ペット

【狂犬病予防法】

 生後91日以上の犬は「一生涯に一度の登録」と「年に一度の狂犬病予防注射」が【狂犬病予防法】で義務付けられています。
 狂犬病は全ての温血動物が感染し、ひとにも感染するウイルス性疾患です。ひとが感染した動物に咬まれる等して、いったん発症すれば、ほぼ100%死に至る恐ろしい伝染病です。
日本国内では、昭和32年以降発生がありませんが、世界各国では、今日でも発生が報告されており、平成18年に36年ぶりに人の輸入感染症例が発生しています。
万一、狂犬病が日本国内で発生した場合、飼い犬から人間へと伝染していくのを防ぐために、登録と年1回の予防注射が【狂犬病予防法】で義務付けられているのです。
狂犬病の予防接種を受けないことは、愛犬を危険にさらすだけでなく、あなた自身を危険にさらしているのと同じことです。


 

■犬の登録(鑑札の交付)【犬の一生涯に1度】

・犬を飼い始めてから30日以内に市長へ犬の登録を申請しなければなりません。
・登録手数料:1頭 3,000円
・申請場所 市環境課及び市内各集団注射会場(4月、5月)


 

■狂犬病予防注射【年に1回】

・注射済票交付手数料:1頭 550円
・接種場所:集団注射会場(4月、5月)及び各動物病院(料金については、各動物病院にお問い合わせ下さい。)
・集団注射の、会場や日時は市広報や通知書でお知らせします。
・注射の際は、首輪をしっかり締めて、犬を管理できる人が連れてきて下さい。
・犬が病気の時や妊娠・授乳中の場合、注射は受け付けられません。


 

■ふん尿の処理等

・飼い犬のふんの処理は、多くの法規にて飼い主に義務付けられています。散歩中に飼い犬がふんをした場合は、必ず飼い主がその場で拾い、自宅に持ち帰りましょう。
・市民の皆さんから多くの苦情が寄せられています。飼い主の皆さんはペットの行動に責任を持ち、他人に迷惑をかけないよう飼育しましょう。
・犬の放し飼いは、禁止されています。小さな犬でも、犬が怖い人には非常に迷惑です。


 

■鑑札や注射済票の紛失など

・鑑札再交付手数料:1,600円
・注射済票再交付手数料:340円
・申請場所:市環境課(再交付事務は、集団注射会場では受け付けることができませんのご注意下さい。)


 

■犬の登録内容の変更

・犬の飼い主の氏名や住所などの登録内容が変更となった場合、飼い主は30日以内に変更届を提出しなければなりません。また、市外に転出される場合は、鑑札を添えて新住所地の市町村役場に届出をお願いします。
・届出場所:市環境課
 ※料金はかかりません。


 

■どうしても犬・猫を飼えなくなった場合

動物は可能な限り終生飼養しなければなりません。やむを得ず飼えなくなった場合は、新しい飼主を見つけましょう。動物を捨てることは「動物の愛護及び管理に関する法律」で禁止されています。不幸な命を増やさないためにも、子犬・子猫を望まない場合は、不妊・去勢手術を受けましょう。

・責任を持って、新しい飼い主を探すよう努めて下さい。
・新しい飼い主が見つからないときは、北筑後保健福祉環境事務所保健衛生課(TEL:0946-22-2741)に、直接ご相談ください。


 

■犬の死亡

・飼っていた犬が死亡したときは、届け出なければなりません。
・届出場所:市環境課
 ※料金はかかりません。


 

■死体

・犬猫の死体は、市環境課にて、1頭 3,490円で受け付けます。遺骨の返却等は行っておりません。
・民間の動物霊園などで埋火葬を希望する場合は、電話帳などでお調べの上依頼して下さい。
・道路などの公共施設に野良犬や野良猫及びその他の動物の死骸がある場合は、詳しい場所を下記までご連絡下さい。

1.国道及び県道上は、朝倉県土整備事務所(TEL:0946-22-4182)
2.上記以外の道路上や公園などの場合は、市役所環境課


 

■野良犬

・野犬については、北筑後保健福祉環境事務所へお問い合わせください。 

 

■上記関連のお問い合わせ

福岡県北筑後保健福祉環境事務所 保健衛生課 0946-22-2741
環境課 0946-23-1153



本ウェブサイトのダウンロードのページから、主な届出様式がダウンロード(PDF形式)できます。必要な方はご利用下さい。

 

お問い合わせ
市民環境部 環境課
電話番号 : 0946-22-1111
ファックス番号 : 0946-24-3615
メールアドレス : kankyo@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?
このページへのルート一覧
ライフイベントから探す > 引っ越し > その他 > 犬の登録・予防接種など