「朝倉市×福岡女学院大学」連携事業

  参加型あさぐらむ
 SNS女子必見!
 私の1枚だからこそ広まる朝倉市をお届けします。
  Connect ASAKURA ~伝える・繋がる・広がる~
 女子大生おすすめ!
 朝倉市の観光地や魅力をぎゅっと詰め込み、あなたにお届けします☆*。
 

朝倉プロジェクト

  ●「朝倉プロジェクト」とは?
  ●プロジェクトの狙い
  ●以前の活動
  ●平成29年度の活動
  ●広報あさくら「朝倉市×福岡女学院大学」特集

「朝倉プロジェクト」とは?

 朝倉市は福岡女学院大学と平成24年度から連携協力の協定を結んでおり、地域連携事業を始めて今年で6年目を迎えます。
 本事業は、朝倉市の観光産業の活性化を通して交流人口を増やすことを目的としており、学生を中心とした活動を市と大学が協力して支援しています。
 平成29年度は福岡女学院大学人間関係学部の心理学科3年生の11名、ならびに教員2名が参加しています。
 具体的な活動として、学生は2グループに分かれ、観光活性化のための企画を実施しています。また、今年度の新しい取り組みとして、市役所でのインターンシップを実施し、5月から7月の隔週において学生が市の業務に従事しました。
 九州北部豪雨によって甚大な被害を受けた後も、今後の復旧と復興の支援となることを信じて、今年度の活動を継続し10月には2グループの企画サイトを公開しました。また、学生の発案によって募金活動を新たな取り組みとして実施しています。
 調印式

プロジェクトの狙い

 女子大生の感性を発揮し、従来の観光資源だけでなく朝倉の隠れたスポットを掘り起こし、新たな観光資源としてPRに力を入れていきます。
 これにより朝倉市の知名度を上げ、来訪者増加につなげる事業を展開していきます。

以前の活動

 ・市内高校生と共同で観光ルート設定
 ・パンフレット「朝倉案内しまっぷ」「女子旅あさくら」「あさくらの旅」作成
 ・キリンコスモスフェスタ(朝倉市)でのアンケート実施
 ・筑後川のめぐみフェスティバル(福岡市)でのパンフレット配布活動
 ・大学学園祭「葡萄祭」での物産販売

平成29年度の活動

 ・朝倉市訪問(いちご狩り、甘木公園、アップルパイ、秋月、三連水車等)
 ・グループ企画:参加型あさぐらむ
 ・グループ企画:Connect ASAKURA
 ・インターンシップ(秋月取材、会議視聴、プレスリリース作成、広報誌作成等)
 ・募金活動

  私たちも朝倉市の復興に向けて連携事業を継続していきます!
 平成29年度のメンバー

グループ企画:参加型あさぐらむ

 『参加型あさぐらむ』とは、福岡女学院大学心理学科の学生が朝倉市の地域創生と九州北部豪雨からの復興支援を目標に運営するものです。
 朝倉市の魅力をより多くの人に広めるために学生たちが考案したのは、観光客や市民が主役となってPRする新しい方法です。
 観光客や市民の方々には、朝倉市で写真を撮って「#あさぐらむ」と付けてInstagramに投稿してもらうだけ。あとは学生たちがそれをリポストすれば、「私だけの1枚」が、朝倉市の写真だけを集めた「あさぐらむ」に加わり、朝倉市の魅力として市役所HPから発信されていきます。
 このように、観光客や市民が主役として参加しながら朝倉市の魅力を発見・発信することで、朝倉市を知る人、訪れる人を増やす。その仕組みが『参加型あさぐらむ』です。

 『参加型あさぐらむ』ページ
 参加型あさぐらむ ひまわりの写真

グループ企画:Connect ASAKURA

 もう一つのグループは、朝倉市をPRするWebサイトを作成しています。「朝倉市ってどんなところ?」「何があるの?」「若い人でも遊べるの?」という疑問を解決すべく、女子大生が実際に現地を訪れ、取材を行いながら、若い人はどんなものに興味があるのか、朝倉にしかない魅力は何かなど、様々な研究を繰り返し、朝倉市の魅力いっぱいのWebサイトを作成しました。
 サイトのタイトルは、『Connect ASAKURA ~伝える・繋がる・広がる~』です。知れば知るほど魅力あふれる朝倉市を女子大生から伝え、繋げて、たくさんの人に広げていきます。

 『Connect ASAKURA ~伝える・繋がる・広がる~』サイト
 Connect ASAKURA

インターンシップ

 インターンシップの活動として、学生たちは3つのグループに分かれ、市外で行われる物産展や会議に出席、市の広報誌原稿やプレスリリース資料の作成、秋月の店舗の方へ取材を行いました。
 学生からは「この活動の中で、朝倉市の方々の温かさや“朝倉市を盛り上げたい”という思いに触れることが出来ました。」「インターンシップを通して、普段は出来ないとても貴重な経験をさせていただき、自分自身の成長につながりました。」「朝倉市についてより深く知ることで、朝倉市の魅力をもっと多くの方に広げていきたいという自分たちの思いも強まり、朝倉市との連携事業に向けて全力で取り組むことが出来ました。」との報告を受けました。
 インターンシップの様子

募金活動

 九州北部豪雨で甚大な被害の出た朝倉市に少しでも恩返しをしたいという思いから、学生たちは募金活動を行っています。できるだけ多くの方の思いを朝倉市に伝えられるように、募金をしてくださる方の気持ちを考えながら、募金箱からパネルまで全て手作りで準備。募金活動を通じて、朝倉市のことを伝え、その復興を支える役割を担ってくれています。  募金活動の様子

広報あさくら「朝倉市×福岡女学院大学」特集

 インターンシップで作成した広報誌の記事です。現在はNo.2まで作成しています。
 ↓下の記事をクリックすると、記事をダウンロードできます。

  【No.1】 【No.2】
   朝倉市×福岡女学院大学No.1  朝倉市×福岡女学院大学No.2

ダウンロード
「朝倉市×福岡女学院大学」特集No.1(1966KB)(PDF文書)
「朝倉市×福岡女学院大学」特集No.2(1915KB)(PDF文書)
関連情報

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせ
農林商工部 商工観光課 観光振興係
電話番号 : 0946-52-1428
ファックス番号 : 0946-52-1510
メールアドレス : syou-kankou@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?