表示色
文字サイズ変更

ここから本文です。

高齢者福祉サービスについて

登録日:2021年03月31日

令和3年4月~
 
(1)通所型介護予防普及啓発事業(いきいき健康クラブ)
 週1回、通所による介護予防のためのデイサービスです。簡単な運動、栄養・お口に関する講座、趣味活動、
リクリエーションなどを行ないます。
<要件>
要支援・要介護認定を受けていない高齢者が対象です。
<費用等>
【甘木地区】
場所:卑弥呼ロマンの湯(電話番号:21-8802)
1,840円/月 (うち入館料420円/月)
【朝倉地区】
場所:朝倉老人福祉センター(電話番号:52-0154)
1,420円/月
【杷木地区】
 場所:杷木老人福祉センター(電話番号:63-3543)
1,420円/月
 
(2)生活管理指導短期宿泊事業
ご家族が不在になる場合などに、施設に宿泊できます。利用期間は6ヶ月間に7日間以内で利用ができます。
宿泊施設は、いしずえ荘・日迎の園になります。
<要件>
要支援・要介護認定を受けていない高齢者が対象です。事前に訪問調査やかかりつけ医による診療情報提供
書が必要です。
<費用>
施設サービス費:(個室・多少室)545円/日(生活保護世帯は無料)
居住費:(個室)1,171円/日 (多床室)855円/日
食費:1,392円/日
 
(3)食の自立支援事業(配食サービス)
 高齢者向けに塩分とカロリーをひかえたお弁当を宅配します(365日、昼食・夕食)。昼食と夕食あわせて、
塩分5g程度前後、カロリー1,200kcal前後
<要件>
ひとり暮らしの高齢者または高齢者のみの世帯の方で、心身の状況や置かれている環境により、食事の確保
が困難な方が対象です。事前に訪問調査を行ないます。
<費用>
1食あたり450円
 
(4)緊急通報システム貸与事業
 固定電話回線を使い、24時間見守り体制を整えたコールセンターにつながる装置を貸与します。専門スタッフによる相談受付
や緊急時には消防署、協力員や緊急連絡先と連携した対応を行います。
<要件>
ひとり暮らしの高齢者等で、重度の慢性疾患等により緊急通報が必要な方が対象です。事前に訪問調査を行
ないます。
<費用>
無料 
 
(5)住宅改造補助事業
 介護保険の住宅改修に上乗せで補助をします(上限:30万円)。介護保険の住宅改修の上限20万円を超え
るものが対象となります。内容については着工前にご相談ください。(補助できない場合も有ります。)
<要件>
同居者全員が所得税及び住民税が非課税で、介護保険の住宅改修の限度20万円を超える方が対象です。
 
(6)介護用品給付サービス事業
 紙おむつ、尿とりパット等を月額4,000円を限度に現物支給を行ないます。
<要件>
在宅で要介護認定4または5の方を介護する方で、同居者全員が住民税非課税の方が対象です。
 

 

ダウンロード

このページを見た方はこんなページも見ています

    このページに関する
    お問い合わせ先

    保健福祉部 介護サービス課
    お問い合わせフォーム

    このページに関するアンケート

    このページは見つけやすかったですか?
    このページの内容はわかりやすかったですか?
    このページは参考になりましたか?