表示色
文字サイズ変更

ここから本文です。

5-02 介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修費支給申請について

登録日:2011年03月21日

  介護保険の要介護及び要支援認定を受けている在宅の方が、お住まいの住宅を改修する際に、市が要介護者等の心身の状況や住宅の状況等から必要と認めた場合に限り、住宅改修費用(消費税を含む、上限20万円)の9割又は8割が保険から給付されます。ただし、対象費用の1割又は2割は自己負担となります。

※負担割合については、負担割合証をご確認ください。

対象となる住宅改修

1)手すりの取付け
2)段差の解消
3)滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更
4)引き戸等への扉の取替え
5)洋式便器等への便器の取替え
6)その他前各号の住宅改修に付帯して必要となる工事

手続き方法

 住宅改修をされる場合は、事前に申請が必要となりますので、担当の介護支援専門員(ケアマネジャー)にご相談の上、必ず工事着工前に介護サービス課へ申請して下さい。

手続きに必要なもの

1.償還払いの場合

償還払いとは、住宅改修を行う際、いったん全額を利用者が支払い、後に9割又は8割が還付される方法です。
この方法では、どの施行業者にも依頼できます。

事前申請時
 (1)介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修承認申請書(様式2)
 (2)住宅改修が必要な理由書
 (3)住宅改修承諾書(住宅所有者が本人でない場合)
 (4)見積書(工事内訳書)
 (5)平面図
 (6)完成前後の状態を確認できる書類(改修前の日付入り写真)
 (7)委任状(施工業者等が申請する場合)


 

支給申請時
 (1)介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修費支給申請書兼請求書(様式1)
 (2)住宅改修事前申請承認通知
 (3)請求書(工事内訳書)
 (4)領収証
 (5)完成前後の状態を確認できる書類(改修前後の日付入り写真)
 (6)委任状(施工業者等が申請する場合)


2.受領委任払いの場合

受領委任払いとは、利用者は自己負担分の1割又は2割のみ支払をすればよく、一時的な費用負担を避ける方法です。
この場合、「受領委任払い取扱事業者」として朝倉市に登録された事業者で行わなければなりません。(登録事業者名簿は下記に掲載しています。)

事前申請時
 (1)介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修承認申請書(受領委任払い用)(様式第7号)
 (2)住宅改修が必要な理由書
 (3)住宅改修承諾書(住宅所有者が本人でない場合)
 (4)見積書(工事内訳書)
 (5)平面図
 (6)完成前後の状態を確認できる書類(改修前の日付入り写真)
 (7)委任状(施工業者等が申請する場合)

支給申請時
  (1)介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修費支給申請書兼請求書(受領委任払い用)(様式第10号)
 (2)住宅改修事前申請承認通知
 (3)請求書
 (4)領収書
 (5)完成前後の状態を確認できる書類(改修前後の日付入り写真)
 (6)介護保険住宅改修費受領委任払いに係る委任状(様式第11号)
 (7)委任状(施工業者等が申請する場合)

 

 

ダウンロード

このページを見た方はこんなページも見ています

    このページに関する
    お問い合わせ先

    保健福祉部 介護サービス課
    お問い合わせフォーム

    このページに関するアンケート

    このページは見つけやすかったですか?
    このページの内容はわかりやすかったですか?
    このページは参考になりましたか?