股関節の痛みについて

 ()関節(かんせつ)は、骨盤と足大腿骨(だいたいこつ)をつなぐ関節(かんせつ)です。

骨盤の(かん)(こつ)(きゅう)くぼみがありそこに大腿骨(だいたいこつ)先端(せんたん)骨頭(こっとう)がはまっています。

 ()関節(かんせつ)の痛みの原因で最も多いのは、変形性(へんけいせい)()関節症(かんせつしょう)です。

これは()関節(かんせつ)の骨や軟骨がすり減り、形が変わって病気です。変形が進むと関節の隙間が狭くなり歩行ったった支障40歳代から50歳代の女性に特に多くみられます。

 原因の多くは、(かん)(こつ)(きゅう)形成(けいせい)不全(ふぜん)です。寛骨臼画像参照

骨盤の(きゅう)が完成していないということです。

先天的のもので大腿骨頭(だいたいこつこっとう)を受け止める屋根にあたる(かん)(こつ)(きゅう)、つまりくぼみの部分の面積が狭いものです。大腿骨頭(だいたいこっとう)(かん)(こつ)(きゅう)の表面は軟骨でおおわれていてクッションの役目をしています。(かん)(こつ)(きゅう)の面積が狭いと同じ体重でも単位面積あたりに支える体重が大きくなり負担が増えます。このため軟骨がすり減りやすくなります。クッションがため関節が動きにくくなり痛みも出てきます。

乳児期に脱臼(だっきゅう)を起こして発見されることもありますが、程度が軽いと見過ごされてしまい。その後年を取っていくと悪化することが多く、特に思春期や妊娠、出産時の体重増加、それにスポーツでの激しい動きが原因となって悪化することがあります。(かん)(こつ)(きゅう)形成(けいせい)不全(ふぜん)がなくても、年をとることや肥満ケガなど関節への負担が積み重なって変形性(へんけいせい)()関節症(かんせつしょう)になることがあります。

寛骨臼画像

 

 治療は基本的には、まず保存療法で症状を軽くします。

股関節への負担を減らし痛みをやわらげるトレーニングをします。

例えばプールなどでの水中歩行です。水中では浮力で浮くので体重の影響が小さくなり歩くことで股関節を支える筋肉をきたえ負担を少なくします。

また、ジグリングといって椅子に腰と膝を直角に曲げて座り、片脚ずつ細かくゆすります。いわゆる貧乏ゆすりです。椅子に座っての貧乏ゆすりがトレーニングになるのです。

ただし、自己流のトレーニングは禁物ですので必ず専門の方の指導を受けて行ってください。肥満の人は減量するだけでも股関節への負担を減らすことになります。

 保存療法で効果のない場合は手術を検討します。

骨切り術と人工(じんこう)()関節(かんせつ)全置換術(ぜんちかんじゅつ)です。

骨切り術は、(かん)(こつ)(きゅう)をくりぬきその位置をずらして大腿骨頭(だいたいこっとう)をおおう屋根にあたる部分を広くする手術です。関節の変形がそれほど進行していない初期の人で40歳以下の若い人が対象です。

人工(じんこう)()関節(かんせつ)全置換術(ぜんちかんじゅつ)は、傷んだ股関節を取り除き、人工の股関節に入れ替える手術です。症状が末期で50歳以上の人が対象となります。

 股関節の異常は、初期には股関節以外の部位に痛みがあらわれることがあります。腰や膝おしりやふとももなどです。

また、あぐらをかくことや脚を数字の4の形に組むなどの動きが痛みを感じてできなくなることもあります。

 症状のある方、気になる方は主治医に相談され整形外科を受診してください。

 

参考及び引用文献 「股関節の痛み克服法」金子和夫 NHK出版「きょうの健康」2015.1

 

 

お問い合わせ
保健福祉部 朝倉診療所
電話番号 : 0946-52-1131
ファックス番号 : 0946-52-2612
メールアドレス : asaryo@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?