普門院のビャクシン

福岡県 天然記念物 昭和57年4月1日指定

朝倉市杷木志波 

ビャクシンはイブキの一品種で、ヒノキ科の常緑高木。本州から九州の主として太平洋側の海岸地方に自生し、庭木としても植栽される。普門院のビャクシンは樹高7.6m胸高周囲2.6mで、傾斜して生える姿が印象的。樹齢は約350年と考えられている。普門院本堂は昭和14年(1939)に解体修理が行われているが、その際に低湿地が保存上好ましくないとの理由で現在の高台に移されており、以前はビャクシンの樹のすぐ後方に建っていた。

普門院のビャクシン

 

 

関連情報
お問い合わせ
教育部 文化・生涯学習課
電話番号 : 0946-22-0001
ファックス番号 : 0946-23-0697
メールアドレス : bunka@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?