平成29年7月九州北部豪雨による被災家屋の代替家屋の固定資産税の減額について

平成29年7月九州北部豪雨により被災した家屋の代わりに取得した代替家屋の固定資産税の減額申告の受付を始めます。

 

■減額の要件

次の要件をすべて満たすこと

(1) 被災家屋は、平成29年7月九州北部豪雨により滅失・損壊した家屋で解体撤去または売買などの処分をしている

(2) 代替家屋は、平成29年7月5日~平成34年3月31日に取得した家屋で、被災家屋と家屋の種類、使用目的または用途が同一である

(3) 代替家屋の所有者が、次のいずれかである

   ・被災家屋の所有者本人または所有者の相続人

   ・被災家屋の所有者と代替家屋に同居する三親等内の親族

   ・被災家屋の所有者(法人)の合併などにより設立された法人

■減額される税金

代替家屋が新たに課税となった年から4年間の固定資産税のうち、対象被災家屋の課税床面積相当分の課税を1/2に減額します。

 

■必要な書類

(1) 被災家屋が平成29年九州北部豪雨により滅失または損壊した旨を証明する書類

    り災証明書(写)など

(2) 被災家屋が被災者生活再建支援法の適用を受ける市町村に所在することを証明する書類

    平成29年度固定資産税名寄帳(写)など

(3) 被災家屋の処分を確認できる書類

    解体完了書(写)や売買契約書(写)など

 

  ※ 被災家屋が朝倉市に所在し、固定資産税の減免を受けているなどで確認できる場合には上記書類は不要な場合があります。

  ※ その他、印鑑と本人確認ができるもの(運転免許証など)が必要です。

 

■受付場所

 市役所本庁1階 市税務課資産税係

 

ダウンロード
平成29年九州北部豪雨により被災した家屋の代替家屋に係る固定資産税の減額について(19KB)(Word文書)
被災代替家屋減額申告書(15KB)(エクセル文書)

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせ
市民環境部 税務課
電話番号 : 0946-22-1111
ファックス番号 : 0946-22-1118
メールアドレス : zeimu@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?