表示色
文字サイズ変更

ここから本文です。

福岡コロナ特別警報の発動とBA.5対策強化地域について

登録日:2022年08月04日

 福岡県では、病床使用率が50%を上回るなど、医療の負荷が増大していることを踏まえ、7月22日に福岡県独自の「福岡コロナ
特別警報」が発動されています。
 ただし、感染力は強いが重症化しにくいオミクロン株の特性と現段階では行動制限を行わないという国の新型コロナウイルス感染症
対策本部で決定された基本的な考え方を踏まえ、今後も感染防止対策を徹底しつつ、社会経済活動、学校・教育活動との両立を図るため、
県民・事業者の皆様に対し、行動制限を伴う要請は行われていません。
 
 その後7月29日、国は「BA.5対策強化宣言」制度を創設しましたが、福岡県は既に「福岡コロナ特別警報」を発動しているため、改
めて宣言は行わず、国と協議の結果、「福岡コロナ特別警報」をもって宣言とみなすこととされ、8月2日、福岡県は「BA.5対策強化地域」
に位置付けられました。

 しかし、その後も感染拡大が続いており、医療の負荷がさらに増大しているため、福岡県は高齢者をはじめ、重症化リスクの高い方の
命を守り、医療のひっ迫を防ぐため、県民の皆様に対し、下記の内容があらためて呼びかけられています。

 

高齢者を守り 、医療を守るための呼びかけ

○ お盆の時期を迎えるにあたって
・ 帰省などで高齢者等と会う場合は、県の無料検査を活用するなどで 、事前に確認を
・ 自宅であっても、普段会わない高齢者等と会う場合は、マスクを着用し、こまめな換気など、一層の感染防止対策の徹底を

○ 高齢者や基礎疾患のある方 へ
・ご自身の命を守るため、早めのワクチン4回目接種の検討を
・外出や人と会う際は、行先の混雑状況や感染防止対策を確認し、基本的感染防止対策を徹底し、十分気を付けて行動を

○ 高齢者等と日常的に接する方へ
・ 感染リスクの高い行動を控え、慎重に行動を

○ 発熱外来、 救急搬送のひっ迫を防ぐため
・ 40歳未満で基礎疾患がないなど、重症化リスクの低い方は、症状が軽い場合は、配布する検査キットの活用を。
  申込はインターネットで
・ 発熱外来を受診する場合も、軽度の発熱や咳、喉の痛みといった症状の方は、できるだけ平日昼間に受診を
・ 発熱等のコロナが疑われる症状で救急車を呼ぶかどうか迷う場合は、119番通報の前に、まずは24時間対応の「受診・
   相談センター」にお電話を

 詳しくは、県ホームページ「医療の負荷の増大を踏まえた取組の強化について」(外部リンク)をご覧ください。

 

 市民の皆さまにおかれては、最大限の警戒感を持って感染防止対策を徹底していただくとともに、可能な範囲で医療への負荷をかけない
ような行動をとっていただくようにお願いします。

 

   

     厚生労働省ホームページより転載

 

このページを見た方はこんなページも見ています

    このページに関する
    お問い合わせ先

    保健福祉部 健康課
    お問い合わせフォーム

    このページに関するアンケート

    このページは見つけやすかったですか?
    このページの内容はわかりやすかったですか?
    このページは参考になりましたか?