住民基本台帳カード(住基カード)の継続利用について

 住民基本台帳カード(住基カード)の交付を受けている方々は、下記の手続きをすることで、引っ越し後も住基カードを継続して利用できます。

※住基カードに記録されている電子証明書は対象になりません。


≪他市町村へ転出する場合の注意点≫

1.住基カード継続利用の意思表示
   住基カードの継続利用を希望される場合は、転出届の際に窓口でその旨をお伝えください。
    特に郵便での転出届をされる場合は、住基カードの継続利用を希望する旨と、昼間に連絡のつく電話番号を申請書に必ず記入してください。

2.転出届の手続き期間
   引っ越し予定日の14日前、または引っ越し後14日以内の転出手続が、住基カード継続利用の対象となります。
  ※引っ越しをした日から14日以上経過すると、住基カードの継続利用ができなくなりますのでご注意ください。

3.転出証明書の省略
   引っ越しをされる方の中に一人でも住基カードの継続利用希望者がいる場合、原則として転出証明書は交付されません。
   引っ越し先の市区町村で転入手続をする際は、継続利用を希望する方の住基カード(とその暗証番号)が必要となります。

※転出の手続きは郵便でもおこなえます。郵便用の転出届の申請書は申請書ダウンロードサービス内に掲載しています。


≪他市町村に転入する際の注意点≫

1.継続利用する住基カードの持参
   転入の手続をする際に、継続利用を希望される方全員分の住基カードを持って、引っ越し先の市区町村の窓口に行く必要があります。
   また、継続利用の手続には住基カードの暗証番号(住基カード発行の際にお客様自身が登録された4桁の数字)が必要です。

2.転入手続の期間
   新住所に住み始めてから14日以内に手続を行ってください。14日を過ぎると住基カードが失効し継続利用が出来なくなります。
   また住み始めてから30日を超えると、引っ越し前の市区町村で転出証明書の交付を受ける必要がある事もありますので、ご注意ください。


≪市内で転居する場合≫

1.住基カードの持参
   引っ越しされた方の住基カードを全て持って窓口へお越しください。また住基カードの暗証番号が必要になることがあります。

お問い合わせ
市民環境部 市民課
電話番号 : 0946-22-1113
ファックス番号 : 0946-22-1185
メールアドレス : shimin@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?
このページへのルート一覧
ライフイベントから探す > 引っ越し > 住所異動届 > 住民基本台帳カード(住基カード)の継続利用について