表示色
文字サイズ変更

ここから本文です。

7月7日からの大雨による被災住家の解体・撤去について

登録日:2023年11月06日

 7月7日からの大雨で全壊、大規模半壊、中規模半壊、半壊の判定を受けた個人所有の住家について、住家を解体・撤去する場合は、所有者が支払った費用のうち市の事業対象となる部分を上限の範囲内で償還払いします。
※住家を解体・撤去する前に必ず環境課へご相談ください。事前の打合せなしに住家の解体・撤去をした場合、費用を償還できなくなる可能性があります。

(1)対象住家
  り災証明で全壊、大規模半壊、中規模半壊、半壊の判定を受けた個人所有の住家
  (災害時において現に使用されていたものでなければなりません)

(2)対象の範囲
  ・対象住家は1棟全部を取り壊すものとし、その一部のみを取り壊すものは対象外です。
  ・住家の内部残留物(家具、家電、建具等)は対象外です。住家の所有者が片づけておいてください。
  ・住家に付随する基礎、浄化槽、倉庫、門扉、塀、立木等は、住家と一体的に解体・撤去が必要な場合のみ、対象となります。
  ・浄化槽を解体・撤去する前の汚泥の引き抜きおよび清掃は、所有者負担となります。
  ・地下埋設物、擁壁、宅地内の舗装は対象外です。
  ・宅地周辺に堆積した土砂の除去については、都市整備課で対応しています。詳しくは朝倉市都市整備課へお問い合わせください。

(3)対象費用
  全壊判定住家……解体、撤去(積込・運搬)、処分費用
  大規模半壊、中規模半壊、半壊判定住家……撤去(積込・運搬)、処分費用(解体費用は所有者負担)
  ※申請後、市が算出した上限額の範囲内で償還払いするため、上限額を超えた部分は所有者負担となります。

(4)申請受付期間
  令和5年9月1日(金)~令和6年3月8日(金)

(5)解体・撤去費用償還払いの申込
  朝倉市環境課へご連絡ください。
  場所:朝倉市堤4-6(朝倉市環境センター)
  TEL:0946-23-1153
  E-mail:kan-ricycle@city.asakura.lg.jp

ダウンロード

このページを見た方はこんなページも見ています

    このページに関する
    お問い合わせ先

    市民環境部 環境課
    お問い合わせフォーム

    このページに関するアンケート

    このページは見つけやすかったですか?
    このページの内容はわかりやすかったですか?
    このページは参考になりましたか?