【随時更新中】被災者支援をお知らせします。(H29.7.22 18:00現在)

一覧はこちら(PDFファイルが開きます。)

★杷木地域では、ラジオ放送でも情報をお届けしています。
http://www.city.asakura.lg.jp/www/contents/1500696361495/index.html
 

避難所

●避難所の開設状況

http://www.city.asakura.lg.jp/www/contents/1499068042478/index.html

(担当課)
防災交通課
 電話 0946-22-1111(内線:61-110)

道路

●福岡県道路情報(※国・県道に限る)

http://www.douro.pref.fukuoka.lg.jp

朝倉市・東峰村周辺の道路の通行状況

NEXCO西日本

 (担当課)
防災交通課
 電話 0946-22-1111(内線:61-110)

 

り災証明

平成29年7月集中豪雨による被害を受けた方に対して、「り災証明書」を発行します。
http://www.city.asakura.lg.jp/www/contents/1342762135446/index.html

● 証明書の交付まで

7月11日(火)8時30分から 「り災証明申請書」を受け付け、「り災届出証明書」を交付します。その後「り災証明書」が必要な場合は、現地確認を行いその調査に基づき証明書を交付します。【巡回】
出張窓口(避難所巡回)※避難所巡回は7月18日から開始しています。

☆現地確認及び証明書の発行は、後日になります。
 申請受付当日には発行できませんので、ご了承ください。

●申請に必要なもの

○印鑑(なくされた方はサイン可)

○被害の状況がわかる写真

住民の方の安全が最優先ですので、写真撮影のために無理に危険個所に立ち入らないでください。写真がない場合は、口頭で被害状況の聞き取りを行います。
※印刷していない写真(携帯端末等で撮影した写真)を持参いただくことでも受付できます。

○本人が確認できるもの(運転免許証等)

※紛失等の場合は、住民情報を聞取りし、本人確認とさせていただきます。

(担当課)
税務課 資産税係
 電話 0946-22-1111(内線:158、161、166)

衛生

● 大雨による災害ごみの受入について

災害ごみの受け入れを下記の3箇所で行います。
持ち込めるごみは、今回の大雨による災害ごみが対象です。
注意していただくことは、衛生面から生ごみや紙オムツ等は持ち込まないでください。

○ 受入れ日時の変更

 平成29年7月14日(金曜)から午前9時~12時・午後1時~4時まで

○ 期間

 当分の間(毎週水曜日は場内整理及びごみの搬出のため、お休みします)
 

○ 受入場所

 甘木地域・・・「環境センター南側ゲートボール場」
 朝倉地域・・・「入地中町リサイクルセンター」
 杷木地域・・・「杷木体育センター駐車場」

地図

○ 分別例   受入場所の混雑緩和のため分別にご協力ください。

トタン、タキロン、スレート、畳、瓦(陶器瓦は陶器の食器と同じ。セメント瓦は別)、角材など。それ以外には、燃えるごみ、燃えないごみごとに分別。
今回、水没等で壊れたテレビや冷蔵庫や洗濯機やエアコンも受け付けます。
冷蔵庫の中身は出しておいてください。
 ※各自で車から降ろしていただきます。人員の確保と分別をお願いします。

通常の生活ごみについては、週2回の可燃ごみ収集や月1回の不燃物収集を利用してください。

●被災家屋の消毒

○消毒剤配布について

 環境課では現在、消毒剤の配布を行っております。(配布場所:環境センター、朝倉支所、杷木支所)

○業者等による消毒について

 消毒の事前受付を行っております。
 実施時期は7月18日(火)以降を予定してます。電話でご予約ください。

http://www.city.asakura.lg.jp/www/contents/1499669523566/index.html

(担当課)
環境課リサイクル推進係
 電話 0946-22-1111(内線:65-14)

●大雨による土砂・流木の受け入れについて

○受入開始日時と期間

午前9時から午後5時まで 当分の間  地図

○受入場所

【土砂】
・(甘木地域)あまぎ水の文化村スポーツ広場(朝倉市矢野竹1664)
・(朝倉地域)石成公園(朝倉市石成564-2)
・(杷木地域)林田工業団地(朝倉市杷木林田1258-5)

【流木】
・(甘木地域)あまぎ水の文化村 第1駐車場(朝倉市矢野竹1697)
・(杷木地域)若市農村広場(朝倉市杷木若市2882番地)

※各区指定の災害ごみ置き場があれば、そちらでも対応できます。

○分別の仕方

【土砂】
異物(ごみ等)が混入しないよう事前に分別をお願いします。土のう袋は受け入れできませんので、土砂を詰めている場合は、各自で車から降ろす際に袋から出していただきます。

【流木】
土がついている場合は、できるだけ土を落としてから持ち込んでください。土砂、流木以外の災害ごみについては、環境課へお問い合わせください。

(担当課)
建設課
 電話 0946-22-1111(内線:61-211)

義援金

●朝倉市災害義援金について

http://www.city.asakura.lg.jp/www/contents/1499661505629/index.html

(担当課)
福祉事務所
電話 0946-22-1111(内線:61-124、61-114)
fukushi@city.asakura.lg.jp

 

災害ボランティア

● 災害ボランティアの受け入れについて

朝倉市災害ボランティアセンター特設サイトを開設いたしました。

災害ボランティアセンターの最新情報は、こちらをご覧ください。
PCサイト
http://asakuravc.jp
Facebookページ https://www.facebook.com/asakuravc/

※災害ボランティアの受け付けは 朝倉球場 (朝倉市宮野2003-1)で行っています。
朝倉市役所ではありませんのでご注意ください。朝倉市役所から国道386号線を通り、車で約15分の場所にあります。

地図

また、ボランティアに際し熱中症に十分注意し作業をお願いいたします。
多くのみなさまのご理解ご協力を頂きますようお願い申し上げます。

http://www.city.asakura.lg.jp/www/contents/1342508633289/index.html

(担当課)
社会福祉協議会

□朝倉市朝倉球場(朝倉市宮野2003-1)
□朝倉市災害ボランティアセンターボランティア受付電話
080(2300)3558

●家の片づけなどで災害ボランティアのお手伝いが必要な場合について

電話で 「詳しい状況」「希望日時」「希望する派遣人数」 をお知らせください。(地域でまとめて依頼が便利です。
 

○受付期間

平成29年7月8日~

○受付時間

9:00~15:00

※災害ボランティアではご要望にお応えできない場合もありますので、ご了承ください。
また、住民の皆様で片づけなどお手伝いいただける方は、ぜひ災害ボランティアとしてご協力をお願いします。

(担当課)
社会福祉協議会

(ボランティア依頼用連絡先)
080-2300-3940
080-2300-3949

●避難所での炊き出しボランティアについて

食品ロス防止及び避難所内での事故を未然に防ぐため、ご協力ください!
http://www.city.asakura.lg.jp/www/contents/1499599914688/index.html
  
(担当課)
ふるさと課
電話 0946-22-1111(内線:61-517、61-518)
furu-com@city.asakura.lg.jp

●アルバム等の所有者個人にとっては価値がある写真を見つけた場合

○あさくらフォトプロジェクト
 紙製の封筒もしくは紙袋に写真を入れ「見つけた場所・日時」「持ち主(不明でも可)」「復活した写真の返却先氏名・連絡先」を書いて、市総合政策課にお持ちください。

ほとんどの写真が水洗いできれいになる可能性があります。
自宅で被災した写真アルバムは、自分でできる応急処置を行いましょう。
劣化を少しでも止めるために、泥を払って、できるだけ早く乾燥させるのがポイントです。

水に濡れた写真の応急処置

  (担当課)
総合政策課
電話 0946-22-1111(内線:61-385)
sousei@city.asakura.lg.jp

●文化財レスキュー

被害にあわれた古文書・写真等を一時的にお預かりします。泥をかぶるなどして処分を検討されている方は、甘木歴史資料館にお問い合わせください。

(問い合わせ先)
 甘木歴史資料館
 TEL&FAX:0946-22-7515
 ama-reki@city.asakura.lg.jp 

住居支援

●県営住宅、県公社賃貸住宅等の住宅に関する相談窓口       

http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/20170705ooame.html
 
(問い合わせ先)
福岡県
県営住宅課 電話 092-643-3870
kenjutaku@pref.fukuoka.lg.jp  

●仮設住宅について

杷木小学校運動場に40戸建設予定。詳細は調整中。 

●市営住宅への一時入居申込み手続

7月20日より電話での申し込みを受け付けています。

【平成29年7月九州北部豪雨】市町村営住宅・民間賃貸住宅借り上げ関係の情報提供
http://www.city.asakura.lg.jp/www/contents/1499858229678/index.html

(担当課)
都市計画課
電話 0946-22-1111(内線61-236、61-242)
toshi@city.asakura.lg.jp  
        
 

●民間賃貸住宅提供の相談について

民間賃貸住宅を借り上げて提供します。条件等がありますので、詳細については相談窓口等でご確認ください。
窓口を設置し、7月12日から相談を開始しています。

・常設
県庁(県営住宅課内)
朝倉市役所(都市計画課内)
杷木地域生涯学習センター(らくゆう館)

【平成2975日大雨災害】県内公営住宅・民間賃貸住宅借り上げ関係の情報提供http://www.city.asakura.lg.jp/www/contents/1499858229678/index.html

(担当課)
都市計画課
電話 0946-22-1111(内線61-236、61-242)
toshi@city.asakura.lg.jp 

 

●要介護・要支援、障がい者、妊産婦などの要配慮者にホテル空き部屋提供

住宅が損壊するなどして避難所等で生活されている高齢者(要支援、要介護の方)、認知症の方、障がい者、妊産婦など特別な配慮が必要な方で、宿泊施設の利用を希望される方は、お近くの避難所または朝倉市健康課(ピーポート甘木保健福祉センター)に申し出てください。
宿泊提供申請書」の項目に沿ってお尋ねすることがあります。

・介助が必要な方・・・・介助者の同行及び宿泊が必要
・宿泊者の人数上限・・・基本的に世帯人数まで
・期間・・・・・・・・・概ね2週間まで(相談)
・宿泊費・・・・・・・・同行者も含め自己負担無

(担当課)
健康課
電話 0946-22-8571
kenkou@city.asakura.lg.jp

●住宅の再検討に関すること

○障害物の除去(土石、竹木等)

【対象者(世帯)】(以下の全ての要件を満たす方)
1.障害物除去を行う住家に居住すること
2.半壊、大規模半壊又は全壊の被害をうけたこと(り災証明が必要。)
3.障害物の除去によって避難所等への避難を要しなくなると見込まれること
4.応急仮設住宅(民間賃貸住宅の借り上げを含む)を利用しないこと

【土石、竹木等の除去を行う範囲】
1.家屋の中で、居室、台所、玄関、便所など生活上欠くことが出来ない場所。
2.道路から家屋までの進入路。

○住宅の応急修理

【対象者(世帯)】(以下の全ての要件を満たす方)
1.応急修理を行う住家に居住すること
2.半壊、大規模半壊又は全壊の被害を受けたこと
(り災証明が必要。全壊の場合は応急修理により居住が可能になること)
3.応急修理によって避難所等への避難を要しなくなると見込まれること
4.応急仮設住宅(民間賃貸住宅の借り上げを含む)を利用しないこと
5.必要な書類、写真が揃うこと

【住宅の応急修理を行う範囲】
1.半壊した家屋の、屋根・柱・床・外壁・基礎等、ドア・窓等の開口部、上下水道・電気・ガス等の配管・配線、衛生設備など生活上欠くことが出来ない場所。

○受付

窓口は朝倉支所と杷木支所で7月20日(木)から設置します。
(時間:8時30分~17時※当分の間、土日も受け付けます。)

(担当課)
住宅相談窓口   概要(pdfファイルが開きます)
(朝倉支所)電話 0946-52-2021
(杷木支所)電話 0946-63-3077 

●近隣自治体他の住宅支援

市都市計画課または下記「近隣自治体・協会等の支援」から各自治体窓口にお尋ねください。

上下水道

● 下水道

○ 下水道に接続をしている家庭について

下水道については仮復旧が終了しています。
現在は通常通り使用可能です。
ただし、以下の地域については完全復旧ではありませんので、最小限の使用に留めてください。

・蜷城地区
・中島地区、上寺地区を除く朝倉地域(旧朝倉町)

○ 浄化槽を設置している家庭について

浄化槽設置の家庭は浄化槽やその放流先の状況を確認の上使用をしてください。
※不具合が見つかった場合
市設置型浄化槽もしくは市へ寄付をされた浄化槽を使用されている家庭(市へ使用料をお支払されている家庭)は市下水道課へご連絡ください。
個人で浄化槽を設置されている家庭は、保守点検を委託されている業者へご連絡ください。

(担当課)
下水道課
 電話  0946-22-1119
 e-mail gesui@city.asakura.lg.jp

 

● 水道

○ 通水試験の実施について

漏水確認のため杷木地域の一部地域において、7月19日(水)午後から試験通水を行っています。
生活用水として使用できますが、飲用はできませんので注意してください。
水を大量に使用されると、再度断水する可能性がありますので節水にご協力ください。
蛇口の締め忘れがないようにお願いします。

 

水道破損箇所確認のための試験通水についてhttp://www.city.asakura.lg.jp/www/contents/1500338238738/index.html

○ 給水(場所)

らくゆう館、杷木中学校、久喜宮コミュニティセンター

(担当課)
水道課
 電話  0946-22-3274
 e-mail suidou@city.asakura.lg.jp

 

● 被災された方への飲料水無料配布のお知らせ

災害の影響で水の調達が出来ない方へ、飲料水を無料配布いたします。
※数に限りがございますので、おひとり様一日あたり2リットル入りペットボトル2本まででお願いいたします。
希望される場合は配布場所の担当者までお申し出ください。

○ 配布場所

らくゆう館
杷木中学校
サンライズ杷木
久喜宮コミュニティセンター
志波小学校体育館前
朝倉地域生涯学習センター

○ 配布時間

午前9時から午後5時まで

(担当課)
介護サービス課
電話 0946-22-1111(内線:61-230)
kaigo@city.asakura.lg.jp

 

 農林漁業

● 農地・農業用施設災害復旧工事について

平成29年7月集中豪雨により災害を受けた農地・農業施設の機能回復を目的として、原型に復旧する工事を行うことができます。
市職員の現地確認が必要となりますので、発生の日からおおむね1ヶ月以内に災害復旧工事申請書の提出をお願いします。
また、事業費に応じた分担金が必要となります。
 

○ 事業分担金

農   地(田・畑(果樹園含む))        事業費の3割
農業用施設(頭首工・水路・ため池・農道)  事業費の2割
 

○ 受付時間

8時30分から19時まで
※おおむね1ヶ月間は土日も受け付けます。

○ 受付場所

市役所朝倉支所 農林課

※災害の規模によっては国庫補助事業の対象とすることが出来ます。

(担当課)
農林課
電話 0946-52-1115
nourin@city.asakura.lg.jp
 

● 「り災証明書」(農作物関係)について

平成29年7月集中豪雨により農業施設機械(パイプハウス、トラクター等)の被害を受けた方に対して、「り災証明書」を発行します。
農業関係における「り災証明書」とは、豪雨等の災害により被災した農業施設、農業機械等の被害を証明するもので、今後、農業関係の補助事業等を実施する際に必要となってくるものです。
市による被災施設調査等により、その確認した事実に基づき発行する証明書です。

○ 証明書の交付まで

「り災証明申請書」を受付した際、「り災届出証明書」を交付します。その後、現地確認を行いその調査に基づき「り災証明書」を交付します。
☆現地確認及び証明書の発行は、後日になります。
 申請受付当日には発行できませんので、ご了承ください。

○ り災証明申請書の受付

・受付時間
8時30分から19時まで
※当分の間、土日も受け付けます。

・受付場所
市役所朝倉支所 農業振興課
 

○ 申請に必要なもの

・印鑑(なくされた方はサイン可)
・本人が確認できるもの(運転免許証等)
※紛失等の場合は、住民情報を聞取りし、本人確認とさせていただきます。
・被害の状況がわかる写真
※住民の方の安全が最優先ですので、写真撮影のために無理に危険箇所に立ち入らないでください。写真がない場合は、口頭で被害状況の聞き取りを行います。

(担当課)
農業振興課
電話 0946-52-1427
nousin@city.asakura.lg.jp
 

 

保険・医療関連

● 健康相談

○ 健康相談

・市の保健師、県の保健師及び管理栄養士が、医師団と、健康不安等の相談及び生活環境の整備等の対応に各避難所へ巡回しています。

(担当課)
健康課
 電話  0946-22-8571
 e-mail kenkou@city.asakura.lg.jp

○ こころの健康相談

こころの悩みや健康に関する相談を電話でお受けしています。

(問い合わせ先)
心の電話相談
 電話  092-582-7400 (平日9:00-12:00、13:00-16:00)

● 予防接種

○ 予防接種

予防接種法に基づく定期の予防接種について、朝倉市からの依頼書がなくても、予防接種実施医療機関で直接接種を受けることができます。

(担当課)
健康課
 電話  0946-22-8571
 e-mail kenkou@city.asakura.lg.jp

● 母子保健関係

○ 母子健康手帳の交付、乳幼児健康診査等の母子保健サービス

母子健康手帳を紛失・家屋に残したまま避難したことにより、窓口で母子健康手帳を提示できない方は、避難されている妊産婦や乳幼児の保護者からの申し出に基づき、母子健康手帳を交付します。
(延期しておりました乳幼児健康診査等の健診は、7月28日(金)に立石コミュニティセンターで実施します。該当者には個別に通知します。)

(担当課)
健康課
 電話  0946-22-8571
 e-mail kenkou@city.asakura.lg.jp

●健康保険

○ 医療機関等への受診時の被保険者証等の提示

被保険者証等を紛失・家屋に残したまま避難したことにより、これらを医療機関等の窓口で提示できない場合は、医療機関等において次のことを申し立てることにより受診できます。

・氏名
・生年月日
・住所(国民健康保険、後期高齢者医療制度)
・連絡先

(担当課)
保険年金課
 電話 0946-22-1111(内線:61-138、61-139)
 e-mail honen@city.asakura.lg.jp

福祉関連

● 介護保険関係

○ 社会福祉施設の入所費用の減免

養護老人ホーム、軽費老人ホームの入所者又は扶養義務者が、災害等により負担能力に著しい変動が生じ費用負担が困難となった場合には、当該年の収入に基づいて費用徴収額を決定することができます(軽費老人ホームについては、事務費のみ対象)。
介護保険施設の入所者又は扶養義務者が、災害等により所得に著しい変動が生じたため費用の1割負担が困難となった場合は、保険者が1割負担を減額又は免除する制度があります。

(担当課)
介護サービス課
 電話  0946-22-1111(内線:61-223)
 e-mail kaigo@city.asakura.lg.jp

● 高齢者

○ 高齢者の総合相談

被災された方で、介護サービスをはじめとする高齢者の相談に応じます。

(担当課)
介護サービス課
 電話  0946-22-1111(内線:61-225)
 e-mail kaigo@city.asakura.lg.jp

● 障がい者

○ 障がい者の福祉相談

被災された方で、障がいのある方に対する福祉サービス等の相談を行います。

(担当課)
福祉事務所
 電話  0946-22-1111(内線:61-120)
 e-mail fukushi@city.asakura.lg.jp

● 年金関係

○ 国民年金保険料の減免

大雨災害により、国民年金保険料を納付することが困難な場合、保険料の納付が免除されることがあります。

(担当課)
保険年金課
 電話  0946-22-1111(内線:61-138、61-139)
 e-mail honen@city.asakura.lg.jp

子ども・教育関連

● 保育所

○ 保育所への受け入れ

被災した保育所に通園(通所)していた児童については、現在、次の保育所で受け入れしています。【受入先の被害状況等により変更される場合もあります】

松末保育所、杷木保育所、どれみ保育園 → 杷木保育所
久喜宮保育所、志和保育所         → 志和保育所

○ 保育所での一時預かり

保育の必要な被災児童は利用できます。(利用料は現在検討中)※事前登録については、ご相談ください。

(担当課)
子ども未来課
 電話  0946-22-1111(内線:61-115)
 e-mail kodomo@city.asakura.lg.jp

 

●小中学校 

○夏休みの先行

今回の豪雨災害は小中学校の被害が甚大のため、夏休みを先行します。
小中学校の1学期終業式は7月10日(月)※杷木地域は1中4小とも休校(そのまま夏休み)
夏休み中の出校日は8月4日(金)予定
2学期始業式は8月21日(月)予定(市内の復旧状況により決定し連絡)。 

○就学援助

被災した児童生徒への就学援助事業について、具体的な支援内容については、検討中です。【実施予定】    

 (担当課)
教育課 
電話 0946-22-2333

 

税金等の減免

● 国税の減免及び納税の猶予等

○ 所得税の軽減免除等、源泉所得税の徴収猶予又は還付、相続税・贈与税の免除等

○ 申告、納付等の期限延長

※救済措置を受けるためには、申告等の手続きが必要な場合があります。詳しくは福岡国税局ホームページへ(http://www.nta.go.jp/fukuoka/

(問い合わせ先)
税務署 0946-22-2720 

● 県税の減免及び徴収の猶予等

○ 個人事業税、自動車税、不動産取得税の減免

○ 産業廃棄物税の課税免除

○ 県税の申告期限の延長、徴収猶予

 

(問い合わせ先)
県税事務所 0942-30-1012 
福岡県税務課 092-643-3062 

● 市税等の減免

○ 市県民税の減免

大雨災害により、全壊・半壊・床上浸水など、住宅や家財又は事業に損害を受けた場合で、平成28年の合計所得金額が1,000万円以下の方については減免できる場合があります。

○ 固定資産税の減免

大雨災害により、全壊・半壊・床上浸水など、住宅等に損害を受けた場合に、減免できる場合があります。

(担当課)
税務課
 電話 0946-22-1111(内線:61-160)

● 国民健康保険税の減免等

大雨災害により住宅等に損害を受けた場合で、平成28年の合計所得金額が1,000万円以下の方については減免できる場合があります。

(担当課)
保険年金課
 電話 0946-22-1111(内線:61-182)

● 後期高齢者医療制度の保険料の減免等

大雨災害により、住宅、家財又はその他の財産に損害を受けた場合、保険料を減免できる場合があります。

(担当課)
保険年金課
 電話 0946-22-1111(内線:61-182)

● 介護保険料等の減免等

○ 介護保険料・介護サービス利用者負担額の減免

大雨災害により、全壊・半壊・床上浸水など、住宅に損害を受けた場合に、保険料・介護サービス利用者負担額を減免できる場合があります。

(担当課)
介護サービス課
 電話 0946-22-1111(内線:61-110)

● 被災された方で朝倉市外に住民票を異動される方へ

 

生活関連

● 証明書等手数料の減免

○ 住民票等の発行手数料の減免措置

被災者の方が本市の住民票などが必要な場合、り災証明の提示があれば、手数料を全額減免。(住民票、戸籍、印鑑証明など)
※印鑑登録証がない場合は、本人確認の上、再登録が必要。

【り災届出証明書をお持ちの方の住民票等の証明発行について】(8:30から17:15まで※7月は土日も受付)
http://www.city.asakura.lg.jp/www/contents/1500093403843/index.html

(担当課)
市民課
 電話  0946-22-1111(内線:61-136、61-137)
 e-mail shimin@city.asakura.lg.jp

●運転免許再交付

九州北部の豪雨災害を受け、運転免許証を紛失、汚損した被災者は、朝倉警察署または運転免許試験場所で再交付手続きを行ってください。

(お問い合わせ)
福岡県警 運転免許試験課
092-565-9493 http://www.police.pref.fukuoka.jp/

●被災拾得物を見つけた時には

 豪雨災害で流出、民地に漂着した物(特に所有者個人にとっては価値のある物。かばん、携帯品、位牌など)は朝倉警察署会計課(夜間は当直対応)でお預かりします。

お預かりする際に「発見時刻」「発見場所」「発見時の状況」「発見者」を教えてください。(できるだけ水分を切ってビニール袋に入れてください。)

(問い合わせ先)
福岡県警察 朝倉警察署
電話 0946-22-0110

●郵便制度

○郵便物の転送届

各避難施設に郵便の転送届と転送申し込み用のポストを設置していますので、郵便物を避難所で受け取れるよう記載して、避難所受付の専用ポストに投函してください。

○郵便物の料金免除

【料金を免除するもの】

第一種郵便物、第二種郵便物、レタックス

【速達料金を免除】

郵便書簡、点字郵便

【郵便物への表記】

表面の見やすいところに『災害用郵便』と記載ください。
また、差出人の氏名および被災地域の住所または居住を記載ください。

(問い合わせ先)
甘木郵便局
電話 0946-22-2677

●避難所生活者に対するコミュニティバス利用回数券の提供

○対象者

避難所に避難されている方で、本市に住所を有し、移動手段を持たない方

○回数券が利用できる路線

甘木市街地循環バス路線、市内のコミュニティバス路線(あいのりタクシー含む。)

○回数券の額

2,000円分相当

○交付開始日

平成29年7月11日(火)

その他(注意喚起)

大雨により流出したLPガス容器による事故防止について (PDFファイルが開きます)
水没した太陽電池発電設備による感電防止について (PDFファイルが開きます)

詳細は経済産業省のホームページでも確認できます。

●(感電注意!)切れた電線等に発見したら絶対に触らずに連絡してください。 

その他(温泉)

●温泉の無料開放

○卑弥呼ロマンの湯の無料開放

 今回の水害で被害に合われた朝倉市民の方に、温泉入浴を無料開放しています。
 ※本人確認できるものをお持ちください。(お持ちでないときは居住区をお知らせください。)
 ※利用可能期間:当面の間

利用時間:10時~22時 (受付:21時30分まで)

 ※業務に支障がおきないように電話番号は記載しておりません。
 ※清掃業務等で利用できない時間もありますので、ご了承ください。

 「卑弥呼ロマンの湯」ホームページ http://www.morinoyu.net/himiko/

(担当課)
介護サービス課
 電話  0946-22-1111(内線:61-223)
 e-mail kaigo@city.asakura.lg.jp

○自衛隊設置の仮設風呂

被災者の方、避難者の方は、原鶴温泉の利用可能時間(11時~15時)以外は下記のお風呂をご利用ください。
【杷木支所(らくゆう館)】
らくゆう館の裏(北側)に設置
利用可能時間 13時~16時、17時~20時
【杷木中学校】
体育館の前に設置 利用可能時間 15時~21時30分
【朝倉支所】
朝倉体育センター前に設置 利用可能時間 13時~22時

○原鶴温泉入浴の無料開放

被災された方々、被災地で復旧活動に従事していただるボランティアの皆様へお知らせです。原鶴温泉での無料開放が当分の間、延長となりました!
【利用時間】
昼の部:11時~15時
夜の部:18時~20時
【入浴にあたっての注意】
当日のみ有効の入浴券(1人1枚)が必要です。
(入浴券に記載された施設をご利用ください。施設を選ぶことはできません。)
【入浴券配布場所】
 ・杷木支所
 ・らくゆう館
 ・サンライズ杷木
 ・杷木中学校
 ・久喜宮コミュニティセンター(久喜宮集落センター)
 ※数に限りがありますので、ゆずりあって利用してください。

○甘木観光ホテル甘木館(あまぎ健康らんど)の入浴無料提供

今回の水害で被害に合われた方、災害復旧に従事された朝倉市民の方に、温泉入浴を無料開放しています。
  ※本人確認できるものをお持ちください。
  (お持ちでないときは居住区をお知らせください。)
  ※利用可能期間:7月10日(月)~7月31日(月)
    利用時間:10時~21時(最終受付:20時30分)

(担当課)
商工観光課
 電話  0946-52-1428
 e-mail syoukou@city.asakura.lg.jp

その他

●広報あさくらのお知らせ

○広報あさくら平成29年7月15日号の配布が遅れます

○広報あさくら平成29年8月1日号は休刊します

http://www.city.asakura.lg.jp/www/contents/1499903011105/index.html 

近隣自治体・協会等の支援

福岡市 

久留米市

うきは市

小郡市

嘉麻市

八女市

●全国市長会(九州市長会) 

●福岡県宅地建物取引業協会

ハローワーク

グリーンコープ

 

 

■事業者の方へ向けた相談、支援制度へ 

http://www.city.asakura.lg.jp/www/contents/1499900724806/index.html

 

ダウンロード
朝倉県土整備事務所管内図(7MB)(PDF文書)
「り災証明申請書」(25KB)(Word文書)
水に濡れた写真の応急処置(1395KB)(PDF文書)
「宿泊提供申請書」(16KB)(Word文書)
障害物の除去、住宅の応急修理制度の御案内(92KB)(PDF文書)
朝倉球場(災害ボランティアセンター)地図(75KB)(PDF文書)

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせ
総務部 防災交通課
電話番号 : 0946-22-1111
ファックス番号 : 0946-22-0418
メールアドレス : boukou@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?