地域おこし協力隊(インバウンド観光対応)

隊員活動日誌

隊員の日々の活動を紹介♪月1回程度更新予定

インバウンド観光対応業務

  ●地域おこし協力隊員 中嶋 明野
  ●地域おこし協力隊員 SHUM KWOK HEI
  ●地域おこし協力隊員 NAHED BELKHIRIA

 

中嶋 明野

【ブログ】  ・【NAKAJIMA】地域おこし協力隊報告(R3.2)  

SHUM KWOK HEI

【ブログ】  ・【KWOK HEI】地域おこし協力隊報告(R3.2)  

NAHED BELKHIRIA

【ブログ】  ・【NAHED】地域おこし協力隊報告(R3.2)  

 

隊員紹介♪

中嶋 明野

【自己紹介】  地域おこし協力隊として、令和28月より着任しました中嶋明野です。私は神奈川県出身ですが、7年ほどカナダ のトロントという都市に住んでおり、外国人支援の勉強や仕事をしていました。  
【意気込み】  初めての田舎暮らしですが、朝倉のみなさんの人柄の良さに本当に助けられています。着任して早々、コロナ禍の中での活動になってしまいましたが、できることから一つ一つやっていきたいと思っています。
【活動内容】  私たちはデジタルマーケティングを通じて、朝倉市の魅力を国内外の外国人に発信しています。私は多文化チームの中の調整役として、地域と多様なバックグラウンドの人の橋渡しとして活動しています。

SHUM KWOK HEI

【自己紹介】  香港出身のシャム クォクヘイ(岑 國希)です。ロンドン芸術大学院で写真撮影を学んだ後、五年間フリーランス写真家、翻訳者、記事ライターとして働いて、日本へ行きました。
【意気込み】  都市生活はもう飽き飽きしていますから、いつも田舎に移住したいと思っていました。朝倉市は想像以上に住みやすいです。新鮮な食材、綺麗な風景、優しい住民たち、私も色々お世話になりました。この素晴らしさを外国人観光客に紹介したいと思います。
【活動内容】  海外交流経験のお陰で、言語スキルだけでなく、異文化理解力も鍛えられました。「彼を知り己を知れば百戦して殆うからず」、国際的視点はインバウンド観光について一番大事なスキルです。これからもスキルと経験などを用い、朝倉市の観光の発展に貢献したいと思います。

NAHED BELKHIRIA

【自己紹介】  私の名前はベルキリア・ナヘドです。私は31歳で、朝倉市頓田地区に住んでいます。大学でフランス文学を学び、カタールやトルコなどのさまざまな国で働いていました。地域おこし協力隊の一員になり、朝倉の自然に触れることができて嬉しく思います。
【意気込み】  私はいつも自然や田舎での質の高い生活が好きでした。日本の歴史や伝統も好きです。朝倉で働くことは、日本について学び、地方を活性化する良い機会になると思います。
【活動内容】  私はデジタルツーリズムマーケターとして、ソーシャルメディア(Facebook、Instagram)でVisit Asakuraの公式ページを管理し、英語のウェブサイトVisitAsakura.comで朝倉に関するさまざまなテーマに関する記事を発信しています。

 

関連情報
お問い合わせ
農林商工部 商工観光課
電話番号 : 0946-52-1428
ファックス番号 : 0946-52-1510
メールアドレス : syoukou@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?
このページへのルート一覧
観光情報 > トピックス > 地域おこし協力隊(インバウンド観光対応)