ふるさと応援寄付金とは?

タイトル

寄附のお手続き方法

ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)とは、自分の生まれ育ったふるさとの自治体や応援したい自治体に寄附を行うと、2,000円を超える部分について、一定の上限まで、原則として所得税・個人住民税から全額が控除される制度です。下記の図は、寄附お手続きの原則について掲載しています。確定申告が不要な給与所得者等について、ふるさと納税先が5自治体以内の場合に限り、ふるさと納税先の地方公共団体に申請することにより確定申告不要で控除を受けられる手続の特例(ふるさと納税ワンストップ特例制度)が創設されています。
詳しくは下記の「ふるさと納税ワンストップ特例制度について」をご覧ください。

 寄附の申し込み方法

 寄附の申込方法

(1)インターネットでの申し込み
 ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」、または「さとふる」から申し込みいただけます。
〇ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」へ移動します 
〇ふるさと納税サイト「さとふる」へ移動します

(2)郵送、FAX、Eメールでの申し込み
下記の「ふるさと応援寄附金申込書」をダウンロードした上で、必要事項をご記入し、郵送、FAX、Eメールでお申し込みください。
〇ふるさと応援寄附金申込書(エクセル)
〇ふるさと応援寄附金申込書(PDF)

(お申込み先)
 〒838-8601
   福岡県朝倉市菩提寺412番地2
   朝倉市役所 総務部 ふるさと課 地域振興係 宛
   TEL:0946-28-7603
  FAX:0946-24-8857
   Eメール:furusato@city.asakura.lg.jp

寄附金の入金方法

寄附金の入金方法については、お申込されるポータルサイトにより異なります。また、年度末は入金方法、申込み方法が期間限定で変更される場合がありますのでご注意願います。

◇ふるさとチョイスの場合
(1)クレジットカードでの入金
クレジットカードにより、自宅に居ながら、申し込みから決済までワンストップで手続きを行うことができます。手数料はかかりません。上記「ふるさとチョイス」の申し込みフォームによる申し込みの後に、サイトにてクレジットカード決済の手続きへお進みいただけます。

(2)郵便振替での入金
申し込み確認後、郵便振替用紙(払込取扱票)を郵送いたします。必要事項(住所・氏名・寄附金額など)をご記入のうえ、最寄りのゆうちょ銀行・郵便局にてご入金ください。手数料はかかりません。

(3)納付書での入金
申し込み確認後、専用の納付書を郵送いたします。下記の指定金融機関(郵便局を除く)でご入金ください。手数料はかかりません。(指定金融機関)福岡銀行・西日本シティ銀行・筑前あさくら農業協同組合・筑邦銀行・福岡中央銀行・筑後信用金庫・とびうめ信用組合 以上の本店、支店、出張所

(4)銀行口座振り込みでの入金
申し込み確認後、振り込み先をメール又は文書にてご案内いたします。最寄りの金融機関からお振込みください。なお、手数料はご寄附者様の負担になります。

(5)その他
朝倉市役所へ郵送(現金書留)いただく、あるいは直接ご持参いただいても寄附できます。なお、郵送料はご寄附者様の負担になります。 

◇さとふるの場合
(1)クレジットカードでの入金

(2)コンビニエンスストアでの入金
利用可能なコンビニ:ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、セイコーマート

(3)ソフトバンクまとめて支払いでの入金
月々の携帯料金とまとめて入金ができるサービスです。

(4)auかんたん決済での入金
月々の携帯料金とまとめて入金ができるサービスです。

(5)ドコモケータイ払いでの入金
月々の携帯料金とまとめて入金ができるサービスです。

(6)ペイジーサービスでの入金

寄附金受領証明書の送付

寄附金の入金が確認できましたら、「ふるさと応援寄附金受領証明書」を郵送いたします。この寄附金受領証明書は、後日税務署で確定申告をされる際又は住所地の市区町村で住民税の税額控除をされる際に必ず必要になりますので、なくさないように大切に保管してください。
(注意)クレジット決済による寄附の場合は、クレジット取扱会社が代理収納金を市に入金してから寄附金受領証明書を郵送します。そのため、クレジット決済処理をされてから郵送まで約1~2ヶ月かかることがございます。

 ふるさと納税ワンストップ特例制度について

確定申告が不要な給与所得者等は、ふるさと納税先の地方公共団体に申請することにより確定申告不要で控除が受けられる特例制度です。なお、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」には適用条件があり、以下の2つをすべて満たしていることが必要となりますのでご注意ください。
 (1)確定申告が不要な給与所得者等であること。
 (2)ふるさと納税先が5自治体以内であること。

・「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の申請書をご要望の方は、寄附金申し込み時に「ワンストップ特例申請書を希望する」の欄にチェックをつけてください。また、本人確認のため「性別」「生年月日」が必要となりますので、併せてご記入ください。
・寄附金申し込み時に「ワンストップ特例申請書を希望する」の欄にチェックをつけただけでは控除の対象となりません。後日、寄附金受領証明書とともに郵送される申請書に記入・捺印いただき、 朝倉市へご返送いただく必要があります。
・1月10日までに申請書が当庁まで届くように発送してください。

〇特例申請書(寄附金税額控除に係る申告特例申請書)
〇申請事項変更届出書(寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書)

平成28年1月1日以降にワンストップ特例制度を利用する場合は、申請書に個人番号(マイナンバー)の記載が必要になりました。
「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」に、個人番号(マイナンバー)の記載が必要になりました。また、添付書類として、個人番号(マイナンバー)の確認できる書類及び身元確認ができる書類の写し(コピー)が必要となりますので、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」と同封して提出ください。提出いただく添付書類は、次の1~3のいずれかの組み合わせになります。
 図1

 ワンストップ特例申請

 

ふるさと応援寄附金の使途について

皆様からいただいた寄附金は、次のいずれかの事業に活用させていただきます。

(1)心豊かに、人が輝くまちづくり事業
   教育の充実、生涯学習社会の推進、文化の振興、スポーツ振興、人権尊重社会の実現等のための事業

(2)人と人が助け合い、安心をもたらすまちづくり事業
       保健・医療の充実、地域福祉の推進、高齢者福祉の充実、障がい者福祉の充実、こどもを安心して生み育てる環境づくり、コミュニティの活性化等のための事業

(3)豊かな地域資源を活かした産業活動を展開するまちづくり事業
       農業・農村の振興、林業の振興、商工業の振興、就業の場の創出等のための事業

(4)自然と共生する循環型社会を築くまちづくり事業
        自然環境の保全、水と緑の保全活動、景観づくりの推進、環境学習の充実等のための事業

(5)新しいふるさととして定住をうながすまちづくり事業
       都市基盤の整備、生活環境の充実、消防・防災・安全対策、道路・交通の整備等のための事業

(6)自治体にお任せ
       九州北部豪雨災害等

〇「ふるさと応援寄附金の実績」へ移動します

関連リンク

・総務省 ふるさと納税ポータルサイト
※ふるさと納税制度に関する詳しい内容、ふるさと納税制度の改正内容、寄附金控除額の計算シミュレーション等については、上記ポータルサイトに掲載されていますのでご覧ください。 

ダウンロード
ふるさと応援寄附金申込書(エクセル)(70KB)(エクセル文書)
ふるさと応援寄附金申込書(PDF)(167KB)(PDF文書)
特例申請書(寄附金税額控除に係る申告特例申請書)(282KB)(PDF文書)
申請事項変更届出書(寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書)(170KB)(PDF文書)

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせ
ふるさと課地域振興係
電話番号 : 0946-28-7603
ファックス番号 : 0946-3424-8857
メールアドレス : furusato@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?