土地・家屋の評価額や自分の固定資産課税内容を確認できます

平成29年度の土地・家屋価格等縦覧帳簿の縦覧と固定資産課税台帳の閲覧を行います。

■期間
 《縦覧》・・・・・4月3日(月)~5月1日(月)、(土・日・祝日を除く)
 《閲覧》・・・・・4月3日(月)~(随時)、(土・日・祝日を除く)

■時間
 8時30分~17時15分

■場所
 《縦覧・閲覧》・・・・・市税務課
 《閲覧のみ》・・・・・・朝倉・杷木支所(市民窓口係)

■申請に必要なもの
 印かん、本人確認ができるもの(運転免許証など)、納税通知書

【縦覧】・・・・・納税者への公開制度
 土地・家屋の価格(評価額)は、固定資産評価基準に基づき、実地調査等で評価・決定されます。
 
固定資産課税額の基礎となるこの価格等を納税者に公開するための制度です。
 自己の資産に加え市内の他の資産価格も縦覧できますので、それらと比較し、その適正さを確認できます。

縦覧できる人 縦覧範囲
 固定資産税の納税者等(同居の親族、委任状を持参した人を含む)  「縦覧帳簿」で、他の土地や家屋の価格についても縦覧可能


【閲覧】・・・・・自己資産の税額等を知りたいときの制度
 納税義務者が自己の資産について記載のある部分を閲覧できるほか、借地・借家人等に対してもその借地・借家対象資産について固定資産税の課税内容を明らかにするための制度です。

閲覧できる人 閲覧内容
 固定資産税の納税義務者等(同居の親族、委任状を持参した人を含む)  当該納税義務に係る固定資産
  土地(家屋)について、賃借権その他の使用または収益を目的とする権利(対価が支払われるものに限る)を有する人  当該権利(権利を証する書類の提示が必要)の目的である土地(家屋及びその敷地)
 固定資産の処分をする権利を有する一定の人(1月2日以降に固定資産を取得した人など)  当該権利(権利を証する書類の提示が必要)の目的である固定資産


 【審査の申出ができます】
 土地・家屋の価格に不服がある場合、固定資産評価審査委員会に審査の申出ができます。
 期間は4月3日から納税通知書を受け取った日後3カ月までです。

お問い合わせ
市民環境部 税務課
電話番号 : 0946-22-1111
ファックス番号 : 0946-22-1118
メールアドレス : zeimu@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?
このページへのルート一覧
くらしの情報 > 税金・保険・年金 > 固定資産税 > 土地・家屋の評価額や自分の固定資産課税内容を確認できます