ひとり親家庭等医療

 母子家庭、父子家庭、父母のない児童等(子どもが小学校就学後から18歳の年度末まで)が、病気やケガで医療機関にかかった時の医療費のうち、保険診療による自己負担分相当額を支給する制度です。
 
<対象者>
・ 18歳未満の児童を現に扶養している父子または母子家庭の父母とその児童
(小学校就学以後~18歳未満)
(注)配偶者が身体障害者手帳1,2級に該当する場合は認められます。
      父母のない児童で小学校就学以後~18歳未満の方
 
<主な条件>
・朝倉市に住民票があること
・健康保険に加入していること
・生活保護を受給していないこと
・「中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律」による給付を受けていないこと
・所得制限内であること(児童扶養手当準拠)
 
<助成の方法>
福岡県内の病院などで受診される時は、病院の窓口で健康保険証と一緒にひとり親家庭等医療証を提出されれば、医療費の助成が受けられます。
県外の病院ではこの医療証を使うことができませんので、かかられた場合は、病院の窓口で自己負担分を支払い、後日、領収書・療養費支給証明書(社会保険の方のみ。国民健康保険加入の方は不要です。)・医療証・印鑑・振込先通帳を持参のうえ、市役所窓口にて払い戻しの申請ができます。
 
<本人負担>
母子家庭、父子家庭、父母のない児童等
   通院 800円/月(上限)
   入院 500円/日(月7日限度)
(注)1つの医療機関ごとに、本人負担があります。調剤薬局での負担はありません。
*入院時の食事代、居住費等の本人負担及び医療保険の適用を受けない費用については、自己負担になります。
 
<申請方法・助成開始日>
受給には申請が必要です。
★ 手続きに必要なもの 
・印鑑
・申請者全員の健康保険証
・ひとり親家庭等を証する書類(戸籍謄本など)、住民票、所得証明書など
(注)状況により必要な書類が異なります。窓口で申立書をご記入いただき、必要な書類を確定いたします。

受給事由が生じた日の月末までに申請すれば、受給事由を満たすこととなった日から適用(受給事由が生じた日の翌月以降に申請すれば、申請月の初日から適用)になりますが、
下記のような例外もあります。
 
★転入の場合・・・転入された日の月末までに申請されると転入日からの適用になります。転入日の翌月以降に申請されると、申請された月の初日からの適用になります。転入の際には、健康保険証・印鑑・所得証明書(認定済証明書など)をお持ちください。
 
<こんな時は、届けが必要です>
・ 保険証が変わったとき(記号番号や被保険者名、事業所などが変わった場合。)
・ 他の市町村へ転出するとき。
・ 住所が変わったとき。
・ 氏名が変わったとき。
・ 生活保護を受けるようになったとき。
・ 死亡したとき
 
   毎年10月で更新となります(所得審査のため)。

お問い合わせ・手続き先  保険年金課、朝倉支所・市民窓口係、杷木支所・市民窓口係
 

 

お問い合わせ
保健福祉部 保険年金課 公費医療係
電話番号 : 0946-28-7560
ファックス番号 : 0946-22-1129
メールアドレス : honen-kouhi@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?
このページへのルート一覧
くらしの情報 > 保健・医療 > 医療 > ひとり親家庭等医療
ライフイベントから探す > 子育て > ひとり親支援 > ひとり親家庭等医療
ライフイベントから探す > 結婚・離婚 > 離婚 > ひとり親家庭等医療