朝倉市光通信サービス環境構築事業について

 

 

朝倉市光通信サービス環境構築事業の進捗状況について(第8報:各地域・地区における利用状況)

 

1 概要

朝倉市では、平成24年度から平成26年度の3ヶ年事業として「朝倉市光通信サービス環境構築事業」に取り組みました。本事業に取り組むこととなった背景は、

  1. 当時、甘木地域でインターネットを快適に利用できる光通信によるブロードバンドサービスが提供されているが、朝倉・杷木地域、秋月・高木地区では未提供であり、情報通信格差が生じていた。
  2. 通信事業者単独での新たな光通信サービスの展開は採算の面から当分の間見込むことが難しく、格差の解消が望めない状況にあった。

の2点でした。本事業は、「情報通信格差の解消」と「地域情報化の推進を図る」ため、事業者による光ブロードバンドサービスの誘致を目的として必要な設備投資に関わる一定の補助金を交付したものです。

 

「朝倉市光通信サービス環境構築事業費補助金交付要綱」第1条抜粋

(趣旨)

第1条 朝倉市における超高速ブロードバンド利用環境の格差是正を図るため、超高速ブロードバンド利用環境の無い地域において、光通信によるブロードバンドサービス(以下「サービス」という。)が利用できる環境の早期整備を実施する通信事業者に対し、当該整備に要する経費の一部を補助することについて、朝倉市補助金等交付規則(平成18年朝倉市規則第44号)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

 

2 事業の必要性

朝倉市内には甘木局・秋月局・高木局・朝倉局・杷木局の5つの電話局がありますが、甘木局管内でのみ光インターネットサービスが提供され、残る4局エリアではサービスが提供されず、かつ提供の予定すらないという状況(事業実施時点)でありました。

市民の皆様や各事業所から「光サービスの提供はいつになるのか」や「(市として)積極的にサービス提供を働き掛けてほしい」などの多数のお声をいただき、サービスを提供する側である通信事業者に対して「サービス未提供エリアに対するサービス提供の早期実現」を(旧甘木市時代より)重ねて要望してまいりましたが、「事業者単独での新たな光通信サービスの展開は、採算の面から実現が難しい」こと、「国(総務省)の補助メニューを活用した『公設民営型※』の実現であれば、協力を惜しまない」ことなどの回答を得ておりました。

『公設民営型』とは、通信設備や光ファイバ網を自治体資産として構築し(公設)、これを民間事業者が利用してサービスを提供する(民営)手法です。朝倉市が今回取り組んでいる『民設民営型』と比較した場合、国の補助金等が活用できますので導入経費を一定程度抑えることが出来ますが、多額の維持経費や更新経費が必要になります。

近年、同じ事情を抱えた他の自治体においても「民設民営型」での事業実施が行われるようになり、また、市民の皆様や各事業所からの要望が更に多く寄せられるようになってまいりましたので、朝倉市としても検討を重ね、更にアンケート実施の経過を踏まえ、事業として取り組むことを決定いたしました。

 

3 事業の経過

  • 平成24年6月 ・・・・ 構築(提案)事業者募集
  • 平成24年8月 ・・・・ 構築事業者決定(提案評価方式による)

西日本電信電話株式会社 福岡支店

≪朝倉・杷木地域≫

  • 平成25年10月 ・・・ 事業完了
  • 平成25年11月 ・・・ サービス提供開始 

≪秋月・高木地区≫

  • 平成26年3月 ・・・・ 事業完了
  • 平成26年4月 ・・・・ サービス提供開始 

 

4 現在の利用状況(平成29年3月末現在)

対象地区・世帯数・事業者数(事業者数はH26・4・1時点)           

 地域・地区名  世帯数  事業者数  合計
 朝倉地域  2,693  126  2,819
 杷木地域  2,782  139  2,921
 秋月地域  概 1,049  概 44  1,093
 高木地域  188  2  190

 ※秋月地区は長谷山・女男石・千手・甘水・下渕(一部)を含むため、「概」と表示

加入状況・加入率

   世帯数+事業所数 A  加入数  加入率 B/A  
 
 
 目標加入率
 
 
 
 全加入数 B  内、事業所
 (H29・3・31時点)  同左  同左  同左
 (H28・3・31時点)
 (H27・3・31時点)
 (H26・9・30時点)
 (H26・4・30時点)
 朝倉地域  2,819  1,257  132  44.60%  40%
 2,831  1,222  101  43.16%
 2,835  1,168  165  41.20%
 2,851  1,112  163  39.00%
 2,851  994  131  34.86%
 杷木地域  2,921  1,074  187  36.77%  40%
 2,957  1,001  152  33.85%
 2,986  927  189  31.04%
 2,965  813  183  27.42%
 2,975  747  63  25.11%
 秋月地区 1,093 684 98 62.58% 35%
1,094 675  92  61.70%
 1,110  469  116  42.25%
 1,117  422  108  37.78%
 1,139  270  27  23.71%
 高木地区  190  54  13  28.42%  35%
 196  47  8  23.98%
 198  45  9  22.73%
 202  41  8  20.30%
 205  23  1  11.22%
 合計  7,023  3,069  430  43.70%  ―
 7,078  2,945  353  41.61%
 7,129  2,609  479  36.60%
 7,135  2,388  462  33.47%
 7,170  2,034  222  28.37%

※「杷木地域」においてはオフトーク利用者が光に乗せ換えられなかった(オフトークはメタル通信)ため、加入率が伸び悩んでいる状況です。平成28年度に「杷木地域無線放送設備整備事業」が完了したため、平成29年度末においては数値が改善すると見込んでおります。

※各地域における事業所加入数の一部落ち込み(平成26年度末→平成27年度末)は、光コラボサービス(通称:携帯電話と光インターネットのコラボレーション契約により、携帯電話・光インターネット料金が安くなるものを指します)によって、自営業などの個人事業主が事業所契約を改め、個人契約に切り替えたことが影響していると見受けられます。

※「対象地区・世帯数・事業者数」にて計上している事業者数は、朝倉市が把握している特別徴収法人の概数であり、いわゆる個人事業主はほとんどが含まれておりません。対して「加入状況・加入率」に記載されている事業者は、NTT西日本が加入申込にて見なした事業者を指しておりますので、個人事業主であってサービス加入時に事業所を選択した場合は事業者としてカウントされています。よって見た目の数字に逆転現象が生じておりますが、本来個人事業主は「世帯」としてカウントされるものが「事業者」として計上されていると見なすことができますので、「世帯数+事業所数」として見た場合、大きな誤差はないものと判断しております。

 

ダウンロード
朝倉市光通信サービス環境構築事業:スケジュール(88KB)(PDF文書)
市報掲載記事抜粋【1】(859KB)(PDF文書)
市報掲載記事抜粋【2】(607KB)(PDF文書)

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせ
総務部 総合政策課
電話番号 : 0946-22-1111
ファックス番号 : 0946-22-1118
メールアドレス : sousei@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?
このページへのルート一覧
朝倉市からのお知らせ > 朝倉市光通信サービス環境構築事業 > 朝倉市光通信サービス環境構築事業について