表示色
文字サイズ変更

ここから本文です。

平成29年7月九州北部豪雨による被災償却資産の代替償却資産の課税標準の特例について

登録日:2020年05月11日

 平成297月九州北部豪雨により滅失または損壊した償却資産の所有者が、その償却資産に代わるものとして、平成29年7月5日から令和4331日までに取得した償却資産の課税標準額が2分の1となります。

●対象者

 平成297月九州北部豪雨により滅失し、又は損壊した償却資産の所有者

●必要な書類

 (1)平成297月九州北部豪雨による被災代替償却資産特例申告書

 (2)り災証明書等(税務課発行のものでなくても可)被災した事実が分かるもの

 (3)被災償却資産が平成29年度の固定資産課税台帳に登録されていた旨を証するもの

 ※(3)については、朝倉市に登録がある方は必要ありません。

●申告期限

 償却資産を取得した翌年の1月31日(土日の場合は翌開庁日)まで

 

 ※詳しくは市税務課(61-166)へ。

ダウンロード

このページを見た方はこんなページも見ています

    このページに関する
    お問い合わせ先

    市民環境部 税務課
    お問い合わせフォーム

    このページに関するアンケート

    このページは見つけやすかったですか?
    このページの内容はわかりやすかったですか?
    このページは参考になりましたか?