会社等を退職された方の国民年金の手続き

厚生年金に加入していた方が退職(失業)されると、市役所で国民年金の加入手続きを行い、月額16,490円(平成29年度の金額)の保険料を納めることになります。
また、配偶者が扶養に入っている場合は、厚生年金加入者の退職に伴い配偶者も国民年金の切り替えの手続きが必要になります。
 ただし、保険料を納めることが経済的に困難な方には、申請によって保険料の納付を免除される制度があります。
 特例免除制度は、退職(失業)した年度及び翌年度に限り、利用することができます。通常、保険料が免除されるためには、申請者本人・配偶者・世帯主の方が所得基準の範囲内である必要がありますが、特例免除では、離職された方の所得を除外して審査を行います。
 特例免除を申請される場合は、雇用保険受給資格者証や雇用保険被保険者離職票等の公的機関の証明書の写しを添付して、市役所の国民年金担当窓口へ提出してください。
 平成26年4月から、申請時点から2年1ヵ月前までさかのぼって免除の申請ができるようになりました。
 お1人ずつ必要なものが異なりますので、免除制度を希望される場合は、事前に市役所の国民年金係へお問い合わせください。

 

日本年金機構のホームページ http://www.nenkin.go.jp/に年金の情報が満載されています。
また、国民年金係窓口ではパンフレットを配布しておりますので、どうぞご利用ください。

 

関連情報
お問い合わせ
保健福祉部 保険年金課
電話番号 : 0946-22-1111
ファックス番号 : 0946-22-1129
メールアドレス : honen@city.asakura.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは参考になりましたか?
このページへのルート一覧
ライフイベントから探す > 就職・退職 > 退職したとき > 会社等を退職された方の国民年金の手続き