広報あさくら(平成25年1月1日号)

広報あさくら(平成25年1月1日号)目次

 

表紙(1ページ)

特集 年頭のあいさつ(2ページから3ページ)

特集 朝倉市で活躍するみなさんを紹介(4ページから5ページ)

特集 朝倉市の未来予想図(高校生の提言)発表会(6ページから7ページ)

特集 食の原点回帰5「家族団欒の場」(8ページ)

特集 朝倉の宝活用アイデア発表会(9ページ)

市政ニュース(10ページから13ページ) 

情報満載!お知らせ広場(14ページから17ページ)

健康と福祉のページ(18ページから19ページ)

図書館だより(20ページから21ページ)

文化・学習の催し(22ページから23ページ)

市民くらぶ(24ページから25ページ)

まちかどウォッチング(26ページから27ページ)

裏表紙(28ページ)

 

表紙(広報あさくら平成25年1月1日号、1ページ) 

■豊作の証 ―大山祇神社おしろい祭り―

 12月2日、杷木の大山祇神社で、新米の米を水で練った「おしろい」を顔に塗って翌年の豊作を願う祭りが行われました。おしろいが多く付けば付くほど豊作の証と言われています。顔を真っ白に塗られた氏子の1人は「今年はいろいろありました。来年はぜひ良い年になってほしいですね」と願いをかけました。

ページの先頭へ戻る
  

平成25年 年頭のあいさつ(広報あさくら平成25年1月1日号、2ページから3ページ) 

朝倉市を日本一のふるさとにするために

 新年あけましておめでとうございます。
 市民の皆さまには、希望に輝く新年をお迎えのことと、心からお慶び申し上げます。また昨年中は市政にあたたかいご支援とご協力を賜りましたことを厚くお礼申し上げます。
 私が市長に就任して3回目の新年を迎えました。昨年を顧みますと、7月・8月の豪雨により、市民お二人の尊い命が奪われ、昭和28年の水害以来の甚大な被害を受けてしまいました。犠牲となられたお二人のご冥福をお祈りいたしますとともに、悲惨な出来事が二度と起きないよう安全・安心のまちづくりに努めることを改めて痛感いたしました。
 被災されました皆さまにお見舞いを申し上げますとともに、物心両面にわたりご支援をいただきました皆さまに厚くお礼申し上げます。
 現在、着実に復旧・復興に向かっておりますのも、ひとえに市民皆様のご理解とご協力の賜であり、深く感謝申し上げます。
昨年は大きな災害に見舞われましたが、行政として取り組むべき課題にも対処できた1年でもありました。
 (株)惣和、プレテック福岡(株)、明石機械工業(株)や(株)メタルテックスなどの企業進出、大学と連携した朝倉の宝観光振興、フレアス甘木建設、縁結び事業など計画しておりました事業を着実に進めることができました。ワンストップ窓口サービスも軌道に乗り、順調に機能させることができました。
 本年は、安全・安心のまちづくりとあわせ、1日も早い災害復旧に努め、「親と子と孫が一緒に暮らす朝倉市」を目指して、昨年にも増して雇用対策、地域活性化、福祉の向上、子育てなど、様々な課題にしっかりと取り組んでまいります。市民の皆さまの声に耳を傾け、手を取りあいながら「朝倉市を日本一のふるさと」にするため決意を新たにいたします。
 皆さまの市政へのご理解とご協力に感謝申し上げますとともに、今年一年のご多幸とご健康をお祈り申し上げ、謹んで年頭のあいさつといたします。            

平成二十五年元旦 朝倉市長 森田俊介

開かれた議会・責任ある議会へ

 新年明けましておめでとうございます。
 市民の皆さまには、輝かしい新年を健やかに迎えられましたことを、心からお慶び申し上げます。
 また、日頃から市議会に対して、温かいご理解とご協力をいただき、心から感謝申し上げます。
 昨年は、7月・8月の豪雨により朝倉市は大きな被害を受けておりますが、被災された皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。議会としても執行部と一体となって復旧・復興に全力を尽くしていく所存でございます。
 さて、国の地域主権改革の下に、地方自治体への権限移譲が進んでいますが、朝倉市議会は議会の本来の機能である政策決定並びに市長等の事務執行について、監視強化を図りながら市民の視点に立った透明性の高い市政を推進していくために、開かれた議会・責任ある議会を目指してまいります。
 引き続き、市民の皆さまのご理解とご支援を心からお願い申し上げ、今年一年が皆さまにとりまして、健康で幸多い年となりますよう、心よりお祈りいたしまして、年頭のごあいさつとさせていただきます。

平成二十五年元旦 朝倉市議会議長 手嶋源五

明けましておめでとうございます

 市議会は、住民自治の根幹として市民の負託に応えるべく、役割と責任を果たし、市政の充実に努めてまいります。あわせて皆さまのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

 平成二十五年元旦 朝倉市議会議員一同

今年は巳年

 平成25年(2013年)は巳年です。
 蛇は爬虫類ヘビ亜目の動物で、トカゲと同じ祖先をもつといわれています。体は細長く四肢はありません。細い舌の先端は二股に分かれていてよく動きます。こんな異様な外見から、蛇を嫌う人が多いようです。ヘビは温帯、熱帯、亜熱帯に多く生息し、アラスカやシベリアなど寒い地方にもいます。
 日本の神話に登場する蛇はヤマタノオロチ(八岐大蛇)といって、頭が8つ、尾が8つ、体の長さは8つの谷を越えるほどだったといいます。そのオロチが娘を食べに来て、スサノオノミコトという神に退治されたという話です。
 一方、蛇は神格化され、聖書や他の神話にもしばしば登場します。
 中国神話では、世界を作り、泥の滴りから人間を作ったのは女禍(正確な字は女偏に咼)という人面蛇身の女神でした。また、メキシコのアステカ神話では、羽毛ある蛇ケツァルコアトルは創造神・太陽神とされ、やはり人間を作り、人々に智恵をもたらしています。
蛇は古くから人間とかかわりが多い動物だけに、蛇に関する故事やことわざもいろいろあります。
 「蛇足」。これはよく知られている言葉で日常会話にも使われていますが、こんな由来があります。
 昔、楚の国の役人が、蛇の絵を一番早く描いた者が酒を飲むことができるという競争をしました。1人がいち早く完成したのにもかかわらず、時間に余裕があったので足を描き足してしまい、負けてしまったという話です。そのことから、あっても意味のないもの、余計なことという意味に使われます。
 「蛇穴を出づ」は冬眠していた蛇が、春の訪れとともにはい出すことを言い表しています。社会にはいろいろな出来事がありますが、今年も春のように、明るい日差しが多く注がれることを願いたいものです。

 ページの先頭へ戻る

朝倉市で活躍するみなさんを紹介します(広報あさくら平成25年1月1日号、4ページから5ページ) 

教育、福祉、ボランティア、環境など、さまざまな分野で活躍するみなさんを紹介します(順不同)。

◆援護事業功労者厚生労働大臣表彰 戦傷病者援護功労 永露 希さん(平塚)(県傷痍軍人会朝倉支部副支部長)

甘木市のときに、副支部長3年、支部長を6年。朝倉市になって支部長を4年、副支部長を2年、計15年、役を務めています。思い出に残ることは、市町村合併に伴う傷痍軍人会の合併です。それぞれの気持ちを一つにすることを心がけました。

◆文部科学大臣表彰 優良公民館表彰 安川公民館

安川地区では、青少年が健やかに育ち、高齢者の生きがいを高めるため、地域住民が一体となって「子育て・高齢化支援事業」に取り組んでいます。地域の良さや地域の人とのふれ合う機会、場所を設定し、住みやすい環境作りに取り組んでいます。

◆国土交通大臣表彰 水資源功績者表彰 水土里ネット山田堰(西岡隆士理事長)

堀川のクリーンアップ活動は5回目を数えます。始めたころに比べ、雲泥の差で環境が良くなりました。ですから、この賞を戴いたのは、地域・流域住民のみなさんのおかげです。今後も山田堰や三連水車は世界に誇る農業遺産だと伝えていきます。

◆社会福祉従事者 福岡県知事感謝状 髙崎 京子さん・藤原 芳子さん・草場 佐和子さん(ひばりが丘学園)

●高崎さん/子どもたちが満たされるよう、温かいものを愛情こめて作ってます(調理師)
●藤原さん/家庭に近い環境にし、子どもに寄り添うことを心がけてます(総括主任)
●草場さん/子どもたちの母親のような存在になれるよう心がけてます(幼児部指導主任)

◆ボランティア功労者 福岡県知事感謝状 白石 智久さん(秋月)(古処学園)

7年前、カットボランティアをすることになり、それからずっと続けています。カットする際には、衛生面で問題がないように気を付けています。また、髪型についても、子どもたちの意見も聞きながら、今の流行に合わせたカットを心がけています。

◆ボランティア功労者 福岡県知事表彰 子どもと遊ぶ会青い鳥

18年間活動をしています。子どもたちの社会的な問題が注目されたときに、子どもたちに豊かな心を育てたいということで始めました。現在は、子どもたちの所はもちろん、いきいきサロンに呼ばれていくこともあります。今後も身体が動く限り続けていきます。

◆統計功績者表彰 総務大臣表彰 北原 弘人さん(多々連)(統計調査員)

10年近く調査員をしています。調査なので、ミスしないことと、確認・復唱をして、間違いがないように気を付けました。調査員の仕事は大変ですが、朝倉市ではドアを開けて話を聞いてくださるので、とてもありがたかったです。

◆統計功績者表彰 福岡県統計協会名誉会長表彰 穴井 勝年さん(杷木志波)(統計調査員)

統計調査は、仕事というか、こちらからご協力をさせていただいている気持で行っているので、身に余る栄誉を戴いたと思っています。私たち自身が統計調査に関わって、それが生活などに反映してくることが嬉しいと思っています。

◆統計功績者表彰 福岡県統計協会名誉会長表彰 小島 美明さん(小田)(統計調査員)

15年ほど調査員をしています。今回の表彰は、私だけの賞をもらうということではなく、職員の方、企業の方、住民の方の協力で仕事をさせて戴いた、という気持ちでお受けしたいと思っています。

◆春の叙勲 瑞宝双光章 江上 幸彦さん(山田)(元朝倉町収入役)

朝倉町で総務課長を8年した後、当時の町長から頼まれて58歳で収入役に就任し、3期12年を務めました。その間、健全な財政運営に務め、合併にむけての道筋を付けることができました。多くの人の協力があってこその受章だと思っています。

◆第18回危険業務従事者叙勲 瑞宝双光章 川藤 市郎さん(菩提寺)(元甘木・朝倉広域市町村圏事務組合消防正監)

地域の安全を守るという当たり前のことをして、このような栄誉に浴することについて、身に余る光栄だと感激しています。これも、消防の関係者や市民のみなさん、地域社会のおかげだと感じています。今後も地域に恩返しをしていきたいと思っています。

◆第18回危険業務従事者叙勲 瑞宝双光章 小島 茂美さん(堤)(元警視庁警部)

42年間、東京都警視庁に務めました。都内で6カ所を転勤しながら、途中「3億円事件」や「東大事件」などにも関わりました。また昭和天皇陛下の送迎の際に、白バイ隊員として先導を行ったことが感慨深いです。

◆秋の叙勲 瑞宝小綬章 内山 隆臣さん(来春)(元広島地方検察庁事務局長)

検察事務官として42年間務めました。人様の一生を左右する仕事なので、公正公平を心がけました。全国を転勤で回ったことで、各地に友人ができ、ここ朝倉でも、多くの良い人たちと巡り合えました。それが一番の財産だと思っています。

◆秋の叙勲 瑞宝小綬章 長野 紘一さん(菩提寺)(元福岡土木審議監)

38年ほど勤めました。皇居で陛下に拝謁すると、気持が引き締まる思いでした。
仕事で、建設省にも大分県にも行きましたが、そこで良き後輩や同僚に恵まれました。そのことも、瑞宝章と戴いたことと同じぐらい価値のあることだと思っています。

◆秋の叙勲 瑞宝単光章 山田 茂登さん(菩提寺)(元福岡県県営林看守人)

県営林看守人として、山を見て回る仕事を47年ほどしていました。多いときには、半日で山道を20キロ以上歩くときもありました。大きな雨が降ったり雪が降ったあとには、被害が出ないように必ず見回りをして、山の安全に気を付けていました。

◆第19回危険業務従事者叙勲 瑞宝双光章 立野 紀幸さん(八重津)(元甘木・朝倉広域市町村圏事務組合消防監)

38年間、消防署員として住民のために、しっかりと頑張ることだけを考えてやってきてましたので、叙勲のことを聞いたときは大変驚きました。現職ではありませんが、これからも火事の三原則「すぐ消す、周囲に知らせる、早く逃げる」を伝えていきたいですね。

◆第19回危険業務従事者叙勲 瑞宝単光章 森川 信さん(甘木)(元福岡県警視)

最初は名古屋で民間会社に就職しましたが、自分には警察官が合っていると思い、一念発起して警察試験を受け、福岡県警に入りました。職場で出会った厳しい上司に、仕事はもちろん、生き方についても教えてもらいました。

◆第19回危険業務従事者叙勲 瑞宝単光章 谷口 誠人さん(杷木若市)(元福岡県警部補)

38年刑事畑でやってきました。捜査の中で危険な目に遭うこともありましたが、無事に役目を終えることができました。叙勲を戴き大変光栄に思います。
現在は、晴れたら野菜作り、雨が降れば読書と、晴耕雨読の生活を送っています。

※ご連絡戴いた人で、掲載の了解を得た人のみ紹介しています。詳しくは市行政経営課広報戦略係(22-1111、内線61-310)へ。

ページの先頭へ戻る

朝倉市の未来予想図(高校生の提言)(広報あさくら平成25年1月1日号、6ページから9ページ)

 10月20日に、杷木支所旧杷木町議場で、第2回「朝倉市の未来予想図(高校生の提言)発表会」が行われました。
 全部で52組の応募があり、その中から6組の個人・グループが、高校生の視点・自由な発想から描かれた新しい朝倉市の未来を熱く語りました。
 今回の提言を受け、審査委員長をつとめた垰夲副市長は「人口減少や朝倉市には森林が多いとの分析があり、少子高齢化にも着目していた。視点がしっかりしておりよくできていると感じた」と講評しました。
 なお、各発表内容のさらに詳しい内容については、市ホームページ(トップ>朝倉市からのお知らせ>朝倉市の未来予想図(高校生の提言)発表会を開催しました)で公開しています。
※詳しくは、市行政経営課経営係(22-1111、内線61-306)へ。

朝倉の未来は私たちが創る

◆朝倉の未来予想図 朝倉東高校 1の1 9班 代表 七熊 佑美

 アーケードで市場を開きたい。八百屋さんや農家の方々に協力して頂いて休日に旬な野菜や果物を売買する。また、いろいろな種類の飲食店を作る。アーケード専用割引券を作り、ポイントカードなどで活性化を目指す。
 市の特産物を使った新しい商品を作り、全都道府県にアピール。朝倉産の果物を使ったタルトやケーキなど。くずかけ(だぶ)、ぬたえという郷土料理を料理店のメニューに出していく。
 また、多彩な歴史、文化資源、伝統工芸品を利用したツアー。秋月城跡や黒門、三連水車などの観光地を巡るツアーや、草木染めや秋月和紙、竹工芸などの伝統工芸品を体験するツアーなど実施。
 市民全員が参加するお祭り。ダンス大会などを催し、絆を深める。
 観光スポットを巡るバスを運行。また、高速道路のサービスエリアで、特産物や特産物から作った商品をおみやげとして販売する。

◆【3位】里山の観光資源化について 朝倉光陽高校3年1組政治・経済クラス(2)代表 中西 快

 朝倉市の山間部を利用した「Iターン推進事業」を提言する。人口減少の抑制だけでなく山間部保護、新たな観光資源の開発と朝倉市の魅力の市外へのPRが期待できる。
 具体的には、水源に悪影響を与えない範囲で山間部を開拓し、ログハウスなどの木造の家を造って市外からの入居者を募集する。希望者に無料農林業講習や免税特権を与える。入居者は半自給自足の生活をする。
 次に、特産品の開発に取り組む。市と商品開発のノウハウを持つ企業や高等学校で連携し、里山ブランドを確立する。さらに市営のキャンプ場、貸別荘やデイシェアできる別荘地として山間部を開発し、入居者にその管理を委託する。このようなレジャー空間の長期利用によって、朝倉市へのIターンを考える人が増えていく。
 朝倉市の大部分を占める山間部を持続可能な開発で里山として整備し、市の新しい魅力としてPRする。

◆【2位】自慢できる町づくり 朝倉高校2年 時津 菜摘

 お店に、地元産を使っているということを主張してもらう。観光客は朝倉でしか味わえない味や商品を求める。
 次に高速道路の出入口を、もっと魅力的なものにする。高速道路を降りて、まず目に飛び込んでくる景色。これからの観光をより楽しみにさせ、帰る時に「来てよかった。絶対また来よう」と感じさせる空間。湯布院高速入口の道の駅ゆふいんのような。
 鹿児島県のやねだん集落は過疎高齢化集落からの再生に成功。空き家対策として芸術家を招致。空き家に住む芸術家が集落で芸術祭を行うことで集落全体が活気づけられた。
 朝倉には芸術家だけでなく建築家も招致したい。建築家の卵に3つの高速入口周辺に目印となるような、未来的でかつ現在の景観にも溶け込む建物の設計を依頼。癒しの空間。
 魅力あふれ自慢できる朝倉を、この町の人達で作り上げていくことが、朝倉の活性化に繋がるのではないか。

◆故郷の自然を活かす 朝倉東高校 1の1 6班 代表 佐藤 省吾

 今ある自然を活かして活性化につなげるということ。
 1つ目は、朝倉市を横切る筑後川を利用。鮎漁の1つとして名物の鵜飼いがある。また久留米で見かけるが、朝倉でも水上スキーを使った観光ができるのではないか。
 2つ目は、朝倉市の農家を活性化させること。まず地元の子ども達に朝倉市のすばらしい農産物について学んでもらい、作文やポスターを作ってもらう。それを多くの人に見てもらい、朝倉に来てくれるように呼びかける。
 朝倉の良いところは、今でも多くの自然が残っているところ。この自然を百年も二百年先も伝えていくために、自然と触れ合う機会を大人が子ども達に与えてあげることが大切。
 新しいものをどんどん取り入れるだけではなく、今ある朝倉にしかない自然を大切にし、なおかつ利用していくことで地域活性化につながっていくのではないか。

◆【市長賞(1位)】朝倉市民大学構想 朝倉光陽高校3年1組政治・経済クラス(3) 代表 堤 明希

 高校卒業後、進学する人は朝倉市をいったん離れてしまう。そこで朝倉市に大学をつくることを提言。
(1)国際学部…世界言語と世界各国の文化を学習。実習やボランティアとしてガイドや通訳をし、将来も活躍する。
(2)看護福祉学部…朝倉市をお年寄り満足度日本一の自治体に。お年寄りたちが安心して暮らすためには高度な介護、医療サービスが欠かせない。
(3)農林水産学部…農地改善、森林管理、河川環境整備。有機栽培や品種改良、商品開発・販売を担う人材育成。
(4)スポーツ健康学部…各高校で活躍した選手が集まる。全国大会や五輪で朝倉市の名を轟かせてほしい。
(5)マンガ・アニメーション学部…一流のマンガ家、アニメ作家の育成。日本のマンガや「ジャパニメーション」は世界的に重要な地位を占めている。
 先生は全国から定年退職した教授経験者を募集。また各分野のエキスパートを特別講師として招く。

◆未来の朝倉市のために 朝倉高校2年 内山 未奈都

 「朝倉市に就職したい、ずっと住んでいたい」という人を増やすために朝倉市を今以上に良くすることが重要。
 ポイ捨てされたゴミをなくすために考えた方法はゴミ拾い活動。1週間に1回朝倉高校の周りのゴミを拾う日を作って全生徒でゴミ拾いをする。
 朝倉市の有名な食材を使ったB級グルメコンテスト。ねぎや柿など有名な特産物を使い一番おいしい料理を決める。農家の料理を食べて農業に興味を持つ若者も増え、跡継ぎが少ない未来も大幅に変わる。
 観光客をさらに増やすために、朝倉の有名な果物や野菜、名所などをモチーフにしたキャラクターを作る。グッズ販売やイベントに登場させるなどして世間のゆるキャラの波に乗りたい。
 また、品種改良して訴求力のあるすごい野菜、または果物を作りたい。通常サイズの3倍のトマトなど。
 未来の朝倉市のため市民一人ひとりが考えて協力していくことが大切。

 ページの先頭へ戻る

 食の原点回帰5 楽しい記憶として残る―家族団欒の場(広報あさくら平成25年1月1日号、8ページ) 

 0歳の赤ちゃんが大好きな絵本には果物や野菜が載っている、食に関するものが多くあります。
 1~2歳の子どもは、母親がりんごやブドウの絵を描いて「これなあに?」と尋ねると、食べる真似をして遊びます。
 3歳頃には、だれもが読んだ「はらぺこあおむし」のお話を、何度も「よんで~」と催促し、青虫が蝶になるまでの成長に嬉しさを感じ、手をたたいて喜びます。
 4、5歳になると、食べることへの興味が湧き「人参やほうれん草を食べると元気が出る」というように、意欲が更に強くなります。このように、「食育」は生活の一部の中で養われています。
 大人が食事の大切さとは……と頑張って教えることはせずとも、日常の生活の中で親・家族との団欒をとおし、自然と食生活習慣が身に付き、食を楽しむことができていました。
 この0歳~小学校入学までの時期にテーブルを囲む楽しい記憶が多ければ多いほど、「食事は一緒に楽しむと、より美味しく感じたり、より気持ちが和んだりするんだ」と心に記憶されます。
 この「家族でテーブルを囲み食事をする」。これが当たり前だった時代が過ぎ、今は時間を合わせて食事をすることが非常に難しくなっています。原因は様々ですが、「親の共働き」「子どもの塾・習いごと」「核家族化」などがあげられます。
 このような中、お正月は楽しい記憶として残る1つの場です。ぜひ、年に1度の団欒を、心許せる人たちと過ごし食を楽しみましょう。
 また、食事の作法についても考えてみてください。「くちゃくちゃと音を立てて噛む」「テレビ・新聞を見ながら食べる」「食べ残し」などの行動は、10歳までの親の食べ方・躾(しつけ)が原因とされています。10歳までに身に付いたものが、今後の食生活の土台となるのです。しっかりとした食生活を心がけたいものです。
※国は、平成17年に食育基本法を制定し、国民運動として食育の推進に取り組んでいくことを決めました。法の前文には、「人々は、食生活の改善の面からも、「食」の安全の確保の面からも、自ら「食」のあり方を学ぶことが求められている。」と、その理念が謳われています。

おもちで作る懐かしい味 残り物レシピ「切り餅で作るおかき」

 お正月に余った「おもち」を上手に使った、子どもからお年寄りまで懐かしいおやつ作りです。

<材料>
切り餅5枚、塩大さじ1、砂糖小さじ1/2、揚げ油適量
<作り方>
(1) 切り餅はサイコロサイズに切る(大体でOKです)。
(2) 切ったお餅はザル等の上に乗せて5~7日ほど乾燥させる。(寒風にさらす)。
(3) サラダ油を温めて、乾燥した切り餅を揚げる。温度が高いと焦げてしまうので低温でじっくりと揚げる)。
(4) よい色に揚ったら、キッチンペーパーにのせ油を切る。
(5)ビニール袋に塩・砂糖を入れて、切り餅を一緒にシャカシャカすれば出来上がり!
◎保存場所 常温 
◎賞味期限 1週間程度

乾燥した切り餅(手前)とそれで作った切り餅おかき(後ろ)
切り餅の水分が多いと、揚げるときにはねやすいので注意が必要です

なかむら・ふみか◆市内在住。NPO法人日本食育インストラクター協会認定のインストラクター。「ぬくもり畑」マネージャー、「子育て支援センターつどいの広場」食育講座など多方面で活躍。

【問い合わせ先】市農業振興課(直通52-1427)

ページの先頭へ戻る

朝倉の宝活用アイデア発表会(広報あさくら平成25年1月1日号、9ページ)

 平成24年6月1日~7月31日に実施した「朝倉宝さがしコンテスト」。ここで集まった約130点の宝の活用策を市内3高校に検討して頂き、杷木支所旧杷木町議場で10月20日に発表会を行いました。
 なお、各発表内容の詳細については、市ホームページ(トップ>朝倉市からのお知らせ>朝倉の宝活用アイデア発表会を開催しました)で公開しています。
※詳しくは、市行政経営課経営係(22-1111、内線61-306)へ。

VIVAあさくら 朝倉高等学校 2年 朝倉高校生徒会執行部

 朝倉市の宝を活用した駅伝、旅行プラン、学生祭PR、動画の4つを考えた。
【駅伝】春は丸山公園の桜、夏は夏祭り、秋は果物が思い浮かぶと思う。冬はどうか。おそらくあまり思い浮かばないと思う。そこで朝倉市の宝を効率的に楽しめ、冬に合ったものを考えた。それが駅伝。私達が考えた駅伝は市内を回るもので、各チェックポイントを朝倉の宝にする。
【旅行】観光目的に合わせて3案を考えた。プランA「自然を中心にめぐる朝倉散歩」、プランB「朝倉の食を中心に巡る朝倉バイキング」、プランC「朝倉の歴史を中心に巡る朝倉タイムスリップ」。
【学生祭】題して、「大朝倉3高合同学生祭」。元気盛りの若者たちが自ら企画し実行できる能力を養う。将来全国に就職・進学した若者たちが朝倉の自慢をしてくれる。全国への発信については、珍しい行事を行うことで他の地方の人に「朝倉にはこんな行事があって面白い」と感じて欲しい。テレビや雑誌取材が来れば全国や外国にも朝倉の存在を知ってもらえる。
【動画】最後に、朝倉市をPRする動画を作った。素材集めから作成まですべて僕たちが行った。

【グッド・アイデア賞】朝倉は宝だらけです。 朝倉光陽高等学校 2年 末永組

 寄せられた朝倉の宝を、まず地域・場所で分類した。もっとも多く応募されたのは三連水車。2位が甘木公園。筑後川、各ダム、田園風景、甘木駅が3位。夕月神社、ビューホテル平成などもあった。
 次に内容で分類した。食に関わること17件で1位。自然や風景16件で2位、バサロや三連水車の里あさくらが11件で3位。他に祭りに関する応募などもあった。
 分析結果を見ると「食べること」と「自然」が1、2位。道の駅バサロではおいしいフルーツを買い求めることができ、菜の花やひまわりなど綺麗な花を見ることができる。「食べる」「自然」いずれも満喫することができる道の駅が事実上ダントツ1位ということになるかも。
 次に特に気になった宝をあげてみた。日本一美しいカメムシ、朝倉戦隊サンレンジャー。特にカメムシはいつも嫌われているので意外だった。サンレンジャーは大人から子どもまで楽しめる。
 光陽高校が考えるプランはご当地ヒーローに頑張ってもらうこと。サンレンジャーをテレビ化して宝に関わる話をPRしてもらう。地元の私たちが楽しみながら地域をアピールできたらいい。

Moon akizuki As a sakura 朝倉東高等学校 3年 TTT

私たちは秋月の魅力に特化して考えた。選んだ朝倉市の宝は古きよき秋月の歴史ある自然豊かな風土。秋月には桜と紅葉の時期にたくさんの観光客が訪れる。その時期に朝倉市の魅力を全面的にアピールしていきたい。
秋月は自然豊かだが交通の便が悪く、ベストシーズンの春や秋は交通渋滞が発生する。解決のために甘木駅から秋月行きの無料シャトルバスを運行する。シャトルバスに地域の歴史に詳しいボランティアガイドをのせ、お年寄りに委託する。
シャトルバスのデザインには、朝倉市のマスコットキャラクター「あきづきん」を新しく作りその柄にする。
すばらしい観光地にするにはルート案内板の設置、公衆トイレ衛生管理などの施設改善が必要春と秋にビッグイベントを開催し、朝倉市の宝を終結させる。またニーズにあった観光ができるように古処山登山コース、秋月散策コースをつくる。杉ノ馬場で朝倉のグルメ集結祭を行い、野外ステージでダンス、バンド演奏などを披露する。幅広い年齢層の人が表現できるばをつくる。

ページの先頭へ戻る

市政ニュース(広報あさくら平成25年1月1日号、10ページから13ページ)

◆平成25年度 学童保育所の入所者を募集します 子ども未来課

 学童保育所は放課後に児童(小学生)を保育する場で、各保護者会等で運営しています。
■対象…新1年生~新6年生

【金川学童保育所】
◎運営…学童金川っ子
■開設時間
《平日》放課後~18時
《土曜日》8時~17時30分
《長期休み・臨時休校日》8時~18時
■入所説明会…2月16日(土)、20時から金川学童保育所で開催
■申込方法…学童開設時間内に金川学童保育所(22-5160)へ申し込む。2月28日(木)まで

【甘木学童保育所】
【立石(【1】・【2】・【3】)学童保育所】
【三奈木学童保育所】
◎運営…わんぱくクラブ
■開設時間
《平日》放課後~18時
《土曜日》8時~17時30分
《長期休み・臨時休校日》8時~18時《延長保育》平日は19時、土曜日は18時30分まで
■入所説明会…1月27日(日)、14時から(13時30分受付)、各学童保育所で開催。立石【1】・立石【2】・立石【3】は、立石【2】で開催
■申込方法…入所説明会時、または平日13時~18時に、各学童保育所へ申し込む。2月9日(土)まで
・甘木小学校区
 甘木学童保育所(24-7020)
・立石小学校区
 立石【2】学童保育所(21-1080)
・三奈木小学校区
 三奈木学童保育所(21-0755)

【馬田学童保育所】
◎運営…学童馬田っ子
■開設時間
《平日》放課後~18時
《土曜日》8時~18時
《長期休み・臨時休校日》8時~18時《延長保育》平日・土曜日の18時30分まで
■入所説明会…3月2日(土)、19時30分から馬田学童保育所で開催
■申込方法…学童開設時間内に、馬田学童保育所(23-0596、馬田小学校となり)で配布する入所説明会参加申込書を同学童保育所へ提出。2月23日(土)まで

【秋月学童保育所】
◎運営…秋月学童保育保護者会
■開設時間
《平日》放課後~18時
《土曜日》8時~18時
《長期休み・臨時休校日》8時~18時
■入所説明会…3月上旬、秋月学童保育所で開催
■申込方法…秋月学童保育所(25-1777、秋月小学校内)へ申し込む

【福田学童保育所】
◎運営…福田学童保育所保護者会
■開設時間
《平日》放課後~18時
《土曜日》8時~18時30分
《長期休み・臨時休校日》8時~18時
■入所説明会…2月15日(金)、19時30分から福田学童保育所で開催
■申込方法…学童開設時間内に福田学童保育所(22-6714)へ申し込む

【大福学童保育所】
◎運営…大福学童保育所なかよし
■開設時間
《平日》放課後~18時30分
《土曜日》8時~17時30分 
《長期休み・臨時休校日》8時~18時30分 
《延長保育》18時30分まで
■申込方法…学童開設時間内に学童保育所「なかよし」(52-0946、大福小学校内専用施設)へ申し込む

【朝倉東学童保育所】
◎運営…朝倉東小学校区放課後児童クラブ保護者会
■開設時間
《平日》放課後~18時30分
《土曜日》8時~18時30分 
《長期休み・臨時休校日》8時~18時30分
■申込方法…学童開設時間内に朝倉東学童保育所(52-0901、朝倉東小学校内専用施設)へ申し込む

【杷木学童保育所】
◎運営…ひまわりっ子クラブ
■開設時間
《平日》放課後~18時
《土曜日》8時~17時30分 
《長期休み・臨時休校日》8時~18時《延長保育》18時30分まで(土曜日は18時まで)
■入所説明会…2月1日(金)、19時から杷木学童保育所で開催
■申込方法…学童開設時間内に、ひまわりっ子クラブ(63-3084、杷木小学校内)へ申し込む。2月7日(木)まで

【久喜宮学童保育所】
◎運営…久喜宮学童保育所 げんきっ子
■開設時間
《平日》放課後~18時
《土曜日》8時~18時 
《長期休み・臨時休校日》8時~18時《延長保育》18時30分まで
■入所説明会…2月2日(土)、19時
から久喜宮学童保育所で開催
■申込方法…久喜宮コミュニティ
(62-0018)へ申し込む

【わかば学童保育所】
◎運営…社会福祉法人真愛園
■開設時間
《平日》放課後~18時
《土曜日》8時~17時30分
《長期休み・臨時休校日》8時~18時《延長保育》平日は19時、土曜日は18時30分まで
■入所説明会…1月26日(土)、17時から真愛保育園2階・ホールで開催
■申込方法…学童開設時間内に、真愛保育園(22-2830)へ申し込む。2月1日(金)~15日(金)まで。

※詳しくは、各学童保育所または申込先へ。

◆平成24年度ポイント方式県営住宅入居者募集 都市計画課

■募集住宅
 県内に所在する県営住宅(募集対象団地、募集戸数等詳細については募集案内書をご覧ください)。
■募集案内書配布期間および申込受付期間
 1月10日(木)~1月21日(月)
(申し込み手数料は不要)
■募集案内書配布場所
 県内の各市(区)役所および町村役場、県住宅供給公社、公社管理事務所(福岡・北九州・筑後・筑豊)、公社管理事務所出張所(行橋・大牟田・直方・田川)、県庁県営住宅課、各地区県民情報コーナー(北九州・筑後・筑豊・京築)ほか 。
※詳しくは、県住宅供給公社県営住宅管理部(092-781-8029)または、県県営住宅課(092-643-3739)へ。

◆市営住宅入居者募集 都市計画課

 市営住宅に空家が生じた場合の補充入居者募集を行います。申込資格、必要書類等の詳細は、下記の窓口で配布する募集案内をご覧ください。なお、待機順を決める抽選会を3月上旬に行う予定です。

■募集案内配布・申込受付期間
 1月4日(金)~ 1月18日(金)
■募集案内・申込書の配布、受付窓口

・都市計画課 住宅係(本庁)
・朝倉支所 市民窓口係
・杷木支所 市民窓口係

※詳しくは、市都市計画課住宅係(内線61-236)へ。

◆朝倉市消防団からのお知らせ 消防防災課

●朝倉市消防団出初式を行います
 年頭にあたり、消防団員の士気高揚と職務遂行の決意を新たにすることを目的として、平成25年朝倉市消防団出初式を行います。
 地元消防団の勇姿をぜひご観覧ください。
■日時…1月13日(日)、10時~12時
■場所…原鶴分水路(サンライズ杷木の南側)
●朝倉市消防団の団員を募集しています
 消防団は、市民のみなさんの生命・身体・財産を守るため、日々訓練に努めており、地域住民から深い信頼を得ています。
 昨年7月の九州北部豪雨等では、延べ2000人以上の団員が地域のため災害に立ち向かい、人命救助、災害応急対応など広域にわたって活躍しました。
 また、女性団員は、ひとり暮らしのお年寄り宅を訪問して「火の用心」の心得を指導し、火災予防に大きく貢献しています。
 市民の安全で安心な暮らしを守るため「自らの郷土を自らの力で守ろう」という消防団活動に参加しましょう。

※詳しくは、市消防防災課(内線61-119)へ。

◆農業所得収支内訳書作成会(説明会) 税務課

 確定申告等の農業所得の計算は、各自で収入と支出を計算し、収支内訳書を作成することになっています。市では、希望者を対象に事前指導を兼ねた平成24年分の収支内訳書作成会(説明会)を行います。
●日程表
【甘木地域】
■日時と対象地区
◎1月16日(水)
《9時~》上秋月、秋月
《10時30分~》安川
《13時30分~》立石、甘木
《15時~》蜷城
◎1月17日(木)
《9時~》馬田
《10時30分~》福田
《13時30分~》金川
《15時~》三奈木、高木
■場所…ピーポート甘木第4・第5学習室
【朝倉・杷木地域】
■日時と対象地区
◎1月24日(木)
《9時~》恵蘇宿、山田、菱野、三島、久重、杷木地域
《10時30分~》下古毛、山後、上須川、尾西、来光寺、長安寺
《13時30分~》下須川、八坂、立野、中宮野、落合、下町、上比良松、下比良松、新道、烏集院、西入地、東入地
《15時~》中町、東中町、多々連、田中
◎1月25日(金)
《9時~》上寺、東長渕、西長渕、上の原、乙王丸、善光寺
《10時30分~》十文字、三寺、中央、小塚、大角、余名持、立出、石成
■場所…朝倉支所3階・大会議室
【共通事項】
■持ってくるもの…通帳、領収書など平成24年中の収入や経費が確認できるもの。固定資産税納税通知書、計算機
◎対象地区以外の日にも参加できます。

※詳しくは、市税務課住民税係(内線61-160、162、163)へ。

◆小・中学生の保護者のみなさんへ(平成25年度入学予定を含む) 教育課

 小・中学生の保護者を対象とした、就学援助制度と特別支援教育就学奨励費制度についてお知らせします。

●就学援助

 経済的な理由で児童生徒の教育費に困っている保護者に対し、学用品費や給食費、修学旅行費等の一部を援助する制度です。

■申請時期は?
◎平成25年度分を申請する場合
 2月以降に、学校から指定された期限(4月下旬ごろ)までに提出
◎年度途中で家庭状況の変更が
 生じた場合
 年度途中にいつでも申請可。申請月の翌月以降が支給対象となります。
 申請書は各小・中学校にあります。

■認定方法は?
 申請書類と収入額等をもとに、教育委員会が審査し決定します。申請した人が必ず受給できるわけではありません。

●特別支援教育就学奨励費

 特別支援学級に在籍する児童生徒を対象に、その保護者の経済的な負担を軽減して特別支援教育の普及奨励を図る制度です。
 学用品費や給食費、修学旅行費等の一部を援助します。

■対象となる人は?
 特別支援学級児童生徒の保護者
(就学援助受給者には支給されません。収入額調査の結果、支給されない経費もあります)。

■申請時期は?
 学校から書類を渡します(4月下旬ごろ)。

■認定方法は?
 申請書類と収入額等をもとに、教育委員会の審査で、支給する費目と金額を決定します。

◎領収書等の保管
 特別支援学級に入級を予定している場合は、次の領収書等を申請時期まで大切に保管しておいてください。
・児童生徒が通学のため通常必要とする通学用品(通学用靴、雨傘、雨靴、帽子等)を購入した領収書。児童生徒が通常必要とする学用品(ノート、筆記用具、辞典類等)を購入した領収書
・新入学児童生徒学用品費(平成25年度に新1年生となる場合のみ)は、ランドセル・カバン・通学用服・靴等を購入した領収書

※どちらの制度も、世帯全員の平成24年分収入の申告が済んでいないと審査できないため、認定に時間がかかる場合があります。詳しくは、市教育課(直通22-2333)へ。

◆障害者無料相談 福祉事務所

 身体障害・知的障害・精神障害がある人とその家族が抱えるさまざまな不安や悩み、分からない点などについて、相談支援専門員が無料で相談に応じます。
 障害福祉に関することについて気軽に相談してください。

◎1月15日(火)
■場所…朝倉老人福祉センター・健康相談室
◎1月16日(水)
■場所…ピーポート甘木・保健福祉センター・第2応接室
◎1月17日(木)
■場所…女性センターあすみん・講習室1 
【共通事項】
■時間…13時30分~16時(受付は15時30分まで)
◎要電話予約
※詳しくは、市福祉事務所障がい者福祉係(内線61-120)、地域活動支援センターあさくら(23-0285)へ。

 ページの先頭へ戻る

情報満載!お知らせ広場(広報あさくら平成25年1月1日号、14ページから17ページ) 

◆お知らせ

□情報公開・個人情報保護総合案内所

 国の行政機関や独立行政法人などの情報公開制度や個人情報保護制度について、案内や情報提供を行っています。開示請求の窓口・方法などをお問い合わせください。
■場所…福岡合同庁舎本館8階(博多区博多駅東2-11-1)総務省九州管区行政評価局内
■時間…9時~17時(土・日、祝日、年末年始を除く)
※詳しくは、総務省九州管区行政評価局(092-431-7083)へ。

□福岡県最低賃金改定

【製鉄業、製鋼・製鋼圧延業、鋼材製造業】835円
【電子部品・デバイス・電子回路、電気機械器具、情報通信機械器具製造業】793円
【輸送用機械器具製造業】816円
【百貨店・総合スーパー】764円
【各種商品小売業】710円
【自動車(新車)小売業】807円
■効力発生日…平成24年12月10日
※詳しくは福岡労働局労働基準部賃金課(092-411-4578)へ。

□家屋を壊した人は解家届けの提出を

 家屋の固定資産税は、1月1日に存在する家屋を対象に課税されます。そのため、昨年中に家屋を壊した場合や、課税明細書などを見て現在建っていない家屋が課税されている場合は、速やかに税務課へ届け出てください。届出がない場合には、平成25年度に課税されることがありますのでご注意ください。
 ただし、法務局(登記所)で滅失登記をした人は必要ありません。
※詳しくは、市税務課資産税係(内線61-161、166)へ。

□国の教育ローンのご案内

 高校、大学等への入学時・在学中にかかる費用を対象とした公的な融資制度です。
■融資額…学生、生徒1人につき300万円以内
■利率…年2・45パーセント(母子家庭の場合は年2・5パーセント)
■返済期間…15年以内(交通遺児家庭、母子家庭については18年以内)
 東日本大震災により被害を受けた人に「災害特例措置」を実施しています。
※詳しくは、教育ローンコールセンター(0570-008656)、または(03-5321-8656)へ。

□ポイントラリー当選者発表

 9月8日から12月2日の期間、あさくら路「花めぐり・味めぐり・湯めぐり」ポイントラリーが開催されました。期間中の応募総数は1213通。12月10日に行われた抽選の結果、草場純子さん(朝倉市)と後藤明美さん(福岡市)の2人が、原鶴温泉ペア宿泊券の当選者となりました。その他の商品の当選者は発送をもって発表にかえます。
※詳しくは、朝倉広域観光協(24-6758)へ。

◆試験

□福岡県職員採用試験

大学卒業程度(【1】類土木)
■採用職種…大学卒業程度(【1】類) 土木〔15人〕
■受験資格…(1)昭和58年4月2日から平成3年4月1日までに生まれた者
(2)平成3年4月2日以降に生まれた者で、大学(短期大学を除く)を卒業した者、または平成25年3月までに卒業する見込みの者
■試験地…福岡市
■第1次試験日…2月3日(日)
■申込受付期間…1月7日(月)~1月18日(金)
※詳しくは、福岡県人事委員会事務局(092-643-3956)、またはホームページ(http://www.pref.fukuoka.lg.jp/f20/saiyo.html)へ。

◆講演・講座

□母子家庭のためのパソコン中級講座

ワード・エクセル・パワーポイント
■期日…2月5日(火)~3月1日(金)の平日(12日間)
■時間…9時~12時
■場所…クローバープラザ(春日市)
■受講料…無料(テキスト代2520円程度が必要)
■対象…県内に住む母子家庭の母または寡婦で、求職・転職を希望している人
■定員…20人
■託児…あり(要予約)
■申込方法…市子ども未来課および県保健福祉環境事務所社会福祉課にある申込書に記入し、県母子寡婦福祉連合会(〒816-0804春日市原町3-1-7 クローバープラザ受け箱11号)へ郵送またはFAX。申込書はホームページ(http://fukuoka-kenboren.jp/)からも入手可
■申込期限…1月22日(火)
※詳しくは、県母子寡婦福祉連合会、( 092-584-3931、FAX092-584-3923)へ。

□在宅ホスピスボランティア講座

 住みなれた場所で、安心して最期の時間を過ごすことができる。そのための地域社会に欠かせない役割を担うのが、在宅ホスピスボランティアです。家に帰りたい患者や、帰ってきてほしい家族の思いを支えていくために、在宅ホスピスボランティアについて学んでみませんか。
 参加希望者は1月18日(金)までに申し込んでください。
■日時…1月28日(月)、14時~16時
■内容…(1)がん治療における緩和ケア病棟の役割と緩和ケア病棟ボランティアについて
朝倉医師会病院 緩和ケア病棟師長
(2)住宅ホスピスボランティア活動の実際
久留米市在宅ホスピスボランティア「結の会」代表
■場所…朝倉総合庁舎 2階大会議室
■参加費…無料
■対象者…在宅ホスピスボランティアに関心のある人、在宅ホスピスの支援者
※詳しくは、福岡県北筑後保健福祉環境事務所(22-3964)へ。

□レクリエーション講座

 レクリエーションを「自然に・無理なく・楽しく」学び、地域活動やボランティア活動に役立てませんか?
■期日…1月28日(月)・2月4日(月)(全2回)
■時間…13時30分~15時30分
■場所… ピーポート甘木 第5学習室
■講師…ウェルネス パーソナルトレーナー 佐藤 昌久氏
■対象…ボランティア活動にレクリエーションを取り入れたい人、地域活動にレクリエーションを活用したい、また興味がある人
■定員…30人(両日参加可能な人優先)
■参加費…無料
■申込締切…1月23日(水)
※詳しくは、市社会福祉協議会(22-7834)へ。

◆募集します

□春休み海外派遣

■内容…ホームステイ・ボランティア・文化交流・学校体験・英語研修・地域見学・野外活動など
■派遣先…アメリカ・イギリス・オーストラリア・カナダ・ニュージーランド・カンボジア・フィジー
■日程…3月24日(日)~4月5日(金)(事業により異なります)
■対象…小学校3年生~高校3年生まで(事業により異なります)
■参加費…29万8000円~43万8000円(別途共通経費)
◎1月28日(月)までに申し込むと1万円割引
■締切…2月4日(月)
【説明会】
■日時…1月26日(土)、14時~15時30分
■場所…深見ビル会議室(博多区博多駅前4-14-1)
※詳しくは、(財)国際青少年研修協会(03-6459-4661)へ。

□訓練生募集

 福岡県立久留米高等技術専門学校では訓練生を募集しています。
 選考日、応募資格、訓練期間は訓練科により異なりますので、詳しくはお問い合わせください。
【自動車整備科、メカトロニクス科、建築科】
■募集締切…1月25日(金)
【介護サービス科】
■募集定員…20人
■募集期間…2月20日(水)まで
■訓練期間…4月~9月(6カ月間)
【共通事項】
■経費…授業料無料。別途教科書代等がかかります
◎1月20日(日)に仕事体験を開催します
※詳しくは、福岡県立久留米高等技術専門学校(0942-32-8795)へ。

◆イベント

□第21回 新春百人一首かるた会

 小倉百人一首の筆頭歌が朝倉の地で詠まれた事に因み、恵蘇八幡宮では新春かるた会を行います。
 午後は「むかし遊び」をします。参加賞も準備しています。
 子供からお年寄りまで一日楽しく遊びましょう。
■日時…1月27日(日)、10時~15時
■場所…朝倉市山田 恵蘇八幡宮社務所
■内容…【午前】百人一首(初めての人、大歓迎)
【午後】むかし遊び(こま回し・羽子板・ジャンボかるたなど)
◎昼食は準備します
■参加費…無料
■対象者…子供からお年寄りまでだれでも結構です
※詳しくは、上原さん(52-0557)へ。

□第19回 ぼくたち、わたしたちの作品展

「夢をかたちに、心をいろに」
 小郡特別支援学校の児童生徒作成した、デザイン、立体工作等の個人作品や、共同作品を展示します。
■期間…1月22日(火)~2月6日(水)、8時30分~22時
◎最終日のみ8時30分~15時
◎2月23日(水)は休館日
■場所…小郡総合保健福祉センターあすてらす(小郡市二森1167-1、72-6666)
※詳しくは福岡県立小郡特別支援学校(0942-73-3437)へ。

□年末の交通安全運動街頭キャンペーンを実施しました 消防防災課

 12月11日、通勤・通学時間帯に九州電力甘木営業所前交差点で、年末の
交通安全運動街頭キャンペーンを実施しました。
 街頭キャンペーンには真愛保育園の園児も参加し、「安全運転を心がけ(柿)よう」の言葉を添えて、朝倉市特産品の柿を配布しました。
 ひとりひとりが注意して交通事故をなくしましょう。

□犬学 パート2

 これから犬を飼おうと思う人にも、すでに犬を飼っている人にも、知ってもらいたい「犬の習性」「犬のきもち」を、世界トップのドッグトレーナーがわかりやすく語ります。
■日時…1月20日(日)、14時~16時
■場所…ピーポート甘木2階第3学習室
■定員…40人程度(事前申込は不要です)
■入場料…無料
【講師 田辺久人プロフィール】
 朝倉市秋月在住。「青雲ドッグスクール」代表。NPO法人犬の総合教育社会化推進機構副理事長。国際ドッグスポーツ連盟アジア大陸代表ボードメンバー。
■主催…朝倉市提案公募型協働事業「わんダフル朝倉」
※詳しくは徳安さん(090-9490-1584)、または市環境課(23-1153)へ。

□新春お年玉クイズ

◎問題…あっても意味のないもの、余計なことという意味の漢字二文字の言葉はなんでしょうか?(★ヒント★今年の干支に関係が。2~3ページにヒントがあります)
●千円分の図書カードを抽選で
 ハガキに「答え」「住所」「氏名」「年齢」「電話番号」「広報あさくらへの意見や感想」を書き、1月15日までに、〒838-8601(住所不要)市行政経営課広報戦略係へ。正解者の中から抽選で10人に千円分の図書カードを贈呈。当選者発表は2月15日号の予定です。

□恋活中

 若手農家のグループである朝倉市4Hクラブが、素敵な出会いの場を企画しました。ぜひ参加してください。
■日時…2月9日(土)
■参加資格…35歳までの独身男女(※男性は市内在住者に限る)
■定員…男女各20人(申込多数の場合抽選)
■内容…直売所めぐり、朝倉市産の食材を使った鍋作りなど
■参加費…2000円
■申込締切…1月21日(月)
※詳しくは、市農業委員会事務局(52-1896、電子メールnoui@city.asakura.lg.jp)へ。

■相談コーナー 1月1日~1月21日

市役所(22-1111)
■家庭児童・母子相談(本庁子ども未来課)
土・日・祝日以外毎日、8時30分~17時
各支所へ事前予約すれば支所で相談に応じます
■農地相談(本庁・朝倉・杷木支所)
15日(火)、13時30分~16時
■消費生活相談(消費生活センター52-1128)
土・日・祝日以外毎日、10時~16時

ピーポート甘木
■司法書士相談(社協、予約制22-7834)
10日(木)、13時~16時
■法律相談(社協、予約制22-7834)
11日(金)、13時~15時
■心配ごと相談(社協22-7834)
8日(火)、13時~16時
■行政相談(市役所行政経営課22-1117)
15日(火)、13時~16時

朝倉老人福祉センター(社協)
■心配ごと相談・人権相談(52-0154)
15日(火)、13時~16時

杷木老人福祉センター(社協)
■心配ごと相談・行政相談(63-3543)
9日(水)、13時~16時

北筑後保健福祉環境事務所(朝倉本庁舎)
■エイズ・クラミジア・梅毒の相談・検査、B型・C型肝炎相談・検査(予約制22-4190)
7日(月)・21日(月)、9時~10時
■心の相談(予約制22-3965)
8日(火)・15日(火)、13時~15時

朝倉商工会議所
■年金相談(予約制092-552-6118・6112)
9日(水)、10時~15時
■法律相談(予約制21-2624)
8日(火)・16日(水)・18日(金)
13時30分~17時(予約後、市行政経営課で紹介カードを発行)

朝倉市教育支援センター
■教育相談(22-3399)
土・日・祝日以外毎日、9時~16時30分

甘木地域センター
■人権相談(法務局22-2455)
11日(金)、13時~16時

電話相談
■無料建築相談(取次22-1859内線527)
11日(金)、9時~17時(甘木朝倉建築設計協会の相談電話番号を紹介)
■あさくら女性ホットライン(092-513-7337)
土・日・祝日以外毎日、10時~17時
■妊婦さん・赤ちゃん・子ども・思春期電話相談(092-642-0110)
年末年始以外毎日、9時~17時30分

◆今月の納税等

◎国民健康保険税(7期)
◎市県民税(4期)

◆朝倉市郡ひとの動き 平成24年11月30日現在

朝倉市、人口57,357人(前月比-15)、男性26,975人、女性30,382人、世帯数20,738戸(前月比+20)
筑前町、人口29,408人(前月比+8)、男性13,987人、女性15,421人、世帯数10,088戸(前月比+20)
東峰村、人口2,453人(前月比-4)、男性1,131人、女性1,322人、世帯数922戸(前月比+3)

 ページの先頭へ戻る
 

健康と福祉のページ(広報あさくら平成25年1月1日号、18ページから19ページ)

◆子どもの養育費に関する電話相談

■期日…1月9日(水)、23日(水)
■時間…18時30分~20時30分
■場所…クローバープラザ(春日市)
■申込方法…相談日前日までに電話予約(申込順)
■定員…1日4人(1人30分)
※詳しくは、県母子寡婦福祉連合会(092-584-3922)へ。

◆ファミリーサポートセンター あさくら 会員登録会

 地域の中で「子育ての手伝いをしたい人」と「子育ての手助けをしてほしい人」が会員となって、一般的な子育てを助け合う有償のボランティア組織です。
【会員の種別】
◎お願い会員…子育ての手助けをして欲しい人
◎みまもり会員…子育ての手伝いをしたい人(会員登録に3日間の講習事項が必要です)
◎どっちも会員…手助けもして欲しいし、手伝いもしたい人
《お願い会員登録会》
●日時・場所…1月17日(木)、10時~12時、寿楽荘
◎この日以外でも常時受付可能です
※詳しくは、同サポートセンター(寿楽荘内、24-0055)へ。

◆看護職員再就業移動相談

 保健師、助産師、看護師、准看護師の資格を有し、現在看護の現場を離れている人を対象に、求人求職情報や最新の医療・看護情報の提供等を行う移動相談を開催します。                   
■日時…1月22日(火)、13時~16時
■場所…福岡中央公共職業安定所(福岡市中央区)
 登録時には、免許番号・取得年月日・履歴等を記入してもらいます。
※詳しくは、公益社団法人福岡県看護協会 福岡県ナースセンター( 092-631-1221)へ。

◆多胎児を持つ親子のサークル

 多胎児を持つママからの声で実現したサークル「ツインズクLOVE」です。朝倉市内在住の双子以上のお子さんと保護者はどなたでも参加できます。
■日時…1月11日(金)、10時~12時
■場所…寿楽荘
■対象…市内在住で、双子以上の子どもを持つ保護者と子ども(未就学児)
※詳しくは、家庭子どもセンター(24-0055)へ。

◆養育費の電話相談

 母子家庭のお母さん、父子家庭のお父さんまたは離婚協議中の人を対象に、養育費の電話相談業務を実施しています。
■受付日時…平日の9時~16時
※詳しくは、県母子家庭等就業・自立支援センター( 092-584-3931)へ。

◆子育てほっとサロン つどいの広場 1月の行事予定

 つどいの広場(寿楽荘内)は、毎週火曜~金曜日の10時~15時まで開設しています。さまざまな催しを行っていますので、気軽に遊びにきてください。
父親サークルメンバー常時募集中です。
(1)1月8日(火)、11時~
●内容…七草
(2)1月10日(木)、11時~
●内容…凧作り
(3)1月17日(木)、11時~
●内容…体操
(4)1月24日(木)、11時~
●内容…鬼のお面作り
(5)1月31日(木)、11時~
●内容…ボール遊び
(6)2月1日(金)、11時~
●内容…豆まき
※詳しくは、朝倉市子育てほっとサロン・つどいの広場(080-6439-1851)へ。

◆子育てインフォメーション

すくすく(育児)相談

 子どもの成長・発達、母乳、離乳食、遊び、歯みがき、しつけ、トイレトレーニングなどご相談ください。
●日時・場所 (1)1月16日(水)、13時30分~15時、ピーポート甘木・保健福祉センター、(2)1月23日(水)、13時30分~14時30分、朝倉地域生涯学習センター※医師の診察と母乳相談の受付は、14時30分まで。

もぐもぐ教室

 離乳食のはじめ方・進め方がわからない、思うように食べてくれないなど、離乳食で悩んでいるみなさん、参加してみませんか?
●日時・場所 1月24日(木)、10時~12時、ピーポート甘木・保健福祉センター
●対象者 生後4カ月~9カ月の乳児とその保護者(申込順15組)
※18日(金)までに予約が必要です。母子健康手帳、筆記用具、エプロンを持参してください。

にこにここども相談

 ことばや行動、発達について、専門のスタッフが相談を受けます。
●日時・場所 1月29日(火)、9時30分~12時 ピーポート甘木 保健福祉センター
※予約制です。

マタニティクラス(母親学級)

 妊娠中に大切な食事の仕方(貧血予防編)
●日時・場所 1月22日(火)、9時30分~12時、ピーポート甘木・保健福祉センター
※18日(金)までに予約が必要です。母子手帳・筆記用具・エプロン・手ふきタオルを持参してください。

母子健康手帳交付

《健康課》月~金曜日(祝日を除く)、8時30分~17時
《朝倉支所》1月23日(水)、9時30分~12時
《杷木支所》1月17日(木)9時30分~12時

のびのび広場

 子どもたちがのびのびと遊べて、子育て中の人が交流できるように、部屋を開放します。

●日時 1月7日(月)、8日(火)、15日(火)、21日(月)、22日(火)、28日(月)、29日(火)、10時~13時
●場所 ピーポート甘木・保健福祉センター
※7日(月)の10時~11時30分は、身体計測を行います。

◆診療のお知らせ 1月1日~1月14日

●休日当番医
※診療時間…9時~17時

◆1月1日(火)
・朝倉健生病院
  (内科系/甘 木 22-5511)
・甘木中央病院
(外科系/甘 木22-5550)

◆1月2日(水)
・稲永病院
(内科系/筑前町22-0288)
・香月病院
(外科系/下 浦22-6121)

◆1月3日(木)
・太刀洗病院
(内科系/筑前町22-2561)
・朝倉健生病院
(外科系/甘 木22-5511)

◆1月6日(日)
・火野坂医院
(内科系/筑前町42-2016)
・福嶋外科小児科医院
(外科系/甘 木22-2565)

◆1月13日(日)
・宮野診療所
(内科系/宮 野52-3011)
・甘木中央病院
(外科系/甘 木22-5550)

◆1月14日(月)
・実藤医院
(内科系/一ツ木22-5555)
・原野外科医院
(外科系/筑前町22-4578)

●歯科休日急患診療
※診療時間…9時~15時

◆1月1日(火)
・伊藤歯科医院  
       (筑前町42-4900)
◆1月2日(水)
・草場歯科医院  
                     ( 堤 22-1020)
◆1月3日(木)
・井上歯科診療所  
        (筑前町42-4832)
◆1月6日(日)
・さとう歯科医院  
       (甘 木22-3098)
◆1月13日(日)
・しのざき歯科クリニック  
                     (比良松52-0067)
◆1月14日(月)
・篠﨑歯科医院  
        (甘 木22-3276)

福岡県救急医療情報センター
092-471-0099
 24時間体制で救急病院を紹介。

小児救急医療相談(聖マリア病院)
0942-37-6116
携帯短縮 #8000
※開設時間…19時~翌日7時(23時以降は民間の健康相談事業者が対応)
 小児の救急医療に関する相談と、夜間診療の情報提供。

朝倉地域休日夜間急患センター(来春)
23-0077(朝倉医師会病院内)
《平日》内科・外科17時~翌日8時30分、小児科19時30分~23時30分
《土曜日》内科・外科12時30分~翌日9時、小児科17時~翌日9時
《日・祝・年末年始》内科・外科9時~翌日8時30分、小児科9時~翌日7時

 ページの先頭へ戻る 

図書館だより(広報あさくら平成25年1月1日号、20ページから21ページ) 

◆1月の休館日

◎全館休館日 1月1日(火)、2日(水)、3日(木)、4日(金)、7日(月)、14日(月)、21日(月)、28日(月)

◎中央図書館休館日 1月29日(火)

◎あさくら図書館・はき図書館休館日 1月30日(水)

◆今月の催し物 / 参加費無料

□中央図書館
■おはなし会
日時 毎週土・日曜日、14時~
場所 おはなしの部屋
内容 絵本の読み聞かせ、手遊びなど
第1・3土曜は「虹の会」
第4土曜は「日本語教室あさくら」

■ぴよぴよおはなし会
日時 1月9日・16日(水)、11時~
場所 おはなしの部屋
対象 0歳~3歳未満の乳幼児と保護者

□はき図書館
■ミニ・サタおはなし会
 1月は、百人一首カルタ大会を代わりとしますので、ミニ・サタおはなし会は中止します。

■わくわくおはなし会
日時 1月25日(金)、11時~
場所 はき図書館おはなし室
対象 1歳~3歳の乳幼児と保護者
内容 絵本の読み聞かせ、手遊びうたなど

□あさくら図書館
■おはなし会
日時 毎週土曜日、14時~
場所 おはなしコーナー
内容 絵本の読み聞かせ、手遊びなど

■あかちゃんおはなし会
日時 1月5日(土)、11時~
場所 おはなしコーナー
対象 0歳~1歳の乳児と保護者
内容 絵本の読み聞かせ、わらべうたなど

■おはなしのへや
日時 1月18日(金)、11時~
場所 おはなしコーナー
対象 1歳~3歳の乳幼児と保護者
内容 絵本の読み聞かせ・手遊びなど。

◆1月の上映会

□金曜日の映画館(大人向け)
 無料の上映会です。気軽にご鑑賞ください。
場所 中央図書館2階・視聴覚室
時間 13時30分~
期日・内容
11日 釣りバカ日誌/邦画
18日 K2 愛と友情のザイル/洋画

□あさくらシネマ
 無料の上映会です。
場所 朝倉地域生涯学習センター・AVホール
時間 13時30分~
期日・内容
6日 ドラゴンボール 最強への道/アニメ

◆ブックスタート

 絵本をとおして親子のふれあいを深めてもらおうと、乳幼児健診の会場で絵本を開く楽しさや大切さを伝えます。

《10カ月児》
■1月9日(水)
時間 健診受付13時15分~
場所 ピーポート甘木・保健福祉センター
対象 甘木・朝倉地域の平成24年2月生まれの赤ちゃんと保護者

■1月17日(木)
時間 健診受付13時~
場所 市女性センターあすみん(杷木池田)
対象 杷木地域の平成23年5月~6月生まれの赤ちゃんと保護者

《1歳6カ月児》
■1月10日(木)
時間 健診受付13時15分~
場所 ピーポート甘木・保健福祉センター
対象 甘木・朝倉地域の平成23年6月生まれの赤ちゃんと保護者

◎中央図書館
【子どもの読書推進講座(第3回)】
「幼い子どもたちと絵本を楽しむために」
 子どもの情操を豊かにし、思考力や想像力を育む子どもの読書活動への関わり方や子どもたちが読書への興味・関心を深めるための手法等について学びます。
●日時 2月2日(土)、13時30分~15時30分(13時受付)
●場所 ピーポート甘木 第5学習室
●講師 岡村美栄子さん(アソカ幼稚園教頭)
●対象 子どもの本や読書に興味がある人、子育て中の人、読書ボランティアなど
●費用 参加費無料
●定員 50人程度
●申込方法 中央図書館に直接、または電話で申し込む。当日受付も可
●託児 無料(要予約)
●主催 朝倉市読書団体等連絡会

◎あさくら図書館
【新春! 福袋プレゼント】
 雑誌のふろくをプレゼントします。なくなり次第終了しますので早めのご参加をお願いします。
●日時 1月5日(土)、10時~
●場所 あさくら図書館・カウンター

◎はき図書館
【百人一首かるた大会】
 地域のボランティアのみなさんと一緒に、小学生から大人まで楽しめるかるた大会です。
●日時 1月26日(土)、
13時30分~
●場所 杷木地域生涯学習センター・和室
●定員 上級、中級、初級の各コースでそれぞれ6人程度
●申込方法 1月8日(火)、10時から、はき図書館に直接または電話(63-3178)で申し込む(定員になり次第終了)
●参加費 無料

◆今月のおすすめ

●一般書
「旅猫リポート」
有川 浩 著
 青年サトルと1匹の相棒猫ナナ。子どものころから引っ越しが多かった青年サトルは、旧友たちに再会するため旅に出る。その旅の行方は……。
 悲しいけれど、温かい青年と猫の物語。
(中央・あさくら・はき 所蔵)

●一般書
「106歳を越えて、
私がいま伝えたいこと」 
昇地 三郎 著
 最高齢地球一周のギネス記録保持者で「しいのみ学園」(福岡市)創立者が贈る「生きること」の知恵。「明るく前向きな考え方」と「健康な体」の秘訣を学んでみませんか?
(中央・あさくら・はき 所蔵)

●児童書
「ニットさん」 
たむら しげる 著
 編み物が得意なニットさん。今日もシャカシャカって編んでいます。毛糸の椅子やテーブルまで作れちゃう! 毛糸の網目が心まで温かくしてくれる絵本です。
(中央・あさくら 所蔵)

●雑誌
「西日本文化」 
西日本文化協会
「地域文化を深く知る」の言葉どおり、九州各地の歴史や文化を多様な面から捉えた、地域史研究の息吹が感じられる文化情報雑誌です。人々の記憶と記録から歴史を読み解く一冊となっています。
(中央 所蔵)

 ページの先頭へ戻る
 

文化・学習の催し(広報あさくら平成25年1月1日号、22ページから23ページ)

◆文楽公演 前売り券追加販売のお知らせ 清和文楽公演「傾城阿波の鳴門」

 昨年7月に豪雨のため延期した清和文楽公演の前売券を追加販売します。数に限りがありますので、お早めにお求めください。
 なお、昨年販売したチケットはそのまま使用できますので、当日必ずご持参ください(チケットを持参していない人は入場できません)。
■日時…2月2日(土)、14時開演(13時30分開場)
■会場…杷木文化ホール(らくゆう館)
■入場料…全席自由1000円
■チケット発売開始…1月8日(火)~
■入場券販売所
・ピーポート甘木事務所(8時30分~22時)
・朝倉地域生涯学習センター(8時30分~21時30分)
・杷木地域生涯学習センター(8時30分~21時30分)
※詳しくは、ピーポート甘木・文化課(22-0001)へ。

◆目指せ世界一 二人三脚の世界記録、946人947脚を作ろう (0946)ギネスチャレンジ 結

■日時…3月24日(日)、9時~13時
■場所…原鶴放水路
■費用…参加無料
■対象
・小学5年生以上ならどなたでも
・市内市外を問いません(県外、国外の人もどうぞ)
・団体での参加OK(企業・地域団体など)
・0946地域を盛り上げたい人
・世界一になりたい人
■募集人員…946人
■申込方法…次の情報を電子メールで送信、または申込書に書き込んで郵送もしくはFAXで申し込む
(1)氏名、(2)性別、(3)生年月日、(4)身長、(5)住所、(6)電話番号
■申込期限…定員になり次第締切(先着順)
■連絡先…(0946)ギネスチャレンジャーズ事務局(〒838-0072 朝倉市甘木198-1 ピーポート甘木3階市生涯学習課内22-2348、FAX22-2811、0946challengers@gmail.com
※詳しくは、(0946)ギネスチャレンジャーズ事務局(市生涯学習課内22-2348)へ。

◆干支展 甘木歴史資料館 新春企画「今年の干支展―巳―」~新春は甘木歴史資料館で初詣を~

 朝倉市内・近郊在住の画家・書家・作家による今年の干支「巳」をモチーフとした作品展を開催します。入館無料です。
■期間・・・1月5日(土)~20日(日)
■場所…甘木歴史資料館
■開館時間…9時30分~16時30分(入館は16時まで)
■休館日…月曜日(祝日の場合はその翌日)。年始の休館日は1月1日(火)~4日(金)です。
※詳しくは、甘木歴史資料館(22-7515)へ。

◆火まつり 平塚川添堰公園 火まつり(さぎっちょ)

 正月明けの節目となる火まつり(さぎっちょ)を平塚川添遺跡公園で開催します。どなたでも参加できます。正月飾り物、書初め、モチなどを持参してください。
■日時…1月6日(日)、10時~12時30分(10時から点火)
■場所…平塚川添遺跡公園、
■休館日…月曜日(祝日の場合はその翌日)。年始の休館日は1月1日(火)~4日(金)です。
※詳しくは、平塚川添遺跡公園(21-7966)へ。

◆ホールの催しガイド(ピーポート甘木、朝倉・杷木地域生涯学習センター)、12月10日現在

【1月】
ピーポート甘木
・13日(日)、平成24年度 第7回朝倉市成人式、大ホール、14時、関係者、《連絡先》市生涯学習課(22-2348)
・19日(土)、自主文化事業 オペラ「椿姫」、大ホール、18時30分、S席3000円/A席2000円/学生1500円(当日500円増)、《連絡先》市文化課(22-0001)
・26日(土)、第32回朝倉地区人権・同和教育研究会、大ホール、13時30分、無料、《連絡先》市人権・同和対策課(22-1111)

朝倉地域生涯学習センター(朝倉文化ホール)
・27日(日)、北筑後ブロックPTA連合会母親研修会、9時30分、関係者、《連絡先》市生涯学習課(22-2348)

杷木地域生涯学習センター(杷木文化ホール)
・9日(水)、寿大学教養講座、9時30分、関係者、《連絡先》杷木地域コミュニティ連合会(62-0178)
・13日(日)、杷木地区成人者の会、9時、関係者、《連絡先》杷木地域コミュニティ連合会(62-0178)

【2月】
ピーポート甘木
・16日(土)、朝倉私立幼稚園音楽教育器楽発表会、大ホール、13時30分、無料、《連絡先》みなみ幼稚園(22-0201)

杷木地域生涯学習センター(杷木文化ホール)
・2日(土)、清和文楽公演「傾城阿波の鳴門」、14時、1000円、《連絡先》市文化課(22-0001)
・6日(水)、寿大学教養講座、9時30分、関係者、《連絡先》杷木地域コミュニティ連合会(62-0178)
 

※主催者の都合により、日時・内容・料金等が変更されることがあります。詳しくは、主催者におたずねください。  

 ページの先頭へ戻る
 

市民くらぶ(広報あさくら平成25年1月1日号、24ページから25ページ)

 ※このコーナーでは、みなさんからの作品や投稿、あかちゃんの写真を募集しています。また、「広報あさくら」への意見やまちの話題など、いろいろな情報をお待ちしています。(行政経営課広報戦略係)

◆広報文芸

≪俳句≫ (矢野たけし選)

・冬うらら声筒抜けの嫁と妻 小田 鳥巣 隆士

・大雪と電光掲示列車待つ 甘木 矢野 文俊

・掃きためし落葉そろそろ焚くことに 石成 大熊サヤ子

・遊学の孫も帰り来屠蘇祝ふ 鵜木 林 公則

・服を着し犬つれし人街師走 甘木 仲山 尚山
 

 

≪川柳≫ 平井良子選

今月の題「和」

・年頭に平和を願う気も新た 一木 田中 好子

・白和えに母のまなざし思い出し 美奈宜の杜 宇都 信泰

・月二度の孫と食事の和やかさ 屋永 釜堀 守人

・手漉き和紙漉く人偲び絵筆もつ 持丸 小宮 道子

・妻と嫁和解上手な合言葉 小隈 西村シゲ子

●朝倉市商工会、各コミュニティに義援金贈呈

 11月27日、朝倉市商工会が、杷木地域の4コミュニティ(杷木・志波・松末・久喜宮)と朝倉コミュニティに対し、7月の豪雨被害に対する復興義援金を贈呈しました。
 この義援金は、もともと全国の商工会から被災地商工会である朝倉市商工会へ贈られてきた義援金になります。
 それを、今回の災害が地域全体の天災であり、商工会員に限定した配分ではなく、地域復興の一助として欲しいということで、受け皿となる各コミュニティに贈呈しようとなったものです。

●作り続けて41年―美奈宜神社の「みのりの輪」―

  甘木在住の矢野たけしさん(90歳)は、手にした稲わらを手に笑顔を浮かべました。「この正月で41年目ですよ」
 矢野さんは、せっかく初詣をしたなら参った証になるものが欲しいだろうと、稲わらを使った記念品「みのりの輪」を41年前に考案し、それ以来、毎年無償で蜷城の美奈宜神社に奉納しています。
 最初は5、60ほどだったものが、いつの間にか人気が出て、今では毎年3~400作っているとのこと。
 稲わらを結って丸く輪を作り、紅白の飾り紐で結んで御幣を付けて完成させます。今では美奈宜神社のお世話人の人も習いに来るほどです。
 現在では、地元甘木の須賀神社にも、「福みのり」という記念品を200ほど作っているという矢野さん。「これらを作ることが、元気の秘訣なのかもしれませんね」と語ってくれました。

◆け・ん・こ・う!Cooking 県栄養士会・病院栄養士協議会 管理栄養士

「韓国風ネギもち」 1人分250kcal

■材料…もち2個、長ネギ1/2本、ゴマ油大さじ1、醤油大さじ1、砂糖小さじ1、コチジャン少量、甜面醤(あれば)少量、韓国のり少量、花かつお適量
■作り方…(1)熱したフライパンにゴマ油をひいて、ネギと一口大に切ったもちを入れ、ふたをして中火で5分くらい焼く。 (2)醤油と砂糖、コチジャン(あれば甜面醤も)を(1)に入れ、さっと混ぜ合わせ、韓国のりと花かつおを上にのせる。
■一口メモ…お餅を韓国風にアレンジしてみました。甜面醤は、八丁味噌と砂糖でも代用できます。
 

◆私のイラスト展 作品募集中!

【応募方法】ハガキの表に、住所・氏名(ふりがな)・年齢・コメント、裏にイラストを白黒ではっきり描いて、市行政経営課広報戦略係へ。
※掲載された方には、図書券を差し上げます。

【今月のイラスト】
※イラストは省略します。

◆満一歳おめでとう

 2月1日号「満一歳おめでとう」コーナーの申し込みは1月9日までに市行政経営課広報戦略係(市役所本庁3階)へ。

 ページの先頭へ戻る

まちかどウォッチング(広報あさくら平成25年1月1日号、26ページから27ページ)

■地域の祭りで絆つながる 杷木「日迎えの里まつり」

 11月11日、サンライズ杷木駐車場で、第1回杷木「日迎えの里まつり」が行われ、約1300人が来場しました。これは、第4回ひょっとこの集いと一緒になって行われたもので、杷木保育所の園児たちや杷木小学校の児童による素敵なステージやフラダンスの披露、思わず笑顔になってしまうひょっとこ踊りに、朗々とした相撲甚句など、多彩な出し物が行われました。また会場では、鍋やきやけんちん汁の振る舞いなどがあり、大いに盛り上がりました。

■暴力団を許さない 暴力追放住民総決起大会

 11月23日、ピーポート甘木・大ホールで暴力追放住民総決起大会が行われました。会場では、警察による暴力団追放のための劇の上演や福岡県警音楽隊による見事な演奏、カラーガード隊による色とりどりの旗を使ったアトラクションが行われました。
 その後、警察関係者や朝倉市長を先頭に、地域住民が一丸となって暴力追放パレードを行い、朝倉市内を行進しました。

■にぎわう商店街を目指して 甘木本通りリニューアル落成式

 11月17日、甘木本通りで、商店街のアーケード撤去や道路拡幅工事の完了を祝って、リニューアル落成式が行われました。これは、朝倉市の中心市街地を整備する第1期事業によるものです。今後、第3期事業まで計画されています。
 落成式当日は雨にも関わらず、多くの近隣住民が集まりました。また、再び人で賑わう商店街にするために頑張ろうという関係者の熱い想いが披露されていました。

■受け継ごう、誇りある伝統文化 南陵南中学校「地域文化発表会」

 11月14日、ピーポート甘木・中ホールで、南陵中学校「地域文化発表会」が行われました。「~受け継ごう 伝えよう 私たちの誇りある伝統文化を~」との合言葉が添えられたこの発表会は、南陵中学校区に受け継がれている伝統文化を、生徒自身が調べ、学び、練習して発表するというものです。当日、獅子舞や豊島与志雄の民話「天狗笑い」などの朗読、舞踏「卑弥呼」の舞いなどの地域文化が披露されました。今後も語り・守り・受け継いでいってほしいものです。 

■はなみずき通りから輝きを イルミネーション点灯式

 11月17日、甘木中央(児童)公園でイルミネーションの点灯式がありました。この公園中心に、東西に走るはなみずき通りまで含めた区域が、省電力のLEDを使ったイルミネーションで鮮やかに輝きました。当日は、安陪智子さんによるミニコンサートや大内田トリオによるジャズ演奏などがあり、参加した近隣住民約200人は大いに盛り上がりました。イルミネーションの点灯は、1月中旬までを予定しているそうです。

■雨に負けるな! 美奈宜湖畔ロードレース大会

 寺内ダムの周辺を、その美しい景観を目にしながら走る美奈宜湖畔ロードレースが、11月23日の勤労感謝の日に行われました。当日参加したのは、小学4年生から一般の部まで、約370人。当日はあいにくの雨模様。開会式の最中もぱらついていましたが、参加者たちの熱気が伝わったのか、スタート直前になって雨がやみました。レース参加者たちは、霧の摩周湖ならぬ雨上がりの美奈宜湖の美しい景色を楽しみながら、年齢別に設定された2~6キロのコースを走り抜きました。

ページの先頭へ戻る
 

裏表紙(広報あさくら平成25年1月1日号、28ページ) 

◆第5回 青少年の集い in あさくら

■日時…2月9日(土)、13時30分~(13時開場)
■場所…ピーポート甘木・中ホール
■内容
《中学生による少年の主張》
「~子どもたちが今何を考え、
         何を感じているのか!~」
《講演》「夢と人~親としての、子どもとの接し方~」
■入場料…無料
■手話通訳…あり
■託児…無料。託児希望者は1月31日(木)までに市行政経営課男女共同参画推進・青少年係へ申し込んでください。
【主催】朝倉市青少年育成市民会議、朝倉市

講師 下地 敏雄さん(教育アドバイザー)

 教師として30年以上、生徒の悩みや学校の問題に、正面から真剣に取り組んでこられました。また、テレビなどでもユニークなパフォーマンスでも知られています。

※詳しくは、市行政経営課男女共同参画推進・青少年係(22-1111、内線61-308)へ。

◆第32回朝倉地区人権・同和教育研究会

 ■日時…1月26日(土)、13時30分~(13時開場)
■場所…ピーポート甘木・大ホール
■内容
《第1部 講演》
「子どもの健やかな成長を願って」牛島達郎さん
 「睡眠と食を正せば、人の体は自然と正しくなっていく?」
 飽食の時代といわれる今だからこそ、命の根源である食の大切さについて今一度触れてみましょう。
《第2部 映画》
「ブタがいた教室」妻夫木聡×26人の子どもたち
 “いのち”の長さはだれが決めるの?
 新任教師と26人の小学生が挑んだ「ブタを育て食べる」授業。卒業までの1年間、真剣に“いのち”と向き合った感動の実話。
《人権パネル展》
「子どもの人権」、「私たちの暮らしと人権」をピーポート甘木・大ホールの2階ホワイエに展示します。
■入場料…無料
■手話通訳・要約筆記…一部あり
■託児…無料。託児希望者は1月18日(金)までに市人権・同和対策課へ申し込んでください。

【プログラム】
13時30分~13時40分  開会行事
13時40分~15時  講演
15時10分~17時  映画上映
17時~17時5分  閉会行事

※詳しくは、朝倉地区人権・同和教育推進連絡協議会事務局(市人権・同和対策課内22-1111、内線61-516)へ。

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ
総務部 人事秘書課
電話番号 : 0946-22-1111
ファックス番号 : 0946-22-1118
メールアドレス : jinji@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?