広報あさくら(平成24年12月1日号)

広報あさくら(平成24年12月1日号)目次

 

表紙(1ページ)

特集 12月16日は衆議院議員選挙の投票日(2ページから5ページ)

特集 新地方公会計制度に基づく平成23年度連結財務諸表を公表します

特集 朝倉産の農作物3[柿](8ページから9ページ)

特集 らくらく節電術[冬版](10ページ)

特集 12月4日~10日は人権週間(11ページから13ページ)

特集 国民健康保険税が大ピンチ(14ページから15ページ)

特集 簡単水切りで生ごみの悪臭カット(16ページから17ページ)

市政ニュース(18ページから21ページ) 

リビングシリーズ(22ページから23ページ)

情報満載!お知らせ広場(24ページから27ページ)

健康と福祉のページ(28ページから29ページ)

図書館だより(30ページから31ページ)

文化・学習の催し(32ページから33ページ)

市民くらぶ(34ページから35ページ)

まちかどウォッチング(36ページから37ページ)

裏表紙(38ページ)

 

表紙(広報あさくら平成24年12月1日号、1ページ) 

■凛として的を射る ―黒田杯弓道大会―

 10月28日、秋月中学校グラウンドで、黒田杯弓道大会が行われました。参加者は全部で140人。33間(約60メートル)離れた的を目がけて矢を射る遠的や、近い的を射抜く近的などの競技が行われました。射手たちは一礼して畳に上がり、号令の合図で矢をつがえ、きりきりと弦を引き絞った後、矢を放ちました。

ページの先頭へ戻る
  

12月16日(日)は衆議院議員選挙の投票日です 忘れずに投票してね(広報あさくら平成24年12月1日号、2ページから5ページ) 

■投票できる人は

 平成4年12月17日までに生まれた人で、本年9月3日までに転入届をし、引き続き朝倉市に住んでいる人です。
 ただし、刑事罰等による欠格者は除かれます。

■あなたの投票所は

 投票所の場所は入場券に記載されています。下記の位置図で場所を確かめて投票にお出かけください。

■投票所の変更

 次のとおり2カ所の投票所が変更になっています。
●第2投票所(以下の甘木地区・八幡町、本町、四重町、上新町、下新町、山領町、高原町、四日町、庄屋町)
《旧》甘木公民館
《新》甘木地域センター
※甘木地域センターの新設にともなうものです。
●第23投票所(久喜宮地区)
《旧》久喜宮小学校
《新》久喜宮集落センター
※久喜宮小学校体育館の建て替えにともなうものです。

■投票時間

 投票時間は7時から20時までです(一部の投票所は19時まで)。

■投票の仕方

 選挙の日に投票所に行き、投票所入場券を受付に出して投票用紙をもらい、投票してください。

■投票の順序

 最初が「小選挙区」で、投票用紙に候補者の氏名を書いて投票します。
 次に「比例代表」と「最高裁判所裁判官国民審査」を投票します。
 「比例代表」は政党名を書き、「国民審査」は、やめさせた方が良いと思う裁判官の所定欄に×印を書いてください。

■選挙日に、投票所へ行けない場合は

 仕事、旅行などで住んでいる地域以外の場所に出かけていたり、入院したりしていて、選挙期日に投票所に行けない場合でも投票できる制度として、「期日前投票制度」、「不在者投票制度」などがあります。

■■■期日前投票■■■

 投票日に、仕事や旅行などで投票所に行くことができない人は、「期日前投票」ができます。入場券または本人確認できるもの(運転免許証や健康保険証など)を持参してください。

【期日前投票ができる期間】
《衆議院議員選挙》 12月5日(水)~15日(土)
《裁判官国民審査》12月9日(日)~15日(土)
【時間】8時30分~20時
【場所】
(1)朝倉市役所本庁舎1階・選挙管理委員会事務局
(2)朝倉支所1階・101会議室
(3)杷木支所1階・東側ロビー

■■■不在者投票■■■

 次に該当する人は、「不在者投票」ができます。

(1)仕事等のため市外に滞在している人
 市選挙管理委員会に備え付けの投票用紙請求書で、投票用紙を請求してください。投票用紙を滞在地へ送付しますので、滞在地の選挙管理委員会で投票してください。

(2)病院や老人ホームなどの指定施設に入院(入所)している人
 県選挙管理委員会の指定を受けた病院や施設などに入院(入所)中の人は、その施設内で不在者投票をすることができます。詳しくは、入院(入所)している施設の事務所におたずねください。
【不在者投票ができる朝倉市・朝倉郡の指定施設】
 朝倉健生病院、アスピア、甘木愛光園、甘木中央病院、甘木病院、アルファ俊聖、香月病院、きらく荘、朝倉医師会病院、ラ・パス、朝倉記念病院、朝倉苑、朝老園、いしずえ荘、稲永病院、菊池園、清和園、太刀洗病院、日迎の園、城山荘、宝珠の郷

(3)選挙の日には満20歳を迎えるが、期日前投票をする日はまだ19歳の人
 期日前投票を行う時点でまだ20歳に達していない人は、不在者投票になります。

■字が書けない場合の代理投票

 病気やけがなどで字が書けない場合は、「代理投票」ができます。これは、投票事務従事者が2人立ち会い、本人の代理で投票用紙に記入するものです。代理投票を希望する人は、投票所で係員に申し出てください。投票事務従事者は投票の秘密を守りますのでご安心ください。

■点字での投票

 目の不自由な人は、点字器を使って点字で投票することもできます。点字器はすべての投票所に準備していますので、係員に申し出てください。

■郵便等による投票

 身体に重度の障害があり、投票日に投票所へ行くことができない人のうち一定の要件にあてはまる人は、自宅で投票用紙の記載を行い郵送する「郵便等投票」ができます。
 なお、手続きにかなりの日数を要しますので、早めにお問い合わせください。 

《郵便等投票ができる人》
(1)身体障害者手帳を持っている人
           
両下肢・体幹・移動機能…1級、2級 -
心臓・腎臓・呼吸器・膀胱・直腸・小腸…1級、3級
免疫…1級、2級、3級

(2)戦傷病者手帳を持っている人
 
両下肢・体幹…特別項症、第1項症、第2項症状
心臓・腎臓・呼吸器・膀胱・直腸・小腸…第1項症、第2項症、第3項症

(3)要介護者
 介護保険の被保険者証に要介護状態区分が、「要介護5」と記載されている被保険者証を持っている人

《郵便投票の代理記載制度》
 郵便等による不在者投票ができる人が次の要件に該当する場合は、代理記載制度を利用できます。
(1)身体障害者手帳に、「上肢または視覚の障害の程度が1級である者」と記載されている
(2)戦傷病者手帳に、「上肢または視覚の障害の程度が特別項症から第2項症である者」と記載されている

■投票所入場整理券を送付します

 入場整理券は、期日前投票が始まるまでに送付する予定です。入場整理券が届かない場合は市選挙管理委員会へお問い合わせください。
 なお、入場整理券を紛失しても投票できますので、投票所で係員に申し出てください。

■選挙公報

 選挙公報は、投票日の2日前までに各世帯へ配布する予定です。
 なお、市役所や各公民館などにも備えておく予定ですので、ご利用ください。

■開票は即日開票です

【時間】21時15分開始
【場所】サンライズ杷木(原鶴地域振興センター)

■投票・開票速報

 投票・開票速報を、朝倉市のホームページ(http://www.city.asakura.lg.jp/)でお知らせします。

◆市内投票所一覧

 投票時間は午前7時から午後8時(第14、15、16投票所は午後7時まで)

第1投票所(甘木・朝倉市町村会館)
第2投票所(甘木地域センター)
第3投票所(甘木小学校)
第4投票所(安川公民館)
第5投票所(秋月公民館)
第6投票所(上秋月公民館)
※第7投票所は欠番です
第8投票所(立石公民館)
第9投票所(福田公民館)
第10投票所(馬田公民館)
第11投票所(蜷城公民館)
第12投票所(金川公民館)
第13投票所(三奈木公民館)
第14投票所(高木公民館)
第15投票所(高木公民館佐田分館)
第16投票所(高木公民館田代分館)
第17投票所(旧朝倉幼稚園)
第18投票所(朝倉東小学校)
第19投票所(大福小学校)
第20投票所(上寺公民館)
第21投票所(松末小学校)
第22投票所(女性センター)
第23投票所(久喜宮集落センター)
第24投票所(志波小学校)

●投票所が変わりました
◎第2投票所
(旧)甘木公民館
(新)甘木地域センター
◎第23投票所
(旧)久喜宮小学校
(新)久喜宮集落センター

12月16日は衆議院議員選挙の投票日
【期日前・不在者投票期間】
《衆議院議員選挙》12月5日(水)~12月15日(土)
《裁判官国民審査》12月9日(日)~12月15日(土)

【お問い合わせ先】
朝倉市選挙管理委員会事務局(22-1111 内線61-130)

 ページの先頭へ戻る

新地方公会計制度に基づく平成23年度連結財務諸表を公表します(広報あさくら平成24年12月1日号、6ページから7ページ) 

  朝倉市の平成23年度決算について広報あさくら11月1日号でお知らせしましたが、貸借対照表や行政コスト計算書など、さらに詳しい市の財政状況をお知らせします。

●市の全体的な資産や負債が分かります
 朝倉市の決算については、平成20年度から総務省方式改定モデルを取り入れ、平成24年3月31日を基準として作成しています。
 市の「普通会計」に加え、国民健康保険事業や下水道事業などすべての特別会計を加えて作成しました。水道事業などの公営企業会計、(財)あまぎ水の文化村や(株)ガマダスなどの第3セクター、さらに甘木朝倉広域市町村圏事務組合、甘木・朝倉・三井環境施設組合、ほかに市が加入している一部組合のうち、バランスシートを作成している組合を加えており、市の全体的な資産や負債が見えるようになっています。
※詳しくは、市総務財政課(22-1111、内線61-318)へ。

(1)貸借対照表(バランスシート)

●貸借対照表とは
 貸借対照表は、年度末時点で市がどのような資産を持ち、その資産を取得するためにどのように資金を調達したかが分かるようにまとめたものです。
 表の左側「借方」が資産、右側「貸方」が負債と純資産からなっています。「負債」と「純資産」は「資産」を取得するために使ったお金の内訳です。
●貸借対照表からわかること
 これまでに1512億円の資産を形成しています。この資産は、将来世代の負担(負債)が490億円、過去の世代での負担(純資産)が1022億円により取得されています。

◆借方(かりかた)

【資産の部】
1.公共資産(学校、市役所庁舎、道路、橋など) 
(1)有形固定資産  1298億6177万円
(2)無形固定資産   5億6019万円
(3)売却可能資産   3億2818万円
公共資産合計 1307億5014万円

2.投資など(基金、積立金、有価証券、出資金など)   
(1)投資および出資金 6476万円
(2)貸付金 5億3893万円
(3)基金等 92億7297万円
(4)長期延滞債権等 19億3045万円
投資など合計 118億0711万円

3.流動資産(税金などの未収金や、現金・預金など) 
(1)現金預金等 78億1985万円
(2)未収金等 7億9039万円
流動資産合計 86億1024万円

4.繰延資産 208万円

資産合計 1511億6957万円

◆貸方

【負債の部】(借入金(市債)など、次世代が将来返済する必要がある債務) 
1.固定負債 
(1)地方債  400億5635万円
(2)その他   50億9416万円
固定負債合計  451億5051万円

2.流動負債 
(1)翌年度償還予定地方債 26億5271万円
(2)その他 11億9170万円
流動負債合計 38億4441万円

負債合計 489億9492万円

【純資産の部】(現世代がすでに負担済みで、次世代へ引き継ぐ資産) 

純資産合計 1021億7465万円

負債・純資産合計 1511億6957万円

(2)行政コスト計算書

●行政コスト計算書とは
 行政コスト計算書は、企業会計でいう損益計算書にあたるものですが、市は損益を見ることが目的ではなく、資産形成につながらない部分での行政サービスのコスト計算に重点がおかれています。
●行政コスト計算書から分かること
 扶助費や補助金で構成される移転支出的なコストが56パーセントと最も高く、減価償却等で構成される物にかかるコストが24パーセント、次いで人件費や退職手当繰入金で構成される人にかかるコストが16パーセントとなっています。
   
【経常行政コスト】   
(1)人にかかるコスト  55億2240万円(人件費、退職手当引当金等)  
(2)物にかかるコスト  85億8794万円(物件費、維持補修費、減価償却費)  
(3)移転支出的なコスト 197億5402万円(補助金、社会保障給付など)  
(4)その他のコスト  15億2017万円(地方債の利子、災害復旧事業費など)  
経常行政コスト合計 353億8453万円  
   
【経常収益】  行政サービスの利用で市民のみなさんが負担する使用料・手数料など  
(1)使用料・手数料  4億0865万円  
(2)分担金・負担金・寄附金 47億7144万円  
(3)保険料等 28億1885万円  
(4)事業収益  2億3294万円  
(5)その他特定行政サービス収入  1億1288万円  
経常収益合計 83億4476万円  
   
(差引)純経常行政コスト 270億3977万円  

(3)純資産変動計算書

●純資産変動計算書とは   
 純資産変動計算書は、貸借対照表の「純資産」が1年間でどのように増減したかを表しています。   
●純資産変動計算書から分かること   
 経常的な行政活動で不足した額(行政コスト計算書での収支額)を純資産から補てんし、地方税・地方交付税の一般財源収入167億円、国・県からの補助金等117億円を加え、差引1022億円の純資産となっていることがわかります。   
   
期首純資産残高   1011億0345万円(平成22年度末残高)  
 純経常行政コスト △270億3977万円  行政コスト計算書で算出した収入と支出の差
    
 一般財源    167億4368万円(地方税、地方交付税など)  
 補助金等受入    116億7807万円(国・県補助金など)  
 臨時損益    △2億1036万円(災害復旧事業費など)  
 その他    △1億0042万円  
期末純資産残高   1021億7465万円(平成23年度末残高)  

(4)資金収支計算書

●資金収支計算書とは   
 資金収支計算書は、一会計年度における資金の増加や減少を表しています。   
●資金収支計算書から分かること   
 経常的収支の54億円から公共資産整備収支の固定資産取得などの8億円と、地方債の償還・新規借入の差額の49億円を差引した結果、資金が3億円減少しました。   
 また、基礎的財政収支は13億円の黒字となっており、健全な財政運営であるといえます。   
   
(1)経常的収支  54億3784万円  経常的に行われるサービスの資金収支。黒字額が小さくなると財政が硬直化していることになる
   
(2)公共資産整備収支   △ 8億4410万円(固定資産の購入や売却に係る資金収支)  
(3)投資・財務的収支 △49億435万円  投資および出資金、貸付金、基金、地方債償還に係る資金収支
   
当期収支   △3億1061万円(平成23年度中の現金の増減額)  
期首資金残高  27億4933万円(平成22年度末の資金残高)  
期末資金残高  24億3872万円(平成23年度末の資金残高)  
   
〈基礎的財政収支〉 借金による収入と、借金の返済に充てた支出を除いた収支。この収支が均衡していれば毎年の政策的な経費が税収など毎年の収入でまかなわれていることになる  
収入総額 453億9659万円  
△支出総額 454億3899万円  
△地方債発行額 31億9546万円  
地方債元利償還金 36億3381万円  
財政調整基金等増減額 9億2038万円  
基礎的財政収支 13億1633万円

ページの先頭へ戻る

食を彩る豊かな味わい 朝倉産の農作物 連載4 
「秋に色づく優しい甘み 柿」(広報あさくら平成24年12月1日号、8ページから9ページ)

全国有数の柿の名産地

 市の基幹産業である農業。お米や野菜を始め果物も豊富です。その中でも、柿は市の代表的な果物の一つに挙げられます。
 九州大分自動車道を走ると、山手の斜面いっぱいに広がる柿畑。葉が紅葉すると斜面全体が赤く染まるほどです。筑後川流域の肥沃な大地と南向きの山の斜面を活かし、甘柿は全国でも有数の生産量があります。
 市内生産の約半分を富有柿が占めており、昭和55年には日本農業賞を受賞しています。
 市内での主な品種としては、富有・西村・伊豆・早秋・太秋などがあります。食感も様々で9月中旬ごろから味覚を楽しむことができます。
 また、昨年、福岡県は種なし甘柿「秋王」を開発しており、平成26年度の出荷を目指し育成中です。通常栽培法による種なし甘柿としては世界初となり、新たな柿の品種として市でも試験栽培中です。

滋養に富んだ柿の栄養面

 「柿が赤くなれば医者が青くなる」と言われるほど、柿は栄養価が高く、ビタミンA・ビタミンC・カリウムなどが含まれています。中でもビタミンCは格段に多く、柿1個で一日に必要なビタミンC摂取量を、ほぼまかなえるほどです。ビタミンCは風邪の予防や疲労回復を助ける働きがあります。
 また、カリウムも多く含まれており、血液中の不要なナトリウムを排出させることで血圧を下げる働きもあります。

朝倉市での柿の生産量

 現在、JA筑前あさくらに柿部会があり502人の部会員がいます。
 市内の生産面積は368ヘクタール。平成23年は、2611トンを出荷しています。九州の各市場はもちろんのこと関東・関西へも出荷しており、平成23年の販売金額は7・1億円となっています。
 県内JA管内の柿の産地としては、うきは市や久留米市が主になっており、朝倉市はうきは市に次ぐ第2位の産地となっています。

農の匠

 今回、柿生産者の一人、秋吉智博さんにお話を伺いました。

 就農のきっかけ

 現在、就農して12年目を迎えました。高校3年生の秋に父親が亡くなったため、進学予定でしたが就農を決意し、慌ただしく農業大学校への手続きを行ったことを覚えています。
 それまで、特に手伝いをしていたわけでもありませんでしたので、大学2年間の修学期間中のカリキュラム(教育課程)で基本を覚えていきました。その後は、技術的な部分は祖父からの助言や、父親の残していた日記に記されたものを参考にしながら、母親と一緒に試行錯誤でやってきました。
 父の時から柿と併せてぶどうも栽培しています。現在、柿を2町5反とぶどうを7反栽培しています。ぶどうの面積は父親のころと比べると倍近く増やしています。収穫時期を長くして、コンスタント(恒常的)に作業ができるような状態を目指し、後に残る経営を行っていくことが必要だと考えています。今までどおりをやっていくのではなく、良いことは取り入れていきたいと思っています。

 農作業のこだわり

 できるだけ、農薬を控えて栽培をしていきたいと考え、福岡県の減農薬・減化学肥料認証制度を申請し、認定をもらっています。果樹で農薬を控えながらの生産は、収穫量とのジレンマがつきまといますが、やはり、「おいしい」と言っていただけるものを作りたいとの思いで頑張っています。
 同じように作業を行っていても、気象条件で大きく左右される苦労もありますが、やはり、自分で考え自分でやっていった分は、目に見えて返ってくるところが魅力であり、やりがいにつながっています。品質にこだわっていきたいです。
 今後も柿づくりを続けながら、高齢化や後継者不足の現状を考え、今の生産体系でどうやっていけばいいのかも探していきたいと思っています。
いろんな方面からPRをし、生産者と消費者が少しでも近くなっていければと考えています。

【インタビューこぼれ話】
○収穫作業
 私と妻と母とで行っていますが、今では、妻の方が上達しているかもしれません。また、収穫最盛期の作業は、連日、夜の11時になることもあります。

生産者とっておきレシピ 秋吉家 特製柿の天ぷら

生果は当然ですが天ぷらも美味。
【材料/4人分】柿2個、天ぷら粉
【作り方】(1)柿を一口大で薄く切る (2)天ぷら粉で衣を作る (3)柿に衣をつけて180℃の油で揚げる
 生果と比べて水分が少なくなり甘みが増します。また、柿の皮も天ぷらで味わえます。捨てるところがありません。
 柿の皮を乾燥し、粉状にして煎じた柿皮茶もお勧めです。

【1point】柿は日本から欧州やアメリカへ伝わったことから、英語の学名にもKAKIの名前が使われています。

【問い合わせ先】市農業振興課(直通52-1427)

 ページの先頭へ戻る

 家計に優しく無理なくできる らくらく節電術[冬版](広報あさくら平成24年12月1日号、10ページ) 

  今年の夏に引き続き、今冬も電力不足が懸念されています。節電、というと難しそうですが、ポイントさえつかめば無理をすることなく節電することができます。今回も、家庭でできる簡単な節電術【冬版】をご紹介します。

■節電のポイント

 冬は夏と電力需要の時間帯が違うので、注意が必要です。

【特に節電が必要な期間】
◎12月3日~平成25年3月29日の平日、8時~21時まで(12月31日~1月4日を除く)

【冬の電力使用量の特徴】
 電力需要は、一日の中で高くなったり低くなったりしています。
 冬の場合、暖房の使用が多くなる午前8時から11時ごろと、照明や家庭での需要が多くなる17時から20時ごろが電力需要が高くなる時間帯で、ここでの節電が非常に重要になります。

■具体的な節電対策メニュー

 冬もやはりエアコンや照明などの使い方が鍵になります。また、複数の方法を組み合わせて行うことで、大きな節電効果になります。(特に大きな節電効果のあるものについては、節電の目安を記載しています)

●エアコン
◎窓に厚手のカーテンを掛ける(窓から出入りする熱を遮断して暖房効率をあげる)(約1パーセント節電)
◎こまめにフィルター掃除する
◎省エネモードのある機種は省エネモードに設定する
◎こまめに設定温度を調節する(設定温度は控えめに。冬の室温の目安は20度)(約7パーセント節電)
◎扇風機を上手に活用する(温かい空気は部屋の上部にたまります。扇風機を併用して対流させると、下まで温かくなります)

●冷蔵庫
◎食品を詰め込みすぎない(庫内を整理して取り出しやすくする)
◎冷蔵庫の設定を「弱」に変える
◎ドアの開閉は少なくする
◎熱いものは十分に冷ましてから入れる

●テレビ(約2パーセント節電)
◎省エネモードに設定する(画面の明るさ、音量を適切に)
◎画面の掃除をする
◎見ないときは消す

●照明
◎使用していない部屋の電気を消す(約4パーセント節電)
◎こまめに電球カバーの掃除をする
◎白熱電球を蛍光ランプやLED(発光ダイオード)電球に取り替える

●ジャー炊飯器
◎早朝にタイマー機能で1日分をまとめて炊く
◎保温機能は使用せずに、よく冷ましてから冷蔵庫に保存する。

●温水洗浄便座
◎便座保温・温水の温度設定を下げる。

●待機電力
◎本体の主電源を切る
◎コンセントからプラグを抜く

 家庭でのちょっとした積み重ねで電力量は減らせます。小さなことから始めてみましょう。
 なお、事業所においても節電対策にご協力をお願いします。
※詳しくは、市環境課(23-1153)へ。

ページの先頭へ戻る

12月4日~10日は人権週間(広報あさくら平成24年12月1日号、11ページから13ページ)

みんなで築こう 人権の世紀 ~考えよう 相手の気持ち 育てよう 思いやりの心~

 絵本「世界人権宣言」(谷川俊太郎著)には次のようなことが書かれています。
『第1条・みんな仲間だ 第2条・差別はいやだ 第3条・安心して暮らす…』
これらのことは、人がごく当たり前に生きるためのものです。しかし、当たり前すぎて、ないがしろにされてしまうことがあります。
 第二次世界大戦中での人権の侵害や抑圧、また迫害や大量虐殺などで多くの尊い命を失った反省から、昭和23(1948)年12月10日、国連第3回総会において「世界人権宣言」が採択されました。
 この12月10日を最終日とする一週間(12月4日から10日まで)を人権週間と定めています。期間中は、全国的に啓発運動が展開され、朝倉市でも講演会や人権パネル展などが実施されます。この機会にこれらの催しに参加し、自分にできることを探してみませんか。
 一人ひとりの行動によって、人権が尊重されるより良い社会を築いていきましょう。

朝倉市の人権への取り組み目標

(1)部落差別をなくそう
(2)女性の人権を守ろう
(3)子どもの人権を守ろう
(4)高齢者を大切にする心を育てよう
(5)障がいのある人の自立と社会参加を進めよう
(6)外国人の人権を尊重しよう
(7)HIV感染者やハンセン病患者等に対する偏見をなくそう
(8)アイヌの人々に対する理解を深めよう
(9)刑を終えて出所した人に対する偏見をなくそう
(10)犯罪被害者とその家族の人権に配慮しよう
(11)インターネットを悪用した人権侵害をやめよう
(12)ホームレスに対する偏見をなくそう
(13)性的指向を理由とする差別をなくそう
(14)性同一性障がいを理由とする差別をなくそう
(15)東日本大震災に起因する人権問題に取り組もう

人権週間 その他の催し

●第7回朝倉市人権パネル展
 第7回朝倉市人権作品コンクール入賞作品などを展示。
《期間》12月4日(火)~10日(月)
9時~21時
《場所》
◎フレアス甘木・1階展示コーナー
◎朝倉地域生涯学習センター・エントランス
◎杷木地域生涯学習センター(らくゆう館)・エントランス(いのち・愛・人権展に併設)

●いのち・愛・人権展
 ステージ発表、バザー、人権作品の展示など。
《日時》12月8日(土)、10時~16時
《場所》杷木地域生涯学習センター  
(らくゆう館)
※人権作品は12月1日(土)~9日(日)の期間中、展示しています

人権を考える朝倉市民のつどい 「笑顔の戦士」~生きているって幸せ~

 話せない、歩けない、泣くことすら命にかかわる――。世界にたった30数例しかない症例“14トリソミー”で生まれた娘・弓華。娘と過ごした時間は、あたりまえに幸福でとても密度の高いものだった。
■日時…12月4日(火)、19時~(18時30分開場)
《人権作品コンクール表彰式・優秀作文発表》19時~19時35分
《講演会》19時45分~21時15分(予定)
■場所…ピーポート甘木・大ホール
■講師…道志真弓さん(ナレーター)
■その他…入場無料、手話通訳・託児あり

道志真弓さんプロフィール
昭和40年(1965)、富山県生まれ。前熊本市人権教育講師、ナレーター、司会業、話し方講座講師。
最愛の娘が8歳で他界。娘と笑顔で戦った楽しい思い出を著書「笑顔の戦士」に綴る。物事の捉え方や考え方で、自分の人生はとても楽しく変わることを知ってほしいと、活動を続けている。

第7回朝倉市人権作品コンクール入賞者発表

朝倉市人権・同和教育推進協議会では、多くの人に人権に対する意識を高めてもらうため、人権作品コンクールを行いました。文章・標語・詩・短歌・ポスター・缶バッジデザインの各部入賞者を紹介します。

●文章部門

【成人/高校生の部】
《最優秀賞》
◎未来の子どもを守るために(遠藤由紀乃/朝倉高2年)
《入選》
◎未来のために(秋吉玖美/朝倉高1年)
◎障害という言葉で考えたこと(井上歩美/朝倉高2年)
◎「日本の人権問題」(立石翔馬/朝倉高2年)

【中学生の部】
《最優秀賞》
◎「理解」(堀口晶/南陵中2年)
《入選》
◎山本さんの生き方から学ぶこと(原田萌子/十文字中3年)
◎子どもに関する問題(千代田里奈/甘木中2年)
◎丸(的塲早希/甘木中3年)

【小学生・高学年の部】
《最優秀賞》
◎命いっぱいに生きる(田中真絢/蜷城小6年)
《入選》
◎タヒチからの友達(牟田晶華/金川小5年)
◎ぼくの考えるいじめをなくす四ケ条(西依賢悟/立石小6年)
◎人権について(安陪ほの香/甘木小6年)

【小学生・中学年の部】
《最優秀賞》
◎なぜ、そんなことするの(上村涼夏/蜷城小3年)
《入選》
◎友だち(鳥巣和香葉/立石小3年)
◎ぼくが今思うこと(山口柊陽/甘木小4年)
◎ごめんねという言葉(郷原里/甘木小4年)

【小学生・低学年の部】
《最優秀賞》
◎パラリンピックをみて(三笠正太郎/蜷城小1年)
《入選》
◎友だちでありがとう(早川心菜/蜷城小2年)
◎ともだちのいいとこみつけ(田中美羽/蜷城小1年)
◎あそぼう、一しょにしよう(大島日香梨/甘木小2年)

●詩部門

【成人/高校生の部】
応募なし

【中学生の部】
《最優秀賞》
◎該当なし
《入選》
◎天気予報は雨のち…(西岡紗希/秋月中2年)
◎踏み出す心(松木望和/秋月中2年)

【小学生の部】
《最優秀賞》
◎うれしい言葉(西村魁叶/甘木小4年)
《入選》
◎わたしの夢(浦塚月菜/金川小5年)
◎一人じゃない(畑幸奈/馬田小5年)
◎大切な友達(森山優衣菜/三奈木小6年)

●標語部門

【成人/高校生の部】
《最優秀賞》
◎無関心 いじめを生み出す 第一歩(吉丸姫可/朝倉東高2年)
《入選》
◎その想い 気づいてあげて 仲間なら(石川英利/朝倉光陽高1年)
◎手をつなぎ 痛みと幸せ 分けあおう(矢野まや/朝倉高3年)
◎変われるよ ちょっとの勇気 だしてみて(塚原愛里/朝倉光陽高1年)
◎変えられる あなたの勇気で 差別の目(佐藤成美/朝倉高3年)
◎人権って 人を大事に 思うこと(井上多美江/一般)

【中学生の部】
《最優秀賞》
◎「大丈夫?」 さしのべた手は あたたかい(足立桃花/南陵中1年)
《入選》
◎大丈夫 あなたの味方は ここにいる(松藤葵/甘木中3年)
◎心ない あなたの言葉が 武器になる(大場剛樹/南陵中2年)
◎いじめの芽 勇気の力で つみとろう(樋口堅士郎/杷木中3年)
◎おもいやり 心に残る たからもの(井本圭一朗/十文字中1年)
◎きみの手は 人を助ける 宝物 (渡邉圭裕/南陵中1年)

【小学生の部】
《最優秀賞》
◎いじめの芽 みんなの力で なくすんだ(高倉駿/松末小5年)
《入選》
◎しっかりと イヤダと伝える その勇気(上野真帆/立石小6年)
◎みないふり してるあなたも いじめっこ (藤村黎菜/馬田小4年)
◎見てるだけ それなら君も いじめっこ(平井舞子/福田小5年)
◎手をのばし やさしいこころ つたえよう(井手良花/朝倉東小4年)
◎のばした手 つかんであげよう 皆仲間(内田彩香/秋月小6年)

●短歌部門

【フリーの部】
《最優秀賞》
◎なにか変 いつもとちがう このくうき なにかあるはず 見逃さないで(三笠仁子/蜷城小6年)
《入選》
◎あいさつは 人と人とが 向き合って 心をつなぐ すてきな言葉
(西岡美香/蜷城小6年)
◎うれしいな いっしょにうえた ひまわりが もうすぐさくよ なかよしメダル(筒井せりか/福田小4年)
◎ありがとう なやんだときに 君の声 君がいたから がんばれたんだ(羽野圭一/蜷城小5年)
◎たのしみは 家族みんなで 夕ご飯 みんないっしょに 笑い合う時(德永佳南/大福小6年)
◎あの日みた 友の涙を 忘れない イバラの道に 光さす日を
(平嶋美穂/一般)

●ポスター部門

【中学生の部】
《最優秀賞》
◎立ち向かう勇気
(足立竜輝/杷木中1年)
《入選》
◎「思いやり」は「幸せ」につながる(西七海/十文字中3年)
◎その言葉・・・あの子の心につき刺さる(幸島月歩/南陵中2年)
◎笑顔で世界が溢れるように
(古賀萌子/比良松中2年)

【小学生・高学年の部】
《最優秀賞》
◎みんな友達(西岡美香/蜷城小6年)
《入選》
◎世界を大切に
(田中真絢/蜷城小6年)
◎みんな仲間 助け合う
(福田里莉/三奈木小5年)
◎3つの心大切に おもいやり 仲間 友情(羽野あみか/蜷城小6年)

【小学生・中学年の部】
《最優秀賞》
◎友達は、宝!!
(林裕太郎/金川小4年)
《入選》
◎笑顔で心が結び合う(今井光/秋月小4年)
◎幸せの花 笑顔の花
(牧草佳穂/秋月小4年)
◎大切な命
(石橋陸雄/三奈木小4年)

【小学生・低学年の部】
《最優秀賞》
◎なかよし
(長沼美樹/杷木小2年)
《入選》
◎たいせつなともだち
(西岡誠悟/蜷城小1年)
◎えがおきらきら
(岡本柚葉/三奈木小2年)
◎みんな 友だち
(中村凌貴/秋月小2年)

●缶バッジデザイン部門

【中学生の部】
《最優秀賞》
◎平和のシンボル
(吉田優子/南陵中1年)
《入選》
◎SMILE(相良侑花/杷木中2年)
◎世界で最高の絆
(永井香奈/比良松中3年)
◎Deliver the Peace
(森部捷哉/比良松中3年)
◎NO SMILE NO LIFE★
(古賀瑶乃/杷木中3年)
◎心に生やそう。
(久保李緒/十文字中2年)

【小学生の部】
《最優秀賞》
◎1人1人の命を大切に
(甲斐心愛/馬田小6年)
《入選》
◎みんな笑顔で
(田中翔悟/三奈木小4年)
◎世界はひとつ
(三笠真子/蜷城小5年)
◎みんなの心にえ顔の花を
(仲道真由/甘木小3年)
◎ゆめ 希望 勇気 あい
(手島美波/福田小4年)
◎みんなともだち(熊谷翼/松末小1年)

ページの先頭へ戻る

今、国民健康保険財政が、大きな赤字で 大ピンチ!(広報あさくら平成24年12月1日号、14ページから15ページ)

 ○赤字の国民健康保険財政

 平成23年度の朝倉市の国民健康保険財政は、3億1千万円を超える大幅な赤字になっています。なぜこんなに赤字額が拡大しているのか、その中身を詳しく見ていきましょう。
 朝倉市国民健康保険特別会計決算で平成20年度と平成23年度を比較すると、収入額が約3・2億円増加していますが、支出額も約5億円増と大幅に増加しており、収入増よりも支出増が大きくなっています(グラフ1参照)。
 また、平成20年度から平成23年度までの保険税収入額と(1)保険給付費支出額を見ると、大切な財源となる保険税収入額は約6800万円減少していますが、保険給付費支出額は約4億7000万円増加し、厳しい財政状況が続いています(グラフ2参照)。

(1)保険給付費…医療費のうち患者負担を除く保険者(市)が支払う費用、高額療養費出産育児一時金及び葬祭費等の合計

○増え続ける高額な保険給付費

 国民健康保険財政を圧迫している要因の1つに、保険給付費の増大があります(グラフ2参照)。平成20年度から毎年約1億円ずつ増加していましたが、平成23年度は約2・8億円と増加幅が大きくなっています。
 この理由としては、医療技術の高度化等により一件あたりの費用が増加していることや、朝倉市は他市と比べ医療供給体制が充実した環境にあることなどがあげられます。
 平成20年度と23年度を比較すると、朝倉市では被保険者が900人減少していますが、1人当り医療費は、約5万円増加しています(グラフ3参照)。

 平成23年度を見てみると、県内平均から約3万3千円高くなっています(朝倉市の1人当たり医療費は60市町村中11番目の高さ)。また、全国の市区町村の平均からは平成22年度で5万円以上高くなっています。

 ○生活習慣病が医療費の45パーセント

 平成23年5月診療分を疾病別で見ると高血圧・心筋梗塞・糖尿病等の生活習慣病に起因した診療が医療費全体の45パーセントを占めています(グラフ4)。

 また、生活習慣病は、食生活の欧米化、運動不足、たばこや過度のアルコール等不適切な生活習慣を続けることによって引き起こされる病気です。

 朝倉市の国民健康保険財政は大変厳しく、市ではこの現状を深刻に受けとめています。そのためにも次のことにご協力お願いします。

国保財政を改善させる3つの方法+1

(1)特定健診・特定保健指導を受診しましょう

 朝倉市国民健康保険被保険者の特徴として、生活習慣病で治療を受けていなかった人が、重症化し、生活習慣病で入院をする割合が高いということがあげられます。
 生活習慣病の多くは突然起こるわけではありません。時間をかけ少しずつ体の中が変化していきます。「何か」起きるその前に、特定健診を受けて身体の状態を確認しましょう。
 市では、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)や予備群の人を対象に、生活習慣改善のための「特定保健指導」を行っています。

(2)かかりつけ医をもちましょう

 かかりつけ医とは、病歴や健康状態などを把握して健康管理全般のアドバイスをしてくれる医師のことです。風邪などの軽い病気であれば、大きな病院でも身近な開業医でも治療内容はほとんど変わりません。
 信頼できるかかりつけ医を選び、必要な場合は、かかりつけ医から適切な医療機関を紹介してもらいましょう。

(3)やむをえない場合を除き時間外の診療は控えましょう

 通常の診療時間外に受診すると、医療機関へ支払われる医療費は高く[例えば6歳以上、夜間の初診料で2300円の加算等(年齢、受診する時間によって金額は異なります)]設定されていて、窓口負担も高額になります。
 「夜は待ち時間が短いから」「昼間は都合が悪い」などの理由で安易に休日や夜間に救急医療機関を受診する人が増えています。このままでは、緊急を要する重症患者への対応が遅れたり、本当に必要なときに救急医療機関を受診できなくなる場合があります。急病などのやむを得ない場合を除き、診療時間内に受診しましょう。
 また、医療費が増加すると、国保税に跳ね返ります。医療費は大切に使いましょう。

【得】ジェネリック(後発)医薬品を活用しましょう

 ジェネリック医薬品を活用すると医療機関・薬局で支払う薬代が軽減されます。

○ジェネリック医薬品とは

 新薬の特許期間終了後に作られた医薬品です。長期の使用により有効性と安全性が確かめられた新薬をもとにつくるため、開発費を低く抑えることができ、新薬と同等の有効性・安全性を国が承認しています。

○ジェネリック医薬品に変更するには
 
 変更を希望するときには、まず医師・薬剤師に相談してください。

※詳しくは、市保険年金課(22-1111、内線61-152・153)へ。

 ページの先頭へ戻る

環境にやさしい生活スタイルにチェンジできていますか?(広報あさくら平成24年12月1日号、16ページから17ページ)

 ●『4R』生活で、ごみの減量化に努めましょう

 毎年、市環境課では、朝倉市の環境関係のお知らせや問題提起等について市報のリビングコーナー等に掲載するなど啓発に努めてきました。  
 今後、毎年行っている河川の水質やごみの処理量等身近な生活環境等の調査結果等のデータについてもお知らせします。その結果に伴う問題や課題等についても、市民のみなさん全体で共有し、改めて環境にやさしい生活習慣について考える契機として生かしていただきたいと考えています。
 今回は、ごみの処理問題を取り上げました。

●ごみの減量化は市民全体の協働課題

 ごみは、人が生活するうえで必ず発生するものです。しかし、ごみの量を抑制したり、ごみを分別することで資源として生まれ変えさせることもできます。ごみとなるか資源化できるかの選択は、まさに私たち一人ひとりの意識にかかっています。

●意識していますか?『4R』生活

 現在、朝倉市では、ごみの減量化における意識の持ち方として、『4R』を意識した生活スタイルの生き方を推進しています。
 『4R』生活とは、具体的な内容については表1に示すとおりです。

4Rとは          内容
リフューズ (Refuse)   安いからといって、必要以上に買わない
リデュース (Reduse)   ごみの発生を減らす
リユース (Reuse)    使い終わったものも繰り返して再利用する
リサイクル (Recycle)  資源に再生して再利用する

 『4R』の中で一番身近な取り組みは繰り返して利用する「リユース」(繰り返して利用する)や資源に再生する「リサイクル」(資源に再生する)が挙げられますが、これからの家庭における取り組み課題は、「リフューズ」(不要なものは買わない)や「リデュース」(ごみの発生を減らす)があげられます。

●生ごみの水切りだけで経費が下がる?

 ごみの減量化については、生ごみの水切りをするだけでごみの重さを減らすことができます。
 サンポートにおける焼却処理の経費中、朝倉市関係の処理費用約5億円/年の基礎はごみの重さが基礎となっています。
 水切りは20年前から基本的対策としてみなさんにお願いしている対策ですが、2万世帯の家庭で水切りが徹底されたら、処理経費の削減効果は大きいものになります。

●平成23年度はごみが増えた?

 平成18年から23年度にかけてのごみの総排出量(資源物、直接搬入ごみ含む)の変化は表1のグラフのとおりです。
 この表からは合併時(18年度)から22年度まで毎年ごみの排出量が減っていますが、昨年度の23年度は約500トンほどごみの量が増えていることが分かります。

●直接搬入もキチンと分別

 ごみが増えた原因は、事業所系のごみと家庭系・事業系ごみの直接搬入分が増えたことでした。その要因としては、平成22年度から直接サンポートにごみの搬入ができるようになったことが挙げられます。
 直接搬入する場合も地域の分別回収に出されるときと同じように分別に気を使った出し方を心がけていただくことが必要といえます。

●常に環境にやさしい生活スタイルを意識して

 今後、分別による資源化物が増えることも予想されますが、日ごろから物を大切に使うことやリフューズ(必要以上のものは買わない)ということを意識した生活を送ることで、ごみ総量の減量化を図っていきたいものです。

●ごみの減量化には、みなさんの協力が必要です

 市は、今後もこれからのごみ問題を市民のみなさんと考えるきっかけとして、市民1人当たりのごみの排出量や、収集・処理のコスト、リサイクル率等ごみ処理に係るデータを公表していきます。そうしてごみの出し方に対する分析・課題を市民のみなさんと共有し、限りある資源の有効活用やごみ減量化に継続的に取り組んでいきたいと思います。
 環境負荷の少ない朝倉市を作っていき、循環型社会を目指していきたいと思います。

臭いごみの悪臭水切りで解決!

◎生ごみの約80パーセントは水分です

 生ごみの腐敗や悪臭の主たる原因は、生ごみに含まれる水分です。水切りをしっかり行い、生ごみの水分を減らすことで、ごみの悪臭を随分と押さえることができます。また、ごみも軽くなり、ごみ焼却の経費を減らすこともできます。

◎ごみの水分を減らす3大ポイント

(1)水に濡らさない

 シンク内の三角コーナーや排水溝の水切りかごに入れると、水に濡れてしまい、水分をたくさん吸ってしまいます。最初から濡らさないことで、生ごみの水分を随分と減らすことができます。

●野菜や果物は、水洗いする前に皮をむく
●三角コーナーなどに入れず、新聞紙やチラシで作った屑かごやザルに入れる

(2)汚れる前にすぐに絞る

 水分を含んだものを長時間放置することで、腐敗が始まり悪臭がしてしまいます。お茶や珈琲がらやティーバッグは、使用後すぐに絞れば、清潔な状態での水切りが可能です。

(3)乾燥させる

 風通しの良い場所や日当たりの良い場所に置いて乾燥させます。(1)や(2)を行っておけば、乾燥させることもそれほど大変ではありません。

 これら3つのポイントを行った上で、ごみを出す前にも水分を絞って出しておけば、ごみは随分と軽くなります。また水分が少ないごみは悪臭も少なくなります。ぜひお試しください。

※詳しくは、市環境課(23-1153)へ。

 ページの先頭へ戻る

市政ニュース(広報あさくら平成24年12月1日号、18ページから21ページ)

◆平成24年度土づくり事業費補助金(堆肥購入費助成) 農業振興課

 市では、市内に住む農業者を対象に、市内の10アール以上の農地に使う成熟たい肥の購入費について、予算の範囲内で助成を行います。
■対象作物と量(10アールあたり)
《果樹/ぶどう・梨・桃・柿・栗・
いちじく・すもも》
重量200キロ超~2000キロまで
《野菜》
重量400キロ超~3000キロまで
《植木等/植木・苗木・花き・茶》
重量400キロ超~3000キロまで
■補助基準…基準値以内のたい肥購入費の2分の1以内(単価は朝倉たい肥センター万能たい肥を上限。1キロ単価31円)
■補助対象期間…平成24年4月1日~平成25年3月31日施肥分
■申請書設置場所…市農業振興課、JA朝倉堆肥センター、JA東部営農センター、JA杷木支店経済、JA中部営農センターきばる
■申請書提出場所…市農業振興課(朝倉支所)
■申請期限…平成25年2月22日(金)

◎米・麦・大豆は対象外です。補助総額に限りがあるため、補助率が変更になることがあります。
※詳しくは、市農業振興課営農推進係(52-1427)へ。

◆警戒区域指定に関する住民説明会 消防防災課

 土砂災害防止法にもとづき、土砂災害の発生するおそれがある警戒区域・特別警戒区域の指定予定区域(朝倉地域分)がまとまりました。
 これは、住民の皆さんに危険を周知することや、開発行為や建築物への構造規制を行うことを目的としています。
 指定予定区域に住んでいる人を対象に説明会を開催します。

■指定区域…恵蘇宿、山田、菱野、山後、上須川、尾西、長安寺、八坂、立野、烏集院(区民すべてが対象になるとは限りません)
■日時…12月18日(火)、19時~(約1時間)
■場所…朝倉地域生涯学習センター 文化ホール
◎対象世帯には、別途区会長を通じてお知らせします

※詳しくは、市消防防災課(内線61‐119)へ。

◆家屋を壊した人は解家届の提出を 税務課

 家屋の固定資産税は、1月1日に存在する家屋を対象に課税されます。
 今年中に家屋を壊した場合や、課税明細書などを見て現在建っていない家屋が課税されている場合は、速やかに市税務課へ届け出てください。届け出がない場合は、平成25年度に課税されてしまうことがありますのでご注意ください。
 なお、法務局で滅失登記をした人は届出の必要はありません。

※詳しくは、市税務課(内線61-161、166)へ。

◆市民のみなさんの意見を募集します 市街地活性化推進室

 朝倉市では、甘木町のまちづくりを都市再生整備計画「甘木地区」を策定し、平成20年度から道路整備・公園整備・公共公益施設整備等をまちづくり交付金(現社会資本整備総合交付金)を活用しながら実施してきました。
 この度、成果等を客観的に検証することを目的として、都市再生整備計画「甘木地区」の事後評価原案の公表および意見を募集します。
■公表および意見募集期間
11月26日(月)~12月14日(金)
■資料
(1)都市再生整備計画「甘木地区」
(2)事後評価原案
■閲覧・配布場所
・市ホームページに掲載(http://www.city.asakura.lg.jp
・市街地活性化推進室(本庁2階)
・朝倉支所市民窓口係(朝倉支所1階)
・杷木支所市民窓口係(杷木支所1階)
■意見の提出方法
(1)郵便 市街地活性化推進室(〒838‐8601 朝倉市菩提寺412番地2)
(2)FAX(23‐1536)
(3)電子メール(shigaichi@city.asakura.lg.jp
(4)閲覧窓口へ直接提出
 書式は自由です。住所・氏名(法人その他の団体にあっては、所在地、団体名及び代表者の氏名)を記載してください。
◎提出した人の氏名、住所は厳正に取扱い、公表することはありません
◎提出された意見は事後評価で検討いたしますが、意見への個別回答は行いません

※詳しくは、市市街地活性化推進室(内線61‐240)へ。

◆工業統計調査にご協力ください 行政経営課

 平成24年工業統計調査を、12月31日現在で行います。
 この調査は、日本の工業の実態を明らかにするために、製造業に属する全国すべての事業所を対象に実施する調査で、中小企業施策や地域振興などのための基礎資料として利活用されます。
 調査の実施にあたっては、本年12月から来年1月にかけて調査員がお伺いします。
 なお、調査票に記入された内容は、統計法に基づき秘密が厳守されますので、正確な記入をお願いします。
(経済産業省ホームページ) http://www.meti.go.jp/statistics/
【経済産業省・福岡県・朝倉市】
※詳しくは、市行政経営課広報戦略係(内線61-316)へ。

◆農地・農業用施設の単独災害復旧事業 農林課

 広報あさくら9月15日号でお知らせした、大雨被害による農地・農業用施設(農道・水路・溜池・頭首工等)の単独災害復旧申請書を未提出の人は至急、提出してください。
■対象者…7月3日からの大雨で被害を受けた農家の人で、農地・農業用施設災害復旧工事を市農林課へまだ申請していない人
■申請場所…市農林課(朝倉支所)または、災害復旧班(杷木支所)

※詳しくは、市農林課庶務係(52-1115)へ。

◆嘱託職員の募集(保育士・保育所調理員) 人事課

 朝倉市では、平成25年度の嘱託職員を次のとおり募集します。

【保育士業務A】
■勤務内容…公立保育所での保育業務
■募集人数…16人程度
■資格等…保育士証の交付を受けている人
■報酬…月額16万8000円(平成24年度実績)

【保育所調理業務】
■勤務内容…公立保育所での調理業務
■募集人数…5人程度
■資格等…調理師免許を持っている人
■報酬…月額15万7000円(平成24年度実績)

【共通事項】
■雇用期間…平成25年4月1日~平成26年3月31日(変更の場合あり)
■受付期間…12月3日(月)~平成25年1月11日(金)の8時30分~17時15分(土日祝日および年末年始の休日を除く)郵送の場合は平成25年1月11日(金)の17時15分必着で、書類が完備しているものに限り受け付けます。
■受付場所…市人事課(〒838-8601 朝倉市菩提寺412番地2)
■試験日…平成25年1月20日(日)(詳細は試験案内に記載)
■試験会場…朝倉市役所本庁
■試験案内の配布…12月3日(月)から、市人事課(本庁3階)、市総合案内(本庁1階)、朝倉支所市民窓口係(1階)および杷木支所市民窓口係(1階)で配布します。市のホームページからもダウンロードできます
※詳しくは、市人事課(内線61-320)へ。

◆障害者無料相談 福祉事務所

 身体障がい・知的障がい・精神障がいがある人やその家族が抱えるさまざまな不安や悩みなどについて相談支援専門員が無料で相談に応じます。
●期日・場所
◎12月18日(火)
■場所…朝倉老人福祉センター健康相談室
◎12月19日(水)
■場所…ピーポート甘木保健福祉センター第2応接室
◎12月20日(木)
■場所…女性センターあすみん講習室1
■相談時間…13時30分~16時(受付は15時30分まで)
■相談例…障がいがあり困っているがだれに相談すればいいかわからない、障がいをもつ子どもの成長に不安がある
※詳しくは、市福祉事務所障がい者福祉係(内線61-120、61-121)または地域活動支援センターあさくら(23-0285)へ。

◆障害者週間のお知らせ 福祉事務所

 12月3日~9日の一週間は障害者週間です。
 事故や病気、老化等によってだれにでも障がいは生じえるものです。
 障がいは多種多様で、外見からはすぐには分からない障がいもあります。障がいによる不自由はあっても、周囲の理解や配慮があれば出来ることも少なくありません。
 障がいのある人もない人もだれもが暮らしやすい社会の実現に向けて、一人一人が日常生活の中で出来る工夫や配慮を共に考えて行きましょう。

※詳しくは、市福祉事務所障がい者福祉係(内線61-120)へ。

◆平成25年度 市・県民税(個人住民税)の改正点 税務課

■生命保険料控除制度の改正

 平成22年度の税制改正により、生命保険料控除が次のとおり改組され、平成25年度の市・県民税(個人住民税)から適用されます。

(1)平成24年1月1日以後に締結した保険契約等

介護医療保険料控除(創設)2万8000円(控除額上限)+一般生命保険料控除(縮減)2万8000円(控除額上限)+個人年金保険料控除(縮減)2万8000円(控除額上限)=7万円(上限)

計算式
年間の支払保険料等   控除額
1万2000円以下    年間の支払保険料等の全額
1万2001円以上3万2000円以下 年間の支払保険料等×1/2+6000円
3万2001円以上5万6000円以下 年間の支払保険料等×1/4+1万4000円
5万6001円以上    一律2万8000円

(2)平成23年12月31日以前に締結した保険契約等

一般生命保険料控除3万5000円(控除額上限)+個人年金保険料控除3万5000円(控除額上限)=7万円(上限)

計算式
年間の支払保険料等   控除額
1万5000円以下    年間の支払保険料等の全額
1万5001円以上4万円以下  年間の支払保険料等×1/2+7500円
4万1円以上7万円以下   年間の支払保険料等×1/4+1万7500円
7万円以上     一律3万5000円

(3) (1)と(2)双方の保険契約等に係る控除がある場合

(1)と(2)のそれぞれの計算式で求めた合計額(各控除の上限は2万8000円で、合計額の上限は7万円)

■医療費控除の対象範囲の拡大

 医療費控除の対象となる医療費の範囲に、介護福祉士または認定特定行為業務従事者が診療の補助として行う喀痰吸引等に係る費用の自己負担分を加えることとされました。
◎介護福祉士は平成27年4月1日から、認定特定行為業務従事者は平成24年4月1日から、医師の指示、看護師との連携のもと、喀痰吸引等を実施できることとされています。

詳しいお問い合わせは、市税務課(内線61-160、162、163)へ。

 ページの先頭へ戻る

 

リビングシリーズ(広報あさくら平成24年12月1日号、22ページから23ページ

◆人権 朝倉市解放文化祭

 本年度も全市的な解放文化祭にするため、杷木地域で開催される「いのち・愛・人権」展と同時開催します。
 館内では、作品の展示や人権パネルの展示、ステージ発表、屋外では、バザーを行います。 
 日ごろの文化活動の成果の発表の場だけにとどまらず、人と人とのコミュニケーションを通して、人権について考える良い機会となるのではないでしょうか。
■日時…12月8日(土)、10時~16時
■場所…杷木地域生涯学習センター(らくゆう館)・朝倉市女性センターあすみん
■内容…《作品展示》書道、生花、手芸・工芸作品、デイサービス参加者作品など
■問い合わせ
○朝倉市解放文化祭については甘木総合隣保館(22-6294)、または杷木人権啓発センター(62‐1032)へ
○「いのち・愛・人権」展については、実行委員会《事務局》杷木地域コミュニティ連合会(62‐0178)へ

◆消費 買え買え詐欺にご注意ください

【買え買え詐欺のながれ】
(1)A社から権利に関するパンフレットや申込書が送付される
(2)B社から「A社が販売する権利を購入すれば、高値で買い取る」との電話勧誘がある
(3)消費者はA社に通信販売で権利の購入を申し込む
(4)最終的にA社、B社ともに連絡が取れなくなり、実質紙切れの権利証券もどきだけが消費者の手元に残る

 消費者は、何度も勧誘を受けたり、公的機関をかたる者から電話がかかってきたりすることで「A社は信頼できる会社である」と信用し、お金を支払ってしまいます。
 複数の業者が登場し、さも「演劇」のように仕立て上げられた勧誘が行われるため、劇場型勧誘と呼ばれています。
 また、権利の投資対象としては、最近話題になっているものや高齢者が興味や関心を持ちそうな事業、新しくて将来性のある事業、そして社会貢献につながりそうな事業が多く見られます。
 しかし、買え買え詐欺において、消費者が利益を得られたケースは今までに1件も確認できていません。少しでもおかしいなと思ったら、すぐに周りの人や消費生活センターにご相談ください。

【消費者へのアドバイス】
(1)自分が持っていない金融商品や権利について買い取るから利益になるなどと、他社と契約させようとする話には絶対に耳を貸さないこと
(2)絶対にお金を渡さずに、すぐに消費生活センターに相談すること
(3)周りの人も高齢者がトラブルに遭っていないか気を配ること

お問い合わせは朝倉市消費生活センター(52-1128)へ。

◆文化 国指定天然記念物「久喜宮のキンメイチク」

 広報あさくら7月1日号でもお知らせしましたが、朝倉市杷木寒水「文字社」の境内に存在する真竹のキンメイチクが国指定天然記念物「久喜宮のキンメイチク」として追加指定されました。
 元々キンメイチクが自生していた箇所が、竹にとって生育する環境が良好でなくなり、数年新しい竹の発芽が見られない状況が続いていました。こちらは引き続き経過が観察され、貴重な竹の種類であるキンメイチクの遺伝形質保存のために、生育環境が良好な文字社のものが追加指定されました。
 キンメイチクとは竹の突然変異で、竹肌が黄金色味を帯び、その状況が明るい金色に見えることから「金明竹」と呼ばれるようになったそうです。最も美しい竹と呼ばれることもあります。竹の変異種であるため、マタケ・ハチク・モウソウチクのキンメイチクがありますが、マタケのキンメイチクは珍しいということで国指定された経緯があります。
 1年目の物が一番美しいといわれ、その後徐々に色がくすんでいきます。
 昔の人はこのキンメイチクを見て、竹取物語を発想したのかもしれません。

この記事に関する問い合わせは、市文化課へ。

◆環境 環境課に寄せられた相談内容を紹介します

 環境課には、年間を通じて様々な苦情・相談が寄せられます。今回はその中でも軽微な内容を除き、厳重注意や指導を行ったものをご紹介します。
 グラフのとおり、野焼きや空き地の雑草に関する相談が非常に多い状況です。
 野焼き相談は、悪質な廃棄物の焼却というよりは、「洗濯物に煙の匂いがついて困る」といった相談が多いです。少量の剪定枝や落ち葉を燃やすときなども風向き等を考慮し、近隣の迷惑にならないようお願いします。
 空き地の雑草については、基本的に土地所有者の責任で管理すべきものです。環境課でも調べられる範囲で所有者を調べ管理の依頼をしておりますが、残念ながら所在地不明で連絡がつかないケースも増えてきています。
 また、年数回発生しているのが、河川への油流出です。燃料タンクの老朽化等も多いのですが、近年では不要になった灯油等を川に捨てたと思われる油流出も発生しています。油を河川に捨てるのは絶対にやめてください。不要になった油は、処理費を払ってガソリンスタンド等で引き取ってもらいましょう。

お知らせ
 市環境課、朝倉支所市民窓口係、杷木支所市民窓口係で、家庭(個人)で出た植物性廃食用油の回収を行っています。

この記事に関する問い合わせは、市環境課へ。

  ページの先頭へ戻る

情報満載!お知らせ広場(広報あさくら平成24年12月1日号、24ページから27ページ) 

◆お知らせ

□12月1日は世界エイズデーです

 休日・夜間にエイズ相談とエイズ等の検査を実施します。相談や検査は匿名、無料で受けられます。個別相談でプライバシーを厳守します。
■日時…【休日】12月2日(日)、受付10時~12時
【夜間】12月11日(火)、受付16時~19時
■場所…福岡県久留米総合庁舎 3階専用フロアー
■検査項目…エイズ(HIV)、梅毒、性器クラミジア
◎エイズ検査については、採血後約1時間で本人に説明します。その他の検査は約一週間後に来所していただき、直接結果を説明します
■定例相談…【久留米総合庁舎】毎週火曜日、9時~11時
【朝倉総合庁舎】毎週月曜日、9時~10時(予約制)
 検査項目相談場所によって結果説明方法が異なるので事前にお問い合わせください。
※詳しくは、北筑後保健福祉環境事務所 保健衛生課(22-4190)へ。

□医師・歯科医師・薬剤師のみなさんへ

 医師、歯科医師、薬剤師の免許を持っている人は2年ごとに12月31日現在における氏名、、住所やその他の事項を届け出ることが義務づけられています。
 平成24年はその届出の年です所定の届出表に記入の上、保健所への提出をお願いします。
■届出義務者…日本に住所があり、日本の医籍に登録されている医師、歯科医籍に登録されている歯科医師、薬剤師名簿に登録されている薬剤師(就業の有無にかかわらず届出の義務があります)
■届出先…住所地を管轄する本県の保健所・保健福祉(環境)事務所
■届出期限…平成25年1月15日(火)
■届出票および記載要領…届出票は、保健所・保健福祉(環境)事務所にて配布。ホームページからもダウンロードできます
※詳しくは、福岡県保健医療介護総務課(092-643-3238)、または県ホームページ(http://www.pref.fukuoka.lg.jp/b02/h24-ishishikaishiyakuzaishi.html)へ。

□養育費の電話相談

 母子家庭のお母さん、父子家庭のお父さんまたは離婚協議中の人を対象に、養育費の電話相談業務を実施しています。
■受付日時…平日の9時~16時
※詳しくは、県母子家庭等就業・自立支援センター(092-584-3931)へ。

□労働相談会

 突然解雇された、残業代を払ってくれない、有給休暇を取らせてくれない等、職場でのトラブルはひとりで悩まず相談しましょう。県の専門官が相談をお受けします。相談は無料で、予約不要。秘密厳守します。
■日時…12月6日(木)、14時~19時
■場所…ピーポート甘木
※詳しくは、市商工観光課(52-1428)へ。

□お金の悩み出張相談会

 借金などお金の悩みについて相談に応じます。事前に予約してください。
■日時…12月13日(木)、10時~16時
■場所…ピーポート甘木・第8学習室
■相談料…無料(福岡県民対象)
※詳しくは、グリーンコープ生活再生・久留米相談室(0942-36-8877)へ。

□C型肝炎ウイルスに感染した人へ、給付金のお知らせ

 出産や手術における大量出血等の際に、特定の血液製剤を投与したことにより、C型肝炎ウイルスに感染した人に給付金を支給しています。給付金の請求手続きは、平成30年1月15日までに行ってください。
※詳しくは、厚生労働省相談窓口(0120-509-002)へ。

□年末の交通安全県民運動

■期間…12月11日(火)~31日(月)
■運動の重点…飲酒運転の撲滅、高齢者の交通事故防止
◎飲酒運転は「絶対にしない、させない、許さない」
◎飲酒を伴う会合などには車、自転車を使用せず、タクシーやバス、電車等の公共交通機関を利用しましょう
◎夕暮れ時や早朝などの暗い時間帯に道を歩くときや自転車に乗るときは、ドライバーが確認しやすい明るい服装や反射材用品を着用しましょう
【朝倉警察署・市消防防災課】

◆募集します

□商品開発、起業・就職をめざす参加者

 本市を含む筑後・朝倉地域の15市町村、経済団体等で構成する筑後地域雇用創造協議会では、12月から新たな「九州ちくご元気計画」を開始します。この計画では、【人材育成】個人、グループのビジネススキルを向上する機会の提供、【雇用拡大】事業者の個別具体的な商品磨きをサポート、【商品開発】実力ある商品をパッケージ開発で後押し、【観光プログラム開発】ちくごのファン拡大のためのアプローチ、を4つの柱として取り組みます。
※詳しくは、筑後地域雇用創造協議会(0942-32-1133)、九州ちくご元気計画ウェブサイト(http://kyushu‐chikugo.net)へ。

□交流もちつき会&クリスマス会のボランティア

 ハンディキャップのある人たちとボランティアさんとの交流を目的とした「交流もちつき会&クリスマス会」を開催します!みんなと一緒に楽しみながら、お手伝いをしていただけるボランティアさんを募集します。
■日時…12月23日(日)、10時~16時
■内容…《午前》もちつき会、《午後》クリスマス会
■場所…老人福祉センター「寿楽荘」(甘木中学校グラウンド横)
■申込期限…12月14日(金)まで
※詳しくは、市社会福祉協議会(22-7834)へ。

□あさくら「第九」合唱団員

 あさくらの地で歓喜の歌を一緒に歌いませんか?
■演奏日時…平成25年6月23日(日)
■場所…ピーポート甘木大ホール
【合唱団員】
■対象者…性別、年齢は問いません。初心者大歓迎!
■募集人数…120人(定員になり次第締切)
■参加費…《一般》1万円《学生》7000円
■申込方法…(1)郵送(〒838-0061朝倉市菩提寺750-1あさくら第九実行委員会事務局)
(2)電話(090-3603-7934)(3)FAX(52-0246)、(4)電子メール(freude.in.asakura@gmail.com)、(5)ホームページ(http://
freudeinasakura.web.fc2.com/)
※詳しくは、あさくら第九実行委員事務局小川さん(090-3603-7934)へ。

□放送大学学生

 放送大学は、BSデジタル放送を利用して授業を行う、国がつくった通信制の大学です。心理学・福祉・経済など幅広い分野の科目を1科目から自宅のテレビ等で学べます。
 平成25年4月入学生を募集します。
■入学資格…15歳以上(全科履修生は18歳以上)
■募集期限…12月1日(土)~2月28日(木)
※詳しくは、同大学福岡学習センター(092-473-1365)へ。

□日本語教室あさくら参加者

 日本語や日本の文化を学びたい外国の人を募集します。
■日時…毎週水曜日、10時~11時30分(第5水曜日は休み)
■場所…ピーポート甘木・第3学習室
■費用…月額500円
■その他…ボランティアスタッフも募集しています(経験不要、英語が話せなくても大丈夫です)
※詳しくは、日本語教室あさくらの草野さん(21-0635)へ。

□らくらく筋力アップで健康に

 簡単な運動で筋力はアップします。個人にあわせたメニューで運動不足を解消し、あなたの健康を後押しします。
■対象者…朝倉市内在住の65歳以上の人
・体力をつけたいけどやり方がわからない
・足が弱って歩くのがちょっと怖くなってきた
・運動は好きだけど一人じゃ続かない
■期間…平成25年1月~3月の毎週火曜日と金曜日(合計24回)
■参加費…2400円
■場所…朝倉老人福祉センター
■定員…12人
■申込方法…電話で申し込む
※詳しくは、朝倉市社会福祉協議会(52-0154、22-7834)へ。

◆講演・講座など

□母子家庭のためのパソコン(初級)講習会

ワード・エクセル・インターネット
■期日…平成25年1月16日~31日の平日(火・水・木・金)10日間
■時間…9時~12時
■場所…クローバープラザ(春日市)
■受講料…無料(テキスト代3150円程度が必要)
■対象…県内に住む母子家庭の母または寡婦で、求職・転職を希望している人
■定員…20人
■託児…あり(要予約)
■申込方法…市子ども未来課および県保健福祉環境事務所社会福祉課にある申込書に記入し、県母子寡婦福祉連合会へ郵送またはFAX。申込書はホームページ(http://fukuoka-kenboren.jp/)からも入手可
■申込期限…12月25日(火)
※詳しくは、県母子寡婦福祉連合会(〒816-0804春日市原町3-1-7 クローバープラザ受け箱11号、092-584-3931、FAX092-584-3923)へ。

□朝倉市長杯身体障害者グラウンドゴルフ大会結果

 10月27日(土)、B&G海洋センター横グラウンドゴルフ場で、第7回朝倉市長杯身体障害者グラウンドゴルフ大会が行われました。
今回は、団体の部が11チーム(33人)、個人参加が2人、合計35人が参加しました。大会結果は次の通りです(敬称略)。

【団体の部】
《優勝》立石支部C(平兮俊一・水上三郎・小川国光)
《準優勝》聴覚障害A(岡部直重・尾畑文雄・信国秀一)
《3位》馬田支部A(高良征茂・能登原浩香・柴田政義)

【個人の部】
《優勝》尾畑文雄(聴覚障害A)
《準優勝》平兮俊一(立石支部C)
《3位》水上三郎(立石支部C)

【ホールインワン】
尾畑文雄
平兮俊一
熊谷正清
信国秀一
※詳しくは、市福祉事務所障がい者福祉係(内線61-121)へ。

□ヘルスメイト料理講習会

食パンをまるごと使ったクリスマスレシピ♪
 今年のクリスマスは、食パンを無駄なく使った料理を囲みませんか? ヘルスメイトと一緒に楽しく作りましょう。
■日時…12月14日(金)、10時~12時30分
■場所…ピーポート甘木 保健福祉センター2階調理実習室
■メニュー…栄養たっぷりサンドウィッチ&カナッペ、手作りクルトン入りスープ、パンの耳でつくるレーズンボール
■対象…朝倉市内在住者(先着30人)
■参加費…300円(材料代の一部負担金として)
■持参品…エプロン・三角巾、動きやすい服装で参加してください
■申込み…12月11日(火)までに市健康課へ電話で申し込む
※詳しくは市健康課(22-8571)へ。

□山田堰等の世界農業遺産登録を目指す協働会議

第2回ワークショップのご案内
 ワークショップでは、「山田堰」「棚田」「お祭りや文化」「小石原焼」「生物多様性」などについて、どんな課題があるか、それらを解決する仕組み作りについて、皆さんの知恵をお借りしたいと思います。
 魅力ある朝倉づくりのため、ぜひ、ご参加ください。

■日時…12月15日(土)、13時30分~16時
■場所…甘木地域センター(フレアス甘木)
※詳しくは、篠崎さん(080-1708-3113)へ。

■相談コーナー 12月1日~12月21日

市役所(22-1111)

■家庭児童・母子相談(本庁子ども未来課)
土・日・祝日以外毎日、8時30分~17時
各支所へ事前予約すれば支所で相談に応じます
■農地相談(本庁・朝倉・杷木支所)
14日(金)、13時30分~16時
■消費生活相談(消費生活センター52-1128)
土・日・祝日以外毎日、10時~16時

ピーポート甘木

■司法書士相談(社協、予約制22-7834)
13日(木)、13時~16時
■法律相談(社協、予約制22-7834)
7日(金)、21日(金)、13時~15時
■心配ごと相談(社協22-7834)
11日(火)、13時~16時
■行政相談(市役所行政経営課22-1117)
18日(火)、13時~16時

朝倉老人福祉センター(社協)

■心配ごと相談・行政相談(52-0154)
4日(火)、13時~16時
■心配ごと相談・人権相談(52-0154)
18日(火)、13時~16時

杷木老人福祉センター(社協)

■心配ごと相談・行政相談(63-3543)
12日(水)、13時~16時
■消費生活相談(63-3543)
12日(水)、10時~16時

北筑後保健福祉環境事務所(朝倉本庁舎)

■エイズ・クラミジア・梅毒の相談・検査、B型・C型肝炎相談・検査(予約制22-4190)
3日(月)・10日(月)・17日(月)、9時~10時
■心の相談(予約制22-3965)
4日(火)・11日(火)・18日(火)、13時~15時
■女性の健康相談(予約制22-3965)
20日(木)、14時~16時

朝倉商工会議所

■年金相談(予約制092-552-6118・6112)
12日(水)、10時~15時
■法律相談(予約制21-2624)
5日(水)・10日(月)・14日(金)・19日(水)・21日(金)
13時30分~17時(予約後、市行政経営課で紹介カードを発行)

朝倉市教育支援センター

■教育相談(22-3399)
土・日・祝日以外毎日、9時~16時30分

甘木地域センター

■人権相談(法務局22-2455)
14日(金)、13時~16時

電話相談

■無料建築相談(取次22-1859内線527)
14日(金)、9時~17時(甘木朝倉建築設計協会の相談電話番号を紹介)
■あさくら女性ホットライン(092-513-7337)
土・日・祝日以外毎日、10時~17時
■妊婦さん・赤ちゃん・子ども・思春期電話相談(092-642-0110)
年末年始以外毎日、9時~17時30分

◆今月の納税等

◎国民健康保険税(6期)
◎介護保険普通徴収(6期)
◎固定資産税(3期)

◆朝倉市郡ひとの動き 平成24年10月31日現在

朝倉市、人口57,372人(前月比-50)、男性26,979人、女性30,393人、世帯数20,718戸(前月比+14)
筑前町、人口29,400人(前月比+45)、男性13,982人、女性15,418人、世帯数10,068戸(前月比+12)
東峰村、人口2,457人(前月比-4)、男性1,134人、女性1,323人、世帯数919戸(前月比+-0)

 ページの先頭へ戻る
 

健康と福祉のページ(広報あさくら平成24年12月1日号、28ページから29ページ)

◆特定健診はお済みですか

 市では、国民健康保険加入者の40~74歳の人を対象に特定健診を実施しています。14、15ページでもお知らせしたように、生活習慣病を予防したり、早期に発見・治療したりすることが、医療費の抑制や、みなさんの今の生活を守ることにつながります。その一つの手段として、特定健診をご利用ください。
 グラフで示しているように、健診を継続して受けている人は医療費が低くなっています。健診を受診することが、医療費の増加を防ぐ第一歩につながるので、1年に1回自分の体をチェックしましょう。
 治療中でも特定健診の対象者です。また、特定健診対象者で、すでに人間ドックや職場健診を受診した人は、特定健診を受けたとみなす場合があります。詳しくは、市健康課までお問い合わせください。
■まだ特定健診を受診していない人へ
◎指定医療機関での特定健診は12月末まで実施
◎朝倉診療所での特定健診(誕生月検診も実施中)は3月まで実施
 健診を受ける際は事前に電話で予約してください。
※詳しくは、市健康課(22-8571)へ。

子育てほっとサロン つどいの広場 12月の行事予定

 つどいの広場(寿楽荘内)は、毎週火曜~金曜日の10時~15時まで開設しています。さまざまな催しを行っていますので、気軽に遊びにきてください。
(1)12月2日(日)、10時30分~
●内容…クリスマス会
(2)12月6日(木)、11時~
●内容…子育て講座(プレママ講座)
「お母さんになる前に知っておきたいこと」
(3)12月13日(木)、11時~
●内容…リース作り
(4)12月20日(木)、11時~
●内容…手作りおもちゃ
(5)12月27日(木)、11時~
●内容…絵本の読み聞かせ
※詳しくは、朝倉市子育てほっとサロン・つどいの広場(080-6439-1851)へ。

多胎児を持つ親子のサークル

 多胎児を持つママからの声で実現したサークル「ツインズクLOVE」です。朝倉市内在住の双子以上のお子さんと保護者はどなたでも参加できます。
■日時…12月12日(水)、10時~12時
■場所…寿楽荘
■対象…市内在住で、双子以上の子どもを持つ保護者と子ども(未就学児)
※詳しくは、家庭子どもセンター(24-0055)へ。

ファミリーサポートセンターあさくら 会員登録会

 地域の中で「子育ての手伝いをしたい人」と「子育ての手助けをしてほしい人」が会員となって、一般的な子育てを助け合う有償のボランティア組織です。
【会員の種別】
◎お願い会員…子育ての手助けをして欲しい人
◎みまもり会員…子育ての手伝いをしたい人
◎どっちも会員…手助けもして欲しいし、手伝いもしたい人
《お願い会員登録会》
●日時・場所…12月13日(木)、10時~12時、寿楽荘
※詳しくは、同サポートセンター(寿楽荘内、24-0055)へ。

子育てインフォメーション

すくすく(育児)相談

 子どもの成長・発達、母乳、離乳食、遊び、歯みがき、しつけ、トイレトレーニングなどご相談ください。
●日時・場所 (1)12月19日(水)、13時30分~15時、ピーポート甘木・保健福祉センター※医師の診察と母乳相談の受付は、14時30分まで。

もぐもぐ教室

 離乳食のはじめ方・進め方がわからない、思うように食べてくれないなど、離乳食で悩んでいるみなさん、参加してみませんか?
●日時・場所 12月20日(木)、10時~12時、ピーポート甘木・保健福祉センター
●対象者 生後4カ月~9カ月の乳児とその保護者(申込順15組)
※14日(金)までに予約が必要です。母子健康手帳、筆記用具、エプロンを持参してください。

マタニティクラス(母親学級)

 妊娠中の過ごし方、母乳哺育について。アロマセラピーなど。
●日時・場所 12月11日(火)、9時30分~12時、ピーポート甘木・保健福祉センター
※7日(金)までに予約が必要です。母子手帳・筆記用具を持参し、動きやすい服装で来てください。

母子健康手帳交付

《健康課》月~金曜日(祝日を除く)、8時30分~17時
《朝倉支所》12月19日(水)、9時30分~12時
《杷木支所》12月13日(木)9時30分~12時

のびのび広場

 子どもたちがのびのびと遊べて、子育て中の人が交流できるように、部屋を開放します。
●日時 12月3日(月)、4日(火)、10日(月)、11日(火)、17日(月)、18日(火)、25日(火)、26日(水)、10時~13時
●場所 ピーポート甘木・保健福祉センター
※3日(月)の10時~11時30分は、身体計測を行います。

プレパパママクラス

 沐浴、妊婦体験などを行います。出産に備えて、パパ、ママ一緒に参加してみませんか?
●日時・場所 12月16日(日)、9時15分~12時 ピーポート甘木 保健福祉センター
※14日(金)までに予約が必要です。初めて出産を迎える人には案内します。第2子以降の人もご参加ください。(申込順15組)

看護職員再就業移動相談

 保健師、助産師、看護師、准看護師の資格を有し、現在看護の現場を離れている人を対象に、求人求職情報や最新の医療・看護情報の提供等を行う移動相談を開催します。                   
■日時…12月18日(火)、13時~16時
■場所…福岡中央公共職業安定所(福岡市中央区)
 登録時には、免許番号・取得年月日・履歴等を記入してもらいます。
※詳しくは、公益社団法人福岡県看護協会 福岡県ナースセンター( 092-631-1221)へ。

診療のお知らせ12月2日~12月16日

●休日当番医
※診療時間…9時~17時

◆12月2日(日)
◎西内科医院
  (内科系/ 堤  22-0188)
・太刀洗病院
(内科系/筑前町22-2561)
◆12月9日(日)
・きたの小児科医院
(内科系/屋 永23-1177)
・岡部整形外科医院
(外科系/甘 木23-0111)
◆12月16日(日)
◎朝倉診療所
(内科系/古 毛52-1131)
◎朝倉健生病院
(外科系/甘 木22-5511)

●歯科休日急患診療
※診療時間…9時~15時

◆12月2日(日)
・草場歯科医院( 堤 22-1020)
◆12月 9日(日)
・くぼやま歯科医院( 堤 21-1457)
◆12月16日(日)
・熊谷歯科医院(筑前町24-4000)

※変更になることがあります。電話で確認して来院してください。

◎の医療機関で午前中のみ特定健診を受けることができます。事前に電話予約をし、当日は朝食をとらずに受診してください。
急患対応中や感染症の流行時には特定健診を実施できない場合があります。

朝倉地域休日夜間急患センター(来春)
23-0077(朝倉医師会病院内)
《平日》内科・外科17時~翌日8時30分、小児科19時30分~23時30分
《土曜日》内科・外科12時30分~翌日9時、小児科17時~翌日9時
《日・祝・年末年始》内科・外科9時~翌日8時30分、小児科9時~翌日7時

福岡県救急医療情報センター
092-471-0099
 24時間体制で救急病院を紹介。

小児救急医療相談(聖マリア病院)
0942-37-6116
携帯短縮 #8000
※開設時間…19時~翌日7時(23時以降は民間の健康相談事業者が対応)
 小児の救急医療に関する相談と、夜間診療の情報提供。

 ページの先頭へ戻る 

図書館だより(広報あさくら平成24年12月1日号、30ページから31ページ) 

◆12月の休館日

◎全館休館日 12月3日(月)、10日(月)、17日(月)、24日(月)、28日(金)、29日(土)、30日(日)、31日(月)

◆今月の催し物 / 参加費無料

□あさくら図書館
■おはなし会
日時 毎週土曜日、14時~
場所 おはなしコーナー
内容 絵本の読み聞かせ、手遊びなど

■あかちゃんおはなし会
日時 12月1日(土)、11時~
場所 おはなしコーナー
対象 0歳~1歳の乳児と保護者
内容 絵本の読み聞かせ、わらべうた遊びなど

□中央図書館
■おはなし会
日時 毎週土・日曜日、14時~
場所 おはなしの部屋
内容 絵本の読み聞かせ、手遊びなど
第1・3土曜日は「虹の会」
第4土曜日は「日本語教室あさくら」
■ぴよぴよおはなし会
 赤ちゃんのおはなし会です。
日時 12月12日・19日(水)、11時~
場所 おはなしの部屋
対象 0歳~3歳未満の乳幼児と保護者
内容 手遊びうた、読み聞かせなど

□はき図書館
■わくわくおはなし会
第4金曜日の12月28日(金)は年末休館日のため中止です。

◆12月の上映会

□金曜日の映画館(大人向け)
 無料の上映会です。気軽にご鑑賞ください。
場所 中央図書館2階・視聴覚室
時間 13時30分~
期日・内容
7日 秋刀魚の味/邦画
21日 ジェイン・エア/洋画

□あさくらシネマ
 無料の上映会です。
場所 朝倉地域生涯学習センター・AVホール
時間 13時30分~
期日・内容
2日 ホームアローン/洋画

図書館利用カードは3図書館共通です

 図書館利用カードは、中央館、あさくら館、はき館の3館どこでも共通で利用できます。

◆ブックスタート

 絵本をとおして親子のふれあいを深めてもらおうと、乳幼児健診の会場で絵本を開く楽しさや大切さを伝えます。

《10カ月児》
■12月5日(水)
時間 健診受付、13時15分~
場所 ピーポート甘木・保健福祉センター
対象 甘木・朝倉地域の平成24年1月生まれの赤ちゃんと保護者

■12月13日(木)
時間 健診受付13時~
場所 市女性センターあすみん(杷木池田)
対象 杷木地域の平成24年1月・2月生まれの赤ちゃんと保護者

《1歳6カ月児》
■12月6日(木)
時間 健診受付、13時15分~
場所 ピーポート甘木・保健福祉センター
対象 甘木・朝倉地域の平成23年5月生まれの赤ちゃんと保護者

●23が60読書運動

 毎月23日の週は、「朝倉市子ども読書週間」とし、60分以上の読書を推進しています。これは4月23日の「子ども読書の日」にちなんだものです。「23が60読書運動」を合言葉に、みんなで子どもの読書活動を応援しましょう。

●クリスマスおはなし会

◎中央図書館
【冬のおはなし会2012】
●日時 12月16日(日)、14時~(45分程度)
●場所 ピーポート甘木保健福祉センター2階
●内容 ペープサート、パネルシアター、手遊びなど。
 今回は、スペシャルゲストとして朝倉の読書団体「遊moreママ」をお招きし、ペープサートを予定しています。たのしい内容もりだくさんです。たくさんのご参加をお待ちしています。
※ペープサートとは紙人形劇のことで、人物の絵などを描いたものを棒につけて動かして演じます。

◎あさくら図書館
【おはなしの部屋~クリスマススペシャル2012~】
●日時 12月21日(金)、11時~
●場所 おはなしコーナー
●内容 絵本の読み聞かせ、エプロンシアターなど。●ゲスト 八尋理恵さん(エルマー語りの会)

◎はき図書館
【クリスマスおはなし会】
●日時 12月22日(土)、13時30分~(40分程度)
●場所 杷木地域生涯学習センター・文化ホール
●内容 ブラックシアター、大型紙芝居、手遊びなど楽しいおはなしの世界。ご家族や、お友達を誘ってご参加ください。

◆今月のおすすめ

●一般書
「山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた」
  山中 伸弥 著
 「決してエリートではなく、臨床医への挫折からはじまった僕の研究――」ノーベル賞を受賞した山中教授の半生と「iPS細胞ができるまで」と「できること」などが読みやすく書かれた旬な自伝です。
(中央・あさくら・はき 所蔵)

●一般書
「ツナグ」 
辻村 深月 著
 突然死したアイドル、癌で逝った母、けんかしたまま亡くなった親友。死者との再会を望むなんて、生者の傲慢かもしれない……。
喪われた思いの行方を描く長編です。(147回直木賞受賞作家による2010年の作品)。
(中央・あさくら 所蔵)

●児童書
「ピヨピヨメリークリスマス」 
工藤 ノリコ 著
 きょうはクリスマス! ピヨピヨひよこの五つ子ちゃんは、サンタさんが来るのが待ち遠しい。お祈りしたり、お父さんに聞いてみたり。「いい子にするからきてください」ピヨピヨ一家の楽しいクリスマスのお話です。
(中央・あさくら 所蔵)

●視聴覚(DVD)
「おさるのジョージ」
 世界的ベストセラー絵本が映画になりました。ニューヨークの博物館で働くテッドが、アフリカのジャングルで出会ったのはおさるのジョージ。いたずら好きなジョージの冒険を描いたハートフルな作品です。
(中央・あさくら・はき 所蔵)

 ページの先頭へ戻る
 

文化・学習の催し(広報あさくら平成24年12月1日号、32ページから33ページ)

◆平塚川添遺跡公園季節体験事業 はじめての野鳥観察参加者募集

 小学生や初心者でも気軽に参加できるバードウォッチングです。園内では、カモやカワセミなど珍しい野鳥も観察できます。双眼鏡などは主催者が用意します。(雨天中止)
■日時…12月9日(日)、9時30分~11時30分
■場所…平塚川添遺跡公園
■定員…20人(先着順)
■参加費…無料
※詳しくは、平塚川添遺跡公園(21-7966)へ。

◆家庭教育講座 親子クリスマスリース作り

 自然の木の葉や木の実・花を使ってオリジナルリースを作りましょう
■日時…12月15日(土)、9時30分~12時
■場所…ピーポート甘木2階第5学習室
■参加費…一家族300円(手芸用ワイヤー代)
■持参品…はさみ 木の葉や木の実・花(あれば)
■申込方法…生涯学習課に電話で申込む(申込多数の場合は先着15家族まで)
※詳しくは、市生涯学習課(22-2348)へ。

◆平成24年度朝倉市美術展 受賞者発表!

 平成24年度朝倉市美術展(甘木市美術展より通算56回)では、日本画・洋画・彫刻・工芸・書・写真・グラフィックデザインの各部門に179点の出品がありました。各賞の受賞者は次のとおりです(敬称略)。
◆大賞《洋画》吉田勇輔
◆朝倉市長賞
《書》鹿毛望美《写真》宇都宮敦
◆朝倉市教育委員会賞
《日本画》川口幸子 《彫刻》佐藤ゆかり
◆朝倉市教育委員会教育長賞
《書》井本勝彦
◆甘木連合文化会賞
《洋画》井上すみ子 《写真》井口ミツヱ
◆甘木連合文化会会長賞
《日本画》坂田登美子 《書》永野懐
◆朝倉市議会議長賞
《洋画》伊藤真雄 《写真》小嶋徳雄 
◆福岡県美術協会賞
《工芸》林ヤヨイ 《写真》仲山養
◆甘木・朝倉広域市町村圏事務組合理事長奨励賞
《洋画》三好真由 
◆朝倉医師会会長奨励賞《写真》西澤博子
◆甘木ロータリークラブ奨励賞《書》原菜摘
◆朝倉ライオンズクラブ奨励賞《工芸》野田眞良
◆ブリヂストン甘木工場長奨励賞
《洋画》小森開 《写真》安岡義之
◆キリンビール福岡工場長奨励賞
《日本画》古賀忠則 《書》井上理沙
◆筑前町長奨励賞《グラフィックデザイン》北原茉実
◆筑前町文化協会奨励賞《写真》野田眞直
◆朝倉市公民館長・コミュニティ事務局長会奨励賞
《工芸》薙野東
◆ピーポート甘木奨励賞《工芸》渡辺美紀
◆高鍋町文化協会奨励賞《日本画》石川トモヱ
※詳しくは、市文化課(22-0001)へ。

◆平塚川添遺跡公園季節体験事業 「しめなわ作り体験」参加者募集

 災難を防ぎ、家族の健康を守ると伝えられる注連縄作りを体験して、新しい年を迎えましょう。
■日時…12月23日(日)、10時~12時
■場所…平塚川添遺跡公園
■申込期限…12月12日(水)
■定員…15組(定員を超えた場合は抽選)
■参加費…無料
※詳しくは、平塚川添遺跡公園(21-7966)へ。

◆平成24年度 第7回朝倉市成人式を開催します

■日時…平成25年1月13日(日)
【今年から日曜日開催になっています。ご注意ください】
《受付》13時30分~、《開式》14時~(15時終了予定)
■場所…ピーポート甘木・大ホール
■アトラクション…馬田鼓響の太鼓演奏、映像で振り返る20年のあゆみ
■対象…平成4年4月2日~平成5年4月1日の間に生まれた人
■成人式の案内
 平成24年12月1日現在で朝倉市に住民票がある人へ、12月中旬ごろに案内状を送付します。
 なお、朝倉市出身で現在市外に住民票がある人には案内状は送付しませんが、当日受付で式典に参加することができます。市外に住民票がある人は、当日年齢が確認できるもの(免許証、保険証等)を持参してください。
【注意事項】
 送迎の際、文化会館通りはたいへん混雑します。事故防止のため、この通りでの車の乗り降りはご遠慮ください。
 また飲酒しての来場および敷地内への酒類の持ち込みは固くお断りします。 
※詳しくは、市生涯学習課(22-2348)へ。

◆ホールの催しガイド(ピーポート甘木、朝倉・杷木地域生涯学習センター)、11月10日現在

【12月】

ピーポート甘木
・4日(火)、人権を考える朝倉市民のつどい、大ホール、19時、無料、《連絡先》市人権同和対策課(22-1111)
・6日(木)、朝倉市老人クラブ連合会教育講座公演、中ホール、13時、関係者、《連絡先》市老連事務局・井上(080-1731-7999) 
・14日(金)、トリオ・ロス・ファンダンゴス Xmas Night Concert、中ホール、18時30分、無料、《連絡先》市文化課(22-0001) 
・23日(日)、甘木双葉幼稚園「生活発表会」、中ホール、13時30分、関係者、《連絡先》甘木双葉幼稚園(22-6680) 

朝倉地域生涯学習センター(朝倉文化ホール)
・1日(土)、朝倉市まちづくりチャレンジ大学 第4回公開講座、13時30分、受講生無料/一般500円、《連絡先》チャレンジ大学・本石(090-7392-3195)
・2日(日)、朝倉市郡文連研修発表会、13時、無料、《連絡先》文化協会(52-1414)
・15日(土)、自主文化事業 名画上映会「一枚のハガキ」、(1)14時/(2)18時、500円、《連絡先》市文化課(22-0001)

杷木地域生涯学習センター(杷木文化ホール)
・5日(水)、寿大学教養講座、9時30分、関係者、《連絡先》杷木地域コミュニティ連合会(62-0178)
・8日(土)、いのち・愛・人権展、10時、無料、《連絡先》いのち・愛・人権展実行委員会(62-0178)
・22日(土)、クリスマスお話し会、13時30分、無料、《連絡先》はき図書館(63-3178)

【1月】

ピーポート甘木
・13日(日)、平成24年度 第7回朝倉市成人式、大ホール、14時、関係者、《連絡先》市生涯学習課(22-2348)
・19日(土)、自主文化事業 オペラ「椿姫」、大ホール、18時30分、S席3000円/A席2000円/学生1500円(当日500円増)、《連絡先》市文化課(22-0001)

杷木地域生涯学習センター(杷木文化ホール)
・9日(水)、寿大学教養講座、9時30分、関係者、《連絡先》杷木地域コミュニティ連合会(62-0178)
・13日(日)、杷木地区成人者の会、9時、関係者、《連絡先》杷木地域コミュニティ連合会(62-0178)

※主催者の都合により、日時・内容・料金等が変更されることがあります。詳しくは、主催者におたずねください。  

 ページの先頭へ戻る
 

市民くらぶ(広報あさくら平成24年12月1日号、34ページから35ページ)

 ※このコーナーでは、みなさんからの作品や投稿、あかちゃんの写真を募集しています。また、「広報あさくら」への意見やまちの話題など、いろいろな情報をお待ちしています。(行政経営課広報戦略係)

◆広報文芸

≪俳句≫ (矢野たけし選)

・日暮まで夫黙々と松手入 頓田 星野ヒサヱ

・車椅子孫等に押され秋祭 牛鶴 手島良比古

・毛槍振る孫のたのもし里祭 倉吉 原野百合子

・散紅葉絨毯のごと石畳 美奈宜の杜 宇都信泰

・衣被久々に食べ母偲ぶ 頓田 上田チヨ


≪川柳≫ 平井良子選

今月の題「登」

・越えて来た登り下りの人生路 平塚 原田マユミ

・開墾の遠い昔の登り道 千手 山崎弘子

・コンクール登竜門の道険し 頓田 田代昭子

・十六才で登った山は今麓 金丸 三笠典子

・桟橋の足元ゆらぐ登り坂 甘木 神宮司美和子

●関西から朝倉へ ふるさとへの想い

 10月6日、大阪市ホテルニューオータニ大阪で、第4回関西あさくら会総会が行われました。関西朝倉会は、平成21年に市の親善大使である内田健彦さんが発足させた団体で、「ふるさとに想いを馳せる」主に朝倉出身の関西在住の人たちで構成されています。
 総会では、会長でもある内田さんから「関西と朝倉で、人、物の交流を活発化させていきたい」と挨拶がありました。
 会場で行われた市の物産即売会では、懐かしいふるさとの商品に、多くの参加者が想いを募らせていたようでした。

●(株)メタルテックス、明石機械工業(株) 事業連携に伴う立地協定締結式

 10月29日、朝倉市に(株)メタルテックスが進出し、明石機械工業(株)と事業連携を展開することになり、市役所で立地協定締結式が行われました。
 両社は平塚工業団地内にある明石機械工業(株)九州工場内に、高効率な設備を導入し、自動車のマニュアルトランスミッションのギア鍛造から機械加工・熱処理・組付工程までを一貫して行います。
 今回の事業連携で、両社合わせて60人以上の採用が見込まれています。

●美奈宜の杜で食と文化の祭典

 10月27日、28日の両日、美奈宜の森コミュニティセンターで、「秋のあさくら食と文化の祭典」が行われました。地元の農産物の販売や小石原焼の実演、地域住民による文化芸術作品の発表展示が行われました。
 当日、愛犬リッキーとともに会場を訪れた寺崎昭さん(上浦)は「このような地域住民の触れ合いの場は良いですね」と語りました。

◆け・ん・こ・う!Cooking 県栄養士会・病院栄養士協議会 管理栄養士

「きのこのリゾット」

■材料(2人分)…精白米2合、玉ねぎ・しめじ・エリンギ各80グラム、オリーブ油大さじ1、酒大さじ2、バター10グラム、粉チーズ大さじ4、固形コンソメ2個、お湯1リットル、パセリ・黒コショウ少々
■作り方…(1)玉ねぎはみじん切り、しめじは小房に分けエリンギは食べやすい長さに薄切りにする。(2)お湯とコンソメを合わせておく。(3)鍋にオリーブ油を熱し、玉ねぎをしんなりするまで炒める。米は洗わずに加え、色が透き通るまで炒める。(4)酒、きのこを加えてまぜ、コンソメスープを1/3加えて煮詰める。汁気がなくなったら1/3ずつ煮詰めていく。(5)味見して芯が残っていなければバター、チーズを加えてまぜ、お好みで黒コショウ、パセリをかける。

◆私のイラスト展 作品募集中!

【応募方法】ハガキの表に、住所・氏名(ふりがな)・年齢・コメント、裏にイラストを白黒ではっきり描いて、市行政経営課広報戦略係へ。
※掲載された方には、図書券を差し上げます。

【今月のイラスト】
※イラストは省略します。

◆満一歳おめでとう

 1月1日号「満一歳おめでとう」コーナーの申し込みは12月7日までに市行政経営課広報戦略係(市役所本庁3階)へ。

 ページの先頭へ戻る

まちかどウォッチング(広報あさくら平成24年12月1日号、36ページから37ページ)

■地域の繋がり、神幸祭 恵蘇八幡宮神幸祭

 10月14日、朝倉市山田の恵蘇八幡宮で、市無形民俗文化財の神幸祭が行われました。百人一首の第一札の詠み手である中大兄皇子(後の天智天皇)にゆかりのある恵蘇八幡宮から、国天然記念物である隠家の森に設けられた外宮まで、約300人の行列が練り歩きました。
 行列は獅子が先導し、家々を回り、出迎えた人々の頭を噛んで無病息災を祈りました。隠家の森の外宮では、小学生から選ばれた巫女たちによる舞いが奉納されました。

■ちゃんこでごっつあんです ちゃんこ鍋交流会

 10月21日に朝倉農業高校跡地で、片男波部屋力士が作ったちゃんこ鍋と、朝倉市食生活改善推進会が作った郷土料理のくずかけ(だぶ)を囲んだ交流会が行われました。
 力士が大きなお鍋に具材や調味料をどっさりと入れると、見学者から歓声があがりました。この日のちゃんこは醤油味。他には塩味、みそ味などがあり、普段はこれらを順番に作って、飽きのこないようにしているそうです。食事のあとは、抽選会や写真撮影会が行われました。

■一丸となって優勝を勝ち取った 第7回パームリーブス旗少年野球大会

 10月20日、21日の2日間、第7回パームリーブス旗少年野球大会が開催されました。参加したのは全部で20チーム。市内の球団4チームの他に、近隣から16チームが参加し、熱い勝負を繰り広げました。
 優勝した杷木ジュニアホークス主将の熊谷慶彦君は「一球一球、力を込めて投げました。優勝できて嬉しいです」と熱戦を振り返りました。
《参加団体》甘木ゴールデンフェニックス、金川少年野球、志波ベイスターズ、杷木ジュニアホークス

■連綿と受け継がれる伝統芸能 甘木盆俄 第32回保存公演

 朝倉市の指定無形民俗文化財の甘木盆俄(歌舞伎)第32回保存公演が、10月21日、ピーポート甘木・大ホールで行われました。
 今年の保存公演では、子どもたちが演じる人気の白波五人男のほか、口上、伊達模様甘木賑、春日の由来・良弁杉と、全部で4つの芸題が披露されました。
 甘木盆俄は、その長い歴史の中で一度途絶えましたが、昭和56年に復活し、今は朝倉市を代表する伝統芸能として、地域の人たちに連綿と受け継がれています。 

■遊びで世界を感じよう クバーラ体験

 10月27日、甘木体育センターでの学童保育交流会でクバーラが行われました。
 クバーラとは、アフリカのマダガスカルで古くから行われていた伝統的な遊びで、鬼ごっこのようなものです。遊ぶためのルールはシンプルですが、作戦を立ててみんなと協力したり、臨機応変に対応したりと、奥深く遊ぶことができるようになっています。
 子どもたちは初めての遊びにもすぐに順応し、とても楽しんでいました。

■職場や地域は自分で守る 第20回消火競技大会

 10月24日、甘木・朝倉消防本部で、消火競技大会が行われました。今回が20回目となる大会には「自分の職場、地域は自分で守る」というスローガンのもと、消火器の部男子13人、女子18人。屋内消火栓の部男子10チーム、女子5チームが出場しました。
 競技後行われたアトラクションでは、生い立つ保育園幼年消防クラブ員によるマーチング演奏、○×クイズなどが行われ、盛会の中、事故もなく無事終了しました。

ページの先頭へ戻る
 

裏表紙(広報あさくら平成24年12月1日号、38ページ) 

◆求むアイディア人 あなたの「やってみたい」を、《市からの5つの支援で》応援します!

 市では、男女共同参画社会の実現に向けた市民のみなさんの取り組みを応援します。性別にかかわらず、男女がともに個性豊かに生き生きと暮らしていける社会をめざし、あなたのアイディアや想いを形にした事業を企画してみませんか。
 市が講師謝金等の支援をします。
 
■企画テーマ
 男女共同参画に関する講座で、より多くの市民の関心と理解を深めるものであること。
■応募資格
 朝倉市民(在住・在勤・在学)を中心とし、事業の企画から準備、実施まで自主的な取り組みが可能な団体・グループが実施するもので、平成25年3月31日までに事業が完了するもの。
■応募方法
 所定の提案書(ホームページからダウンロード可)に記入し、行政経営課へ郵送または持参してください。

■支援内容
(1)講師の紹介
(2)講師への謝金(朝倉市基準による。上限2万円)
(3)資料の作成等必要な経費(用紙代程度)
(4)市の施設や機器の利用
(5)広報などの支援 
■募集企画数
 2企画程度(1団体につき1企画のみ)
■申込期間…12月3日(月)~平成25年1月31日(木)
■過去の事業…「なぜ遺言が必要なのか」「家族そろって仲良く幸せにくらすために」など

※詳しくは、市行政経営課・男女共同参画推進係
(22-1111、内線61-308)へ。

◆DV・デートDV防止教育の講師を派遣します(費用無料)

 昨年、市が行った意識調査では、市内の女性23.4パーセント、男性14.4パーセントがここ3年間で配偶者や恋人からなんらかの暴力を受けたと回答がありました。DVは犯罪となる行為も含む人権侵害であり、被害者だけでなく子どもにも大きな影響を及ぼす深刻な問題です。
 なぜ起きるのか、どうしたら防止できるのか、相談されたらどうすればよいか等、DVに詳しい専門家を講師として派遣します。費用は無料です。地域の会合や団体の学習会にご活用ください。

■講師派遣の対象となる会合等
 市内の事業所・団体・グループ(学校、PTA、自治会、サークルなど)等でおおむね10人以上の会合等で平成25年3月31日までに開催されるもの。
■申込方法…所定の提案書(ホームページからダウンロード可)に記入し、行政経営課へ郵送または持参
■申込期間…12月3日(月)~平成25年1月31日(木)
※詳しくは、市行政経営課・男女共同参画推進係(22-1111、内線61-308)へ。

◆第8回朝倉市民祭「花の邪馬台国まつり」実行委員ボランティア募集

 昨年、甘木公園を主会場として約3万人が参加した朝倉市民祭「花の邪馬台国まつり」。市民間の交流をさらに促進し、朝倉市の素晴らしさを内外にアピールする絶好の機会です。市民祭のイベント等を企画・運営する実行委員ボランティアを募集します。
■申込期限…12月14日(金)
※詳しくは、朝倉市民祭実行委員会事務局(甘木鉄道甘木駅構内ほとめく館・朝倉市観光協会24-6758)へ。

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ
総務部 人事秘書課
電話番号 : 0946-22-1111
ファックス番号 : 0946-22-1118
メールアドレス : jinji@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?