表示色
文字サイズ変更

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う人権メッセージ

登録日:2021年04月30日

 令和元年12月に初めて新型コロナウイルスの存在が明らかになって以降、政府は感染者が増加していく度に「緊急事態宣言」や「まん延防止等重点措置」等の必要な対策を講じながら、事態の収束に向け各自治体と連携した取り組みを進めてきました。
 しかし、最近では新型コロナウイルスの変異株がまん延し、若年層においても感染者が拡大しています。
 朝倉市においても、4月に入り、急激に感染者が増加している状況です。
 私たちは、自分自身や家族、友人を守るため、より一層の感染防止対策を徹底していく必要があります。
 このコロナ禍で、自分が感染するのではないかという不安や恐怖の矛先を、医療従事者や感染者、その家族に向けて、差別や誹謗中傷する人権侵害が数多く報告されています。かけがえのない生命が大切にされなければならないこの社会において、こうした事態が発生したことは、とても悲しく、決して許されることではありません。
 誰もが、いつ感染するかわからない怖さと先の見えない不安の中で生活しています。また、連日のコロナ関連報道を見聞きする中で、心を痛め、体調を崩されている方もいらっしゃると思います。
 私たち一人ひとりが、この事態を「他人事」ではなく、「自分のこと」として捉え、不確かな情報に惑わされることなく、お互いを思いやり、みんなの人権が大切にされる言動につなげていきましょう。

※偏見や差別を防止するための規定が設けられました(PDF)(PDF文書/643KB)

※法務省・全国人権擁護委員連合会作成 コロナ関連チラシ(PDF)(PDF文書/2017KB)

関連ページ

このページを見た方はこんなページも見ています

    このページに関する
    お問い合わせ先

    市民環境部 人権・同和対策課 〒838-1302 福岡県朝倉市宮野1997
    お問い合わせフォーム

    このページに関するアンケート

    このページは見つけやすかったですか?
    このページの内容はわかりやすかったですか?
    このページは参考になりましたか?