観光大使「女王卑弥呼」について

 

 朝倉市は、邪馬台国の有力な候補地の一つです。
 朝倉市を中心とした地名と、奈良県の大和朝廷があった地域の地名が非常に似ているため、朝倉市にあった邪馬台国が奈良に移ったという説があります。
 朝倉市では、邪馬台国の女王「卑弥呼」をモチーフにした、観光大使「女王卑弥呼」とマスコットキャラクター「卑弥呼ちゃん」が朝倉市をPRしています。

   
  ●第37代女王卑弥呼
  ●卑弥呼フォーラムを開催しました! 【平成30年11月10日(土)開催】

第37代女王卑弥呼

 「第37代 女王卑弥呼」が誕生しました!
 平成31年4月26日に女王卑弥呼認定式が行われ、第36代女王卑弥呼の川波菜月さんと水城優季さんから、第37代女王卑弥呼川波菜月さん(写真右)と冷川明子さん(写真左)へと引き継がれました。
川波菜月さんは歴代女王卑弥呼初の2期連続の就任となりました。

 新しく女王卑弥呼になられた、お二人をご紹介します!
第36代女王卑弥呼
【名前】 冷川 明子 (ひやかわ あきこ) 川波 菜月 (かわなみ なつき)
【動機】  復興の最中、朝倉の人たちを元気付けられる存在になりたいです。朝倉は、人が温かくて好きです。若い人はすごく活気がある印象。そのような中で、自分にアピールできる場所があるならば、飛び込みたいという気持ちで応募しました。  一年間の女王卑弥呼の活動を通じて、朝倉の人の温かさに触れ、朝倉のことがより大好きになりました。昨年よりさらに朝倉市のPRに貢献できるのではないかと考えて、応募しました。朝倉市のことを自分なりに伝えていきたいです。
【趣味】   ライブに行くこと
(三代目J SOUL BROTHERS FROM EXILE TRIBE)
野球観戦(ホークスファン)
【特技】  人を笑わせること  ビールを黄金比で注ぐこと!
【今後やって
みたいこと】
 あさくらの観光名所を巡りたいです!  あさくらの美味しいものを食べ尽くしたいです!

●女王卑弥呼認定式の様子
第36代女王卑弥呼へ感謝状
第36代女王卑弥呼へ感謝状
林市長と第37代女王卑弥呼
 林市長と第37代女王卑弥呼
市長の話を聞く女王卑弥呼
市長の話を聞く第37代女王卑弥呼

歴代卑弥呼フォーラムが開催されました! 【平成30年11月10日(土)開催】

 11月10日(土)に、キリンビール福岡工場で「歴代卑弥呼フォーラム~朝倉を照らす~」が開催されました!
 フォーラムには、第5代から現役の第36代までの歴代女王卑弥呼13人が参加し、朝倉の良さやこれからの観光振興について意見交換を行いました。
歴代卑弥呼フォーラムの様子 歴代卑弥呼のフォーラム参加者

関連情報
お問い合わせ
農林商工部 商工観光課 観光振興係
電話番号 : 0946-52-1428
ファックス番号 : 0946-52-1510
メールアドレス : syou-kankou@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?