表示色
文字サイズ変更

ここから本文です。

ホール・研修施設の使用の申し込み

登録日:2011年03月21日

◆開館時間

・午前9時から午後10時まで。

◆休館日

 

・ホール:毎週月曜日(月曜日が休日にあたるときは、その直後の祝日法による休日以外の日。)と12月29日から1月3日まで。
・研修施設:12月29日から1月3日まで。
必要に応じて臨時に休館することがあります。


◆使用時間

・会場の準備、観客の入場、後片付けの時間を含んでいます。午前(9:00~12:00)・午後(13:00~17:00) ・夜間(18:00~22:00)をそれぞれ1区分として使用でき、2区分をとおして、また3区分をとおしての使用もできます。


◆使用の申し込み期間

【ホール】
・使用日の1年前から7日前まで。
【学習室・和室・調理実習室・視聴覚室・美術品展示コーナー】
・使用日の3月前から当日まで


◆空き状況確認及び仮予約の受付

・毎日、午前8時30分から午後10時まで。(年末年始は除く。)
・来館または電話にて受け付けます。(FAX不可。空き状況確認であれば、インターネットでもご覧になれます。)
・後日、速やかに本予約を行ってください。仮予約のまま使用はできません。本予約がない場合はキャンセル扱いとなる場合もあります。

※平成27年8月1日(土)よりインターネットで仮予約ができるようになります。本サービスのご利用には事前登録が必要です。本人確認ができるもの(免許証等)を持参し、施設の受付窓口で手続きを行って下さい。
 なお、施設予約システムの更新に伴い、8月1日より従来の予約システムはご利用いただけなくなりますので、お気に入り(URL)登録等されている場合はご注意下さい。


◆本予約の方法

・受付時間は、火~土曜日(朝倉地域生涯学習センター及び杷木地域生涯学習センターについては月~金曜日)の午前8時30分から午後5時まで。(祝日、月曜日が祝日の場合の直後の祝日法による休日以外の日、年末年始を除く。)
・来館していただき、使用料を納めてください(前納)。遠方の方は、FAXによる申し込みもできます。
・付属設備、備品、冷暖房費等の使用料については、使用の当日に納めていただきます。


◆使用の許可

・使用の許可は、申し込み順です。同時にお申し込みの場合は、話し合いまたは抽選により決定します。
・引き続き5日(美術品展示コーナー及び朝倉文化ホールエントランスは12日)を超える使用及び定期的な曜日、日時を指定した独占的な使用はできません。
・使用の権利を譲ったり、転貸しすることはできません。
・使用の取り消しや使用日時、使用の目的の変更は許可を受けてください。


◆使用の不許可許可の取り消し

・公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれや暴力排除の主旨に反すると認められる場合は、使用を許可しません。
・条例、規則、使用の許可条件に違反する行為をしたときは使用を制限したり、使用許可を取り消すことがあります。
 

◆ホール使用打合せ

・催し物を円滑にするために使用する日の7日前までにプログラム、台本、進行計画表等を持参のうえ、舞台、照明、音響、冷暖房等、必要事項を担当職員と十分に打合せてください。


◆原状回復の義務

・使用終了後、あるいは使用停止、使用取り消しを受けたときは施設をもとの状態にもどし、職員の点検を受けてください。


◆損害賠償

・施設及び付属設備の器具等を破損しもしくは滅失したときは、損害の賠償をしていただきます。
・使用者の責に帰すべき事由により、施設内での人身事故等が生じたときは、一切使用者で責任を負っていただきます。


◆使用上の注意

・事故防止のため、定員以上の入場はできません。
・所定場所以外での飲食、喫煙は固くお断りいたします。
・施設内外の壁、柱、窓等にはり紙をしたり、くぎ類を打たないでください。
・盗難防止その他について、使用者で一切の責任を持ってください。使用中の物品の保管については事務所では一切の責任を負いません。
・施設内での金品の寄付、物品の販売、陳列は、禁止します。ただし、ホール利用で、催し物に関する物品の販売、陳列をホワイエ等で行う場合は事前に許可を受けて下さい。

 

このページを見た方はこんなページも見ています

    このページに関する
    お問い合わせ先

    教育部 文化・生涯学習課
    お問い合わせフォーム

    このページに関するアンケート

    このページは見つけやすかったですか?
    このページの内容はわかりやすかったですか?
    このページは参考になりましたか?