広報あさくら第247号(平成28年7月1日号)

(広報あさくら平成28年7月1日号目次) 

 表紙 1ページ

あさくら暮らし 2~3ページ

同和問題強調月間 4~6ページ

ステップリーダー養成講座・ステップ運動教室 7ページ

介護予防ポイントの換金申請について 8ページ

市政ニュース 9~15ページ

情報満載!お知らせ広場 16~21ページ

健康と福祉のページ 22~23ページ

文化・学習の催し 24ページ

図書館だより 25ページ

市民くらぶ 26~27ページ

まちかどウォッチング 28~29ページ

裏表紙 30ページ

表紙(広報あさくら平成28年7月1日号、1ページ)

■特集

あさくら暮らし~移住・定住支援~
豊かな自然、あたたかな人々に出会える田舎暮らし

ページの先頭へ戻る

特集 あさくら暮らし~移住・定住支援~ 豊かな自然、あたたかな人々に出会える田舎暮らし(広報あさくら平成28年7月1日号、2~3ページ)

~新しいふるさととして定住を促すまちづくり~

移住・定住を進める背景
 市では、人口減少を抑えるために、親と子と孫が一緒に暮らせる「新しいふるさととして定住を促すまちづくり」を目指しています。
 朝倉市の人口は、1985年(昭和60年)をピークに減少傾向にあり、2015年(平成27年)には5万5496人になりました。平成27年に作成した朝倉市人口ビジョンにおいては、将来人口が、2060年(平成72年)に3万4100人~3万6700人になると推計しています。
 人口減少を抑えるためには、若い世代の都市圏への人口流出を止め、安心して子どもを産み育てられる環境をつくることで出生数を増加させ、市民をはじめ多くの方が住みたいまちになるように環境を整えることで、人口構造を維持することが重要です。
 
 今回は、移住されてきたご家族のインタビューや市の移住・定住施策への取り組みについてご紹介します。 

移住者interview

移住して7年の山下さん一家にお話を聞きました!


直感と城下町の雰囲気に惹かれ

 美容師の仕事の関係で、お店の開業を考えたときにこちらを紹介してもらいました。下見にきたときの直感と、城下町の雰囲気が気に入って、ひと目見て決めました。

「ふるさと」と思える環境

 移住してきて今年で7年になりますが、すでに朝倉市を「ふるさと」と感じるようになりました。水・空気・野菜がおいしく、住んでみて心が落ち着き、生活にゆとりができました。人と人の距離感が近くてあたたかい。笑顔も増え、ずっと住みたいと思える環境です。子どもたちにとっても「ふるさと」になってほしいと思っています。

誰もが住みたい・住みやすいと思える環境づくりに協力したい

 自分たちみたいに新しい人たちが朝倉市に来たときに、スムーズに馴染めるような環境づくりを行いたいです。また、お年寄りと子どもが触れ合えるような場所・時間づくりもやっていけたらいいなと思います。

市の移住・定住促進の取り組み

住宅リフォームを応援します

市内への居住を予定する人が市内業者に発注して行う10万円以上の住宅リフォームに対し「あさ暮らし住宅リフォーム補助」を行っています(平成29年度まで)。(窓口:都市計画課)

 市では、子育て、医療などの移住・定住に役立つ情報や朝倉市の概要を、市ホームページ、定住促進PRパンフレットで紹介しています。

 詳しくは、朝倉市 移住 で検索

使わなくなった 空き家 を登録しませんか?

朝倉市空き家バンク制度を実施します

 現在、全国的に「空き家」の増加は社会問題となっています。空き家が放置されると、倒壊の危険性があるほか、地域の治安悪化などの原因となってしまいます。
 その一方で、地方への移住希望者が増加していますが、地方で暮らすためには住居が必要となります。
 市は、増加する空き家を有効活用し、定住促進により地域の活性化および集落機能の維持を図ることを目的として、朝倉市空き家バンク制度を7月1日から実施します。
 この制度は、空き家の賃貸または売却を希望する人(所有者)からの情報を、空き家の利用を希望する人(入居希望者)に紹介するものです。
 市は事業実施に先立ち、公益社団法人福岡県宅地建物取引業協会と「朝倉市空き家バンク制度の実施による空き家の仲介等に関する協定」を締結しました。物件の調査、査定および仲介を専門とする協会と協働で事業を進めることで、安心して物件の案内や契約などの手続きを行えます。
 市内に所有している空き家の賃貸もしくは売却を考えている人、または朝倉市に居住等を考えている人は、ぜひご相談ください。
※市は物件の情報提供を行いますが、交渉や契約には一切関与しません。

※空き家を調査した結果、「老朽」「危険」として空き家バンクに登録できない場合もあります。
※空き家バンクへの登録は無料ですが、物件の売買または賃貸借の契約が成立したときは、所有者および入居希望者から仲介業者に対 する仲介手数料が発生します。

【今後のスケジュール】
7月1日 空き家バンク物件登録受付開始
9月1日 入居希望者登録受付開始

宅建協会は朝倉市と協働で空き家バンク事業に取り組みます

 公益社団法人福岡県宅地建物取引業協会は、安全安心なまちづくりについて取り組んでいる事業の一環として朝倉市と空き家対策に関して協定を結びました。
 今後、朝倉市のように自然豊かなまちで暮らすことを選択する人が徐々に増えていくものと思われます。
 安全安心なまちづくりは単に都市機能を持つまちの住みやすさだけではありません。そこに住む人の暮らしをいかに充実・満足していただけるか、それにかかっていると思います。
 公益社団法人福岡県宅地建物取引業協会は朝倉市と協働で空き家バンク事業をスムーズに展開できるよう貢献していきます。

公益社団法人
福岡県宅地建物取引業協会
       会長 加藤 龍雄 

(問)市ふるさと課(22-1111、内線61-517)

ページの先頭へ戻る

7月は「同和問題啓発強調月間」です(広報あさくら平成28年7月1日号、4~6ページ)

 同和問題をはじめとする人権問題を解決するためには、一人ひとりが人権問題を正しく理解し、人権の意義や人権尊重の重要性について正しい認識を持つことが必要です。
 このため、福岡県および各市町村では、県民一人ひとりの理解と協力を得るために、7月を「同和問題啓発強調月間」と定め、この期間中に各種の啓発活動を集中的に実施しています。
 この機会に、さまざまな人権問題を自分自身の課題として捉え、人権について考えてみましょう。

ふるさと
         丸岡忠雄

「ふるさと」をかくすことを 
父は
けもののような鋭さで覚えた 
ふるさとをあばかれ
縊死した友がいた 
ふるさとを告白し
許婚者に去られた友がいた 
吾子よ
お前には 
胸張ってふるさとを名のらせたい
瞳をあげ何のためらいもなく
「これが私のふるさとです」
と名のらせたい

同和問題…それは出身を理由とした、いわれなき差別!

 日本には、自分の能力や人間性に関係なく、生まれた場所やそこに住んでいるという理由だけで、結婚に反対されたり、就職できなかったり、日常生活をおくる中で不当な差別を受けるような深刻な人権問題が存在しています。これが『同和問題』です。
 同和問題は、過去の封建的身分制度の成立にともなって、人々の社会生活に差別が形成され、その根深い差別意識や偏見が解消することなく、現代に引き継がれている我が国固有の重大な人権問題です。
 すべての人々は、性別、国籍、障がいのあるなしにかかわらず、お互いの多様性を認め合い、繋がり合って暮らしています。
 同和問題について、私たち一人ひとりが正しく理解し、自分自身の問題として捉え、解決に向けて努力していきましょう!

身元調査…「しない! させない! 許さない!」

 朝倉市では、不当な差別につながる身元調査について「しない、させない、許さない」運動の一環として、7月の同和問題啓発強調月間の期間中、職員が「身元調査お断わりワッペン」を着用しています。
 本人の能力や適性に関係ないところで、人が判断され、幸せが奪われてしまう身元調査を、あなたの「許さない」という気持ちと行動でなくしていきましょう。

■朝倉市同和問題啓発強調月間講演会

■日時・場所

7月6日(水)開場 18時30分~、開演 19時~
ピーポート甘木(大ホール)

入場無料、手話通訳あり、託児所完備

■トーク&コンサート

「心に熱と光を求めて」
~差別(いじめ)は麻薬、人権教育は心の特効薬~

■講師

親子デュオ
フラットワールド
中山  洋一さん
中山 賢一郎さん

 福岡県久留米市出身の親子。父・洋一さんは、久留米市の被差別部落出身で、少年時代から貧困と差別の中で挫折を経験。愛する女性に背を押され、一念発起し猛勉強。人権バンド「やじろべえ」、ソロ活動を経て、親子デュオ「フラットワールド」を結成。歌や語りを通して、人権社会確立のため親子で奮闘中。
世の中が愛と優しさで満ち溢れ、笑顔の花が咲くことを願って活動している。

■第11回朝倉市人権作品コンクール作品募集

■募集内容…人権問題全般に関する作品
■募集部門…文章(作文・手記)、標語、短歌、詩、ポスター、缶バッジデザイン
■応募資格…市内に居住または通勤・通学している人 
     (1)成人の部(大学生・高校生を含む)(2)中学生の部 (3)小学生の部     (一部の部門では高・中・低学年別) (4)フリーの部(学年・年齢不問)
■応募方法…市人権・同和対策課と各地区コミュニティセンター等に備え付けの応募要項を      ご覧ください。ホームページ「くらしの情報」の「人権啓発」からもダウンロードできます。
■募集期間…7月1日(金)~9月16日(金)
■結果発表…10月下旬に入賞者に通知
■表彰…入賞者には図書券、応募者全員に参加賞を進呈。最優秀賞受賞者は12月に「人権を考える朝倉市      民のつどい」で表彰します。
■応募先… 朝倉市人権・同和教育推進協議会事務局(〒838-1302朝倉市宮野1997 朝倉市人権・同和対策       課内)に郵送または持参ください。FAXは不可。
■応募規定
 ・入賞者は「広報あさくら」で発表し、作品は「人権を考える朝倉市民のつどい」等で展示紹介します。
 ・応募作品は返却しません。
 ・応募作品は、「人権作品集」などに掲載し、「差別をなくし人権を守る」啓発活動に活用します。
 ・本人の作品でないと判断できる場合、審査の対象としません。

お問い合わせ先 市人権・同和対策課(52-1174

■第10回(平成27年度)人権作品コンクール【文章部門】成人・高校生の部 入賞作品

ありがとう
朝倉高等学校 二年 國武 陽菜

 私は、家の近所のスーパーヘ買い物に行って、精算するのでレジに並んでいました。
「早くしてほしいよね。」
「急いでるんだけど。」
「まだ終わらんと。」
 私の隣のレジに並んでいる人たちが小声でコソコソと言っているのが聞こえてきました。私は、一体何のことを言われているのか、とても気になったので、そっと隣のレジを見ました。
 隣のレジには、私の祖母と同じ歳くらいのおばあちゃんがいました。そのおばあちゃんは、右腕が不自由らしく、お財布の中からお金がなかなか取り出せなくて、手間取っていました。レジ担当の方も助けるに助けられず、じっとお金が出されるのを待っていました。この状況で時間が掛かっていたので、おばあちゃんの後ろに並んでいる人たちが小声でコソコソと言っていることが分かりました。私は体に障害があって、とても困っているにも関わらず、周囲の誰もが手助けすることなく、文句だけ言っていることにだんだんと腹が立って、気の毒に思いました。
 私の精算が終わって、袋に詰めようと移動したら、やっとの思いで精算が終わられたおばあちゃんが少し離れたところにいました。今度は袋詰めに困っていたようでした。体に障害があるので背負えるリュックサックを持っていましたが、リュックサックの中に上手く荷物が入れられず、手間取っていました。周囲にいる人たちは、皆その場から去って行きました。私はこの状況がとても悲しくて、おばあちゃんの元へ駆け寄りました。
「良かったら、私がリュックサックに荷物を入れましょうか。上手に入れられないかもしれませんが。」
と声を掛けると、おばあちゃんは
「あー、良かった。お願いします。」
少し片言な話し方で答えてくれました。私は上手ではないけれども、一生懸命荷物をリュックサックに入れました。そして、おばあちゃんの背中にリュックサックを掛けてあげました。
「お嬢ちゃん、ありがとう。とっても助かったよ。」
本当に嬉しそうな笑みで言ってくれました。おばあちゃんは周囲の人たちが優しく接し、困っている時には手助けしたら、生活が楽になって、もっともっと外出する機会が増えるのではないかと思います。
 そして、私たちが障害のある方や体の不自由な方に対して、困っている時には見て見ぬふりをするのではなく、思いやりの気持ちを持ってサポートしたら、身勝手な人たちの文句も無くなると思います。
 人間は、決して一人では生きていけません。私は今でも、おばあちゃんからの『お嬢ちゃん、ありがとう。とっても助かったよ。』の言葉がわすれられません。

 ページの先頭へ戻る

ステップ運動で健康づくり、始めませんか? ステップリーダー養成講座 参加者募集!(広報あさくら平成28年7月1日号、7ページ)

 「ステップ運動」は、有酸素運動と筋トレをミックスした誰にでもできる簡単な運動です。
 ステップリーダーとは、ステップ運動を通して市民の健康づくりをサポートしているボランティアです。自身の健康づくりを兼ねて活躍してみませんか!

■期日…8月18日・25日、9月1日・8日・15日・29日、10月13日・27日、11月10日・24日 木曜日(全10回)
■時間…9時30分~11時30分   
■場所…朝倉地域生涯学習センター1階 多目的室等
■募集人数…20人(先着順) 
■費用…受講料 無料   
■申込期限…8月5日(金)
■申込方法…市健康課(22-8571)に電話で申し込む
【応募条件】以下の2つの条件を満たす人
(1)朝倉市民(男女問わず)
(2)養成講座終了後も地区教室等で活動できる人

 現在、23カ所で教室を開催しています。各教室の見学や参加は随時行っており、参加費は無料です。
 ステップリーダーがあなたの健康づくりをサポートします。お気軽にどうぞ!

教室名 曜日 時間 会場
(1)安川ステップ教室 毎週月曜日    10時~11時30 分 安川コミュニティセンター
(2)美奈宜の杜ステップ教室   毎週月曜日  10時~11時30分 美奈宜の杜コミュニティセンター
(3)久喜宮ステップ教室  毎週月曜日    10時~11時30 分 久喜宮コミュニティセンター
(4)松末ステップ教室   毎週月曜日   10時~11時30 分 松末コミュニティセンター
(5)下須川ステップ教室   毎週月曜日   20時~21時 下須川公民館
(6)上秋月ステップ教室   毎週火曜日  9時30分~11時  上秋月コミュニティセンター
(7)三奈木ステップ教室 
 (合計月6回の開催)
第1~4火曜日 13時30分~15時 三奈木コミュニティセンター
第2・4木曜日
(8)立石ステップ教室 毎週火曜日   14時~15時30 分 立石コミュニティセンター
(9)上池田ステップ教室  毎週火曜日    20時~21時  上池田公民館
(10)転ばん倶楽部(甘木)   毎週水曜日   10時~11時30分   ピーポート甘木
(11)てんとうむし教室(朝倉) 毎週水曜日   10時~11時30分 朝倉地域生涯学習センター
(12)秋月ステップ教室 毎週水曜日   10時~11時30 分 秋月コミュニティセンター
(13)福田ステップ教室   第2・4水曜日  19時30分~21時  福田コミュニティセンター
(14)蜷城ステップ教室   奇数週の水曜日 20時~21時 蜷城コミュニティセンター
(15)てんとうむし教室(杷木) 毎週木曜日 10時~11時30分  女性センターあすみん
(16)ヘルスアップ教室(福田) 毎週木曜日   10時~11時30 分 福田コミュニティセンター
(17)馬田ステップ教室   毎週木曜日    10時~11時30分  馬田コミュニティセンター
(18)金川ステップ教室   毎週木曜日   13時30分~15時 金川コミュニティセンター
(19)転ばん倶楽部(蜷城)   毎週金曜日   10時~11時30 分 蜷城コミュニティセンター
(20)泉新河町ステップ教室  毎週金曜日  10時~11時30分  泉新河町公民館
㉑甘木ステップ教室  第1~4金曜日  13時30分~15時  フレアス甘木
㉒新道ステップ教室  毎週金曜日   19時30分~21時 新道自治会館
㉓久重ステップ教室   毎週金曜日    20時~21時30分  久重集落センター

問い合わせ先 市健康課(22-8571)

 ページの先頭へ戻る

対象活動を行うとポイントがもらえ、ポイントに応じて換金。(毎年8月からスタート)
介護予防ポイントの換金申請期間が始まります(広報あさくら平成28年7月1日号、8ページ)

■平成27年8月から始まった介護予防ポイント事業、今年の7月までに貯めたポイントを、8月~9月に換金申請をしましょう。

(申請受付場所と日時) 
・杷木老人福祉センター 
 8月1日(月)・2日(火)14時~ 15時
・朝倉老人福祉センター 
 8月3日(水)~5日(金)13時30 分~14時30分
・健康福祉館「卑弥呼ロマンの湯」  8月8日(月)~10日(水)、19日(金) ~20日(土)12時30分~14時30分
※市介護サービス課(本庁2階)および朝倉支所・杷木支所でも随時受付ます。
(申請方法)
 換金申請書に記入押印し、ポイントを貯めた手帳と振込先の通帳の写しを添付して提出してください。

■「介護予防ポイント事業」とは
 
 介護サービス事業所・施設等でボランティア活動を行ったり、介護予防教室に通ったりして「ポイント」を貯めるものです。貯まったポイントは、1年に1回、最大5000円まで現金に交換することができます。
 この事業は、元気な高齢者の社会参加や生きがいづくり、健康づくりを支援し、介護予防に役立てていただくとともに、地域における高齢者のボランティア活動を奨励・支援することが目的です。
■対象者
 市内に住所を有する65歳以上の人
■対象活動
【介護予防教室[月に4回以上開催の教室(1月毎にスタンプ1個)]】
・いきいき健康クラブ
・筋力トレーニング教室
・健康づくりサポート教室
・ステップ運動教室(平成28年8月~)
【ボランティア活動(1時間につきスタンプ1個。1日最大スタンプ2個まで)】
(1)市内にある老人ホームやデイサービスを行う施設および障害者福祉施設等で、市に受入施設の申請登録を行った事業所での活動
・入所者、利用者の話し相手
・レクリエーション指導や参加、準備のお手伝い
・行事のお手伝い
・お茶出しや配膳、下膳等の補助
・散歩、屋内移動、送迎の補助
・演芸などの披露
・洗濯物等の整理
・施設の清掃や草取り等
・その他
(2)ステップ運動教室のステップリーダー(平成28年8月~)
(3)地域ミニデイ(社会福祉協議会に登録して各地域で実施しているサロン)のボランティア(平成28年8月~)

■介護予防ポイント事業の流れ
(1)市に登録申請書を提出
(2)ポイント手帳を受け取る
(3)介護予防教室に参加、または、ボランティア活動の実施
(4)活動時間や内容に応じ、活動場所で手帳にスタンプがもらえる
(5)毎年8月~9月に現金に換金申請
(6)対象者の口座に年最大5000円まで振り込まれる

■登録申請書の提出方法
・市役所本庁・支所に直接
・介護予防教室を通じて
・ボランティア活動をしたい事業所・サロン・ステップ運動教室を通じて

(問)市介護サービス課高齢者支援係(22-1111内線61-229)

 ページの先頭へ戻る

市政ニュース(広報あさくら平成28年7月1日号、9ページ~15ページ)

■「朝倉市地域防災計画」を改訂【防災交通課】

 「朝倉市地域防災計画」を改訂しましたのでお知らせします。東日本大震災以降の国や県の防災対策の見直し内容や平成24年九州北部豪雨等災害を踏まえた市独自の見直し内容を盛り込んでいます。
 計画書は、市のホームページ(http://www.city.asakura.lg.jp「各種計画等」)からダウンロードできます。
 また、市民向けに8ページで構成する概要版を作成しています。こちらも市のホームページからダウンロードできるほか、市役所の窓口(防災交通課、朝倉支所市民窓口係、杷木支所市民窓口係)や各コミュニティセンターで配布します。
(問)市防災交通課(内線61-110、119)

■無断転用は違法です農地の転用には必ず許可を【農業委員会事務局】

 農地を転用するときは、農地法の許可が必要です。
 無断転用した場合や、転用許可どおりに転用していない場合農地法に違反することになり、厳しい罰則の適用があります。
※場所によっては、農地転用できない個所があります。
(問)市農業委員会事務局(内線62-163)

■朝倉市バス待合所等設置事業補助制度を創設【ふるさと課】

 路線バスの利用促進や利便性向上を図るため、バスの待合環境等の整備に取り組む交通事業者や住民自治組織に対して、バス停上屋や駐輪場整備等に要した費用の一部を補助します。
【対象となる団体】
・路線バスの運行事業者
・市内の住民自治組織(コミュニティ協議会や行政区)など
【対象となる事業内容】
 路線バスのバス停待合所や駐輪場、ベンチ等の設置または修繕を行う事業を対象とします。
・待合所(バス停の上屋)
・駐輪場(バス停からおおむね50メートル以内にあり、5台以上収容できる広さを有するもので、無料で利用できるものに限る)
※ただし、土地の取得や賃貸に係る経費および補助対象事業費が10万円未満の事業は除きます。
【補助金額】
■補助率…補助対象事業費の1/2
■補助限度額…1カ所あたり、上限50万円
 申請方法等については直接、市防災交通課交通対策係までお問い合わせください。

(問)市防災交通課交通対策係(内線61-109)

■平成28年度後期高齢者医療制度の保険料をお知らせします【保険年金課】

 平成28年度後期高齢者医療制度の保険料の額は、平成27年中の所得の申告に基づき決定します。7月中旬に、被保険者(加入者)へ、「平成28年度後期高齢者保険料額決定通知書」を郵送します。

●保険料と医療費負担

 医療費は、被保険者が病院等で支払う自己負担額と、保険から給付される医療給付費で構成されています。
 この医療給付費のうち、約5割を公費(税金)で、約4割を後期高齢者支援金(現役世代の保険料)で負担し、残りの約1割を被保険者全員の保険料で負担します。

 

●保険料の決まり方
 (計算方法)

 保険料は、平成27年中の所得金額と、平成28年4月1日時点(平成28年度中に75歳になる人や、県外から転入してきた人などはその時点)の世帯の状況に基づいて算定を行い、決定します。
◎保険料は、県内どの地域でも同じ基準で算定されます。
◎保険料は、被保険者(加入者)一人ひとりにかかります。保険料率(被保険者均等割額、所得割率)は2年ごとに見直され、平成27年度より下がっています。
◎公的年金収入のみで、年金額が153万円以下の場合は、総所得金額等が33万円以下となるため所得割はかかりません。


 

 

●保険料の軽減

●均等割額の軽減
 平成28年度も、平成27年度の保険料軽減措置(被保険者均等割額の9割・8割5分・5割・2割軽減)を継続して行います(被保険者均等割額が7割軽減となる人は、特例措置を引き続き行うため、8割5分軽減)。

●所得割の軽減
 総所得金額が91万円以下(公的年金のみの場合、収入額で211万円以下)の人は、所得割額が5割軽減となります。

●被用者保険の被扶養者であった人の軽減
 後期高齢者医療制度に加入する前日まで「会社などの健康保険の被扶養者」だった人は、被保険者均等割額が9割軽減となります。また、所得割額はかかりません。
 なお、被用者保険とは、全国健康保険協会管掌保険、組合管掌健康保険、船員保険、共済組合をさします。国民健康保険・国民健康保険組合は該当しません。

●保険料の減免制度

 災害や失業等で保険料の納付が困難となった場合、保険料が減免できる場合があります。市保険年金課へご相談ください。

●8月から、被保険者証が
新しくなります

 現在の被保険者証(柿色)の有効期限は、7月31日です。
 8月1日から使用できる被保険者証(桃色)は、7月下旬に郵送します。ただし、保険料の滞納がある場合は、通常より短い有効期限の被保険者証を窓口でお渡しすることがあります。
 8月1日以降に医療機関にかかるときは、新しい被保険者証(桃色、有効期限は平成29年7月31日)を窓口に提示してください。
 7月31日までに新しい被保険者証(桃色)が届かない場合は、市保険年金課へ問い合わせてください。

●被保険者証の自己負担割合を確認してください

 医療機関で支払う医療費の自己負担割合は、1割または3割です。
 毎年、前年中の所得に基づいて、8月から翌年7月までの1年間の自己負担割合の判定を行います。自己負担割合は原則1割ですが、同じ世帯の被保険者のいずれかの人の市町村民税課税所得が145万円以上である場合は、3割です。ただし、市町村民税課税所得が145万円以上であっても、次の(1)または(2)に該当する場合は、市保険年金課、各支所の窓口へ申請すれば1割負担となります。
(1)同じ世帯の被保険者が2人以上の場合
同じ世帯の被保険者全員の収入の合計額が520万円未満
(2)同じ世帯の被保険者が本人のみの場合(次のアまたはイに該当)
ア 本人の収入が383万円未満
イ 本人と同じ世帯の70歳~74歳までの人との収入の合計額が、520万円未満

 市町村民税の課税所得が145万円以上であっても、次の条件すべてに該当する場合は、自己負担割合が1割になります(この場合の申請は不要です)。
(1)前年の12月31日現在で、被保険者が世帯主である
(2)同じ世帯に合計所得金額が38万円以下で19歳未満の世帯員がいる
(3)世帯主の市町村民税課税所得から*控除額を差し引いた後の額が、145万円未満となる場合
(*控除額…16歳未満は1人あたり33万円、16歳以上19歳未満は1人あたり12万円)

●8月から、限度額適用・標準負担額減額認定証が新しくなります

 現在使用中の減額認定証の有効期限は、7月31日です。減額認定証をすでに持っている人で、平成28年度の市町村民税が非課税世帯の場合は、8月1日から使用する新しい減額認定証を7月下旬にお届けします。
 世帯全員が市町村民税非課税である人が入院または高額な外来診療を受ける際に減額認定証を医療機関に提示すると、医療費の自己負担は限度額までとなり、入院時の食費・居住費の負担も減額されます。
 なお、新たに減額認定証の交付を希望する場合は、市保険年金課、朝倉支所または杷木支所での申請手続きが必要になります。

■国民健康保険に加入している人が高額医療を受ける場合は事前に「限度額適用認定証」等の申請を【保険年金課】
 国民健康保険の加入者が医療を受ける場合、70歳未満は医療費の3割、70歳以上は年齢や所得により1割、2割または3割を負担します。しかし、「限度額適用認定証」等(以下、「限度額証」)を医療機関に提示すれば、医療費の支払いが自己負担限度額までとなります。限度額証が必要な場合は、市保険年金課または各支所に申請し、交付を受けてください。この限度額証は保険税の滞納がない世帯にだけ交付されます。
■70歳未満の人
  70歳未満の人は、申請すれば限度額証の交付を受けることができます。
■70歳から74歳までの人
 70歳以上の人は、住民税非課税世帯の人のみ限度額証を申請することができます。課税世帯の人は、保険証と高齢受給者証を提示すれば、負担が限度額までとなりますので申請は不要です。
■75歳以上の人
 後期高齢者医療制度の対象となります。10~11ページをご覧ください。
【申請に必要なもの】
国民健康保険被保険者証、印かん、世帯主および対象者の個人番号(通知)カード、窓口に申請手続きに来る人の本人確認ができるもの
■限度額証の更新について
 限度額証の有効期限は、申請の月から翌年7月31日までです。現在限度額証の交付を受けている人で、引き続き必要な人は更新の手続きが必要です。該当者には、更新時期に案内文書を郵送します。

●70歳~74歳までの自己負担限度額(月額)


●70歳未満の人の自己負担限度額(月額)

■住民税非課税世帯の人は、食事代が安くなります
 入院したときの食事代は、住民税が課税世帯の人は、1食あたりの自己負担額が360円(ただし、難病、小児慢性特定疾患の患者、また平成28年4月1日時点で既に1年を超えて精神病床に入院している患者は260円)ですが、住民税が非課税世帯の人は、申請することで申請月の翌月から入院時の食事代が次の額に減額されます。

■所得の申告を忘れずに
 世帯主または国民健康保険加入者が平成28年度(平成27年中)の所得を申告をしていない場合は、正しい負担区分判定ができませんので、所得の申告をしてください。

(問)市保険年金課(内線61-181、152)

■介護保険負担割合証が更新されます【介護サービス課】

■介護保険負担割合証
 65歳以上で一定以上所得者(※)の介護サービスの利用者負担割合が2割になります。それ以外の人は1割になります。
■介護保険サービスを利用する際は「介護保険負担割合証」が必要です
 7月までに要介護・要支援認定を受けている人に全員に利用者負担の割合が記載された新しい「介護保険負担割合証」を郵送します。介護保険サービスを利用する際は、介護保険被保険者証とあわせて提示してください。
■交付対象期間…8月1日~平成29年7月31日
※一定以上所得者とは…本人の前年の合計所得金額が160万円以上かつ同一世帯の65歳以上の人の前年の「年金収入+その他の合計所得」が、単身で280万円以上、2人以上で346万円以上の人のことです。
(問)市介護サービス課(内線61-201)

■国民健康保険加入者の70歳から74歳までの人へ【保険年金課】

 現在の「国民健康保険高齢受給者証」の有効期限は、7月31日です。8月1日から平成29年7月31日までの高齢受給者証は、平成27年中の所得による判定後、7月下旬に郵送します。医療を受けるときは必ず保険証と一緒に提示してください。
 また、平成26年4月から制度改正により、一部負担金の割合の記載欄が昭和19年4月1日以前の誕生日の人は「2割(特例措置により1割)」、昭和19年4月2日以降の誕生日の人は「2割」と表示しています。
 ただし、現役なみの所得があった人には、「3割」と表示しています。
(問)市保険年金課(内線61-153)

■国民年金保険料の納付が困難なときは【保険年金課】

 所得が少なく、国民年金保険料の納付が困難な場合、保険料免除制度や若年者納付猶予を利用できます。所得が少ない人(50歳未満)で、免除が受けられない場合は、保険料を猶予し後払いができます。未納のままにしていた場合、万一の際に障害年金などを受け取れない場合があります。
■免除の申請
 免除・猶予を受けるための所得審査を毎年行うため、毎年申請が必要です。平成28年度の申請期間は、7月~平成29年6月までです。また、2年1カ月前までさかのぼって未納期間がある場合、その期間も免除の申請ができます。日本年金機構で審査し、承認されると、その期間の保険料が免除(猶予)されます。
 また、全額免除・納付猶予の承認を受けた人のうち、継続申請を希望していた人は毎年申請する必要はありません(所得の申告は必要)。しかし、一部(4分の3、半額、4分の1)免除や、失業や被災などで免除の承認を受けた人は、翌年度も申請が必要です。
■所得審査対象…《免除》申請者本人・配偶者・世帯主の所得
《猶予》申請者本人・配偶者の所得
■追納制度
 免除・納付猶予の承認期間は全額納付した場合に比べ、受け取る金額が少なくなるため、10年以内であれば後から納付できる追納制度があります。ただし、免除・猶予を受けた期間の翌年度から起算して3年度目以降に追納する場合は、当時の保険料額に経過期間に応じた加算額が上乗せされます。

(問)市保険年金課(内線61-138・139)

■住民票等交付の「通知制度」のお知らせ【市民課】

 市では、住民票や戸籍などを、本人からの委任状を持参した代理人や第三者(※)に交付した場合は、事前に登録した人に通知をします。
 この制度により、住民票の写しなどの不正請求を抑止し、個人の権利の不当な侵害を防止することを目的としています。また、事前登録の有無にかかわらず、住民票などが不正に請求されたことが判明した場合も本人に通知します。
(※)第三者とは、住民票の場合、本人および同一世帯以外の人、戸籍の場合、戸籍に記載された人またはその配偶者、直系尊属もしくは直系卑属以外の人(国または地方公共団体の機関による申請を除く)をいいます。

【登録方法】
■受付時間…平日8時30分~17時15分
■受付窓口…本庁市民課、朝倉支所市民窓口係、杷木支所市民窓口係
 なお、本人が窓口に来られない場合は、代理人、または郵送による申請ができます。
■登録できる人
(1)市内に住民登録をしている人 
(2)市内に本籍のある人
■申請に必要なもの
(1)申請書
(2)本人確認書類(運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、マイナンバーカードなど公的機関の発行した顔写真入りのもの。保険証など顔写真のないものの場合には、複数種類が必要)
(3)代理人による申請の場合は、本人作成の委任状(委任者名は自筆)および代理人についての本人確認書類
※郵送申請の場合は、本人確認書類のコピーを申請書と一緒に送付してください。

(問)市市民課(22-1113)、または市ホームページ(http://www.city.asakura.lg.jp

■飼い主のいない猫の不妊去勢手術費の一部補助を行います【環境課】

 市には、猫によるフン尿や鳴き声、ゴミや庭を荒らすといった相談、苦情が多く寄せられています。また、飼い主のいない猫への無責任なエサやりに対して、食べ残しにカラスや害虫が集まる等の環境衛生上の問題や、過剰繁殖による子猫の産みつけの相談、苦情も多く寄せられています。
 そこで、飼い主のいない猫の過剰繁殖を抑え、フン尿や鳴き声等の被害を軽減させるため、平成26年度より飼い主のいない猫に対する不妊去勢手術費の一部補助を行っています。
■手術後の効果
・繁殖しなくなるため、猫の数が増えなくなります。
・一代限りの命を全うさせるため、徐々に猫の数が減少します。(飼い主のいない猫の寿命は4~5年といわれています)
・発情期の鳴き声や他の猫とのケンカが少なくなります。
■補助金額…1匹につき5000円
■補助対象者…市内に住所を有する個人で、市内に生息する「飼い主のいない猫」に不妊去勢手術を施す人。
※飼い猫は補助対象外です。
■受付期間…7月1日~平成29年1月31日(予算の範囲内で50件程度)
※予算がなくなり次第終了
■申請方法…補助金交付申請書に添付書類をつけて市環境課に提出。申請書は市環境課および市ホームページから入手可能。
※申請前に手術をすると、補助金の対象外となりますので、ご注意ください。

(問)市環境課(内線65-11)

■第6回朝倉市の未来予想図(高校生の提言)募集

 「子育て世代が住んでみたいと思うまちづくり」をテーマとし、募集します。朝倉市の人口増加、特に子育て世代の増加が期待できるアイデアを、市として取り組む制度・事業として募集します。
■応募資格
 高校生。ただし発表会(2次審査)に参加可能な人に限ります。個人・グループは問いません。
■応募方法
(1)専用の原稿用紙5~10枚程度(資料含む)とします。
(2)応募用紙に必要事項を記入したものを添付してください。
※原稿用紙と応募用紙は市ホームページからダウンロードできます。
■応募先
市ふるさと課地域振興係までメール(furusato@city.asakura.lg.jp)、郵送(〒838-8601朝倉市菩提寺412-2)または直接提出してください。
■応募期間
7月1日(金)~9月1日(木)
■書類審査
 書類審査を通過した個人・グループに9月中旬に書面にて審査結果を通知します(高校に対して通知します)。
■発表会(2次審査)
(1)日時…10月22日(土)午後
(2)場所…市役所杷木支所元議場
(3)審査基準…独創性、有効性、地域性、公益性、発表方法
■表彰
 上位3位までを表彰します。副賞として1位2万円分、2位1万円分、3位7千円分の図書カードを進呈します。発表会参加者に参加賞を進呈します。
■著作権の帰属等
(1)応募された提言は返却しませんのでご了承ください。
(2)応募された提言の著作権は朝倉市に帰属します。
■個人情報の取り扱い
 応募用紙にご記入いただいた個人情報は、審査、結果発表および応募者への連絡のため使用し、その他の目的には使用しません。
(問)市ふるさと課(内線61-505)

■市営住宅入居者募集【都市計画課】

 市営住宅に空家が生じた場合の補充入居者募集を行います。
 申込資格、必要書類等の詳細は、下記の窓口で配布する募集案内をご覧ください。
 なお、待機順を決める抽選会を8月下旬に行う予定です(長期間空家となっている住宅については随時募集を行っています。詳しくはお問い合わせください)。
■募集案内配布・申込受付期間
 7月1日(金)~15日(金)
■募集案内・申込書の配布、受付窓口
○市都市計画課 住宅係
○朝倉・杷木支所 市民窓口係

(問)市都市計画課住宅係(内線61-236)

■平成28年度ポイント方式県営住宅入居者募集【都市計画課】

■募集住宅
県内に所在する県営住宅(募集対象団地、募集戸数等詳細については募集案内書をご覧ください)
■募集案内書配布および申込受付期間7月13日(水)~22日(金)(申し込み手数料は不要)
■募集案内書配布場所
県住宅供給公社、公社管理事務所(福岡・北九州・筑後・筑豊)、公社管理事務所出張所(行橋・大牟田・直方・田川)、県庁県営住宅課、各地区県民情報コーナー(北九州・筑後・筑豊・京築)、県内の各市(区)役所および町村役場、ほか

(問)県住宅供給公社県営住宅管理部(092-781-8029)または、県庁県営住宅課(092-643-3739)

ページの先頭へ戻る

情報満載!お知らせ広場(広報あさくら平成28年7月1日号、16ページ~21ページ)

■夏の交通安全県民運動

■期間…7月10日(日)~19日(火)までの10日間
【運動の重点】 
・飲酒運転の撲滅
・子供と高齢者の交通事故防止
・自転車の安全利用の推進
 飲酒運転が悪質な犯罪であることを話し合い、正しい飲酒習慣を身につけるなど、飲酒運転の撲滅に向けた意識づくりに努めましょう。
 また、夕暮れ時や夜間に道を歩く時や自転車に乗るときは、ドライバーが確認しやすい明るい服装や反射材用品を着用しましょう。
【防災交通課・朝倉警察署】

■7月は社会を明るくする運動強調月間

~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~
 社会を明るくする運動とは、すべての国民が、犯罪や非行の防止とあやまちを犯した人の立ち直りについて理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない安全で安心な地域社会を築こうとする全国的な運動です。
 福岡県警本部の統計資料によると、県下の検挙補導された刑法犯少年数は減少傾向にあるものの、全国第4位(平成27年)と依然として高い水準にあります。また、10歳から19歳までの刑法犯少年の割合(非行者率)は、6・4人(少年人口1000人当たり)で、全国でワースト第2位となっています。さらに、成人を含めた全刑法犯のうち、少年はその約3割を占めるなど、憂慮すべき状況に変わりはありません。
 住民の皆さんが、少年非行の実態を認識して、地域環境の浄化に心がけるとともに、罪を犯した人たちや非行をした少年の立ち直りを温かい目で見守りつつ、援助の手をさしのべ、明るい社会を作りましょう。
【朝倉保護区保護司会】

■7月は青少年の非行・被害防止全国強調月間です

 次世代を担う青少年の健全育成は市民全体の責務です。地域が一体となって、青少年の非行・被害の防止等に取り組みましょう。
(問)市総合政策課男女共同参画推進・青少年係(内線61-308)

■鳥屋山キャンプ場の利用のお知らせ

 深い緑に包まれた鳥屋山キャンプ場は、寺内ダムの水源佐田川の上流にあり、鳥屋山の麓につくられたキャンプ場です。そばの登山道には、男岩・女岩の奇岩やくさり道などもあり、ちょっとした登山も楽しめます。炊飯所や駐車場なども整備されており、キャンプ場へ続く道も広くなりました。夏休み、家族で利用してみませんか。
■利用期間…7月初旬~9月30日
■場所…佐田3341-1
(問)佐田生活改善センター(29-0028)

■40歳からの個別就職相談

 応募書類が書けない、面接でうまくしゃべれない、求人の探し方がわからない、不採用ばかりでつらい、自分に合う仕事がわからない、このような悩みを再就職専門のアドバイザーが1対1でサポートします。
■日時…毎週月曜日10時~17時
■場所…ハローワーク朝倉2階
■対象者…おおむね40歳~64歳までの求職者
■持ってくるもの…履歴書、筆記道具
■問い合わせ・予約…福岡県中高年就職支援センター(テンプスタッフキャリアコンサルティング092-433-7780)

■障がいのある人のNHK受信料免除

■対象者
【全額免除】身体障がい者・知的障がい者・精神障がい者のいずれかが世帯構成員におり、かつ世帯全員が市町村民税(住民税)非課税の場合
【半額免除】視覚・聴覚障がい者が世帯主または、重度の身体障がい者(1・2級)、重度の知的障がい者(A判定)、重度の精神障がい者(1級)、重度の戦傷病者(第1款症に相当)が世帯主の場合
※世帯主がNHKの契約者であること
■受付場所…福祉事務所障がい者福祉係(内線61-120、121)・朝倉支所市民窓口係・杷木支所市民窓口係
■申請に必要なもの…印鑑(スタンプ印不可)、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・戦傷病者手帳のいずれか
※平成28年1月2日以降に朝倉市に転入した人は、平成28年1月1日時点の住所地の市町村民税非課税証明書が必要です。
(問)NHK福岡放送局(0570-077-077)

■労働力調査にご協力を

 総務省と県では、毎月、労働力調査を実施しています。この調査は、我が国の失業率や雇用の実態を明らかにする、重要な調査です。調査対象に選定された皆さんのお宅に調査員が伺った際には、調査への回答をお願いします。
■調査区…杷木白木・杷木池田
7月が準備調査月、8月~11月が調査期間になります。
■調査区…甘木(庄屋町)
8月が準備調査月、9月~12月が調査期間になります。
(問)県企画・地域振興部調査統計課労働力調査担当(092-643-3186)

■妊娠SOSほっとライン(無料電話相談)

 ひとりで悩まないで、相談で救える命があります。
 円ブリオボランティアは、思いがけない妊娠や、産みたくても費用など様々な問題をかかえてひとり悩んでいる女性の相談を受け、安心して出産を迎えられる支援をしています。
 今年も全国一斉匿名電話相談「妊娠SOSほっとライン」を福岡県でも開設することになりました。一人ひとりの声を受け止め相談にのっています。秘密は厳守されます。
■実施期間…7月13日(水)~17日(日)10時~16時
聖マリア学院大学カトリックセンター(0120-069-783)
(問)NPO法人円ブリオ基金センター(0120-70-8852)

■甘木歴史資料館自主展示会

「編みぐるみと木の実細工の置物展」
 毛糸で作った動物の編みぐるみと木の実を使った細工の置物を展示します。
■日時…7月12日(火)~17日(日)9時30分~16時
■場所…甘木歴史資料館1階ロビー
(問)甘木歴史資料館(22-7515)

■第2回リメイク教室

■内容…着物で手提げバッグ作り
■日時…7月19日(火)~20日(水)10時~15時
※2日間の教室です。両日参加できる人が対象になります
■場所…リサイクル工房内
■申込受付…7月7日(木)8時30分~
■定員…15人(申し込み先着順)
(問)リサイクル工房(23-1590)

■区会長を紹介します

 6月1日付けで、高木地区仏谷の区会長を次のとおり委嘱しましたのでお知らせします。
【仏谷区会長】 手島雄一さん
(問)市総務財政課(内線61-314)

■お詫びと訂正

 広報あさくら6月1日号にて、平成27年度の朝倉市ふるさと応援寄附金実績に誤りがありました。正しくは次のとおりです。お詫びして訂正いたします。
【正】1万517件
  2億130万8315円
【誤】1万499件
  2億102万3315円

■陸・海・空自衛官募集

【試験日】
■航空学生…《一次試験》9月22日(木・祝)
■一般曹候補生…《一次試験》9月16日(金)、17日(土)のうち指定する1日
■自衛官候補生…《男性》受付時に告知、《女性》9月23日(金)、24日(土)のうち指定する1日
■受験資格…日本国籍を有し、平成29年4月1日現在18歳以上27歳未満の人(航空学生は、平成29年4月1日現在高卒以上21歳未満の人)
■申込期間…8月1日(月)~9月8日(木)
※7月31日(日)の13時から、ピーポート甘木・第8学習室で説明会を開催します。
(問)福岡地方協力本部久留米地域事務所(0942-23-7055)

■中卒程度認定試験

 病気などのやむを得ない理由で就学義務を猶予または免除された人などについて、中学校卒業程度の学力があるかどうかを認定する試験です。
■試験日…10月27日(木)
■試験会場…福岡県吉塚合同庁舎(福岡市博多区吉塚本町13番50号)
■願書受付期間…8月22日(月)~9月9日(金)
■出願方法…福岡県義務教育課で7月11日(月)から配布される願書に必要書類を添えて文部科学省へ提出
(問)県義務教育課学事係(092-643-3909)

■ふくおか生きもの見つけ隊 隊員募集

 ふくおか生きものみつけ隊は、隊員の皆さんが自分たちで生きものを探し、観察して、県内の生きものの情報を報告し合う県民参加型の調査です。
 あなたも隊員になって、身近な自然や里山、水辺などで生きものを観察して、情報を発信してみませんか?
■申込方法…(1)氏名(2)年齢(3)住所(4)電話番号(5)FAX番号(6)電子メールアドレス(7)この調査を知ったきっかけを記入して、電子メール(shizen@pref.fukuoka.lg.jp)またはFAX(092-643-3357)で申し込む。申し込みの住所に「調査用生きものガイド」などを郵送します。
(問)福岡県環境部自然環境課(092-643-3368)

■福岡県 歳現役応援センターNPO・ボランティアセミナー

 福岡県70歳現役応援センターは高齢者が活動に参加できるNPO・ボランティア団体を登録しています。実際に地域で活躍している団体から直接活動を紹介するセミナーを開催します。
■日時…7月13日(水)13時30分~14時45分
■場所…福岡県70歳現役応援センター 久留米オフィス(久留米市天神町8番地 リベール4階)
■定員…20人
(問)福岡県70歳現役応援センター(092-432-2512)

■平成28年度戦没者遺児による慰霊友好親善事業への参加募集

 日本遺族会では、国の補助を受け、戦没者遺児による慰霊友好親善事業を実施しています。この事業は、遺児が亡き父等の眠る地に赴き慰霊追悼を行い、現地の人と友好を深めることを目的としたものです。
■日時…平成28年8月~平成29年3月の間の9泊10日以内
■実施地域…(広域地域)(1)旧満州(2)旧ソ連(3)西部ニューギニア(4)マリアナ諸島(5)トラック・パラオ諸島(6)東部ニューギニア(1次)(7)ボルネオ・マレー半島(8)フィリピン(1次)(9)ソロモン諸島(10)ミャンマー(1次)(11)台湾・バシー海峡(12)東部ニューギニア(2次)(13)ミャンマー(2次)(14)フィリピン(2次)(15)中国
(特定地域)(1)西部ニューギニア(2)ビスマーク諸島(3)マーシャル・ギルバート諸島
■定員…1行程20人~120人
■費用…参加費10万円[日本(集合場所)から追悼地まで。円安や燃料費の高騰による値上げの場合有り。]
■応募締切:各行程により設定
(問)一般財団法人 日本遺族会事務局(03-3261-5521)

■グリーンカーテンの写真を募集します!

 朝倉市環境アクション協議会では、省エネ・温暖化緩和等の推進を図るため、皆さんが取り組まれているグリーンカーテンの写真を募集します。採用された写真は、市報、かべ新聞「環境」、ホームページ等に掲載します。市外の人も応募できますのでふるって応募ください。
■必要事項…(1)氏名、(2)住所、(3)電話番号、(4)グリーンカーテンの写真、(5)撮影日、(6)コメント(50字以内)
■募集期間…7月1日(金)~9月15日(木)(必着)
■提出方法…市環境課環境係(〒838-0062 朝倉市堤4-6)へ郵送、または電子メール(kankyo@city.asakura.lg.jp)で提出。
※郵送の場合は、写真の返却はしません。1回の応募につき1作品の提出です。
(問)市環境課(内線65-12)

■あまぎ水の文化村・常勤嘱託職員募集

■募集職種…総務事務職員 1人
■応募資格…商業簿記2級以上、エクセル・ワードのできる人。性別、年齢は不問、心身ともに健康な人
■勤務時間…夏季(4月~10月)9時~18時、冬季(11月~3月)9時~17時
■休日…週休2日(月曜日、第3火曜日および指定された曜日)、年末年始
■賃金…月額16万8000円
■期間…平成28年9月1日~平成29年3月31日
■申込方法…履歴書を(公財)あまぎ水の文化村へ郵送または持参する
■申込期限…7月20日(水)17時
(問)(公財)あまぎ水の文化村(25-0323)

■県立久留米高等技術専門校 施設見学会

■日時…7月10日(日)、8月7日(日)の2回
 訓練校の実習が体験ができる施設見学会を実施します。介護サービス科、自動車整備科、メカトロニクス科、建築科の4科いずれかの実習を体できます。
■申込方法…久留米高等技術専門校に電話で申し込む
■会場…久留米高等技術専門校
■受付期間…7月10日(日)実施分は、7月8日(金)まで、
8月7日(日)実施分は、8月5日(金)まで
■参加費…無料
(問)久留米高等技術専門校(0942-32-8795)

■九州職業能力開発大学校 キャンパス見学会

 九州職業能力開発大学校では、機械、電気、電子情報、建築系の分野におけるものづくり教育を行ってます。学生たちは専門知識と実践的技術・技能を身につけ、卒業後はものづくり産業界で活躍しています。
■日時…(1)7月18日(月・祝)13時~16時(2)8月20日(土)13時~16時(3)11月12日(土)10時~13時(予定)
(第3回は学園祭同時開催)
■内容…大学校の概要説明・入試制度の説明・施設見学・体験授業
■申込…事前申込不要
(問)九州職業能力開発大学校学務課(093-963-8353)

■第5回平和のメッセージコンテストinちくぜん 作文募集

 平和の大切さや命の尊さについて「誰かに伝えたいこと」「誰かに語り継ぎたいこと」
■応募資格…(1)最優秀賞・優秀賞に入賞された場合、平成29年3月19日(日)に筑前町内で行われる表彰および発表会に参加することが可能な人。また、朗読については本人が行うこととする(特別な場合を除く)
(2)部門別では以下に該当する人
小学生の部…小学校5・6年生
中学生の部…中学校在学者 
高校生の部…高等学校在学者
一般の部…満15歳以上で高校生を除く
■応募期間…7月1日(金)~9月23日(金)当日消印有効
■審査・入賞発表…入賞者には平成28年12月中旬ごろに直接本人宛に通知します。
■表彰・発表会…平成29年3月19日(日)
■賞および副賞…入賞者には賞状および副賞あり。応募者全員に開催記念品を贈呈
■応募先…筑前町役場 企画課企画調整係(42-6601)

■働きたいママへの就職応援相談会

(1)おしゃべりカフェ「教えて!先輩ママ!」
7月13日(水)10時~12時
(2)セミナー 子育て家族の「お金」を学ぶ(託児あり・無料)
7月15日(金)10時~12時
(3)久留米市役所出張相談
7月21日(木)13時~15時
(4)個別就業相談(1人約1時間)
7月13日(水)~21日(木)9時~17時
■申込み…いずれも予約制(7月12日(火)17時予約締切)
■場所…県子育て女性就職支援センター(筑後労働者支援事務所内 久留米市合川町1642-1 福岡県久留米総合庁舎1階)
■問い合わせ・予約…同センター(0942-38-7579)

■いっこく堂スーパーライブ2016

 世界も認めた腹話術のスーパースターいっこく堂さんの新作ライブ!
■日時…9月4日(日) 開場13時30分/開演14時
■場所…ピーポート甘木 中ホール
■費用…全席指定 一般3500円、高校生以下1500円
■発売日…7月2日(土)8時30分~
■発売場所
・ピーポート甘木事務所(8時30分~22時)
・ローソンチケット(10時~)
電話受付(0570-084-008)
【Lコード81392】(24時間)
■主催…朝倉市自主文化事業協会、朝倉市教育委員会
(問)市文化課(22-0001)

■平成28年度第1回企画展
「戦争と人々の暮らし~残された公文書と戦時資料~」

 所蔵資料の中から、戦時中の社会情勢や人々の生活に関する記録を紹介します。また、防空頭巾や小学校教科書などを展示し、当時の女性や子どもたちの暮らしを振り返ります。
■期間…7月20日(水)~9月25日(日)
■開館時間…9時~17時
■休館日…月曜日、祝日、9月20日(火)
■場所…福岡共同公文書館(筑紫野市上古賀)無料駐車場あり
■観覧料…無料
(問)福岡共同公文書館(092-919-6166)

■福岡共同公文書館講演会

「戦時下の働く女性と子どもたちの暮らし」
 昭和12年(1937年)、日中戦争が始まると、出征した男性の代わりに大きな労働力となったのは女性や子どもたちでした。戦時下の働く女性や子どもたちの日常に焦点をあて、当時の社会情勢や人々の生活に迫ります。
■講師…昭和館 学芸部学芸課資料係 吉葉 愛さん
■日時…7月31日(日)14時~15時30分まで(13時30分から受付)
■場所…福岡共同公文書館 2階研修室(筑紫野市上古賀1-3-1)※無料駐車場あり
■参加費…無料
■定員…80人(先着順)
(問)福岡共同公文書館(092-919-6166)

■平塚川添遺跡公園夏休み体験教室 参加者募集!

 夏休み期間中、体験教室を開催します。科学を体験して、一緒に楽しい夏休みを過ごしましょう。
■期日…(1)アイス作り体験 7月28日(木)(2)墨流しでうちわ作り体験 8月4日(木)(3)スライム作り体験 8月17日(水)
(4)アイス作り体験 8月25日(木)
■時間…10時~12時(受付9時40分~)
■場所…平塚川添遺跡公園体験学習館
■対象…小学生
■定員…(1)(2)(4)50人(3)100人(先着順)
※アイス作り体験は(1)(4)どちらかの日程選択(両日不可)
■費用…無料
■持ってくるもの…(1)(4)金属のスプーン (2)クレパスか色鉛筆(3)スライム入れ容器
■申込期間…7月5日(火)~先着順(受付時間9時~17時)
■申込方法…平塚川添遺跡公園に電話(21-7966)または直接申し込む(月曜休園)

■CSエクセル3級検定講座

■日時…8月20日~11月5日 毎週土曜日(最終日は試験)9時30分~12時30分
■場所…杷木地域生涯学習センター・パソコン室
■定員…15人(応募多数の場合抽選し別途通知)
■費用…受講料3300円(教材代、検定代別途必要)
■対象者…ワード・エクセル基礎ができる人で朝倉市内在住および市内勤務者
■託児…要予約(1歳~未就学児まで)託児料は無料ですが、保険料が別途必要です
■申込期限…7月20日(水)17時まで
■申込方法…講座名・住所・氏名・連絡先(携帯番号)を明記し、ハガキ、FAX、電子メールのいずれかで申し込む。託児を申込む場合は、申込時に子どもの名前・年齢を明記
■申込先…女性センターあすみん(62-3375、FAX63-3178、杷木池田483-1、電子メールjyosei@city.asakura.lg.jp
※申込締切後2週間以内に受講案内を郵送します。届かないときは女性センターまでご連絡ください。

■女性センター子育て支援事業

【親子クッキング~おやつパンを作ろう~】
 ロールケーキ状のチョコチップ入りパンとハムマヨ入りのパン2種類を作ります。
■日時…(1)8月20日(土)14時~16時30分(2)8月23日(火)9時30分~12時
(2日とも内容は同じです)
■場所…女性センター・調理実習室
■定員…1日親子6組(親・子ともに複数人可。先着順)
■受講料…無料 
■材料費…各700円(親子2人の場合。追加1人あたり350円)
■対象者…3歳~小学生までの子どもとその保護者
■託児…要予約(1~3歳未満)
■講師…橋詰晴香さん
■申込期限…7月16日(土)17時まで(申込先着順)
■申込方法…女性センターへ直接または電話で申し込む。
■申込先…女性センターあすみん(62-3375 杷木池田483-1、日曜・月曜・祝祭日休み)

■文化趣味講座

古典文学講座「ゆっくり学ぶ万葉集」参加者募集
 日本最古の歌集「万葉集」を読み味わい、自然や心情に共感するとともに、作者の人間性や歌の時代・社会背景などを学びます。
■期日…7月22日(金)~平成29年2月24日(金)10時~12時
全12回
■場所…ピーポート甘木 第5学習室
■講師…東 茂美先生(福岡女学院大学教育センター科長)
■受講料…7000円(初回に徴収)
(受講料は受講生の人数によって変わる場合があります)
■定員…60人(先着順、定員になり次第締め切り)
■募集方法…7月5日(火)~
(問)市文化課(22-0001)へ電話で申し込む

■家庭教育講座

 SNSなどの浸透によりメディア環境が激変する中、大人の知らない間にさまざまなネットトラブルに巻き込まれる子どもたち。今、子どもたちの置かれた状況を知り、家庭や地域での関わり方について学ぶ講座です。
■演題…子どもの生活と「メディア」~何が問題? 何が大切? ~
■講師…原 陽一郎さん(筑紫女学園大学人間科学部准教授・NPO子どもとメディア常務理事)
■日時…7月14日(木)19時~(受付18時30分~)
■場所…ピーポート甘木 第5学習室
■費用…無料(事前申込不要)
■その他…無料託児あり(申込締切7月8日、6カ月児~)
(問)市生涯学習課(22-2348)

■小・中学生なつやすみ手話講座

 手話を使って会話をしよう!なつやすみに、簡単なあいさつや自己紹介の手話を一緒に学んでみませんか。ゲームを通して楽しく手話を学べます。
■期日…(1)7月27日(水)、28日(木)、29日(金)
(2)8月1日(月)、2日(火)、3日(水)
■時間…13時30分~15時30分
■場所…(1)ピーポート甘木 視聴覚室 (2)朝倉地域生涯学習センター 研修室
■対象者…市内の小・中学生
■定員…(1)30人 (2)10人(先着順)
■費用…無料
■申込期間…(1)7月4日(月)~8日(金)(2)7月19日(火)~25日(月)(土日を除く)
(問)社会福祉協議会(22-7834)

■車いすバスケットボール講習会

 競技用車いすでバスケットボールを体験し、障がいがある人と交流をしてみませんか?
■日時…7月23日(土)9時30分~12時
■場所…朝倉体育センター(比良松中学校横)
■対象者…小学生以上で、市内在住、または通勤・通学をしている人
■定員…24人(先着順)
■費用…無料
■申込期間…7月11日(月)~15日(金)まで
※当日は動きやすい服装で上履きを持参してください。
(問)社会福祉協議会(22-7834)

■小・中学生の伝統芸能体験講座

 小・中学生のみなさん、日本の伝統芸能を習ってみませんか。甘木連合文化会の先生の協力のもと、日ごろ体験できない音楽や舞踊を楽しく学ぶ講座です。講座修了後に発表会を行います。
■日時…8月20日(土)~平成29年3月26日(日)の午後(15講座程度)
■場所…ピーポート甘木・学習室
■講座内容…次の5講座のうちいずれか一つの講座を選択 
(1)尺八(中学生のみ)(2)三味線(小学3年生以上)(3)生け花(池坊)(4)日本舞踊(5)謡曲仕舞
■定員…各講座5人~10人
■対象…小・中学生(楽器演奏は学年指定あり)
■費用…無料 ただし、着物が必要な講座や実費がかかる場合があります。詳細はお尋ねください。生け花は花代として月700円
■申込期間…7月5日(火)~8月6日(土)8時30分~17時15分
(問)市文化課(22-0001)

■「介護職員初任者研修」受講者募集

 介護業務に従事しようとする人および従事している人を対象に、公益財団法人 福岡県市町村振興協会主催による「介護職員初任者研修」が開催されます。
■日時…8月28日(日)~平成29年2月19日(日)の間の指定された日曜日、10時~17時
■場所…筑前町男女共同参画センター リブラ(筑前町新町440)、めくばーる学習館(筑前町久光95-1)
■定員…6人(市内在住者に限る)
■費用…受講料2万円(テキスト代等)
■申込方法…申込抽選日に、申込書を持参し抽選(申込書は、本庁介護サービス課、朝倉支所、杷木支所の市民窓口係で配布)
■申込抽選日…7月28日(木)
《受付》13時30分~14時
《抽選》14時~
■申込抽選会場…市役所別館第1会議室
(問)市介護サービス課(内線61-229)

■フォークリフト運転技能講座

■日時…7月26日(火)~8月1日(月)
■場所…《学科》久留米市人材開発センター(久留米市合川町1786-2)
《実技》久留米市植木農業協同組合(久留米市山本町耳納29-3)
■対象…おおむね40歳~64歳までの求職者
■定員…20人
■申込期限…7月13日(水)
■受講料…無料
(問)福岡県中高年就職支援センター(092-477-6088)

■相談コーナー7月1日~7月21日

市役所(22-1111)

■家庭児童・母子相談(市子ども未来課)
土・日・祝日以外毎日、8時30分~17時
各支所へ事前予約すれば支所で相談に応じます
■農地相談(本庁・朝倉支所・杷木支所)
15日(金) 13時~15時
■消費生活相談(消費生活センター52-1128)
土・日・祝日以外毎日 10時~16時

ピーポート甘木

■心配ごと相談(社協22-7834)
12日(火) 13時~16時
■行政相談(市人事秘書課22-1117)
19日(火) 13時~16時
■法律相談(社協、予約制22-7834)
8日(金) 13時~15時
■司法書士相談(社協、予約制22-7834)
14日(木) 13時~15時
■障害者無料相談(市福祉事務所、予約制22-1111)、14日(木) 13時30分~16時

甘木地域センター(フレアス甘木)

■人権相談(法務局22-2455)
8日(金) 13時~16時

朝倉老人福祉センター(社協)

■心配ごと相談(52-0154)
5日(火) 13時~16時
■心配ごと相談・人権相談(52-0154)
19日(火) 13時~16時
■障害者無料相談(市福祉事務所、予約制22-1111)、19日(火) 13時30分~16時

朝倉支所

■行政相談(市人事秘書課22-1117)
5日(火) 13時~16時

杷木老人福祉センター(社協)

■心配ごと相談・行政相談(63-3543)
13日(水) 13時~16時

杷木支所

■障害者無料相談(市福祉事務所、予約制22-1111)、20日(水) 13時30分~16時
北筑後保健福祉環境事務所
■エイズ・クラミジア・梅毒・淋菌の相談・検査、B型・C型肝炎相談・検査(予約制22-4190)
4日(月)・11日(月) 9時~10時
■こころの健康相談(予約制22-3965)
5日(火)・12日(火)・19日(火) 13時30分~15時

朝倉商工会議所

■法律相談(予約制21-2624)
4日(月)・11日(月)・15日(金)・20日(水)
13時30分~17時(予約後、市人事秘書課で紹介カードを発行)
■年金相談(予約制092-552-6118、6112)
13日(水) 10時~15時

朝倉市教育支援センター

■教育相談(22-3399)
土・日・祝日以外毎日 9時~16時30分
電話相談
■無料建築相談(取次22-1859内線527)
8日(金) 13時~16時
(甘木朝倉建築設計協会の相談電話番号を紹介)
■あさくら女性ホットライン(092-513-7337)
土・日・祝日以外毎日、10時~17時
■妊婦さん・赤ちゃん・子ども・思春期電話相談(092-642-0110)、年末年始以外毎日、9時~17時30分
■養育費電話相談(092-584-3931)
平日、9時~16時

コスモスプラザ保健館(筑前町)

■人権相談(筑前町社協42-4555)
1日(金)・15日(金) 13時30分~16時
いずみ館(東峰村)

■人権相談(東峰村社協74-2012)
13日(水) 10時~12時

ページの先頭へ戻る

■健康と福祉のページ(広報あさくら平成28年7月1日号、22ページ~23ページ)

子育てホットサロン つどいの広場

7月の行事予定
 つどいの広場(寿楽荘内)は、毎週火曜~金曜日の10時~15時まで開設しています。主に乳幼児(0~3歳児)を持つ親とその子どもが気軽に集、交流やアドバイザーによる育児相談を行います。
(1)7月8日(金)11時~
内容…リズム、歌あそび
(2)7月15日(金)11時~
内容…リズム、歌あそび
(3)7月22日(金)11時~
内容…救急救命講習
(4)7月29日(金)11時~
内容…誕生日会
(問)朝倉市子育てホットサロン・つどいの広場(080-6439-1851)

子育て応援ファミリーサポート
子育てを頑張っている「お父さん、お母さん」今こそ子育て応援ファミリーサポートを活用しませんか?
(問)同サポートセンター(寿楽荘内24-0055)

■子育てインフォメーション

問い合わせ・予約 健康課(22-8571)

母子健康手帳交付
《健康課》月~金(祝日・年末年始除く)8時30分~17時
《杷木支所》7月14日(木)9時30分~11時30分
※(1)マイナンバーの通知カード、または個人番号カード(2)免許証等の本人確認ができるもの(個人番号カード提示の場合は不要)が必要になります。

マタニティクラス(母親学級)
 おいしいおっぱいのための食事について。
●日時・場所 7月12日(火)
9時30分~12時、ピーポート甘木・保健福祉センター※8日(金)までに要予約。母子健康手帳・筆記具・エプロンを持参。調理実習あり。

もぐもぐ教室
 離乳食で悩んでいる皆さん、参加してみませんか?
●日時・場所 7月21日(木)10時~12時、ピーポート甘木・保健福祉センター
●対象者 生後4カ月~9カ月の乳児とその保護者(申込順14組)
※15日(金)までに要予約。母子健康手帳、筆記具、エプロンを持参。

すくすく(育児)相談
 子どもの成長発達、母乳、離乳食、遊び、歯みがきのことなど。
●日時・場所 
(1)7月13日(水)10時~11時30分、ピーポート甘木・保健福祉センター
(2)7月14日(木)10時~11時30分、女性センターあすみん
(3)7月20日(水)10時~11時30分、朝倉地域生涯学習センター
※母乳相談の受付は11時まで。フェイスタオルを3枚持参。

シリーズ人権
■子育ての理想郷
~男女共同参画の先進国フィンランドの取り組みに学ぶ~

 フィンランドでは、社会全体で子どもの誕生を祝福し、切れ目のない子育て支援「ネウボラ」を行っています。
 ネウボラは、妊娠期から就学前までの子どもの健やかな成長・発達の支援や、その子どもの家族全体の心身のサポートをする取り組みです。
 女性は妊娠の予兆がある時点でまずネウボラへ健診に行き、子育てや子どもの発達、自分の心身のコンディション、家族関係、経済面などについて、心配や不安等を相談することができます。また、子育てによる過労や産後うつといった不安定になりがちな母親や子どもを、ネウボラが支え(父親への情報提供・啓発も含む)、リスクや問題の早期発見・早期支援を行っています。
 我が国では、出産や育児についての関心は、子どもの成長に関することが中心で、その母親の心身の状態について目を向けられることは少ないようです。
 女性は、妻と母の役割を日々行う中で、育児に対する責任や不安、悩みが重圧になり、また、愚痴をこぼしたくても周りが「母親でしょ」「母親なんだから」と、その心情や葛藤を理解し、共感してくれる人は少ないのが現状です。そのため、全てを一人で抱え込んでしまって、心身ともに疲弊してしまっているケースも少なくありません。
 若い世代が、安心して、子どもを産み育てるために、周りが母親や家族全体に目を配り、手を差し伸べ、子どもを『地域の宝』として育てていくことができれば、男女共同参画の取り組みがさらに社会に浸透していきます。日本でもこのネウボラに似た取り組みを始めてきているところもあります。新たな支援が拡がっていけばすばらしいのではないでしょうか。

(問)市総合政策課男女共同参画推進・青少年係(61-308)

「出会い・結婚応援事業」
独身男女の出会い・結婚を応援します!

 結婚したいと思っていても出会いの機会が少ない。そんな独身の男女に対して、福岡県では、出会いの場を提供し、結婚のきっかけづくりを行う「出会い・結婚応援事業」を実施しています。
 出会い応援団が実施するパーティーやバスツアーなどの出会いイベント情報を、メールマガジン「あかい糸めーる」で配信しています。メルマガ会員は随時募集中です。会員登録は、パソコン・携帯電話から行うことができます。「福岡県出会い・結婚応援事業」で検索してください。
(問)福岡県出会い・結婚応援事務局(092-722-6111)、 福岡県福祉労働部子育て支援課(092-643-3311)

■肝炎検診・住民のつどい
今こそ、たたけ!肝炎 たたけ!肝がん

■日時…7月9日(土)13時~16時
■場所…ピーポート甘木(中ホール)
■定員…400人(申込み不要)
■費用…参加費無料
「知って肝炎プロジェクト」
スペシャルサポーター
平松政次さんが応援に
やってきます!
(問)市健康課(22-8571)

■献血にご協力ください

 輸血の安全性を高めるため、400ミリリットル献血へのご協力をお願いします。400ミリリットル献血ができるのは、男性17歳から69歳まで、女性18歳~69歳までの人です。ただし、65歳以上の人は、60歳~64歳までの間に献血経験がある人が対象です。
■期日…7月11日(月)
■場所・時間…《安川コミュニティセンター》9時30分~11時30分
《馬田コミュニティセンター》13時30分~15時30分
※献血当日は、食事・睡眠を充分とってご参加ください。

(問)市福祉事務所障がい者福祉係(内線61-120)

■診療のお知らせ 7月3日~7月17日

●休日当番医
※診療時間…9時~17時

◆7月3日(日)
・宮田クリニック
(外科系/筑前町22-3331)
◎古賀循環器内科クリニック
(内科系/ 堤 21-0011)
◆7月10日(日)
◎古賀内科・呼吸器内科クリニック
(内科系/宮 野52-3011)
・香月病院
(内科系/下 浦22-6121)
◆7月17日(日)
◎藤井整形外科内科医院
(外科系/筑前町092-926-1417)
◎実藤医院
(内科系/一 木22-5555)
◎の医療機関で午前中のみ特定健診を受けることができます。事前に電話予約をし、当日は朝食をとらずに受診してください。急患対応中や感染症の流行時には特定健診を実施できない場合があります。

●歯科休日急患診療
※診療時間…9時~15時

◆7月3日(日)
・河原歯科医院
  (菩提寺23-1717)
◆7月10日(日)
・きたじま歯科クリニック
  (杷木久喜宮62-3500)
◆7月17日(日)
・きどこうじ歯科矯正歯科
  (大 庭52-2636)
※変更になることがあります。電話で確認して来院してください。

●朝倉地域休日夜間急患センター(来春)(23-0077、朝倉医師会病院内)
《平日》内科・外科18時~翌日8時30分、小児科19時30分~23時30分(小児科受付23時まで)
《土曜日》内科・外科12時30分~翌日9時、小児科17時~23時30分(小児科受付23時まで)
《日・祝・年末年始》内科・外科9時~翌日8時30分、小児科9時~23時30分(小児科受付9時~12時、14時~18時、19時30分~23時)

●小児救急医療相談(聖マリア病院)(0942-37-6116)
携帯短縮 #8000
※開設時間…19時~翌日7時(23時以降は民間の健康相談事業者が対応)
 小児の救急医療に関する相談と、夜間診療の情報提供。

福岡県救急医療情報センター(092-471-0099)
 24時間体制で救急病院を紹介。

ページの先頭へ戻る

文化・学習の催し(広報あさくら平成28年7月1日号、24ページ)

■甘木歴史資料館夏季企画展
「川と人とのものがたり~女男石護岸施設と治水と利水の歴史~」

 3月25日、千手・長谷山にある女男石護岸施設が福岡県指定史跡に指定されました。
 女男石護岸施設は野鳥川と小石原川が合流する場所にあり、秋月藩成立当初(江戸時代初期)に高度な治水施設として築造され、幾度かの洪水によって受けた被害を修復しながら現在までその機能を維持しています。
 今回の展覧会では女男石護岸施設の県指定を記念し、史跡の歴史や護岸施設としての機能を分かりやすく紹介します。

■期間…7月20日(水)~9月4日(日)
■時間…9時30分~16時30分(入館16時まで)
■休館日…月曜(祝日の場合は翌平日)
《期間中のイベント》
【公開講座】
■演題…「女男石護岸施設について」
■講師…九州大学大学院教授 島谷幸宏 さん
■日時…7月30日(土)13時30分~15時
■定員…100人
■場所…ピーポート甘木 第4・5学習室
【現地探索ツアー】
■日時…(1)7月30日(土)「女男石と秋月」15時30分~18時 ※「北筑後文化財フェスタ」(主催 / 北筑後文化財連絡協議会)です。
(2)8月6日(土)「女男石と筑後川の堰」13時~17時
■定員…(1)50人(2)25人((1)、(2)とも先着順)
【共通事項】
■費用…無料
■申込方法…甘木歴史資料館へ電話で申し込む(7月5日10時から受付開始)

(問)甘木歴史資料館(22-7515)

■『人権や平和について考えるひとときを、あなたとともに…』
ヒューマンライツシアター

【朝倉市会場】
「アオギリにたくして…」
■日時…8月2日(火)
【昼の部】13時30分開場/14時上映     
【夜の部】18時30分開場/19時上映
■場所…朝倉地域生涯学習センター 文化ホール
(宮野1997)
【筑前町会場】
「ペコロスの母に会いに行く」
■日時…8月19日(金)18時30分開場/19時上映
■場所…コスモスプラザ ふれあいホール
(筑前町篠隈373)
【共通事項】
■費用…入場無料
※東峰村は、12月9日、金曜日に「ペコロスの母に会いに行く」を上映する予定です。

ページの先頭へ戻る

図書館だより(広報あさくら平成28年7月1日号、25ページ)

■夏休み学生ボランティア募集

 返却された本を本棚へ戻したり、本を分類順に整理したりします。(2時間程度)
■場所…中央図書館
■対象…朝倉市在住または通学している学生(高校生以上)
■募集期間…7月1日(金)~随時
※詳しくは、中央図書館にお尋ねください。

■夏のおはなし会(はき図書館)

 ブラックシアターや手あそび、絵本のよみきかせなど
■日時…7月16日(土)、13時30分~(50分程度)
■場所…らくゆう館2階視聴覚室
■共催…子どもと遊ぶ会「青い鳥」

■1日図書館員募集

■体験内容…カウンター業務等
■日時…8月19日(金)14時~16時
■場所・定員…【中央図書館・あさくら図書館】各4人【はき図書館】2人
(多数の場合、抽選)
■対象…市内の小学5~6年生(あさくら図書館、はき図書館は小学4~6年生)
■申込期間…7月13日(水)~20日(水)までの10時~18時
■申込先…各図書館へ直接、または電話で申し込む。

■ブックリサイクル

 はき図書館では不要になった本や雑誌を、無料でお譲りします。
■日時…7月16日(土)~18日(月・祝)10時~18時
■場所…はき図書館入口付近

■平成28年度 朝倉市教育講演会

■講師…竹宮惠子さん(マンガ家・京都精華大学長)
■演題…「創作で革命を起こすには」
■日時…8月10日(水) 開場14時/開演14時30分
■会場…ピーポート甘木 中ホール
■定員…100人程度(要申込) 
■申込先…中央図書館(22-3059)
 ※7月1日~
■費用…参加費 無料

●7月の上映会

無料の上映会です。
場所 中央図書館2階・視聴覚室
時間 13時30分~
□金曜日の映画館(大人向け)
15日 哀しみの終わるとき/洋画 89分

□夏休みわくわく映画館
(子ども向け)
22日 ウォレスとグルミット/29分
ゲゲゲの鬼太郎/28分

■毎月23日は朝倉市子ども読書の日

●今月のおはなし会

 絵本の読み聞かせや、手遊び等を各図書館で行っています。ぜひ参加してください。

□中央図書館
■おはなし会
日時 毎週土・日曜日 14時~
※7月2日(土)3日(日)は特別整理期間のため開催しません。
7月10日(日)はサンダーランドさんの英語のおはなし会です。
■ぴよぴよおはなし会
日時 7月13日・20日(水) 11時30分~
対象 0歳~2歳の乳幼児と保護者

□あさくら図書館
■あかちゃんおはなし会
日時 7月9日(土) 11時~
対象 0歳~1歳の乳児と保護者
■みんなのおはなし会
日時 7月16日・23日・30日(土) 11時~
対象 幼児~小学生

□はき図書館
■わくわくおはなし会
日時 7月22日(金) 11時~
対象 乳幼児と保護者

 ページの先頭へ戻る

市民くらぶ(広報あさくら平成28年7月1日号、26~27ページ)

 このページは、市民の情報コーナーです。みなさんの作品や、あかちゃんの写真を募集しています。
 また、広報あさくらへの意見やまちの話題など、いろいろな情報をお待ちしています。【人事秘書課広報統計係】

■け・ん・こ・う!Cooking
 県栄養士会・病院栄養士協議会 管理栄養士

はったい粉ムース 1人分235キロカロリー

■材料(6人分)…ゼラチン3グラム、水30ミリリットル、三温糖42グラム、水60ミリリットル、生クリーム200ミリリットル、びわのコンポート適宜、はったい粉30グラム、ホイップクリーム適宜
■作り方…(1)粉ゼラチンは、水30ミリリットルを加えてふやかしておく。(2)鍋に三温糖と水60ミリリットルを入れて火にかけ、沸騰させないように砂糖を溶かす。(3)砂糖が溶けたら火から外し、ふやかしたゼラチンも入れてよく溶かす。(4)生クリームを6分立てにする。(5)生クリームにゼラチン液を少しずつ加えながら混ぜ、続けてはったい粉も加えてなめらかに混ぜる。(6)容器に移し、冷蔵庫で冷やし固める。(7)器に盛り、でき上がりにびわと生クリームを添える。

■お詫びと訂正

 広報あさくら6月1日号25ページの「まちかどウオッチング」の中に誤りがありました。正しくは次のとおりです。お詫びして訂正します。

【正】旧日本将棋連盟あさくら支部
【誤】朝倉将棋連盟

広報文芸

【広報文芸応募方法】 ハガキまたは封書に三句以内と住所・氏名・電話番号を記載し7月8日(金)【必着】までに直接選者に応募。

俳 句 (井上醇女選)

気力なく昼寝に逃げる一と日かな
甘木   上野 真

聞き覚えある声を背に蛍狩
美奈宜の杜   重松 眞

寄り添ふて浸る足湯や若葉風
堤  柏木 勝利

再会の友の笑顔や新茶汲む
堤 立花 多佳子

薔薇剪れば母の面影よみがえる
杷木志波 森高 美佐子

川 柳 (平井良子選)

今月の題「救」

病む夫の笑顔にホット救われる
牛鶴  芹田 智恵

舞い上る救具つけての川下り
 杷木久喜宮  佐藤 敬二

六日ぶり救助のニュース子の笑顔
楢原  武井 民子

疲労増す地震にも耐え救助隊
杷木久喜宮  井上 伊八

救援機ヘリ音響く熊本へ
小隈  西村シゲ子

短歌 (古賀雅選)

ひい孫の寝姿愛らし足音を気遣ひながら幾度も見る
杷木池田  吉松 直枝

音もなく降りつぐ雨も嘆くかや友の急逝しみじみ想ふ
堤  品川百合子

じいちゃんが釣りし大きな鯉魚拓家の鴨居で泳いでいたり
甘木  吉澤 孝夫

広報文芸へ応募するときの注意点
広報文芸への応募は、俳句・川柳・短歌のいずれかひとつでお願いします。

川柳次の題は「植」 【広報文芸応募先】俳句は井上醇女さん(〒838-0064朝倉市頓田14-2)
川柳は平井良子さん(〒838-0068朝倉市甘木1074-2)、短歌は古賀雅さん(〒839-1301うきは市吉井町桜井359)へ。
※応募作品は、未発表・ご自身の作品に限ります。

■8月1日号「満一歳おめでとう」コーナーの申し込みは7月8日(金)までに市人事秘書課広報統計係(市役所本庁3階)へ。
 デジタルカメラ・スマートフォンで撮った写真はプリント不要です。メモリーカード、またはそのまま持参してください。

■朝倉の頑張る人シリーズ
朝倉市出身!
若手女性神職「中川瑞穂」さんに注目!

 杷木地域を中心に神職として、お祭りなどに参加している中川瑞穂さん。
 杷木地域に限らず、市内のさまざまなお祭りに呼ばれるなど、地元の人々に愛され、活躍している市内では2人しかいない女性神職です。

 杷木出身の中川瑞穂さんは、久喜宮日吉神社の権禰宜です。
 神職になったきっかけを尋ねてみると、「新聞に掲載されていた女性神職さんに手紙を出し、京都の学校を紹介していただきました。歴史の勉強と神社のことを学びたいと思い進学しましたが、最初は神職という職業がよく分かっていませんでした。でも、勉強をしていくうちに先輩神職さんの所作や立ち居振る舞いに魅了されるようになって、神社や神職についてもっと知りたいという意識が芽生えてきました」と返ってきました。
 中川さんの地元は、昔ながらのお祭りが数多く残されている所で「おしろい祭り」や「泥打ち祭り」などは奇祭とも呼ばれ特に有名です。
「子どものころから見てきた地元のお祭りも、神職という立場で関わると、見方が変わってきます。大山祇神社のおしろい祭りって、収穫感謝と豊作祈願のお祭りだったんだと改めて気付かされました。おしろいには、しとぎといって水に溶いた米の粉を塗りますが、地域にはそれを神饌として、神様にお供えする神社もあります。それぞれの神社の歴史やお祭りの特徴を知っていくことにとても興味を感じています」。
 現在は、日吉神社や杷木地域のお祭りだけでなく、甘木朝倉広範囲において神職と舞の披露、指導などで活躍されています。
「これからも地域のお祭りに積極的に関わりたいと思います。皆さんから認めてもらい、神職として独り立ちできるように頑張りたいです」と今後の抱負を話してくれました。

 ページの先頭へ戻る

まちかどウォッチング(広報あさくら平成28年7月1日号、28~29ページ)

■第11回朝倉市民祭

 5月14日~15日、朝倉市役所朝倉支所周辺で第11回朝倉市民祭 あさくらにぎわっ祭~卑弥呼の恵み~が開催されました。会場では、第34代女王卑弥呼誕生式やA(あさくら)級グルメ料理コンテスト、スポーツ鬼ごっこなどが行われ、多くの人で賑わいました。

■初夏を告げる夏の風物詩
原鶴温泉川開き花火大会

 筑後川の鮎漁解禁日である5月20日、
原鶴温泉川開き温泉祭として花火大会が開催されました。
 この日に合わせ、朝倉の夏の風物詩「伝統漁法・鵜飼」も始まります。鵜匠が巧みな手綱さばきで鵜を操り、魚を捕まえるとと、見物客から歓声が上がりました。
 また、川開き花火大会では約3000発の花火が打ち上げられ、夜空を彩りました。
 鵜飼船乗船期間は9月末までです。

■この地で50年。感謝をこめて
キリンビール福岡工場創業50周年感謝祭

 5月14日、キリンビール福岡工場で創業50周年感謝祭が開催されました。
 キリンビール福岡工場は、旧甘木市時代の1966年に初出荷して以来、豊かな自然に恵まれたこの地で製造を続けてきました。
 会場では、見て・飲んで・遊べる楽しいイベントがたくさん行われ、キリン花園では1000万本のポピーが色鮮やかな花を咲かせ、訪れたお客さんの顔からは笑顔が溢れていました。

■ソバで地域おこし
松末地区ソバの花開花

 5月中旬、杷木松末地区のソバが白い花を咲かせました。
 松末地区では、コミュニティが荒廃地の活用と地域活性化の一環として、平成25年からボランティアを募り、ソバの栽培を開始し今年で4年目を迎えました。
 松末コミュニティでは、収獲したソバの実を使い、ソバ打ち体験などを行っているほか、ソバ粉を使用した商品を開発・販売しています。
 10月には、秋ソバの花が見ごろを迎えます。

ページの先頭へ戻る

裏表紙(広報あさくら平成28年7月1日号、30ページ)

■第11回朝倉市民平和祭
ニューギニアの星

 今年で11回目となる朝倉市民平和祭は平和事業実行委員会を中心に、戦争の記憶を後世に伝えるために開催しています。
 今年はニューギニア戦線で甘木高射砲部隊として戦った将兵がニューギニアの星となり、残された妻と娘は過酷な運命に翻弄されながらも、戦後をたくましく生きていく姿を劇にします。この機会に平和のことを見つめなおしませんか。

■日時…8月7日(日) 開場13時/開演13時30分~
■場所…ピーポート甘木 中ホール

(問)市ふるさと課地域振興係(22-1111、内線61-505)

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ
総務部 人事秘書課
電話番号 : 0946-22-1111
ファックス番号 : 0946-22-1118
メールアドレス : jinji@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?