリー

 太平洋戦争末期、戦地へと赴くことになった北山先生に、出征の万歳をして送りだす子どもたち。後ろ髪をひかれながらも、子どもたちを後任の日野先生に託し、北山先生は戦地へと向かう。
 最初はぎこちないながらも少しずつ心を通わせる日野先生と子どもたち。戦時中という特殊な状況下であっても、子どもたちは、日々を一生懸命生きていたのだった。
 子どもたちを遠く戦地から案じる北山先生と、そばで見守っていた日野先生。しかし、戦争はその激しさを増していく。
 そうして迎えた3月27日の朝。明日から春休みというその日に、突然唸るような重々しい空襲警報が鳴り響いた。
それは、子どもたちの持つ夢も希望も、すべて打ち砕いてしまうものだった。

【頓田の森の悲劇】

 昭和20年3月27日、当時の立石国民学校(現在の立石小学校)の終業式の日、米軍機B29の大刀洗爆撃作戦により落とされた爆弾で、31人の幼い児童の命が失われました。頓田の森は現在、「平和花園」として整備され、平和を語り継ぐ発信源となっています。

【キャスト】

◎北山先生役…朝倉半零
 今回、子どもたちを残して戦地に赴く北山先生を演じます。
 これまで自分が接してきた劇団の子どもたちとの関わりを元に、我が身に置き換え、子どもたちと生徒の姿を重ね合わせて演じています。
 「自分が今戦争に行ってしまったらどうなる? 残された子どもたちは?」そんな想いを胸に抱いて舞台に立ちます。

◎日野先生役…稲口マンゾ
 戦地に赴く北山先生から、生徒たちを託される日野先生を演じます。
 基本になっているのは、劇団の子どもたちとの関わりです。その感情を基本に、生徒たちと北山先生との絆の強さや生徒たちの笑顔の力強さに対する、日野先生としての想いを表現してみました。ぶつかりあったからこそ生まれた絆の強さを、見ている人に感じてほしいと思っています。

◎はつみ役…永留沙織
 7年間、劇団に関わっています。舞台の上で、仲間たちと気持ちを共有し、ともに泣き、ともに笑いあえることが本当に楽しいです。
ぜひ、劇中での生徒たちの仲の良さ、明るさ、元気さを感じてほしいです。
 劇の中では、北山先生のような学校の先生を目指しているはつみを演じます。私も、北山先生のような先生になりたいです。

◎しょうこ役…池田知里
 劇の中で、生徒たちは、先生との楽しい日々を、戦争によって奪い去られてしまいます。それでも必死に、自分なりに、生きよう、生き抜こうとします。
 そんな生徒たちの気持ちや想いを、自分が子どもだったころのことを思い出しながらやっています。劇を見て、私たちと一緒に笑い、一緒に泣いてください。

◎ふゆみ役…佐藤成美
 伝えたい気持ちがあります。そのことが舞台で、精一杯、見てくれる人に伝わるように頑張っていきます。

◎のりえ役…畑井理那
 悲劇が頓田の森で起こりました。子どもたちの命が無情にも奪われました。そのことを多くの人に伝えたいと思っています。

【朝倉半零監督】

 「心の種を」という今年の劇には、東日本大震災の影響も少なからずあります。大災害が起こって、もし自分が被害に遭って死んでしまったら、残された子どもたちはどうなるんだろう。子どもが命を落としてしまったら、私はどうなるんだろう、と。そのことと、頓田の森で被害にあった子どもたちの姿が重なりました。子どもたちを案じながら亡くなった先生や、そんな子どもたちを目の前で失ってしまった先生の気持ち、頓田の森の悲劇を、演出や自分自身が役を担うことで表現できたらと思いました。

●懸命に練習に励む劇団員

 劇団モチの木の現在の団員は小学生~社会人まで幅広く、演劇表現を楽しく練習しています。
 その劇団員のみなさんが、8月5日に行われる第7回朝倉市民平和祭に向け、懸命に練習を重ねています。7月14日~15日には合宿練習も行いました。
 「頓田の森で亡くなった子どもたちにも、叶えたい夢があったはずだ」という強い想いで劇に取り組む彼らの姿が、平和とはなにかを伝えてくれます。

第7回 朝倉市民平和祭  「心の種を」
8月5日、13時30分開演
ピーポート甘木・中ホール(13時開場)

※詳しくは、朝倉市平和事業実行委員会事務局
(市行政経営課内22-1111、内線61-306)へ。

 ページの先頭へ戻る

 食を彩る豊かな味わい 朝倉産の農作物 連載2
「艶やかな畑のルビー トマト」(広報あさくら平成24年8月1日号、6ページから7ページ)
 

 朝倉市の基幹産業である農業。お米、野菜、果物などなど……。朝倉市は、美味しいものの宝庫です。 生産者は、多くの朝倉市民が手軽に「新鮮・安心・安全」な地元野菜を手にすることができるよう、日々努力しています。
 市民のみなさんに地元農産物の素晴らしさを再確認してもらい、県内有数の農業生産地域であることの自信と誇りを持っていただけるよう、シリーズで紹介していきます。

●濃厚な甘み、トマト

 赤くて丸い実を結ぶトマトは、冬から初夏にかけて市場でよく見かけるようになります。味が濃く、酸味も甘みもしっかりとしているため、素材そのままでも食べることができ、サラダやパスタ、トマト鍋など幅広く使える食材です。
 苗を植えて2カ月ほどで収穫できるトマト。
 ハウスの中で土からの養分と水を摂取し、太陽の光を浴びて苗が生長すると黄色い花を咲かせます。その花が受粉後に大きな緑色の実を実らせ、その実が熟すと赤いトマトになります。
 トマトの枝は長期栽培を行うとその生長は8~10メートルにも達し、管理が行き届いた苗からはたくさんのトマトが収穫されます。

●トマトの栄養面

 トマトには、ビタミンA、Cが豊富なほか、ミネラル、食物繊維をバランスよく含んでいます。鮮やかな赤い色の正体は「リコピン」という色素で、ビタミンEの10倍ほどの抗酸化力を持ち、がんの予防や進行を食い止める色素として注目を集めています。
 また、研究により動脈硬化を予防する新たな有効成分があることが分かりました。実験では、血中の総コレステロールや悪玉コレステロール、脂質が減少しています。今後、人でも動脈硬化予防の効果があるか研究が継続されています。

●朝倉市でのトマト生産量

 朝倉市でも、甘木地域を中心に生産されています。JA筑前あさくらに、冬春トマト部会があり現在15人の部会員がいます。
 生産面積は1万3800坪。出荷量は、平成23年産は535トンで、出荷先としては、主に東京青果、京都青果、福岡大同青果です。
 現在、県内で出荷の大半を占めるのは、久留米市、うきは市など温暖な県南部となっています。

■農の匠

 今回は、トマト生産者の一人、吉塚郁行さんにお話を伺いました。

●就農のきっかけ

 現在は就農して13年目で、毎日家族みんなで圃場の管理、収穫、出荷の箱詰めまでの農作業を手分けして行っています。
 私自身、トマト農家の長男として生まれましたが、大学に進学後、当時は農業をするとは思ってもいなく、自分のやりたいことや夢も持っていました。
 しかし、在学中に母と祖母が体調を崩したことをきっかけに、家族のことが心配で、卒業後すぐに実家で就農を決意しました。
 就農1年目はハウス内の高温に体が慣れず、農作業中に熱中症のような症状になり大変苦労をしました。2年目からは自然と体が慣れ、祖父の代から生産を始めたトマト農家の3代目として、両親から栽培方法や技術を学び、家族みんなで取り組んできました。
 JAの冬春トマト部会員でありますが、これからも部会の発展と食卓に美味しいトマトを届けるためにも、日々生産に励んでいきたいと思います。

●農作業のこだわり

 トマトの生育に大事な水と光と肥料のバランスを重視しています。この3つの調整が難しく、天候を気にしながら、水をやり、生長に合わせて肥料をやります。
 また、トマトは実と枝のバランスも重要です。わき芽を摘み取り、枝を少なくすると実がたくさん実らず、枝が多すぎると枝の生長に養分を取られ、実が大きく生長しません。これらのバランスは日々の作業で経験を積むことで培っています。
 農業の魅力は家族みんなで経営し、トマトの収穫を喜べることです。愛情を注いで生産したトマトの美味しさをみんなに知ってもらいたいと、ハウスの中で汗を流し、一生懸命取り組んでいます。
 トマトの美味しさをぜひ味わってください。

吉塚 郁行 ― よしづか・ふみゆき ―
市認定農業者。JA冬春トマト部会員

【インタビューこぼれ話】

○これからの楽しみ・・・今年、4代目となる長男が誕生したので、美味しいトマトを食べさせたい
○品種・・・「感激73トマト」は、生産者が認めた濃厚な甘みと酸味のバランスがとれたトマトです。一口食べれば違いがわかります

●生産者とっておきレシピ

吉塚家特製トマトジュース

【材料/4人分】トマト2個、バナナ2本、ゴーヤ、はちみつ少々
【作り方】(1)材料を一口大に切る。(2)ミキサーに材料を入れる。(3)はちみつを加えてミキサーでよく混ぜる。
 栄養面を考えた特製トマトジュースです。ゴーヤだけでは苦いのでハチミツを入れています。本来のトマトの甘みを生かしたトマトだけのジュースもお勧めです。

ページの先頭へ戻る

「百人一首ゆかりの地朝倉市」イメージポスター募集【秘書政策課】(広報あさくら平成24年8月1日号、8ページ)

 小倉百人一首の筆頭歌は、天智天皇が朝倉の地で詠んだ和歌だといわれています。市では、百人一首筆頭歌ゆかりの地であることを、市内外へ発信するためのイメージポスターを募集します。

秋の田の
 かりほの庵の 苫をあらみ
  わが衣手は 露にぬれつつ

【募集概要】
■応募資格…プロ、アマ問わず、どなたでも応募できます
■応募作品
◎「百人一首筆頭歌ゆかりの地、朝倉」を表現した作品
◎イラスト、写真、グラフィックデザイン等、手法や画材は問いません
◎サイズはA3版または四つ切画用紙サイズとします。縦横は問いません
◎作品内に文字を配することは自由とします
◎応募者の創作で未発表のものに限ります
■応募方法…応募作品と応募用紙を秘書政策課まで郵送または持参してください。パソコンで製作したものは、電子データも一緒に提出してください。応募用紙は市ホームページからダウンロードできます
■応募期間…8月1日(水)~9月28日(金)必着
■各賞…選考の結果、入賞者には次の通り賞金(高校生以下の人には同額の商品券)を授与します。ただし、該当作品のない場合もあります
◎最優秀賞 1点(10万円)
◎優秀賞  3点(1万円)
■応募規定…応募作品は返却しません。また入賞作品の著作権その他一切の権利は、朝倉市に帰属するものとします
※詳しくは、市秘書政策課(22-1111、内線61-322)へ。

ページの先頭へ戻る

朝倉市協働のまちづくりシンポジウムを開催【コミュニティ推進室】(広報あさくら平成24年8月1日号、8ページ)

 「協働」「新しい公共」という言葉に触れることがありませんか? 
 「協働」とは「複数の主体(組織)が何らかの目的を共有し、目標に向かって力を合わせて活動すること」とされています。
 市では、この「協働」の考え方に基づき、市民と行政が良きパートナーとして、協力し合いながらまちづくりをすすめています。その取り組みの一環としてシンポジウムを開催いたします。市民のみなさんのご来場をお待ちしています。
■日時…9月2日(日)、13時30分~
■場所…朝倉地域生涯学習センター・文化ホール
■内容
(1)講演「協働のまちづくり~市民と行政の協働~」《講師》 十時裕さん(福岡県共助社会づくり事業運営委員)
(2)先進事例紹介「あなたの元気が地域の元気に!」《紹介者》日高榮治さん(NAP福岡センター副代表)
(3)朝倉市の取組紹介
 ・「朝倉市協働のまちづくり基本指針」概要説明
 ・朝倉市における協働提案公募事業の実施状況について
■定員…400人(先着順受付)
■費用…入場無料
※詳しくは、市コミュニティ推進室(22-1111、内線64-28)へ。

 ページの先頭へ戻る

夏のヒーロー、ヒロインを募集します【行政経営課】(広報あさくら平成24年8月1日号、9ページ)

 広報あさくらでは、スポーツ、文化芸術等で活躍した人を紹介する特集を予定しています。該当者に心当たりがある人は、電話や電子メールなどで連絡してください。
【掲載基準】
■対象…朝倉市在住および出身者、または市内に通勤・通学している人
■期間…本年4月からの成績
■成績…おおむね県レベルの大会で優勝、または全国レベルの大会に出場した人や団体
【申込手順】 
■申込期限…8月24日(金)
■申込方法…必要事項を記載した電子メール、FAX、手紙などで市行政経営課広報戦略係まで申し込む
■必要事項…氏名・住所・学校・学年・主な成績(できるだけ正確な名称)、連絡先電話番号(推薦者が別の場合は、推薦者の連絡先もお願いします)
※申込みなど詳しくは、市行政経営課広報戦略係(直通22-1117、FAX22-1118、電子メールkouhou@city.asakura.lg.jp)へ。

ページの先頭へ戻る

この熱い夏だからこそ、市政への熱い提言してみませんか
【行政経営課・秘書政策課】(広報あさくら平成24年8月1日号、9ページ)

「市政への提言」、始めました

 市では、7月1日から、ホームページ上で「市政への提言」を始めました。みなさんからの市政への熱い提言をお待ちしております。

【手順】
 ホームページの「市長室」のすぐ下にある「市政への提言」ボタンを押すと、趣旨の説明や、必要事項などを記載したページが表示されます。ご一読後、ページ内に設置されたボタンを押すと、次の必要事項の項目が入力された状態でメールソフトが立ちあがります。必要事項を入力して市政への提言を送ってください。

 なお、次のような内容については、受け付けることができませんのでご了承ください。
・市政運営に関連のないもの
・営利、宗教、政治活動などに関するもの
・特定個人や団体を誹謗中傷するもの
・違法行為などを助長するもの
・その他、公序良俗に反するもの   など

【必要事項】
 「市政への提言」には、次の項目が必要です。記載漏れのないようにお願いします。ご記入がない場合は回答できないことがありますのでご注意ください。
●お名前
●ハンドルネーム・ニックネーム
●地区名
●電子メールアドレス
●返答希望
●公開希望
●提言内容

【問い合わせ先】
◎行政経営課広報戦略係(直通22-1117)
◎秘書政策課(22-1111、内線61-323)

ページの先頭へ戻る

 

市政ニュース(広報あさくら平成24年8月1日号、10ページから11ページ)

国民年金保険料を10年間遡って納められます(3年間の期間限定)

■年金の遡及支払期間が10年間に延長
 現在、未払いの国民年金保険料を遡って納められるのは過去2年分までですが、平成24年10月から、過去10年分まで遡って納めることができます(3年間の期間限定)。
 なお、次の3点についてご注意ください。

◎老齢基礎年金を受給している人は、対象となりません  
◎3年度以上遡って保険料を納付する際は、加算金がかかります 
◎毎月の国民年金保険料の納付は、原則として翌月末日までと定められています
  
 納期限までに納められない場合、障害基礎年金や遺族基礎年金が受給できないことがあります。滞納のないようお願いします。   
※詳しくは「年金事務所」へお越しください。電話による相談は「国民年金保険料専用ダイヤル」(0570-011-050)
 ダイヤルは、一般の固定電話からかける場合は全国どこからも、市内通話料金で利用できます。ただし、固定電話以外の電話(携帯電話等)からかける場合は、通常料金がかかります。 
  
■過去に国民年金の未納があるかどうか知りたい  
「ねんきんネット」をご利用ください。
※詳しくは、「ねんきん定期便・ねんきんネット専用ダイヤル」(0570-058-555)へ。

児童扶養手当等の支給金額が変わります【子ども未来課】

●児童扶養手当
 離婚や死別などで、父親または母親と生計を別にしている児童を対象に手当を支給する制度です。
■支給金額(4月分から)
 月額4万1430円(全額支給の場合)
 なお、定められた額以上の所得がある場合、一部または全額支給されません。また、第二子以降加算額があります。
■支給日…8月10日、12月11日、平成25年4月11日
●特別児童扶養手当
 精神または身体に障害(法令で定める程度以上)がある20歳未満の児童を対象に手当を支給する制度です。
 なお、定められた額以上の所得がある場合は、支給されません。
■支給金額(4月分から)
《1級》月額5万400円
《2級》月額3万3570円
■支給日…8月10日、11月9日、平成25年4月11日
※詳しくは、市子ども未来課子育て支援係(内線61-126)へ。

同和問題啓発講演会【人権・同和対策課】

 7月5日(木)に予定していた講演会が、大雨の影響で延期になり、新たな日時が決まりました。
【これからの部落問題】
しなやかな感性で「差別・被差別の現在」を直視する
■日時…8月29日(水)、19時開会(18時30分開場)
■場所…ピーポート甘木 大ホール
■入場…無料。託児・手話通訳あり
■講師…角岡伸彦さん(ノンフィクションライター)
※詳しくは、市人権・同和対策課(内線61-513・515)へ。

差押え財産のインターネット公売【収納対策課】

 市では、滞納処分で差し押さえた財産をインターネットを利用して公売します。入札やせり売りに参加するためには、事前に参加申込が必要です。
 公売物件や参加申込方法などは、市のホームページ(http://www.city.asakura.lg.jp)または、Yahoo!JAPAN官公庁オークションで確認できます。
■公売物件…腕時計、宝石、サングラス等
■参加申込期間…8月14日(火)、13時~28日(火)、23時
■入札期間…9月4日(火)、13時~9月6日(木)、23時
■公売物件下見会
《日時》8月17日(金)、10時~16時
《場所》市役所本庁 301会議室

 滞納市税等が完納された場合は、公売が中止になることがあります。

※詳しくは、市収納対策課管理収納係(内線61-164・165)へ。

朝倉市職員を募集します【人事課】

 市では、次のとおり職員を募集します。採用人数は予定で、変更することがあります。

【一般事務A】
■採用予定数…7人
■受験資格…昭和61年4月2日~平成7年4月1日までに生まれた人
【土木技術職】
■採用予定数…1人
■受験資格…昭和61年4月2日~平成7年4月1日までに生まれた人
【保育士】
■採用予定数…2人
■受験資格…(1)昭和61年4月2日以降に生まれた人(2)保育士の資格を有する人または平成25年3月31日までに資格取得見込みの人
【一般事務C(社会人職務経験者)】
■採用予定数…1人
■受験資格…(1)昭和42年4月2日以降に生まれた人(2)平成24年7月31日現在で民間企業等で週30時間以上の勤務を1年以上継続して就業した期間が直近10年中7年以上有する人(詳しくは試験案内で確認)
【共通事項】
■第1次試験…9月16日(日)
■第2次試験…10月下旬(予定)
■申込受付期間…8月1日(水)~15日(水)、土・日曜日を除く8時30分~17時15分。郵送の場合は8月15日(水)の17時15分必着
■申込先…市役所本庁3階人事課
■試験案内配布場所…
《市役所本庁》総合案内(1階)、人事課(3階)
《朝倉支所》市民窓口係(1階)
《杷木支所》市民窓口係(1階)
 試験案内は、市のホームページ(http://www.city.asakura.lg.jp)からもダウンロードできます

※詳しくは、市人事課人事係(内線61-321、61-320)へ。

 ページの先頭へ戻る

 

リビングシリーズ(広報あさくら平成24年8月1日号、12ページから13ページ

◆人権 映画「ちづる」

 先日、「ちづる」という映画を観ました。監督の赤﨑正和さんが大学の卒業制作として作った作品で、重度の知的障がいと自閉症をもった妹・千鶴にカメラを向けたセルフ・ドキュメンタリーです。  
 この作品は、単にひとりの障がい者を追った記録ではなく、母、兄(赤﨑監督)、妹の3人の苦悩、葛藤、喜びが伝わる普遍的な家族の物語で、障がいをもつ妹と向き合う家族の姿が映し出されています。特に父親が数年前の交通事故で亡くなっているなか、四六時中行動をともにする母親の強さを感じさせる内容でした。
 これまで障がいをもつ妹のことをどう説明したらいいかわからず、友人たちにも明かせないでいた自身の苦しい状況を変えたい。妹のことを告白し、自分が障がい者の兄であるということを他の人の前で認めることで、人と裸になって向き合えるようになりたい。兄が妹、母、自分の家族3人にカメラを向けたのは、そんな思いがあったからでした。
 自分の気持ちや感覚に正直に生きている妹。そのまっすぐで素直な生き方が、ときに人を笑顔にさせたり、心を震わせたりします。妹と育つ中で自分が感じてきた感動をだれかに伝えたい。映像の力を借りて障がいという言葉のもつネガティブな重さを乗り越え、ありのままの妹のもつ独特な魅力を伝えたいという希望もありました。
 兄の赤﨑監督は言います。「障がいを持った人の家族は潜在的にたくさんいらっしゃいます。この映画をきっかけに、そうした家族がだれかと自然に話すことができる瞬間が訪れたらうれしいです」
 障がいのある、なしに関わらず、あるがままを受け入れられる社会をみんなで築いていきましょう。
人権に関する問い合わせは、市人権・同和対策課へ。

◆文化 仁鳥の石造桁橋

 上秋月仁鳥を流れる山見川に架かる石造の桁橋です。現仁鳥橋の下流60メートル、仁鳥地区と、日向石地区を結ぶ旧道に所在しています。橋の幅員が1・6メートルと狭く、車は通行できないため、人が通るためだけに利用されていたものと思われます。
 桁橋は山見川に対してやや斜めに架かり、全長は約9・2メートル、幅は1・6メートル、水面からの高さは1・4メートルです。橋脚は2本×2カ所にあり、20センチメートル×20センチメートルの角柱で橋梁を支えています。橋梁は180センチメートル×40センチメートル×36センチメートルで、橋梁の上には280センチメートル×40センチメートル×22センチメートルの橋桁が4本×3カ所に架かっています。橋の両側には欄干が乗っています。
 桁橋の付近には石碑が残り、「大正三年三月吉日」と銘が刻まれています。
 この橋が架けられたのは、銘文に見えるとおり大正3年(1914)3月で、現在までで築98年を数えます。
 朝倉市内にはこのような石造桁橋が少なく、現在確認されているものは、久保鳥の石橋(市指定文化財 架橋安政5年)と秋月城下町内の番所橋(未指定、架橋時期不明)、他1点しかなく、過去の文化を伝える貴重な文化財です。

このコーナーに関する問い合わせは、市文化課へ。

◆環境 蚊の発生防止のために~快適な夏を~

 蚊が多く発生する季節になりました。最近では公衆衛生の向上により、蚊が媒介する日本脳炎等の感染症は減少していますが、蚊に刺されて不快に感じたり、夜、蚊の音が気になって眠れなかったりしたことはありませんか。
 蚊の発生(産卵)場所は主に水場です。蚊は水が少なくても1回に100個程度の卵を産むといわれています。そして、夏季には卵は2日ほどで孵化し幼虫(ボウフラ)となり、10日もすると成虫になります。つまり、蚊の防除対策には水場を減らし、発生(産卵)場所を減らしていくことが最も有効です。
 ここでは、身近な所でできる蚊の幼虫に対する防除方法を紹介します。
○放置された空きビン、空き缶等は除去する
○バケツ、ジョウロ、桶、植木鉢の受け皿は水がたまらないように裏返す。不要であれば片付ける
○スイレン鉢、消火用水、その他の水槽等は、中で金魚やめだか等の小魚を飼う。1週間に1度、水をかえる
○古タイヤ(駐車場の車止、放置されたもの、子どもの遊具)は廃棄処分にする。水が溜まらないように穴をあける
○竹の切り株等は、節に穴をあける
○雨どいのつまりは、詰まったごみ等を取り除く
○排水マス、雨水マスは、1週間に1度点検し、清掃する 等
 水の溜まる恐れのあるものは、処分、整理整頓をし、発生源の除去や環境の改善に努めましょう。
■お知らせ
 市環境課、朝倉支所市民窓口係、杷木支所市民窓口係で、家庭(個人)で出た植物性廃食油の回収を行っています。
環境に関する問い合わせは、市環境課へ。

◆消費 いまどき相談事例

■海外からの当選通知
Q.海外から「宝くじに当選した」という通知が届いた。当選金を受け取るための手続きが必要と書かれているが、海外宝くじを申し込んだ覚えはなく不審だ。
A.いわゆる「当選商法」といわれる手口です。金銭やクレジットカード番号などの個人情報を送らせることが目的と思われるので、絶対に無視しましょう。もし、クレジットカードの番号などを教えてしまうと、何度も手数料が引き落とされるなどのトラブルに巻き込まれる危険性があります。
 また、日本国内で海外宝くじの取引をすることは刑法に触れると解釈されています。こうした当選商法には「参加しない」、「申し込まない」ようにしましょう。

■勧誘時の説明と違う太陽光発電
Q.訪問販売で太陽光発電システムの勧誘を受け、「余剰電力を電力会社に買い取ってもらえるので、設置費用の月々の支払いはその収入でまかなえる」といわれて契約した。しかし発電量は少なく、勧誘時に説明されたような収入が得られない。
A.太陽光発電システムの訪問販売については、「説明と事実が違うので解約したい」、「よく考えると高額なので解約したい」などの相談が多く寄せられています。事業者が、事例のように売電による収入について過剰な説明をしたり、対象外であるのに補助金が受けられるなどと不実のことを告げたりするといったケースが多く見受けられます。事業者の説明を鵜呑みにせず、契約前に自分でも情報収集しましょう。なお訪問販売で契約した場合には、クーリング・オフが可能です。トラブルにあったら、早めに消費生活センターに相談しましょう
詳しくは、市消費者生活センター(52-1128)へ。

  ページの先頭へ戻る

情報満載!お知らせ広場(広報あさくら平成24年8月1日号、14ページから17ページ) 

◆お知らせ

■お金の悩み無料出張相談会

 多重債務問題についてご相談ください。債務整理から生活再生までの一貫した支援を行っています。電話で予約してください。
■日時…8月16日(木)、30日(木)、10時~16時
■場所…ピーポート甘木・第8学習室
※詳しくは、グリーンコープ生活再生 久留米相談室(0942-36-8877)へ。

■西日本新聞金婚夫婦表彰式

 今年度、結婚50周年を迎えられるご夫婦の表彰式が左記のとおり行われます。
■日時…10月28日(日)、13時 
■場所…ピーポート甘木
■対象…結婚50周年を迎えられる金婚夫婦「昭和37年(1962年)にご結婚の夫婦」
■内容…夫婦の記念写真撮影(写真は楯に入れ後日お届けする)表彰式、アトラクションなど
■参加料…無料
■申込方法…金婚夫婦表彰式事務局、または西日本新聞エリアセンター(販売店)に申込書を届ける
■締切日…8月17日(金)
※詳しくは、西日本新聞金婚夫婦表彰式事務局(092-711-5113、FAX092-713-7117)へ。

■ブリヂストン甘木工場プールを無料開放しています

■開放期間…8月26日(日)まで
■開放時間…11時~17時
■定休日…毎週月曜日、8月13日(月)~16日(木)、24日(金)~25日(土)
 開放期間中は、直接プールにて受付をお願いします。
■注意事項…
(1)部活動などでプールを使用する場合は、問合わせ先に電話連絡をお願いします
(2)小学生低学年は保護者の同伴が必要です
(3)プールに入る前とプールからあがった後は、シャワーで体を洗ってください
(4)貴重品は各自で責任をもって保管してください
(5)水泳帽子、ゴーグルを必ず持ってきてください
(6)無料開放期間中は、監視員の指示に必ず従ってください
※詳しくは、ブリヂストン甘木工場 総務環境保全課(22-7111)または市生涯学習課スポーツ推進係(22-2348)へ。

■朝倉市防災会議を開催

 6月28日(木)に朝倉市役所で朝倉市防災会議を開催しました。
 今回は、新たに2人の女性を委員に任命し、女性の視点からも朝倉市地域防災計画や防災行政に反映できるように委員の充実を図りました。
 議題としては、まず第一に、県の地域防災計画の見直しに伴い、市の地域防災計画を見直していくことを確認しました。
 次に、市の取り組みと今後の防災に関する方針を協議しました。
 そのほか、各委員から今後の防災行政の参考となるご意見をいただきました。
 なお、詳細については、市のホームページにも掲載していますのでご覧ください。
※詳しくは、市消防防災課(内線61-119)へ。

■無料法律相談

■日時…8月16日(木)、13時~16時
■場所…福岡県法務局朝倉支局相談室
■相談時間…1人30分
■定員…6人(先着順)
■申込方法…電話で予約(8時30分~17時15分)
 資力基準を満たす人を対象とするので、申込時に収入などをお尋ねします。
 福岡法務局朝倉支局では、この日以外にも8時30分~17時15分まで、常設人権相談所を開設しています。(土日祝日は除く)
※詳しくは、福岡法務局朝倉支局(22-2455)へ。

◆試験

■福岡県職員採用試験

■日時…9月23日(日)
■受付期間…8月13日(月)~24日(金)(当日消印有効)(インターネットでの受付は、8月13日(月)~21日(火))
■試験地…《短大卒業程度(【2】類)》福岡市《高校卒業程度(【3】類)》福岡市・久留米市・飯塚市・北九州市
■受験資格…《短大卒業程度(【2】類)》昭和62年4月2日から平成5年4月1日までに生まれた人《高校卒業程度(【3】種)》平成元年4月2日から平成7年4月1日までに生まれた人
※詳しくは、福岡県人事委員会事務局任用課(092-643-3956)へ。

■採石業務管理者試験

 岩石採取に伴う災害の防止に必要な知識および技能についての試験です。
■日時…10月12日(金)
■場所…吉塚合同庁舎(福岡市博多区)
■願書の配布および受付期間…8月6日(月)~9月14日(金)
■願書の配布場所…福岡県商工部工業保安課採石係。郵送で願書を請求する人は、140円切手(2部まで。3部は200円、4部~5部は240円)を貼った返信用封筒(A4サイズの定形外封筒)を同封の上、「試験の願書請求」と朱書きして送付してください
※詳しくは、福岡県商工部工業保安課採石係(〒812-8577 福岡市博多区東公園7番7号、092-643-3438)へ。

■行政書士試験

■日時…11月11日(日)
■願書配布期間…《郵送》8月6日(月)~31日(金)《窓口》8月6日(月)~9月7日(金)■配布場所…《郵送》(財)行政書士試験研究センター(〒100-8779 郵便事業(株)銀座支店留)《窓口》福岡県庁(県民情報センター、市町村支援課)、地区県民情報コーナー、福岡県行政書士会
■願書受付期間…8月6日(月)~9月7日(金)
■インターネット申込…(財)行政書士試験研究センターホームページ(http://gyosei-shien.or.jp)。締切は、9月4日(火)、17時まで
※詳しくは、県市町村支援課行政係(092-643-3073)へ。

■中卒程度認定試験

 病気などのやむをえない理由で就学義務を猶予または免除された人などについて、中学校卒業程度の学力があるかどうかを認定する試験です。
■試験日…11月1日(木)
■場所…福岡県吉塚合同庁舎(福岡市博多区)
■願書受付期間…8月17日(金)~9月4日(火)
■出願方法…福岡県義務教育課で7月下旬から交付する願書と必要書類を揃え文部科学省に提出
※詳しくは、県義務教育課学事係(092-643-3909)へ。

◆募集します

■明るい選挙啓発ポスターコンクール作品募集

 明るい選挙推進事業の一環としてポスターを募集します。ふるって応募してください。
■内容…「明るい選挙」を呼びかける内容のポスター
■応募資格…市内在住・在学の小学生、中学生、高校生
■応募方法…学校を通じて、または当委員会へ直接応募
■応募締切…9月7日(金)(必着)
■注意点
(1)作品の裏の右下に、学校名・学年・氏名(ふりがな)を必ず記入してください
(2)紙や布、絵の具材料などの描画材料は自由
(3)画用紙の大きさは四つ切、八つ切もしくはそれに準ずる大きさ
(4)応募作品は原則として返却しません
(5)応募作品の版権は主催者に属し、作品は選挙啓発に利用します
※詳しくは、市選挙管理委員会事務局(内線61-130)へ。

■自然共生セミナー&座談会 参加者募集

 県では自然共生社会を目指して行動計画「生物多様性戦略」を策定中です。自然環境に関するセミナーと、座談会を開催します。参加無料で、事前申込は必要ありません。
■日時…9月1日(土)、13時30分~16時30分
■場所…久留米市役所本庁舎
※詳しくは県自然環境課(092-643-3367)へ。

■慰霊巡拝参加者

【北ボルネオ】
■期間…12月5日(水)~12月12日(水)(8日間)
■定員…15人(予定)
【トラック諸島】
■期間…平成25年1月19日(土)~26日(土)(8日間)
■定員…15人(予定)
【マリアナ諸島】
■期間…平成25年1月19日(土)~26日(土)(8日間)
■定員…15人(予定)
【フィリピン】
■期間…平成25年2月13日(水)~22日(金)(10日間)
■定員…60人(予定)
【硫黄島(第3次)】
■期間…平成25年2月26日(火)~27日(水)(2日間)
■定員…100人(予定)
【マーシャル・ギルバート諸島】
■期間…平成25年3月2日(土)~10日(日)(9日間)
■定員…20人(予定)
【共通事項】
■対象…戦跡慰霊巡拝を行う戦域の戦没者遺族〔配偶者(再婚者を除く)、父、母、子、兄弟姉妹〕、戦没者の孫、参加する遺族(子、兄弟姉妹)の配偶者および甥・姪(甥・姪については条件有)で、実施時期に原則80歳以下の人
※12月以降の予定など詳しくは、県福祉労働部保護・援護課(092-643-3301)へ。

■緑化講習会受講者募集

■9月2日(日)
《家庭果樹の管理》
■9月9日(日)
《庭木の病害虫と防除の仕方》
■9月30日(日)
《樹木で作る垣根と管理の仕方》
【共通事項】
■会場…福岡県緑化センター(久留米市田主丸町)
■参加費…無料
■募集人数…それぞれ40人
■申込受付開始日…8月10日(金)
※詳しくは、福岡県緑化センター管理事務所(0943-72-1193)へ。

■提案公募型協働事業に係る公開プレゼンテーション

 市では、6月1日から7月17日までの間にボランティア・NPO等と市が協働で実施する事業の公募を行いました。応募があった企画提案の二次審査を公開で開催します。関心のある市民、市内で活動する市民活動団体は、是非ご来場ください。
■日時・・・8月8日(水)、10時30分~15時(予定)
■場所・・・市役所別館会議室
■内容・・・提案団体からの事業説明と審査員による質疑応答
 企画提案の内容、審査の詳細等は、ホームページ上でお知らせします
※詳しくは、市秘書政策課(内線61-322)へ。

◆講演・講座など

■母子家庭のための講習会

【日商簿記3級】
■日時…9月4日~11月9日の平日(20日間)、18時~21時
■試験予定日…11月18日(日)9時
■場所…クローバープラザ
■受講料…無料(検定料、テキスト代の7750円程度が必要)
■対象…県内に住む母子家庭の母または寡婦で、就職・転職を希望している人
■定員…10人
■託児…あり(要予約。試験日は不可)
■申込期限…8月20日(月)
【パソコン(初級)講習会(ワード・エクセル・インターネット)】
■日時…9月11日~9月27日の平日(10日間)、9時~12時
■場所…クローバープラザ
■受講料…無料(テキスト代2420円程度が必要)
■対象…県内に住む母子家庭の母または寡婦で、就職・転職を希望している人
■定員…20人
■託児…あり(要予約)
■申込期限…8月22日(水)
【共通事項】
■申込方法…市子ども未来課および県保健福祉環境事務所社会福祉課にある申込書に記入し、県母子寡婦福祉連合会へ郵送またはFAX。 申込書はホームページ(http://fukuoka-kenboren.jp/)からも入手可
※詳しくは、県母子寡婦福祉連合会(〒816-0804春日市原町3-1-7 クローバープラザ受け箱11号、092-584-3931、FAX092-584-3923)へ。

◆イベント

■第15回美奈宜の杜夏祭り

 美奈宜の杜恒例の住民手作りの夏祭りです。食べ物屋台や多彩な舞台イベントなど楽しさ盛りだくさん。住民以外の人の参加も大歓迎です。
■日時…8月4日(土)、18時~21時
■場所…美奈宜の杜コミュニティセンター中庭
■入場料…無料
※詳しくは美奈宜の杜コミュニティ協議会(23-9008)へ。

■第10回アフリカの希望チャリティコンサート

山口修&淳子コンサート~心に響くギター演奏とソプラノの歌声~
■日時…8月25日(土)、14時~16時
■場所…ピーポート甘木・中ホール
■料金…1000円
 チャリティーコンサートの収益金はギニアビサウのソナック小・中学校の教育資金として使われます。
※詳しくは、山口さん(080-3948-6963)へ。

■布の絵本制作講座

 大人も子どもも見て触って楽しめる布の絵本。紙の絵本とは違った世界が広がります。布の絵本ひまわり会の指導で、絵本制作の基礎を学んでみませんか?
■日時…9月5日、12日、19日、26日(水曜日・全4回)、10時~12時
■会場…ピーポート甘木 保健福祉センター2階 第7学習室
■参加費…1000円(材料費含む)
■定員…15人(申込順)
■対象…市内在住で、全4回参加できる人
■募集期間…8月15日(水)~31日(金)
■託児…あり(1歳児以上に限る)、要予約
※詳しくは、社会福祉協議会(22-7834)へ。

■第20回朝倉市長杯 市民交流ゴルフ大会参加者

■日時…8月26日(日)
《受付》7時40分~8時20分
《開会》8時30分
■場所…秋月カントリークラブ
■対象…市内に在住または勤務するゴルフ愛好家(4人1組)
■募集人数…20組(80人)、定員になり次第締切
■参加料…2300円(別途プレー費6500円が必要)
■申込期限…8月20日(月)
※詳しくは秋月カントリークラブ(21-1515)へ。

■第6回筑後川カッパスロン in 原鶴温泉

■日時…8月26日(日)、9時
■場所…杷木・原鶴温泉街 筑後川河川敷
■定員…200人(先着順)
■参加費…7000円(弁当・記念品・原鶴温泉入浴券)
■参加資格…15歳以上の健康な男女・または経験者
■募集締切…8月10日(金)
※詳しくは、江藤和夫さん(080-5265-2461)またはホームページ(http://kappathlon.com/)へ。

□相談コーナー 8月1日~8月21日

市役所(22-1111)
■家庭児童・母子相談(本庁子ども未来課)
土・日・祝日以外毎日、8時30分~17時
各支所へ事前予約すれば支所で相談に応じます
■農地相談(本庁・朝倉・杷木支所)
15日(水)、13時30分~16時
■消費生活相談(消費生活センター52-1128)
土・日・祝日以外毎日、10時~16時

ピーポート甘木
■司法書士相談(社協、予約制22-7834)
9日(木)、13時~16時
■法律相談(社協、予約制22-7834)
3日(金)、13時~15時

朝倉老人福祉センター(社協)
■心配ごと相談・行政相談(52-0154)
7日(火)、13時~16時
■心配ごと相談・人権相談(52-0154)
21日(火)、13時~16時

杷木老人福祉センター(社協)
■心配ごと相談・行政相談(63-3543)
8日(水)、13時~16時
■消費生活相談(63-3543)
8日(水)、13時~16時

北筑後保健福祉環境事務所(朝倉本庁舎)
■エイズ・クラミジア・梅毒の相談・検査、B型・C型肝炎相談・検査(予約制22-4190)
6日(月)・13日(月)、20日(月)9時~10時
B型・C型肝炎相談・検査は、13日(月)は休み
■心の相談(予約制22-3965)
7日(火)・14日(火)・21日(火)、13時~15時
■女性の健康相談(予約制22-4211)
16日(木)、14時~16時
■年金相談(予約制092-552-6118・6112)
8日(水)、10時~15時
■法律相談(予約制21-2624)
3日(金)、7日(火)、20日(月)、
13時30分~17時(予約後、市行政経営課で紹介カードを発行)

朝倉市教育支援センター
■教育相談(22-3399)
土・日・祝日以外毎日、9時~16時30分

電話相談
■無料建築相談(取次22-1859内線527)
10日(金)、9時~17時(甘木朝倉建築設計協会の相談電話番号を紹介)
■あさくら女性ホットライン(092-513-7337)
土・日・祝日以外毎日、10時~17時
■妊婦さん・赤ちゃん・子ども・思春期電話相談(092-642-0110)
年末年始以外毎日、9時~17時30分

◆今月の納税等

◎市県民税(2期)
◎国民健康保険税(2期)
◎介護保険普通徴収(2期)

◆朝倉市郡ひとの動き 平成24年6月30日現在

朝倉市、人口57,194人(前月比-7)、男性26,895人、女性30,299人、世帯数20,532戸(前月比+1)
筑前町、人口29,259人(前月比-4)、男性13,929人、女性15,330人、世帯数9,985戸(前月比+2)
東峰村、人口2,485人(前月比+4)、男性1,146人、女性1,339人、世帯数924戸(前月比+2)

 ページの先頭へ戻る
 

健康と福祉のページ(広報あさくら平成24年8月1日号、18ページから19ページ)

◆障害者無料相談

 身体障害・知的障害・精神障害がある人や、その家族が抱える様々な不安や悩み、わからない点などについて、相談支援専門員が無料で相談に応じます。
 障害福祉に関することならどんな相談でもかまいません。お気軽にご利用ください。
 今回の相談から、事前の予約が必要となりました。相談を希望する場合は、相談日の前日までに下記の問い合わせ先まで連絡してください。電話予約がない場合はお待たせすることがあります。
■日時・場所
◎8月16日(木)、13時30分~16時(受付は15時30分まで)
女性センターあすみん 講習室1
◎8月21日(火)、13時30分~16時(受付は15時30分まで)
朝倉老人福祉センター 健康相談室
◎8月22日(水)、13時30分~16時(受付は15時30分まで)
ピーポート甘木保健福祉センター 第2応接室
■相談例…障害があり困っているが、だれに相談すればいいかわからない。障害を持つ子どもの成長に不安がある。障害福祉サービスについて聞きたい、など
※詳しくは、市福祉事務所障がい者福祉係(内線61-120・121)、または地域活動支援センター「あさくら」(23-0285)へ。

◆養育費の電話相談

 母子家庭のお母さん、父子家庭のお父さんまたは離婚協議中の人を対象に、養育費の電話相談業務を実施しています。
■受付日時…平日の9時~16時
※詳しくは、県母子家庭等就業・自立支援センター(092-584-3931)へ。

◆多胎児を持つ親子のサークル

 多胎児を持つママからの声で実現したサークル「ツインズクLOVE」です。
■日時…8月9日(木)、10時~12時
■場所…寿楽荘
■対象…市内在住で、双子以上の子どもを持つ保護者と子ども(未就学児)
※詳しくは、家庭子どもセンター(24-0055)へ。

◆つどいの広場 8月の行事予定

 つどいの広場(寿楽荘内)は、毎週火曜~金曜日の10時~15時まで開設しています。
(1)8月2日(木)、11時~
●内容…水遊び
(2)8月3日(金)、1歳以上、10時30分~1歳未満11時30分
●内容…子どものための楽しい音遊び(リトミック)
(3)8月9日(木)、11時~
●内容…小麦粉粘土
(4)8月16日(木)、11時~
●内容…おもちゃ作り
(5)8月23日(木)、11時~
●内容…ボディペインティング
(5)8月26日(日)、10時~12時
●内容…夏祭り
(5)8月30日(木)、11時~
●内容…プール納会
※詳しくは、朝倉市子育てほっとサロン・つどいの広場(080-6439-1851)へ。

◆ファミリーサポートセンター あさくら 会員登録会

 地域の中で「子育ての手伝いをしたい人」と「子育ての手助けをしてほしい人」が会員となって、一般的な子育てを助け合う有償のボランティア組織です。子どもの対象年齢は生後3カ月~小学6年生です。
【会員の種別】
◎お願い会員…子育ての手助けをして欲しい人
◎みまもり会員…子育ての手伝いをしたい人
◎どっちも会員…手助けもして欲しいし、手伝いもしたい人
《お願い会員登録会》
●日時・場所…8月8日(水)、10時~12時、寿楽荘
※詳しくは、同サポートセンター(寿楽荘内、24-0055)へ。

◆子育てインフォメーション

すくすく(育児)相談

 子どもの成長・発達、母乳、離乳食、遊び、歯みがき、しつけ、トイレトレーニングなどご相談ください。
●日時・場所 8月22日(水)、13時30分~15時、ピーポート甘木・保健福祉センター
※医師の診察と母乳相談の受付は、14時30分まで。

もぐもぐ教室

 離乳食のはじめ方・進め方がわからない、思うように食べてくれないなど、離乳食で悩んでいるみなさん、参加してみませんか?
●日時・場所 8月30日(木)、10時~12時、ピーポート甘木・保健福祉センター
●対象者 生後4カ月~9カ月の乳児とその保護者(申込順15組)
※24日(金)までに予約が必要です。母子健康手帳、筆記用具、エプロンを持参してください。

のびのび広場

 子どもたちがのびのびと遊べて、子育て中の人が交流できるように、部屋を開放します。

●日時 8月6日(月)、7日(火)、13日(月)、14日(火)、20日(月)21日(火)、27日(月)10時~13時
●場所 ピーポート甘木・保健福祉センター
※6日(月)の10時~11時30分は、身体計測を行います。

母子健康手帳交付

《健康課》月~金曜日(祝日を除く)、8時30分~17時
《朝倉支所》8月29日(水)、9時30分~12時
《杷木支所》8月23日(木)9時30分~12時

マタニティクラス(母親学級)

 妊娠中の過ごし方、母乳哺育について。妊婦体操など。
●日時・場所 8月21日(火)、9時30分~12時、ピーポート甘木・保健福祉センター
※17日(金)までに予約が必要です。母子手帳・筆記用具を持参してください。動きやすい服装で。

プレパパママクラス(両親学級)

 沐浴、妊婦体験などを行います。出産に備えて、パパ、ママ一緒に参加してみませんか?
●日時・場所 8月26日(日)、9時15分~12時、ピーポート甘木・保健福祉センター
※24日(金)までに予約が必要です(初めて出産を迎える人には案内します。第2子以降の人もご参加ください。

にこにここども相談

 ことばや行動、発達について、専門のスタッフが相談を受けます。予約制です。
●日時・場所 8月28日(火)、9時30分~12時、ピーポート甘木・保健福祉センター

ポリオ予防接種

●日時 8月30日(木)、13時30分~14時30分
●場所 ピーポート甘木 保健福祉センター
●対象者 生後3カ月~90カ月未満(2回の投与が必要。1回目と2回目の間は41日以上あけてください)
●持ってくるもの 母子健康手帳(予診票は会場に準備しています)
●接種できない人 BCG・MR(麻しん・風しん混合ワクチン)の予防接種後27日以内、三種混合の予防接種後6日以内、ポリオ1回目投与後41日以内の乳幼児。当日発熱や下痢等の症状がある乳幼児
※「予防接種と子どもの健康」を必ず読み、なるべく三種混合3回接種後に、ポリオを接種してください。

◆診療のお知らせ 8月5日~8月19日

●休日当番医
※診療時間…9時~17時

◆8月5日(日)
・武井医院
  (内科系/馬田22-2300)
・甘木中央病院
  (外科系/甘木22-5550)
◆8月12日(日)
・冨田内科医院
(内科系/甘木24-0330)
・甘木中央病院
(外科系/甘木22-5550)
◆8月19日(日)
・田中内科医院
(内科系/甘木22-3715)
・太刀洗病院
(内科系/筑前町22-2561)

●歯科休日急患診療
※診療時間…9時~15時

◆8月5日(日)
・豊原歯科医院(三奈木23-1200)
◆8月12日(日)
・むらおか歯科医院(一木24-8861)
◆8月13日(月)
・きどこうじ歯科矯正歯科(大庭52-2636)
◆8月14日(火)
・しのざき歯科クリニック(比良松52-0067)
◆8月 15日(水)
・中村歯科医院(筑前町42-4676)
◆8月 19日(日)
・冨田歯科医院(甘木23-2588)

※変更になることがあります。電話で確認して来院してください。


◆朝倉地域休日夜間急患センター(来春)
23-0077(朝倉医師会病院内)
《平日》内科・外科17時~翌日8時30分、小児科19時30分~23時30分
《土曜日》内科・外科12時30分~翌日9時、小児科17時~翌日9時
《日・祝・年末年始》内科・外科9時~翌日8時30分、小児科9時~翌日7時


◆福岡県救急医療情報センター
092-471-0099
 24時間体制で救急病院を紹介。

◆小児救急医療相談(聖マリア病院)
0942-37-6116
携帯短縮 #8000
※開設時間…19時~翌日9時(23時以降は民間の健康相談事業者が対応)
 小児の救急医療に関する相談と、夜間診療の情報提供。

 ページの先頭へ戻る 

図書館だより(広報あさくら平成24年8月1日号、20ページから21ページ) 

 ◆8月の休館日

◎全館休館日 8月6日(月)、13日(月)、20日(月)、27日(月)
◎中央図書館 8月29日(水)
◎あさくら図書館・はき図書館 8月28日(火)

◆今月の催し物 / 参加費無料

□あさくら図書館
■おはなし会
日時 毎週土曜日、14時~
場所 おはなしコーナー
内容 絵本の読み聞かせ、手遊びなど

■あかちゃんおはなし会
日時 8月4日(土)、11時~
場所 おはなしコーナー
対象 0歳~1歳の乳児と保護者
内容 絵本の読み聞かせ、わらべうたなど

■おはなしのへや 夏休みスペシャル
日時 8月17日(金)、11時~
場所 おはなしコーナーなど
対象 1歳~3歳の乳幼児と保護者
内容 絵本の読み聞かせ、新聞紙遊びなど
ゲスト 里川径一さん

□中央図書館
■おはなし会
日時 毎週土・日曜日、14時~
場所 おはなしの部屋
内容 絵本の読み聞かせ、手遊びなど
第1・3土曜日は「虹の会」第4土曜日は「日本語教室あさくら」

■ぴよぴよおはなし会
 赤ちゃんのおはなし会です。
日時 8月8日・15日(水)、11時~
場所 おはなしの部屋
対象 0歳~3歳未満の乳幼児と保護者
内容 手遊びうた、読み聞かせなど

□はき図書館
■わくわくおはなし会
日時 8月24日(金)、11時~
場所 おはなし室
対象 乳幼児と保護者
内容 手遊びなど、絵本の読み聞かせ

◆8月の上映会

□金曜日の映画館(大人向け)
 無料の上映会です。気軽にご鑑賞ください。
場所 中央図書館2階・視聴覚室
時間 13時30分~
期日・内容
3日 八月のラプソディー/邦画
17日 ドライビングミスデイジー/洋画

□あさくらシネマ
 無料の上映会です。
場所 朝倉地域生涯学習センター・AVホール
時間 13時30分~
期日・内容
5日 学校の怪談3/邦画

□夏休みわくわく上映会(子ども向け)
 無料の上映会です。
場所 中央図書館2階・視聴覚室
時間 14時~
期日・内容
10日 ドラゴンボール Z/アニメ
24日 ふしぎの国のアリス/アニメ

◆ブックスタート

 絵本をとおして親子のふれあいを深めてもらおうと、乳幼児健診の会場で絵本を開く楽しさや大切さを伝えます。

《10カ月児》
■8月1日(水)
時間 健診受付13時15分~
場所 ピーポート甘木・保健福祉センター
対象 甘木・朝倉地域の平成23年9月生まれの赤ちゃんと保護者

■8月23日(木)
時間 健診受付13時~
場所 市女性センターあすみん(杷木池田)
対象 杷木地域の平成23年9月~10月生まれの赤ちゃんと保護者

《1歳6カ月児》
■8月2日(木)
時間 健診受付13時15分~
場所 ピーポート甘木・保健福祉センター
対象 甘木・朝倉地域の平成23年1月生まれの赤ちゃんと保護者

●「えほん ときどき あそびうた」

 大人も子どももみんなあつまれ~!
 絵本「いただきバス」「いもほりバス」やNHKおかあさんといっしょ「ねこときどきらいおん」でおなじみの、藤本ともひこさんと、親子で一緒に絵本の世界を楽しみましょう。
◎日時…8月26日(日)、14時~
◎場所…ピーポート甘木 第4・第5学習室
◎講師…藤本ともひこさん(絵本作家・あそびうた作家)
◎定員…150人
◎申込方法…中央図書館カウンターまたは電話で申し込む
◎費用…参加費無料(この事業は、独立行政法人国立青少年教育振興機構の「子どもゆめ基金」助成事業です)
◎託児…あり(要予約)、先着10人まで
◎主催…朝倉市読書団体等連絡会
◎後援…朝倉市教育委員会

●第25回秋酔アート展

 描くこと、つくること、撮ることが好きな人、大集合。秋酔アート展の第25回展開催です。
◎日時…8月21日(火)~26日、10時~18時(最終日は17時まで)
◎場所…中央図書館2階ホール
※詳しくは、秋酔アートグループ、内田茂さん(090-8221-0489)へ。

◆今月のおすすめ

●一般書
「泣いたらアカンで通天閣」 
坂井 希久子 著
 「実はわたしは、お父さんのことが少し苦手だったのです」大阪の通天閣の北にある商店街のラーメン屋「味よし」店主のゲンコと看板娘センコ。ケンカするほど仲がいい。とびっきりの人情と家族の物語。
(中央 所蔵)

●一般書
「男子がもらって困るブローチ集」 
光浦 靖子 著
 光浦さんによる初の
手芸本。ブローチの作り方のほか、芸能人の友だちによるブローチスタイル、手芸ギャラリーなどを収録。
(中央・あさくら 所蔵)

●児童書
 「8月のえほん」 
長谷川 康男 監修
 8月の行事・自然・旬の食べ物・遊びなどが絵で楽しく紹介されています。その他、季語、記念日なども載っていて季節を感じて楽しめ、学習にも役立つ絵本です。シリーズで全12カ月あります。
(中央・あさくら・はき 所蔵)

●視聴覚
「昆虫物語 みつばちハッチ ~勇気のメロディ~」
 みつばちの子ども・ハッチは生き別れになった母を探して旅に出ます。旅の途中で人間の街セピアタウンに迷い込んだハッチは少女アミィと出会い、二人は楽しい時間を過ごしながら心を通わせていきます。
(中央・あさくら 所蔵)

 ページの先頭へ戻る
 

文化・学習の催し(広報あさくら平成24年8月1日号、22ページから23ページ)

◆水辺の安全講習会 川を満喫! 浮かんで感じるちっご川体験

 カッパ気分で筑後川を体験。自分のカラダを使って、浮かぶ・流れる。
 ボートでみんなで、浮かぶ・流れる・漕いでみる。
 洋服で泳ぐとどうなるの? 川に流されたらどうしたらいい?
 川で流れている人を見つけたら、どうやって助けられる?
 楽しみながら学ぶ体験講座です。親子参加がお勧めです。
■日時…8月19日(日)、
13時~15時(雨天中止)
■集合場所…原鶴大橋下
■内容…ライフジャケットを着用しての川体験。着衣水泳体験や身近なものを使った救助法、10人乗りのボート体験もあります
■対象…小学校4年生~大人(小学生は保護者同伴で参加してください)
■定員…30人程度(応募多数の場合は抽選)
■費用…1人350円(保険代等)
■申込期限…8月10日(金)
■申込方法…社会教育・体験学習サポートセンターあさくらへ電話で申し込む
※詳しくは、社会教育・体験学習サポートセンターあさくら(市生涯学習課内22-2348)へ。

◆緊急募集! 絶対役立つ! 災害時にも使える
手作りソーラークッカー教室&サバイバルご飯炊き

 手作りで簡単な装置を作り、太陽のエネルギーで料理ができることをご存じですか? 今回は、災害時でも、むしろ災害時だからこそ役に立つ「手づくりソーラークッカー教室」と、アルミ缶と牛乳パックでの「サバイバルご飯炊き」に挑戦する講座です。
■日時…8月4日(土)、9時30分~13時
■場所…平塚川添遺跡公演
■講師…自然エネルギー工房・沖智張さん
■費用…500円(材料費)
■持参品…アルミ缶(350ミリリットル)2個・(500ミリリットル)1個(材料費)、ペットボトル(1.5リットル)1個、牛乳パック3枚、缶切り、ハサミ、軍手、お米一合
■定員…25人程度(定員になり次第締切)
■申込期限…前日、8月3日(金)、12時まで
■申込方法…市生涯学習課へ電話で申し込む
※詳しくは、市生涯学習課(22-2348)へ。

【ソーラークッカーの作り方(詳しくは教室で)】

◆文化趣味講座 福岡アジア美術館 鑑賞教室
「アジアをつなぐ―境界を生きる女たち1984-2012」鑑賞教室

 1980年代以降のアジアの女性アーティストに焦点をあてた日本初の大規模展示巡回展。絵画、写真、映像、インスタレーションなどの多彩な作品を集めた展覧会を講座で事前に学んだ後、美術館に鑑賞に行きます。
■日時…《講座》9月15日(土)、13時30分~(約2時間)、《鑑賞》9月29日(土)、13時30分~(12時出発)
■場所…《講座》ピーポート甘木・視聴覚室、《鑑賞》福岡アジア美術館(ピーポート甘木駐車場集合)
■講師…中尾智路さん(福岡アジア美術館学芸課)
■費用…受講料無料/入場料《一般》1000円、《大学・高校生》800円、《中学生以下》無料
■定員…25人(定員を超えた場合抽選。最小催行15人)
■申込期間…8月4日(土)~10日(金)、8時30分~17時15分
■申込方法…ピーポート甘木・文化課へ電話で申し込む
※詳しくは、ピーポート甘木・文化課(22-0001)へ。

◆歴史資料館企画展 甘木歴史資料館収蔵ロビー展 時代を見つめたお獅子たち

■場所…甘木歴史資料館・2階ロビー
■展示期間…9月初旬まで
■開館時間…9時30分~16時30分(入館は16時まで)、月曜日休館
■入館料…無料
※詳しくは、甘木歴史資料館(22-7515)へ。

◆キャンプ体験 平塚川添遺跡公園体験事業 「平塚コダイきゃんぷ」参加者募集

■日時…8月25日(土)、9時30分~17時
■場所…平塚川添遺跡公園
■内容…野外調理やフィールドゲーム
■費用…500円(材料費)
■対象…小学校1年~6年までの児童
■定員…30人(先着順受付。10人以上で実施)
■申込期間…8月4日(土)~18日(土)
■申込方法…平塚川添遺跡公園へ電話で申し込む
※詳しくは、平塚川添遺跡公園(21-7966)へ。

◆ホールの催しガイド(ピーポート甘木、朝倉・杷木地域生涯学習センター)、7月10日現在

【8月】

ピーポート甘木
・5日(日)、朝倉市民平和祭、中ホール、13時30分~、無料、《連絡先》市行政経営課(22-1111)

朝倉地域生涯学習センター(朝倉文化ホール)
・19日(日)、朝倉森林組合総代会、10時~、関係者、《連絡先》朝倉森林組合(22-4411)

杷木地域生涯学習センター(杷木文化ホール)
・1日(水)、寿大学教養講座、9時30分~、関係者、《連絡先》杷木地域コミュニティ連合会(62-0178)

【9月】

ピーポート甘木
・8日(土)、自主文化事業「能を楽しむ会」、大ホール、13時~、S席4500円・A席3500円・高校生以下2000円、《連絡先》市文化課(22-0001)
・13日(木)、TAO公演 国際ソロプチミスト甘木チャリティ公演、大ホール、18時~、前売4500円・当日5000円、《連絡先》VITARICCO(22-3333)
・16日(日)、アキコ・ダンス・ファミリーコンサート、中ホール、13時30分~、無料、《連絡先》城石明喜子(090-9569-1779)

朝倉地域生涯学習センター(朝倉文化ホール)
・2日(日)、協働まちづくりシンポジウム、13時30分、無料、《連絡先》市コミュニティ推進室(22-2348)
・22日(土)、朝倉市スポーツ少年団総合交流大会、10時、関係者、《連絡先》市生涯学習課(22-2348)

杷木地域生涯学習センター(杷木文化ホール)
・5日(水)、寿大学教養講座、9時30分~、関係者、《連絡先》杷木地域コミュニティ連合会(62-0178)
・14日(金)、杷木中学校区青少年育成講演会、19時30分~、無料、《連絡先》杷木中学校区青少年育成協議会(62-0178)
・16日(日)、久喜宮地域敬老会、11時~、関係者、《連絡先》久喜宮地域コミュニティ協議会(62-0018)

※主催者の都合により、日時・内容・料金等が変更されることがあります。詳しくは、主催者におたずねください。 

 ページの先頭へ戻る
 

市民くらぶ(広報あさくら平成24年8月1日号、24ページから25ページ)

 ※このコーナーでは、みなさんからの作品や投稿、あかちゃんの写真を募集しています。また、「広報あさくら」への意見やまちの話題など、いろいろな情報をお待ちしています。(行政経営課広報戦略係)

◆広報文芸

≪俳句≫ (矢野たけし選)

・移動販売の車待ちをり梅雨晴間 佐田  手島ミヤ子

・魚籠腰に鮎掛けの人川中へ 鵜木  林  公則

・よちよちの曾孫の歩み端居して 小隈  平井 篤子

・野佛の古りし胸当夏薊 堤  石丸アタエ

・気持まで黴てはならず梅雨篭る 美奈宜の杜  宇都 信泰

≪川柳≫ 平井良子選

今月の題「意」

・意地を張る干支のせいだと言い逃れ 千手  山崎 弘子

・父親の意見大事と婿えらび 馬田  大場  京

・意を決し手話の講師の門たたく 屋永  釜堀 守人

・意義のある人生歩く夢を抱く 甘木  林 ヤヨイ

・脳トレー意気投合のディーの友 金丸  安武 シズエ

●夏の交通安全街頭キャンペーン

 7月10日の早朝7時30分から、比良松の交差点で交通安全街頭キャンペーンが行われました。「夏の交通安全県民運動」の一環で、次の3点を掲げての活動となりました。
◎子どもと高齢者の交通事故防止
◎飲酒運転撲滅
◎自転車の安全利用の推進
 特に、飲酒運転は悪質な犯罪で、運転者だけではなく、飲ませた人や車両を提供した人、同乗した人も罪に問われます。飲酒運転をなくし、安全な朝倉市を実現しましょう。

◆け・ん・こ・う!Cooking 県栄養士会・病院栄養士協議会 管理栄養士

「ポテトの夏野菜ピザ」
■材料(2人分)…ジャガイモ2個、とろけるチーズ50グラム、片栗粉大さじ1、バターまたは油適量、《上に乗せる具(お好み)》ベーコン2枚、トマト1/2個、ナス1/3本、コーン・ピーマン少量、チーズ30グラム、ピザソース・ケチャップ・マヨネーズ・タバスコなど
■作り方…(1)ジャガイモを千切りにし、水にしばらくさらしてからザルにうちあげ水気をきっておく。(2)ボールにジャガイモと片栗粉・チーズを混ぜ合わせ、フライパンにバターを加え、中火で4~5分焼き、焦げ目が付いたら裏返し、さらに4~5分焼く。(3)(2)の上にソースをぬり、具材を好みの大きさにカットして飾り、オーブンで2~3分焼きあげる。 
■一口メモ…ジャガイモにカレー粉を入れてスパイシーにしてマヨネーズをかけてもおいしいです。

◆私のイラスト展 作品募集中!

【応募方法】ハガキの表に、住所・氏名(ふりがな)・年齢・コメント、裏にイラストを白黒ではっきり描いて、市行政経営課広報戦略係へ。
※掲載された方には、図書券を差し上げます。

【今月のイラスト】
※イラストは省略します。

◆満一歳おめでとう

 9月1日号「満一歳おめでとう」コーナーの申し込みは8月8日までに市行政経営課広報戦略係(市役所本庁3階)へ。

●甘木祇園山笠、お獅子入れ

 7月、甘木町内の各家々を回るお獅子たちがいました。
 このお獅子は、山笠の期間中である7月1日から15日まで、甘木町の29カ所に祀られています。各町ごとのお獅子にそれぞれ歴史があり、伝統を感じさせます。
 お獅子は、各町ごとに定められた日に、家やお店、事業所を回って、厄を祓い、家内安全、無病息災、商売繁盛などを願って訪問し、お獅子入れを行います。

 ページの先頭へ戻る

まちかどウォッチング(広報あさくら平成24年8月1日号、26ページから27ページ)

■飲酒運転は絶対ダメ! 朝倉東高等学校・交通安全街頭キャンペーン

 6月22日、甘木三福町の交差点近辺で、朝倉東高の生徒31人が、朝倉警察署の職員やふっけい君ら6人とともに、交通安全と飲酒運転撲滅を訴える街頭行動を行いました。高校生たちは、赤信号で交差点に停まった車に、安全運転と飲酒運転撲滅を訴えるチラシを配布しました。
 生徒会長の平山ゆいさん(高校3年生)は、「運転手が守るものは自分の命だけではありません。周りの人の命のことも考えて運転してほしいです」と語り、安全運転を強く訴えました。

■手作り餃子、美味しいね 蜷城保育所餃子作り

 6月26日、蜷城保育所で餃子作りが行われました。園児たちが挑戦したのは、小麦粉を練り、麺棒で延ばして、餃子の皮を作っていくという完全な手作り餃子。中に詰めた具がこっそり顔を出すのもご愛敬。自分だけの特製餃子が出来上がりました。
 この餃子作りは食育の一環で、自分たちで育てたものを自分たちで作ることで、食べ物や、食材を育てた人、料理をしてくれる人のありがたみを感じましょうという趣旨で行われました。

■田植えで食のありがたさを知る 十文字中学校・田植え体験実習

 十文字中学校の2年生が、7月2日、田植え体験実習を行いました。参加したのは、2年生の2クラス、42人。一ヘクタールの田んぼに恐る恐る足を踏み入れ、横一列に並んで田植えを行いました。
 水田の泥に足をとられながらの田植えを体験した内田さくらさんと徳永さやかさんは、「田植えの大変さがわかりました。ご飯を食べるときには、ありがたさを感じて食べたいと思います」と感想を語りました。

■昔の遊びは面白い 僕らの楽校・入学式

 今回が7回目となる、僕らの楽校の入校式が6月27日、ピーポート甘木・大ホールのステージで行われました。市内外から33人が参加。昔遊びの達人・宮野繁美さんの指導のもと、カラスやカモメ、触り鬼など多彩な昔遊びで交友を深めました。
 今回参加した立石景子さん(金川小学校)は、「いろんな人と活動ができて楽しめました。今後の活動の中で、今話せなった人とも話をしてみたいです」と感想を語りました。

■地域の名産品を味わおう 秋月保育所・黄金川保育所合同食育

 6月25日、秋月保育所に黄金川保育所の園児が訪れました。これは、それぞれの地域の名産品を食べ、食について考えようという催しで、当日は、秋月保育所の年長組・年中組の13人と黄金川保育所の年長組12人が参加しました。
 園児たちは、金川の名産品「川茸(スイゼンジノリ)」や秋月の名産品「葛」について学んだあと、それらを使った料理やデザートを頂きました。

■七夕飾りに願いをこめて 要介護にならないための健康づくり

 7月3日~7日の5日間、卑弥呼ロマンの湯前の広場で、七夕祭りの飾り付けが行われ、全部で215人が参加しました。
 参加者の1人は「精一杯、頭と手指を使って七夕飾りを作りました。健康に感謝しています」と感想を述べました。
 いきいき健康クラブは甘木・朝倉・杷木の3会場で、運動機能向上・栄養改善・口腔機能向上・教養講座などを通し「要介護にならないための健康づくり」を毎回楽しく行っています。

ページの先頭へ戻る
 

裏表紙(広報あさくら平成24年8月1日号、28ページ) 

◆大人の工作 大凧作り体験会

 高さ約2メートルの大凧を一緒に作りませんか?

 作った大凧は、新しく出来上がるフレアス甘木に展示し、12月には凧揚げ大会も行います。参加を希望する人は、申込先までご連絡ください。
 
■日時…8月7日(火)、13時~15時
■場所…甘木公民館大広間
■対象…大人
■費用…無料
■申込方法…甘木公民館に電話で申し込む
■主催…甘木コミュニティ協議会

※詳しくは、甘木公民館(22-2117)へ。

◆第64回甘木川花火大会

 8月25日土曜日、甘木川花火大会が行われます。約4000発の打ち上げ花火や仕掛け花火が、夜空を華麗に彩ります。
 また流れ灌頂法要会も開催されます。全国的にまれな流れ灌頂法要会は、先祖の御霊を慰める伝統行事で、千灯明流しなどが行われます。
●日時…8月25日(土)、19時40分~
●場所…小石原川甘木橋下流
※駐車場はありませんので、車での来場はご遠慮ください。詳しくは、朝倉商工会議所
(22-3835)へ。

◆再公演のお知らせ 「清和文楽公演」延期・再公演

 7月7日(土)、14時から杷木地域生涯学習センター(らくゆう館)文化ホールで開催予定だった「清和文楽公演」は、大雨による災害のため延期となりました。
●日時…平成25年2月2日(土)、14時~
●場所…杷木地域生涯学習センター(らくゆう館)文化ホール
 チケットを持っている人は、再公演でもそのままご利用いただけます。また、払い戻しを希望する人はピーポート甘木事務所までご連絡ください。チケットの追加販売については検討中です。公演が近くなりましたら、広報あさくらの紙面上やホームページでお知らせします。
※詳しくは、ピーポート甘木・文化課(22-0001)へ。

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ
総務部 人事秘書課
電話番号 : 0946-22-1111
ファックス番号 : 0946-22-1118
メールアドレス : jinji@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?