子ども医療

 子ども医療は、対象の方が病気やけがで医療機関を受診したときの医療費のうち、保険診
療による自己負担分相当額を支給する制度です。
 朝倉市では、平成22年8月から小学校就学前の子どもの医療費を無料化しています。ま
た、平成23年7月から小学生、平成26年8月からは中学生の入院、平成28年10月からは
小学生の外来に係る医療費の一部助成を実施しています。
 
対象者
・ 朝倉市に住民票がある方
・ 入院・外来の無料については小学校就学前(6歳に達する年度末)の方
・ 外来の一部助成については小学生(12歳に達する年度末まで)の方
・ 入院費一部助成については小・中学生(15歳に達する年度末まで)の方
・ 医療保険に加入している方
・ 生活保護を受けていない方
・ 医療費の助成がある施設に入所していない方
・ 小・中学生については、日本スポーツ振興センターから助成を受けていない方
 
小学校就学前・小学生の方( 通院・入院 )
 福岡県内の医療機関を受診されるときは、受付窓口で健康保険証と子ども医療証を提示
すれば自己負担までの支払いとなります。
 県外の医療機関では子ども医療証が使用できませんので、一旦、保険の窓口負担分をお
支払いいただきますが、後日、市役所の窓口で差額の払戻しの申請をすることができます。
 
<自己負担(医療保険対象分のみ)>
・小学就学前             ・小学生
通院   無料            通院   1,200円/月(上限:医療機関ごと)      
入院   無料            入院   500円/日(月7日限度:医療機関ごと)
※薬局の自己負担はありません。
※入院時の食事代など医療保険の対象外は個人負担となります。
 
<子ども医療証の交付申請に必要なもの>
 ・印鑑(スタンプ式印鑑でないもの)
 ・お子様の氏名が記載された健康保険証
 ・転入で3歳以上の方は、生計維持者の所得証明書、または前住所地からの認定済証明書
※ 転入日の月末までに申請されると転入日からの適用となりますが、転入日の翌月以降
 に申請されると、申請された月の1日からの適用となります。
 
<届け出が必要なとき>
・保険証または保険証の内容が変わったとき
・転出するとき
・住所や氏名が変わったとき
・生活保護を受けるようになったとき
・死亡したとき
 
中学生の方( 入院のみ )
 医療証は発行していませんので入院された場合は、一旦、保険の窓口負担分をお支払いいた
だいた後、市役所の窓口で払戻しの申請をしていただく必要があります。
 助成対象は入院のみで、自己負担を超えて負担した額を支払います。ただし、入院にかかる
費用が高額療養費に該当する場合がありますので、加入されている保険者に確認され、「限度
額適用認定証」の交付申請を行い医療機関へ提示してください。
 
<自己負担(医療保険対象分のみ)>
 医療機関ごとに1日あたり500円(月に7日、3,500円が限度額)
※ 仮に10日間入院したとしても、本人負担は3,500円となります。
※ 但し、入院時の食事代など医療保険の対象外は個人負担となります。
 
<払戻し申請に必要なもの>
・領収証
・印鑑(スタンプ式印鑑でないもの)
・保護者の預金通帳
・国民健康保険以外の方は健康保険証及び療養費支給証明書
※ 療養費支給証明書の様式は市役所及び各支所の窓口に備え付けておりますが、朝倉市
 のホームページからダウンロードすることもできます。
 
 
お問い合わせ
保健福祉部 保険年金課 公費医療係
電話番号 : 0946-28-7560
ファックス番号 : 0946-22-1129
メールアドレス : honen-kouhi@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?
このページへのルート一覧
くらしの情報 > 子育て > 乳幼児の健康 > 子ども医療
くらしの情報 > 保健・医療 > 医療 > 子ども医療
ライフイベントから探す > 妊娠・出産 > 出産したら > 子ども医療
ライフイベントから探す > 子育て > 乳幼児の健康 > 子ども医療