表示色
文字サイズ変更

ここから本文です。

朝倉市新型コロナウイルス感染症対策本部からのお知らせ(令和3年4月)

登録日:2021年04月27日

第27回朝倉市新型コロナウイルス感染症対策本部会議(4月27日)

 第27回朝倉市新型コロナウイルス感染症対策本部会議において、以下のとおり決定しましたのでお知らせいたします。 

 1.市職員の新型コロナウイルス陽性結果を受けての対応について

  1)職員の概要  
    年代: 20歳代
    性別等: 女性
    居住地: 朝倉市
               所 属: 保健福祉部 

  2)結果判明までの情報
    4月24日(土) 夜に発熱。
    4月25日(日) 微熱は午後に下がる。
    4月26日(月) のどに痛みがあり、医療機関で受診。
             同日夕方  PCR検査を受検。
    4月27日(火) 夕方に陽性判明。

  3)市の対応について
    日々の消毒に加え、4月26日(月)・27日(火)に職員による執務室・共用部分の消毒を実施し、通常どおり業務継続中。
    当該関係職員に対し聞き取り調査を行い、特に接触したと思われる職員について、4月28日(水)以降、自宅待機を指示しました。

  4)公表の方法および内容について
    県の発表日に合わせ、『朝倉市職員の新型コロナウイルス感染について』を発表し、ホームページに、『市民の皆様へ』を掲載します。

 2.ゴールデンウィークの対応について
     1)市長のメッセージを4月29日(木)、30日(金)に防災行政無線で放送します。
        2)市からの地域の安全情報(お願い)を4月29日(木)に防災メールまもるくんにて通知します。

 

第26回朝倉市新型コロナウイルス感染症対策本部会議(4月25日)

 第26回朝倉市新型コロナウイルス感染症対策本部会議において、以下のとおり決定しましたのでお知らせいたします。

 1.新型インフエンザ等対策特別措置法に基づく対策本部会議の設置
   対策本部の設置:国が4月23日(金)に緊急事態宣言を発出したことにより、新型インフルエンザ等対策特別措置法第34条第1項の規定に基づき、
  朝倉市新型コロナウイルス感染症対策本部を設置しなければならないため、朝倉市健康危機管理指針に基づき設置していた対策本部を同日付けで移行しました。
  よって今回の特措法に基づく対策本部会議が改めて第1回となるところですが、市民に伝わりやすいように、続きの回数である第26回の会議とします。

 2.朝倉市立甘木中学校における新型コロナウイルス感染症の陽性者の報告と対応について
   4月23日(金)開催の朝倉市新型コロナウイルス感染症対策臨時本部会議において決定した、4月24日(土)から5月9日(日)までを「甘木中学校の臨時
  休業」期間としたことを改めて報告しました。
   また、4月24日(土)までに当該学校にて新型コロナウイルスPCR検査陽性者が複数名確認されました。
   今後、保健所の調査に協力するとともに、2週間余の休業が学業の習熟に影響を与えないよう、検討し指導していきます。

 3.朝倉市立十文字中学校における新型コロナウイルス感染症の陽性者の報告と対応について
   4月23日(金)に開催した朝倉市新型コロナウイルス感染症対策臨時本部会議にて決定した「4月23日(金)15時30分から4月26日(月)12時まで
  を「十文字中学校の登校の取り止め」とする」こととしていたが、その後、4月24日(土)までに、当該学校関係者に新型コロナウイルスPCR検査陽性者が複数
  名確認され、あわせて濃厚接触者が多数確認されたことを受け、学校運営に大きな支障を来すことから、「4月23日(金)15時30分から4月25日(日)まで
  を「十文字中学校の登校の取り止め」期間とし、4月26日(月)から5月9日(日)までを「十文字中学校の臨時休業」期間とする」に変更しました。
   今後、保健所の調査に協力するとともに、2週間余の休業が学業の習熟に影響を与えないよう、検討し指導していきます。

 4.学校全体への対応について
   4月22日(木)、4月23日(金)に臨時校長会を招集し、これまでの取組みの見直しと強化を図るとともに、感染者に対する配慮と保護者への文書による
  通知を行うように指導しました。

 5.保育所・学童等への対応について
   4月23日(金)に市内の保育所及び学童保育所に対し、感染予防の徹底と児童・園児や関係者が、濃厚接触者となった場合やPCR検査を受検する場合の報告
  などを再度確認し、徹底するよう指導しました。

 6.市民への対応について
  1)市長のメッセージを4月26日(月)ホームページに掲載します。
  2)市長のメッセージを4月26日(月)、27日(火)に防災行政無線で放送します。
  3)市からの地域の安全情報(お願い)を4月26日(月)に防災メールまもるくんにて通知します。

 7.その他
  4月23日(金)に部長会を招集し、感染予防の徹底と職員や関係者が濃厚接触者となった場合や、PCR検査を受検する場合の報告などを再度確認、徹底すること
 としました。あわせて業務継続計画に伴う準備対応の確認を行いました。
 

朝倉市新型コロナウイルス感染症対策臨時本部会議(4月23日)

朝倉市新型コロナウイルス感染症対策臨時本部会議において、以下のとおり決定しましたのでお知らせいたします。

 1.朝倉市立甘木中学校の「臨時休業」ついて
   当該学校教職員に新型コロナウイルスPCR検査陽性者が確認された。あわせて濃厚接触者として複数名の教職員が確認されたことを受け、学校運営に大きな
  支障を来すことから、4月22日(木)に開催した朝倉市新型コロナウイルス感染症対策臨時本部会議にて決定した「4月23日(金)から4月25日(日)を
  「甘木中学校の登校の取り止め」とする」ことを改め、「4月23日(金)を「甘木中学校の登校の取り止め」期間とし、4月24日(土)から5月9日(日)
  までを「甘木中学校の臨時休業」期間とする」に変更するものとします。

 2.朝倉市立十文字中学校の「登校の取り止め」について
   当該学校生徒に新型コロナウイルスPCR検査陽性者が確認されたことを受け、4月23日(金)15時30分から4月26日(月)12時までを「十文字
  中学校の登校の取り止め」とし、施設全体を対象として消毒を行うものとします。

朝倉市新型コロナウイルス感染症対策臨時本部会議(4月22日)

朝倉市新型コロナウイルス感染症対策臨時本部会議において、以下のとおり決定しましたのでお知らせいたします。

 1.朝倉市立甘木中学校の「登校取り止め」について
    当該学校教職員1名が、PCR検査において陽性となった事案について、以下の通り報告がありました。

    (1) PCR検査実施日:4月20日(火)
    (2) PCR検査結果:  4月21日(水) 陽性
    (3) 濃厚接触者:同居家族のみ
    (4) その他:北筑後保健環境事務所より、顧問である部活動部員8名と席が近い教職員5名について、「念のため」
                  PCR検査の受検(4月22日9時30分受検、同16時検査判明予定)が促される。

      この他、関連は不明であるが当該学校の別途教職員2名が自覚症状によりPCR検査を受検し、うち1名が陽性判定
    となった(4月22日11時受検、同12時20分結果判明:もう一人は結果待ち)。
    こういった状況が重なったことを受け、市教育委員会として予防措置にて施設全体を対象とした「専門業者による消毒」
    を行うべく、4月23日(金)から25日(日)を「甘木中学校の登校の取り止め」とします(周知文書:別紙1)。

朝倉市新型コロナウイルス感染症対策臨時本部会議(4月20日)

朝倉市新型コロナウイルス感染症対策臨時本部会議において、以下のとおり決定しましたのでお知らせいたします。

1.福岡県第30回新型コロナウイルス感染症対策本部会議の内容について

 福岡県において、4月19日(月)に第30回新型コロナウイルス感染症対策本部会議が開催され、以下のとおり決定事項が発表されました。

「以下は引用・抜粋」

 県民・事業者に対する要請

 1 県民への要請

    区域:県内全域
    期間:令和3年4月20日(火曜日) 0時から5月19日(水曜日)24時まで

  1) 外出の自粛(特措法第24条第9項)

    (1) 県内全域において、生活や健康の維持に必要な場合※を除き、日中も含め、不要不急の外出を自粛すること。
        ※ 生活や健康の維持に必要な場合の例
           医療機関への通院、食料・医療品・生活必需品の買い出し、職場への必要な出勤、屋外での運動や散歩など
    (2) まん延防止等重点措置実施地域など感染が拡大している地域との不要不急の往来は自粛すること。
    (3) 県をまたいだ移動については、目的地の感染状況や自治体からの呼びかけをよく確認し、慎重に判断すること。
        特に発熱等の症状がある場合は、外出や移動を控えること。

  2) 基本的な要請
    (1) 三つの密の回避やマスクの着用、手洗いなどの手指衛生等の基本的な感染防止対策を徹底すること。
    (2) 20代から30代の若年層においても感染拡大が見られ、重症化する事例もある。重症化しやすい高齢者層への感染を広にも、
        慎重に行動すること。
    (3) 公共交通機関の利用においては、常にマスクを着用し、大声での会話を控えること。


  3)飲食店等利用時の要請

   (1) 飲食店の利用は、少人数、2時間以内とすること。深酒をせず、会話の際は、マスクを着用し、大声を避けること。(個人宅等での会食を
       伴う集まりも含む)。
   (2)「感染防止宣言ステッカー」掲示店など、適切な換気が行われ、座席間の距離も十分で、飛沫の飛散防止(アクリル板等の設置など)等の
       感染防止対策が徹底されたお店を選ぶこと。
   (3) 高齢者の利用が多い、いわゆる昼カラオケ等でクラスターが発生している状況に鑑み、カラオケ設備を利用する場合は、マスクの着用を
       徹底すること。

 2 飲食店等への要請

      区域:福岡市
        期間:令和3年4月22日(木曜日)0時から5月19日(水曜日)24時まで

    < 略 >

 3 事業者等への要請
     区域:県内全域
     期間:令和3年4月20日(火曜日) 0時から5月19日(水曜日)24時まで

     1)高齢者施設等に対する要請

       高齢者施設等におけるクラスターの発生が続いているため、施設における基本的な感染防止対策を再確認するとともに、以下の取組みを
    積極的に進めること。

    ・ 県等が実施している高齢者施設職員等を対象としたPCR検査事業を活用し、職員の受検を促すこと。
        ※ 県では、高齢者施設や障がい者施設の入所者は、特に重症化リスクが高いため、これらの方と接する可能性がある施設職員を幅広く
           対象とした無料のPCR検査事業を昨年12月から実施中。
    ・ 管理者は、日頃から職員の健康管理に留意するとともに、職員が職場で体調不良を申出しやすい環境づくりに努めること。
    ・ 職員に発熱等の症状が認められる場合は、当該職員が出勤しないよう徹底すること。
    ・ 通所介護事業所等の利用者に対する健康状態の確認や、マスク着用、手指消毒などの感染防止対策の徹底を図ること。
    ・ 施設で陽性者が出た場合に備え、国や県が作成した動画等を活用し、職員に対する研修を行うこと。
    ・ 陽性者が出た場合には、施設のゾーニングや介助時の留意点等に関して感染症専門医等からの指導・助言を受け、適切に対処すること。

   2)大規模小売店、商業施設

     ゴールデンウィークの催物・バーゲンセール等は人数制限等、感染防止策の徹底をすること。

   3)職場への出勤等

     (1)「出勤者の7割削減」を目指すことも含め、接触機会の低減に向け、在宅勤務(テレワーク)や、時差出勤等を強力に推進すること。
     (2) 職場においては、業種別ガイドラインに従った感染防止のための 取組み※を行い、三つの密や「感染リスクが高まる「5つの場面」」
         等を回避すること。
         特に、職場での「居場所の切り替わり」(休憩室、更衣室、喫煙室等)に注意するよう周知すること。
         ※ 手洗いや手指消毒、咳エチケット、職員同士の距離確保、事業場の換気励行、複数人が触る箇所の消毒、発熱等の症状がみられる職員
            の出勤自粛、出張による職員の移動を減らすためのテレビ会議等の活用等

   4)学校等の取扱い
      授業・学校行事・部活動等における感染リスクの高い活動については、児童・生徒・学生等への注意喚起を徹底するよう要請する。


 4 催物(イベント等)の取扱い

   1)イベント・集客施設への要請
        参加人数の制限の遵守や入場整理(規制入退場、動線管理、雑踏警備等)の強化などにより、密集回避・感染防止策を徹底すること。

   2)開催制限【令和3年4月末まで】(特措法第24条第9項)

     (1) 大声での歓声、声援等がないことを前提としうる場合
       ・5,000人又は収容定員の50%以内のいずれか大きい方。(収容定員の50%を超える場合は別紙1を参照。)

     (2)大声での歓声、声援等が想定される場合等
       ・収容定員の50%以内
       ・ただし、参加者の位置が固定されている場合は、異なるグループ間では座席を一席は空けることとしつつ、同一グループ(5名まで)
         内では座席等の間隔を設ける必要はない。すなわち、参加人数は収容人員の50%を超える場合もありうる。
  
     (3) 収容定員が設定されていない場合は、密集の回避や飲食制限等の感染防止対策を行った上で、十分な人と人との間隔(1m)を設けら
        れ、かつ、「当該間隔の維持」が可能であること。
  
     (4) スマートフォンを活用した接触確認アプリ(COCOA)について、周知すること。
         ※ 別紙1及び別紙2に留意すること。

 5 県主催イベントの対応について

     上記4と同様の取り扱いとする。対応状況は、県のホームページに随時掲載する。

    新型コロナウイルス感染症への今後の対応について (福岡県ホームページより)

       県内の新型コロナウイルス感染症の状況について(令和3年4月19日)  (福岡県ホームページより)

      詳細は、新型コロナウイルス感染症への今後の対応について(外部リンク:福岡県ホームページ)

 朝倉市においても福岡県で協議、決定された内容に従うとともに、これを市民に広く周知することとします。

 

関連ページ

このページを見た方はこんなページも見ています

    このページに関する
    お問い合わせ先

    朝倉市健康課
    お問い合わせフォーム

    このページに関するアンケート

    このページは見つけやすかったですか?
    このページの内容はわかりやすかったですか?
    このページは参考になりましたか?