朝倉市新型コロナウイルス感染症対策本部からのお知らせ(令和2年5月~6月)

第13回 朝倉市新型コロナウイルス感染症対策本部会議(6月12日)

朝倉市新型コロナウイルス感染症対策本部会議において、以下の議題を協議し、決定しましたのでお知らせいたします。

 ※ 4月以前の朝倉市新型コロナウイルス感染症対策本部会議決定事項は こちら

 6月19日より、国が示している「イベント開催制限の段階的緩和の目安」に従い、以下の通り運用を改めます。
 なお、各施設において新型コロナウイルス感染症対策のため取得している「緊急時連絡票」については、その保管期間を3カ月とし、期間経過後にあってはシュレッダー等を用いて処理するものとします。

 1.イベント等について
  「朝倉市新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためのイベント等開催判断基準」の内容について、内容を一部変更して運用します。

 2.文化施設等について

  (1)図書館3館 
     引き続き以下の条件に変更して開館します。
  ・ 入館に際し緊急時連絡票(代表者氏名又はカード番号、連絡先等)を記入していただく
  ・ 入館者が多い場合は、入館制限を行う(館外に間隔をあけて並んでいただき、順番に入館してもらう)
  ・ 消毒液を可能な限り配備する(消毒液が手に入らない場合は「石鹸での手洗い励行」を表示する(石鹸は常備する)ことでこれに代える)
  ・ くしゃみや咳の症状がある方にマスクの着用を促す(配備はしない)
  ・ 風邪のような症状のある方の利用・入館を遠慮いただく
  ・ 館内の滞在時間を1時間以内とする
  ・ 新聞・雑誌閲覧用の椅子の間隔をあけて利用いただく(30分以内とする)
  ・ 可能な限り他人と離れて利用するよう求める
  ・ 換気に努める

  【再開するサービス】
   ・ 広域利用の方への貸出
   ・ レファレンス対応(15分以内とし、長引く場合は後日回答とする)
   ・ インターネットの利用(15分以内とし、延長できないものとする)
   ・ 資料のコピーサービス
   ・ 新聞の閲覧(30分以内とする)
   ・ 新刊雑誌の閲覧(30分以内とする)

  【当面休止とするサービス】
   ・ DVD・CDの視聴
   ・ 親子ルーム・おはなしコーナーの利用

  (2)秋月博物館・甘木歴史資料館・平塚川添遺跡体験学習館
   変更なし

  (3)健康福祉館
   変更なし

  (4)B&G海洋センター
   変更なし

  (5)たかき清流館
   変更なし 

 3.公共施設における一般利用(貸館)について
  引き続き以下の条件に変更して開館します。なお、状況の変化に伴い、使用が出来なくなる場合や制限の内容が変わる場合があります。

  (1)会議室・研修室等
  ・ 収容定員の半分以下(もしくは部屋の広さを4㎡で除し、得られた整数を上限とする)の利用制限への協力を求める
  ・ 受付を設置するなど人と人が対面する必要がある場合にあっては、特段の感染防止に努めるよう求める
  ・ 消毒液を可能な限り配備する(消毒液が手に入らない場合は「石鹸での手洗い励行」を表示する(石鹸は常備する)ことでこれに代える)
  ・ くしゃみや咳の症状がある方にマスクの着用を促す(配備はしない)
  ・ 換気に努める
  ・ 可能な限り席を離すよう求める
  ・ 風邪のような症状のある方の利用・入館を遠慮いただく
  ・ 大声を出さないよう求める
  ・ チェックリストの提出を求める(チェックリストの提出が必要な活動内容に限る)

  (2)ホール等
  ・ 1,000人以下、かつ収容定員の半分以下の利用制限への協力を求める
  ・ 受付を設置するなど人と人が対面する必要がある場合にあっては、特段の感染防止に努めるよう求める
  ・ 消毒液を可能な限り配備する(消毒液が手に入らない場合は「石鹸での手洗い励行」を表示する(石鹸は常備する)ことでこれに代える)
  ・ くしゃみや咳の症状がある方にマスクの着用を促す(配備はしない)
  ・ 換気に努める
  ・ 可能な限り席を離す(椅子を少なくとも1つずつ開けて着席する)よう求める
  ・ 風邪のような症状のある方の利用・入館を遠慮いただく
  ・ 大声を出さないよう求める
  ・ チェックリストの提出を求める(チェックリストの提出が必要な活動内容に限る)

  (3)屋外体育施設
  ・ 参加規模を1,000人以下とし、かつ人と人との距離を十分に確保(おおよそ2m)するよう求める
  ・ 受付を設置するなど人と人が対面する必要がある場合にあっては、特段の感染防止に努めるよう求める
  ・ くしゃみや咳、発熱等の風邪のような症状がある方の利用を遠慮いただく
  ・ 利用者自身に防疫を促す

  (4)甘木公園:野外ステージ
   変更なし

  (5)甘木公園:バーベキュー広場
   変更なし

  (6)屋内体育施設
  ・ 1,000人以下、かつ収容定員の半分以下の利用制限への協力を求める
  ・ 受付を設置するなど人と人が対面する必要がある場合にあっては、特段の感染防止に努めるよう求める
  ・ 消毒液を可能な限り配備する(消毒液が手に入らない場合は「石鹸での手洗い励行」を表示する(石鹸は常備する)ことでこれに代える)
  ・ くしゃみや咳、発熱等の風邪のような症状がある方の利用を遠慮いただく
  ・ 施設の共用部分(トイレ、更衣室、テーブルなど)の定期的な消毒を行う
  ・ 施設全体の常時換気と、3密とならないよう協力を求める
  ・ 飲食物等のゴミの管理(密閉できる容器等に入れ、他人が触れないように管理し持ち帰る)の徹底を求める
  ・ 利用者自身に防疫を促す

  (7)老人福祉センター
  ・ 収容定員の半分以下(もしくは部屋の広さを4㎡で除し、得られた整数を上限とする)の利用制限への協力を求める
  ・ 受付を設置するなど人と人が対面する必要がある場合にあっては、特段の感染防止に努めるよう求める
  ・ 入館時に体温測定を行い、咳、発熱等の症状がある方の入館を断る
  ・ 利用の際は、利用開始時に手指消毒を徹底いただく
  ・ トイレ使用後には石鹸で手の洗浄を奨励する
  ・ 部屋の換気を定期的に行い、なるべく席を離して着席するよう促す
  ・ 大声を出さない(歌を唄うなどの活動は自粛していただく)
  ・ 利用が終了した時点で、事務所職員が部屋の消毒(ドアノブ、机等)を行う
  ・ チェックリストの提出を求める(チェックリストの提出が必要な活動内容に限る)

  (8)甘木総合隣保館、杷木人権啓発センター
  ・ 収容定員の半分以下(もしくは部屋の広さを4㎡で除し、得られた整数を上限とする)の利用制限への協力を求める
  ・ 受付を設置するなど人と人が対面する必要がある場合にあっては、特段の感染防止に努めるよう求める
  ・ 消毒液を可能な限り配備する(消毒液が手に入らない場合は「石鹸での手洗い励行」を表示する(石鹸は常備する)ことでこれに代える)
  ・ くしゃみや咳の症状がある方にマスクの着用を促す(配備はしない)
  ・ 換気に努める
  ・ 可能な限り席を離すよう求める
  ・ 風邪のような症状のある方の利用・入館を遠慮いただく
  ・ 大声を出さない(歌を唄うなどの活動は自粛していただく)
  ・ チェックリストの提出を求める(チェックリストの提出が必要な活動内容に限る)

 4.景気対策等ついて
  (1)特別定額給付金事業:6月8日時点で92.67%給付済み。6月18日時点で96.67%給付見込み。

  (2)朝倉市中小企業等持続化支援金(法人10万円、個人5万円)

  (3)朝倉市宿泊事業者サポート支援金  

  (4)朝倉市中小企業経営緊急相談会(5月25日~27日開催済) 
     相談内容:雇用調整、持続化補助等

  (5)あなたの申請とどけ隊(5月27日~6月30日)
 
  (6)あさくら・みらい飯支援事業(プレミアム率30%)
     参加店舗48店(6月10日現在)

  (7)#あさくらエール飯事業 
     エントリー34店舗(6月10日現在) 

  (8)プレミアム商品券発行事業(発行総額3億6千万円、プレミアム率20%)
     7月1日チラシ発行

  (9)あさくら宿泊助成事業 
     6月17日市内宿泊事業者へ説明会 

  (10)セーフティネット申請 

  (11)コロナ関係消費生活相談 

  (12)福岡県緊急短期雇用創出事業 

  (13)子育て世帯への臨時特別給付金など
    ・子育て世帯への臨時特別給付金:一般世帯6月10日振込済み。
    ・臨時特別出産祝い金:6月末までの対象者には申請書を郵送し、7月以降の対象者には出生届時に受付予定。
    ・子育て世帯への支援事業(米配布):6月12日までに引換券を発送済み。 

 5. その他
  景気対策等については、次回本部会議より報告事項として取り扱います。ただし、新たに取組む事業については、協議事項とします。
 

朝倉市新型コロナウイルス感染症対策臨時本部会議(6月8日)

朝倉市新型コロナウイルス感染症対策臨時本部会議において、以下の議題を協議し、決定しましたのでお知らせいたします。

 1.屋外作業における職員のマスク着用について
  
夏期の気温・湿度が高い中でマスクを着用することによって、熱中症のリスクが高くなるおそれがあることが指摘されており、特に屋外での業務
  が中心となる「可燃ごみ・資源ごみ収集業務」「文化財発掘業務」「道路等の修復、現地確認・測量等業務」において、職員のマスク着用を以下の
  運用とします。

 (1)可燃ごみ・資源ごみ収集業務
   ・ 必ずマスクを携行し、人と対面する必要がある場合は、感染症拡大防止のため必ずマスクを着用すること
   ・ 屋外の収集作業従事において、周囲との距離を十分確保することを条件として、熱中症対策の観点からマスクの着用を求めないものとする
   ・ 車両にて移動する場合(短距離の移動を除く)は、感染症拡大防止のため必ずマスクを着用すること
   ・ 必要に応じてこまめな水分補給を行うものとし、周囲との距離を十分確保した上で、適宜マスクを外して休憩をとること
 
 (2)文化財発掘業務
  ・ 必ずマスクを携行し、人と対面する必要がある場合は、感染症拡大防止のため必ずマスクを着用すること
  ・ 屋外の発掘作業従事において、周囲との距離を十分確保することを条件として、熱中症対策の観点からマスクの着用を求めないものとする
  ・ 車両にて移動する場合は、感染症拡大防止のため必ずマスクを着用すること
  ・ 必要に応じてこまめな水分補給を行うものとし、周囲との距離を十分確保した上で、適宜マスクを外して休憩をとること

 (3)道路等の修復、現地確認・測量等業務
  ・ 必ずマスクを携行し、人と対面する必要がある場合は、感染症拡大防止のため必ずマスクを着用すること
  ・ 屋外の作業従事において、周囲との距離を十分確保することを条件として、熱中症対策の観点からマスクの着用を求めないものとする
  ・ 車両にて移動する場合は、感染症拡大防止のため必ずマスクを着用すること
  ・ 必要に応じてこまめな水分補給を行うものとし、周囲との距離を十分確保した上で、適宜マスクを外して休憩をとること
 

朝倉市新型コロナウイルス感染症対策臨時本部会議(5月28日)

朝倉市新型コロナウイルス感染症対策臨時本部会議において、以下の議題を協議し、決定しましたのでお知らせいたします。

 1.公共施設における一般利用(貸館)について
  
第12回朝倉市新型コロナウイルス感染症対策本部会議において決定した、議題(7)「公共施設における一般利用(貸館)について」の「5月31日
  (日)まで休館としていたサンライズ杷木を含め、引き続き以下の条件に変更して開館します。なお、体育施設以外における運動を伴う活動については、
  これを制限します。」について、「5月31日(日)まで休館としていたサンライズ杷木を含め、引き続き以下の条件に変更して開館します。なお、体育
  施設以外における運動を伴う活動等については、6月1日(月)から別途条件(新型コロナウイルス感染予防対策チェックリスト)を付して利用を認める
  ものとします。」に変更します。

 【想定する事業及びその内容】

 (1)利用者が対面することを想定した事業(囲碁等)
  ・ 部屋の利用は100人以下かつ定員の半分以下の参加人数とすること
  ・ 事前に参加者全員の体調を確認し、発熱や風邪の症状がある者を参加させないこと
   ・ 身体的接触や大きな発声を伴う活動を行わないこと
  ・ 道具を用いる場合、共有の道具にあっては責任者がこまめにこれを消毒すること
  ・ 参加者はマスクを着用し、こまめに手洗いや消毒を行うこと
  ・ 隣の人との間隔を十分に確保する(2m以上)こと
  ・ こまめに部屋の換気をすること
  ・ 以上の条件を満たすことを責任者が確約すること 

 (2)利用者が運動することを想定した事業(ダンス・ヨガ・体操等)
  ・ 部屋の利用は許可を受けた定員以下の参加人数とする(1人当り4㎡を確保する)こと
  ・ 事前に参加者全員の体調を確認し、発熱や風邪の症状がある者を参加させないこと
  ・ 身体的接触を厳禁とし、大きな発声を伴う活動を行わないこと
  ・ 特に運動中にあっては人と対面しないこと(対面する必要のある指導者は、受講者との距離を十分に保つこと)
  ・ 参加者はマスクを着用し、こまめに手洗いや消毒を行うこと
  ・ 道具を用いる場合、個人の道具はこれを共有しないこと
  ・ 道具を用いる場合、共有の道具にあってはこまめにこれを消毒すること
  ・ 隣の人との間隔を十分に確保する(2m以上)こと
  ・ 常時部屋の換気をすること
  ・ 参加者はマスクを着用し、こまめに手洗いや消毒を行うこと
     ※熱中症防止のため運動時のマスク着用の必要はないが、人との距離を2m以上確保し、飛沫に注意すること
  ・ 原則として、活動終了後は団体で部屋の消毒(床や触った場所、使用したトイレの消毒も含む)をして退室すること
  ・ 消毒液は団体で準備すること
  ・ 以上の条件を満たすことを責任者が確約すること

 (3)利用者が声を出すことを想定した事業(カラオケ・コーラス等)
  ・ 部屋の利用は許可を受けた定員以下の参加人数とする(1人当り4㎡を確保する)こと
  ・ 事前に参加者全員の体調を確認し、発熱や風邪の症状がある者を参加させない
  ・ 身体的接触を厳禁とし、大きな発声を伴う活動を行わないこと
  ・ 人と対面しないこと(対面する必要のある指導者は、受講者との距離を十分に保つこと)
  ・ 参加者はマスクを着用し、こまめに手洗いや消毒を行うこと
  ・ 道具を用いる場合、個人の道具はこれを共有しないこと
  ・ 道具を用いる場合、共有の道具にあってはこまめにこれを消毒すること
  ・ 隣の人との間隔を十分に確保する(2m以上)こと
  ・ 常時部屋の換気をすること
  ・ 原則として、活動終了後は団体で部屋の消毒(床や触った場所、使用したトイレの消毒も含む)をして退室すること
  ・ 消毒液は団体で準備すること
  ・ 以上の条件を満たすことを責任者が確約すること

 

 第12回 朝倉市新型コロナウイルス感染症対策本部会議(5月25日)

朝倉市新型コロナウイルス感染症対策本部会議において、以下の議題を協議し、決定しましたのでお知らせいたします。

 

 1.新型コロナウイルス感染症対策本部について

    新型インフルエンザ等対策特別措置法第34条第1項の規定に基づき、朝倉市新型コロナウイルス感染症対策本部を設置していましたが、緊急事態
  が宣言5月14日に解除されたことを受け、当該対策本部を朝倉市新型インフルエンザ等対策行動計画に基づき任意設置に改めます。
   なお、開催回数においては分かりやすさを優先するため、引き継ぐもの
とします。   

 2.イベント等について

   「朝倉新型コロナウイルス緊急事態措置におけるイベント等の停止について」の効力を停止し、従前の「朝倉市新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ
  ためのイベント等開催判断基準」の運用を再開します。但し、「感染拡大を警戒する必要がなくなった」ものではなく、引き続き経過を見守る必要がある
  ため、内容に改正を加えて運用することとします。

 3.小・中学校について

  (1)学校教育活動  6月1日(月)より全面再開します。
  (2)学校給食    6月1日(月)より再開します。
  (3)中学校部活動  6月1日(月)より再開します。

   なお、文部科学省から示された「「新しい生活様式」を踏まえた学校の行動基準」におけるレベルに応じて今後の学校運営を進めてい
  きます。
   夏季休暇期間の取り扱いについては、今後速やかに協議の上、提示することとします。

 4.私立幼稚園
   福岡県からの通知に基づき、対応します。(定期的に各園の状況等を把握し、連携します。)

 5.保育所・学童保育所について

  (1)保育所
   6月1日から家庭での保育の協力依頼を解除し、通常通り開所します。なお、保育料については日割りでの減免をしません。

  (2)学童保育所
   6月1日から家庭での保育の協力依頼を解除し、通常通り開所します。なお、保育料については日割りでの減免をしません。

 6.文化施設等について

  (1)図書館3館 
   引き続き以下の条件に変更して開館します。

    ・ 入館に際し緊急時連絡票(代表者氏名又はカード番号、連絡先等)を記入していただく
    ・ 入館者が多い場合は、入館制限を行う(館外に間隔をあけて並んでいただき、順番に入館してもらう)
    ・ 消毒液を可能な限り配備する(消毒液が手に入らない場合は「石鹸での手洗い励行」を表示する(石鹸は常備する)ことでこれに代える)
    ・ くしゃみや咳の症状がある方にマスクの着用を促す(配備はしない)
    ・ 風邪のような症状のある方の利用・入館を遠慮いただく
    ・ 資料等の貸出・返却・新規カードの発行・予約のみとし、管内での閲覧やレファレンス等のサービスは当面行わない
    ・ 利用できるのは、市内在住または通勤・通学・通園者のみとする(広域利用の方は利用できない)
    ・ 椅子や机の使用を禁止する
    ・ 換気に努める
    ・ 可能な限り他人と離れて利用するよう求める

  (2)秋月博物館・甘木歴史資料館・平塚川添遺跡体験学習館 
   引き続き以下の条件に変更して開館します。

    ・ 秋月博物館・甘木歴史資料館については入館に際し利用者連絡カード(代表者氏名、連絡先等)を記入していただく
    ・ 甘木歴史資料館についてはサーモカメラで体温測定を行い、発熱者には入館を遠慮いただく
    ・ 消毒液を可能な限り配備する(消毒液が手に入らない場合は「石鹸での手洗い励行」を表示する(石鹸は常備する)ことでこれに代える)
    ・ くしゃみや咳の症状がある方にマスクの着用を促す(配備はしない)
    ・ 風邪のような症状のある方の利用・入館を遠慮いただく
    ・ 椅子や机の使用を禁止する
      ※平塚川添遺跡公園体験学習館については、主たる施設が「研修室」であるため、「椅子や机の利用は十分な距離をとったうえで利用いただく」と
       する
    ・ 換気に努める
    ・ 可能な限り他人と離れて利用するよう求める

  (3)健康福祉館 
   引き続き「健康福祉館:新型コロナウイルス感染拡大防止対策」の条件に変更して開館します。

  (4)B&G海洋センター 
   引き続き以下の条件に変更して開館します。

    ・ 消毒液を可能な限り配備する(消毒液が手に入らない場合は「石鹸での手洗い励行」を表示する(石鹸は常備する)ことでこれに代える)
    ・ 職員が定期的(1時間に1回)にロッカー、自販機、トイレ・更衣室・入口の手すりを消毒液で清掃する
    ・ (利用者が不特定となるため)受付で問診を兼ねた名簿に記入いただく
    ・ 換気に努める
    ・ 更衣室の利用において、ロッカーを一つおきに使うなど、集密を避けるよう促す
    ・ 利用者が過密とならないようにレッスンスケジュールを調整するなど努める(入館制限を含む)

  (5)たかき清流館 
   6月1日(月)より以下の条件を付した上で再開します(宿泊及び現地受付については、段階的に再開する)。

    ・ 消毒液を可能な限り準備する(消毒液が手に入らない場合は「石鹸での手洗い励行」を表示する(石鹸は常備する)ことでこれに代える)
    ・ くしゃみや咳の症状がある方にマスクの着用を促す(配備はしない)
    ・ 風邪のような症状のある方の利用・入館を遠慮いただく
    ・ 換気に努める
    ・ (利用者が不特定となるため)利用受付の段階で問診を兼ねた名簿に記入いただく
    ・ 大声を出さない(歌を唄うなどの活動は自粛していただく)
    ・ 全員分の名簿を事前にメールで提出いただく
    ・ 体温を測定し、熱のある方や体調不良である方の入館をお断りする
    ・ コロナ陽性者との濃厚接触者とその家族、1か月以内の渡航歴がある方等は入館をお断りする

 7.公共施設における一般利用(貸館)について
  5月31日(日)まで休館としていたサンライズ杷木を含め、引き続き以下の条件に変更して開館します。
  なお、体育施設以外における運動を伴う活動については、これを制限します。
  
  (1)会議室・研修室等 
   ・ 100人以下、かつ収容定員の半分以下の利用制限への協力を求める
   ・ 受付を設置するなど人と人が対面する必要がある場合にあっては、特段の感染防止に努めるよう求める
   ・ 消毒液を可能な限り配備する(消毒液が手に入らない場合は「石鹸での手洗い励行」を表示する(石鹸は常備する)ことでこれに代える)
   ・ くしゃみや咳の症状がある方にマスクの着用を促す(配備はしない)
   ・ 換気に努める
   ・ 可能な限り席を離すよう求める
   ・ 風邪のような症状のある方の利用・入館を遠慮いただく
   ・ 大声を出さない(歌を唄うなどの活動は自粛していただく) 

  (2)ホール等
   ・ 100人以下、かつ収容定員の半分以下の利用制限への協力を求める
   ・ 受付を設置するなど人と人が対面する必要がある場合にあっては、特段の感染防止に努めるよう求める
   ・ 消毒液を可能な限り配備する(消毒液が手に入らない場合は「石鹸での手洗い励行」を表示する(石鹸は常備する)ことでこれに代える)
   ・ くしゃみや咳の症状がある方にマスクの着用を促す(配備はしない)
   ・ 換気に努める
   ・ 可能な限り席を離す(椅子を少なくとも2つずつ開けて着席する)よう求める
   ・ 風邪のような症状のある方の利用・入館を遠慮いただく
   ・ 大声を出さない(歌を唄うなどの活動は自粛していただく)

  (3)屋外体育施設
    ・ 参加規模を200人以下とし、かつ人と人との距離を十分に確保(おおよそ2m)するよう求める
    ・ 受付を設置するなど人と人が対面する必要がある場合にあっては、特段の感染防止に努めるよう求める
    ・ くしゃみや咳、発熱等の風邪のような症状がある方の利用を遠慮いただく
    ・ 利用者自身に防疫を促す

  (4)甘木公園:野外ステージ
   6月1日(月)より以下の条件を付した上で再開します。
   なお、『新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策における「公共施設の花見時期の利用について(自粛の要請)」:令和2年3月27日』は廃止
   します。

   ・ 収容定員の半分以下の利用制限とし、人と人との距離を十分に確保(おおよそ2m)するよう求める
   ・ 受付を設置するなど人と人が対面する必要がある場合にあっては、特段の感染防止に努めるよう求める
   ・ 風邪のような症状のある方の利用を遠慮いただく
   ・ 利用者自身に防疫を促す

  (5)甘木公園:バーベキュー広場
   6月1日(月)より以下の条件を付した上で再開します。

   ・ 1区画5人までの利用とし、複数の団体が利用する場合は1区画分の間隔を空けて使用許可を出す
   ・ 飲食物等のごみの管理を徹底する(密閉できる容器等に入れ、他人に触れないように管理し持ち帰る)

  (6)屋内体育施設
   
6月1日(月)より以下の条件を付した上で再開する。ただし月曜が休館の場合は6月2日(火)より再開する。

   ・ 100人以下、かつ収容定員の半分以下の利用制限への協力を求める
   ・ 受付を設置するなど人と人が対面する必要がある場合にあっては、特段の感染防止に努めるよう求める
   ・ 消毒液を可能な限り配備する(消毒液が手に入らない場合は「石鹸での手洗い励行」を表示する(石鹸は常備する)ことでこれに代える)
   ・ くしゃみや咳、発熱等の風邪のような症状がある方の利用を遠慮いただく
   ・ 施設の共用部分(トイレ、更衣室、テーブルなど)の定期的な消毒を行う
   ・ 施設全体の常時換気と、3密とならないよう協力を求める
   ・ 飲食物等のゴミの管理(密閉できる容器等に入れ、他人が触れないように管理し持ち帰る)の徹底を求める
   ・ 利用者自身に防疫を促す

  (7)老人福祉センター
   ・ 100人以下、かつ収容定員の半分以下の利用制限への協力を求める
   ・ 受付を設置するなど人と人が対面する必要がある場合にあっては、特段の感染防止に努めるよう求める
   ・ 入館時に体温測定を行い、咳、発熱等の症状がある方の入館を断る
   ・ 利用の際は、利用開始時に手指消毒を徹底いただく
   ・ トイレ使用後には石鹸で手の洗浄を奨励する
   ・ 部屋の換気を定期的に行い、なるべく席を離して着席するよう促す
   ・ 大声を出さない(歌を唄うなどの活動は自粛していただく)
   ・ 利用が終了した時点で、事務所職員が部屋の消毒(ドアノブ、机等)を行う

  (8)甘木総合隣保館・杷木人権啓発センター
   6月1日(月)より以下の条件を付した上で再開する。

   ・ 100人以下、かつ収容定員の半分以下の利用制限への協力を求める
   ・ 受付を設置するなど人と人が対面する必要がある場合にあっては、特段の感染防止に努めるよう求める
   ・ 消毒液を可能な限り配備する(消毒液が手に入らない場合は「石鹸での手洗い励行」を表示する(石鹸は常備する)ことでこれに代える)
   ・ くしゃみや咳の症状がある方にマスクの着用を促す(配備はしない)
   ・ 換気に努める
   ・ 可能な限り席を離すよう求める
   ・ 風邪のような症状のある方の利用・入館を遠慮いただく
   ・ 大声を出さない(歌を唄うなどの活動は自粛していただく)

 8.分散勤務・在宅勤務等の状況について
 
 職員の勤務体制の変更については、5月31日(日)で終了するものとする。

 9.景気対策等について

  (1)あさくら・みらい飯支援事業・・・クラウドファンディングにより地域飲食店を支援、プレミアム率30%(事業者10%、市20%)
     支援者募集6月1日~

  (2)プレミアム商品券発行事業・・・発行総額3億6千万円(プレミアム率20%)
     予約7月1日~7月21日
     使用期間8月6日~1月末

  (3)あさくら宿泊助成事業・・・朝倉市を訪れる観光客に対し、宿泊費の3割以内、上限3千円を補助
     実施時期9月1日~2月28日
  
  (4)「あなたの申請とどけ隊」・・・国持続化給付金、県持続化緊急支援金伴走事業
     申請に必要な書類の確認、電子申請完了までをサポート
     実施期間5月27日~6月30日

  (5)福岡県緊急短期雇用創出事業・・・事業計画提出:人事秘書課・教育課・農林課 

 

朝倉市新型コロナウイルス感染症対策臨時本部会議(5月22日)

朝倉市新型コロナウイルス感染症対策臨時本部会議において、以下の議題を協議しましたので、お知らせします。
 

  1.小・中学校について
    
  (1) 臨時休業期間:5月31日(日)までを休業期間としていたが、これを5月24日(日)までに改めます。
             なお、5月25日(月)から5月29日(金)までは分散登校とします。

  (2) 中学校部活動:5月31日(日)までを通常部活動に向けての準備期間として、1時間程度の活動を行います。

 

第11回 朝倉市新型コロナウイルス感染症対策本部会議(5月15日)

朝倉市新型コロナウイルス感染症対策本部会議において、以下の議題を協議し、決定しましたのでお知らせいたします。

 ※ 4月以前の朝倉市新型コロナウイルス感染症対策本部会議決定事項は こちら

  1.イベント等開催基準について

  「朝倉市新型コロナウイルス緊急事態措置におけるイベント等の停止について」については、今後の経過を見るため対象期間を5月31日(日)の
 まま変更しません。

 2.市内小中学校について

  (1) 臨時休業期間:5月31日(日)までとします。
  (2) 分散登校:5月18日(月)から分散登校日を設けながら、感染状況などを踏まえ6月1日(月)からの完全再開を目指します。
  (3) 中学校部活動:休業期間中はしません。
  (4) 授業時数の確保期間:7月21日(火)~8月7日(金)、8月17日(月)~8月31日(月)に授業日を検討します。

 3.私立幼稚園
  福岡県からの通知に基づき、対応します。(定期的に各園の状況等を把握し、連携します。)

 4.保育所・学童保育所について

  (1)保育所
   家庭で保育ができる方について、「登園自粛要請」から「家庭での保育の協力を促す」とし、協力依頼期間を5月18日(月)から当分の間とした上で、

  保育料については日割りで減免することとします。
   但し、保護者の職場等の状況もあるため、家庭保育が困難な家庭については継続して利用できるものとします。
 

  (2)学童保育所
   家庭で保育ができる方について、「登所自粛要請」から「家庭での保育の協力を促す」とし、協力依頼期間を5月18日(月)から当分の間とした上で、
  保育料については日割りで減免することとします。
   但し、保護者の職場等の状況もあるため、家庭保育が困難な家庭については継続して利用できるものとします。

 5.文化施設等について

   (1)図書館3館
   5月31日(日)までを休館としていましたが、5月19日(火)(朝倉館は5月18日(月))より以下の条件(館内に掲示する)を付した上で
  再開します。

    ・ 消毒液を可能な限り配備する(消毒液が手に入らない場合は「石鹸での手洗い励行」を表示する(石鹸は常備する)ことでこれに代える)
    ・ くしゃみや咳の症状がある方にマスクの着用を促す(配備はしない)
    ・ 風邪のような症状のある方の利用・入館を遠慮いただく
    ・ 資料等の貸出・返却・新規カードの発行・予約のみとし、管内での閲覧やレファレンス等のサービスは当面行わない
    ・ 利用できるのは、市内在住または通勤・通学・通園者のみとする(広域利用の方は利用できない)
    ・ 椅子や机の使用を禁止する
    ・ 換気に努める
    ・ 可能な限り他人と離れて利用するよう求める

  (2)秋月博物館・甘木歴史資料館・平塚川添遺跡体験学習館
    5月31日(日)までを休館としていましたが、5月19日(火)より以下の条件(館内に掲示する)を付した上でで再開します。
   (甘木歴史資料館においては福岡県の施設であるため、別途県からの指示があった場合はそれに従うものとします。)

    ・ 消毒液を可能な限り配備する(消毒液が手に入らない場合は「石鹸での手洗い励行」を表示する(石鹸は常備する)ことでこれに代える)
    ・ くしゃみや咳の症状がある方にマスクの着用を促す(配備はしない)
    ・ 風邪のような症状のある方の利用・入館を遠慮いただく
    ・ 椅子や机の使用を禁止する
     ※平塚川添遺跡公園体験学習館については、主たる施設が「研修室」であるため、「椅子や机の利用は十分な距離をとったうえで利用いただく」
      とする
    ・ 換気に努める
    ・ 可能な限り他人と離れて利用するよう求める

  (3)健康福祉館
    5月19日(火)より以下の条件(館内に掲示する)を付した上で再開します。
   (ただし、5月31日(日)
までは入浴のみとし、トレーニング室、大広間、電子浴室の利用は出来ません。)

            ・ 入館者の手指のアルコール消毒を徹底する(消毒液が手に入らない場合は「石鹸での手洗い励行」を表示する
     (消毒液が手に入らない場合は「石鹸での手洗い励行」を表示する(石鹸は常備する)ことでこれにこれに代える)
    ・ 施設内の消毒を徹底する
    ・ 施設内の換気等を徹底する

    ・ 入館者数を制限する(館内イベントは7月31日(金)まで中止とする)
    ・ 咳、発熱等の症状がある人の入館を遠慮いただく
    ・ 感染者発生時の入館者の連絡先を把握する
    ・ 滞在時間の短縮化の為、アルコール類の飲酒を禁止する
    ・ 売店・厨房の衛生管理を徹底する
    ・ 職員(売店スタッフを含む)の健康管理を徹底する

  (4)B&G海洋センター
    5月19日(火)より以下の条件(館内に掲示する)を付した上で再開します。

    ・ 消毒液を可能な限り配備する(消毒液が手に入らない場合は「石鹸での手洗い励行」を表示する(石鹸は常備する)ことでこれに代える)
    ・ 職員が定期的(1時間に1回)にロッカー、自販機、トイレ・更衣室・入口の手すりを消毒液で清掃する
    ・ (利用者が不特定となるため)受付で問診を兼ねた名簿に記入いただく
    ・ 換気に努める
    ・ 更衣室の利用において、ロッカーを一つおきに使うなど、集密を避けるよう促す
    ・ 利用者が過密とならないようにレッスンスケジュールを調整するなど努める(入館制限を含む)

      (5)たかき清流館
     6月1日(月)より以下の条件を付した上で再開します。(宿泊及び現地受付については、段階的に再開する。)

      ・  消毒液を可能な限り準備する(消毒液が手に入らない場合は「石鹸での手洗い励行」を表示する(石鹸は常備する)ことでこれに代える)
      ・  くしゃみや咳の症状がある方にマスクの着用を促す(配備はしない)
      ・ 風邪のような症状のある方の利用・入館を遠慮いただく
      ・ 換気に努める
      ・ (利用者が不特定となるため)利用受付の段階で問診を兼ねた名簿に記入いただく
    ・ 大声を出さない(歌を唄うなどの活動は自粛していただく)
    ・ 全員分の名簿を事前にメールで提出いただく
    ・ 体温を測定し、熱のある方や体調不良である方の入館をお断りする
    ・ コロナ陽性者との濃厚接触者とその家族、1カ月以内の渡航歴がある方等は入館をお断りする

 6.公共施設における一般利用(貸館)について
  5月31日(日)までを休館としていましたが、5月18日(月)(休館日の場合は5月19日(火))より以下の条件(館内に掲示する)を付した上で
 再開します。なお、サンライズ杷木においては再開日を6月1日とします。

  (1)会議室・研修室等
        ・ 消毒液を可能な限り配備する(消毒液が手に入らない場合は「石鹸での手洗い励行」を表示する(石鹸は常備する)ことでこれに代える)
      ・ くしゃみや咳の症状がある方にマスクの着用を促す(配備はしない)
      ・ 換気に努める
        ・ 可能な限り席を離すよう求める
        ・ 風邪のような症状のある方の利用・入館を遠慮いただく
        ・ 大声を出さない(歌を唄うなどの活動は自粛していただく)

  (2)ホール等
        ・ 消毒液を可能な限り配備する(消毒液が手に入らない場合は「石鹸での手洗い励行」を表示する(石鹸は常備する)ことでこれに代える)
      ・ くしゃみや咳の症状がある方にマスクの着用を促す(配備はしない)
      ・ 換気に努める
      ・ 可能な限り席を離すよう求める(ホールの定員の1/3を入場人数上限の目安とし、椅子を2つずつ開けて着席するよう主催者に求める)
      ・ 風邪のような症状のある方の利用・入館を遠慮いただく
      ・ 大声を出さない(歌を唄うなどの活動は自粛していただく)

  (3屋外体育施設
      ・ 練習試合、大会等の利用は自粛を促す
      ・ 風邪のような症状のある方の利用を遠慮いただく
      ・ 利用者自身に防疫を促す
    

  (4)屋内体育施設
   
「感染拡大を警戒する必要がなくなった」ものではなく、引き続き経過を見守る必要があるため、体育館、武道場などの屋内施設については、5月31日
  (日)までの休館を継続します。

  (5)老人福祉センター
   ・ 入館時に体温測定を行い、熱のある方や体調不良である方の入館を遠慮いただく
   ・ 利用の際は、利用開始時に手指消毒を徹底いただく
   ・ トイレ使用後には石鹸で手の洗浄を奨励する
   ・ 部屋の換気を定期的に行い、なるべく席を離して着席するよう促す
   ・ 大声を出さない(歌を唄うなどの活動は自粛していただく)
   ・ 利用が終了した時点で、事務所職員が部屋の消毒(ドアノブ、机等)を行う

  (6)甘木総合隣保館、杷木人権啓発センター
   5月31日(日)までの休館を継続し、6月1日(月)より以下の条件を付した上で再開します。
 
  ・ 消毒液を可能な限り配備する(消毒液が手に入らない場合は「石鹸での手洗い励行」を表示する(石鹸は常備する)ことでこれに代える)
  ・ くしゃみや咳の症状がある方にマスクの着用を促す(配備はしない)
  ・ 換気に努める
  ・ 可能な限り席を離すよう求める
  ・ 風邪のような症状のある方の利用・入館を遠慮いただく
  ・ 大声を出さない(歌を唄うなどの活動は自粛していただく)

 7.その他施設について(報告)
 
 三連水車の里あさくら及びバサロについては時短営業を継続します。 

 8.分散勤務・在宅勤務等の状況について
  引き続き5月31日(日)までを分散勤務・在宅勤務等期間とします。

 9.景気対策等について  詳しくはこちら「相談会のご案内」
  朝倉市中小企業経営緊急相談会の実施について(商工観光課)
  【日時】 5月25日(月)から5月27日(水) 10:00~17:00
  【場所】 朝倉商工会議所1階研修室(0946-22-3835)
                            

 10.その他
  相談・
受診の目安が変わりました。詳しくはこちら「相談・受診の目安」

 

第10回 朝倉市新型コロナウイルス感染症対策本部会議(5月5日)

朝倉市新型コロナウイルス感染症対策本部会議において、以下の議題を協議し、決定しましたのでお知らせいたします。

 

  1.イベント等開催基準について

  「朝倉市新型コロナウイルス緊急事態措置におけるイベント等の停止について」を改正し、対象期間を5月31日まで延長します。

 2.市内小中学校の臨時休業の延長について

  (1)休業期間 5月31日(日)まで延長します。
  (2)分散登校 県の要請等に基づき判断します。
  (3)中学校部活動 休業期間中の部活動は中止します。

 3.私立幼稚園
  
引き続き情報交換や情報収集に努めます。

 4.保育所・学童保育所について

  (1)保育所
   登園自粛要請期間を5月31日(日)まで延長します。

  (2)学童保育所
   長期休暇等(春休み期間等)と同様に開所期間を5月31日(日)まで延長します。
   同時に学童支援員の心と身体のケアに努めていきます。

 5.文化施設等について
  
(図書館3館、B&G海洋センター、甘木歴史資料館、秋月博物館、平塚川添遺跡体験学習館、健康福祉館、たかき清流館)

  閉館期間を 5月31日(日)まで延長します。ただし、6月1日(月)通常の休館日である施設があります。

 6.公共施設における一般利用(貸館)について
  
貸館の中止を 5月31日(日)まで延長します。

 7.その他施設について
  「三連水車の里あさくら」及び「バサロ」については、5月2日(土)から5月6日(日)まで休館としておりましたが、5月7日以降は直売所
  として営業を再開します。(ただし、営業時間を短縮しています。)

 8.分散勤務・在宅勤務等の状況について
  「市職員の勤務体制の変更について」はホームページにて公開しており、その期間を、5月31日まで延長します。

 9.マスク・消毒液等の情報について

  (1)マスク   配布実績:約50,000枚(福祉施設等へ配布)
  (2)消毒液   新型コロナウイルス感染症対応分を備蓄。
               基本は「こまめな手洗い」であることを引き続き周知していきます。
  (3)寄付等の情報   今まで6件のマスク、消毒液等の寄付を受け付けており、今後も3件の申し出を受けています。

 10.景気対策等について

  (1)朝倉市中小企業等持続化支援金
   5月11日(月)受付開始 
   提出方法は、市ホームページよりダウンロードした申請書、必要書類を、朝倉商工会議所、朝倉市商工会に郵送してください。
   5月13日(水)タウンプラスにて、市内 (事業所含)にチラシを配布します。

  (2)朝倉市宿泊事業者サポート支援金
   5月7日(木) 令和2年度原鶴温泉旅館協同組合定時総会時、事業概要等を説明します。

  (3)地域飲食店応援プログラム「あさくら・みらい飯」
   朝倉商工会議所による事業の一つ、クラウドファンディングで厳しい経営環境にある飲食店の運転資金を応援します。

  (4)あさくらエール飯(朝倉・杷木地区限定版)
   5月2日(土) 朝倉市商工会、店舗情報が掲載されたチラシを新聞に折り込みました。

  (5)臨時窓口開設(商工観光課)
   5月2日(土)~4日(月) 福岡県制度融資「新型コロナウイルス感染症対応資金」のセーフティネット認定書発行のため、商工観光課窓口を開庁しま
   した。  
  (6)市税条例の改正について
   地方税法等の一部を改正する法律が4月30日に公布され、同日から施行されたことに伴い、朝倉市税条例等の改正を検討します。

  (7) 特別定額給付金について

   受付窓口について
    【平日】
      1.受付場所  市役所本庁 特別定額給付金対策室前
              朝倉支所  市民窓口係
              杷木支所  市民窓口係
      2.受付日    5月14日(木)~8月14日(金)
      3.受付時間  8:30~17:15
    【休日】
      1.受付場所 市役所本庁 特別定額給付金対策室前
      2.受付日  5月16日(土)、17日(日)、23日(土)、24日(日)、30日(土)、31日(日)
      3.受付時間 9:00~12:00
      ※コロナウイルス感染拡大防止のため、換気や
待機方法の工夫を行います。

 

 

 

 

 

 

 

ダウンロード
朝倉市新型コロナウイルス緊急事態措置におけるイベント等の停止について(改正案)(84KB)(PDF文書)
相談・受診の目安(改定)(399KB)(PDF文書)
個別相談会のご案内(207KB)(PDF文書)
朝倉市イベント等開催判断基準運用再開(令和2年5月25日改)(84KB)(PDF文書)
健康福祉館:新型コロナウイルス感染拡大防止対策(581KB)(PDF文書)
朝倉市イベント等開催判断基準(令和2年6月12日改)(85KB)(PDF文書)
関連情報

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせ
保健福祉部 健康課
電話番号 : 0946-22-8571
ファックス番号 : 0946-23-0732
メールアドレス : kenkou@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?