表示色
文字サイズ変更

ここから本文です。

朝倉市秋月博物館【イベント情報】

更新日:2024年02月13日

 

朝倉市秋月博物館タイトル
ホーム 施設情報 交通案内 イベント情報(アクティブ) 歴史コラム

各種お問合せ

 

今年は秋月藩立藩400年

特別展など様々なイベントを行います

ようこそ朝倉市秋月博物館のホームページへ

 朝倉市秋月博物館のイベント情報を紹介します。

●朝倉市秋月博物館 令和6年2月10日(土)から「富田英壽先生追悼パネル展」を開催いたします

●朝倉市秋月博物館 令和6年2月10日(土)から「古都秋月 雛めぐり」を実施いたします

●朝倉市秋月博物館 令和6年2月10日(土)に高取焼体験会を実施いたします

朝倉市秋月博物館 令和6年1月6日(土)から特集展「もうひとつの支藩 東蓮寺藩」を開催いたします

●朝倉市秋月博物館 令和5年10月21日(土)から秋月藩成立400年記念 「藩祖 黒田長興」を開催いたします 終了しました

●磯田道史先生より資料をご寄贈いただきました

朝倉市秋月博物館 令和5年6月6日(火)から特集展「藩主の装い」 終了しました

 

 

富田英壽先生追悼パネル展

【タイトル】 富田英壽先生追悼パネル展
【内容】

 令和6年(2024)1月、富田英壽先生が御逝去されました。富田先生は耳鼻咽喉科医として朝倉市の医療に貢献する傍ら、寛政2年(1790)に日本で初めて種痘に成功した秋月藩医 緒方春朔の研究に取り組み、春朔の偉業を全国に広く伝えた方です。昭和49年(1974)に医師仲間と共に「春朔会」を結成し、春朔に関する資料の収集や調査研究を精力的に行い、多数の著作を出版するなど、大きな功績を残されました。

 朝倉市秋月博物館では富田先生の功績を広くお伝えするために、パネル展を開催いたします。緒方春朔研究の第一人者として、長年顕彰活動を続けてこられた富田先生のご尽力に敬意を表すると共に、衷心よりご冥福をお祈り申し上げます。

【開催場所】

朝倉市秋月博物館 ロビー

【開催期間】

【日付】令和6年2月10日(土)~令和6年4月7日(日)

【時間】9時30分から16時30分まで(入館は午後4時まで)

【休館日】

毎週月曜日(※3月25日、4月1日は臨時開館。※祝日の場合は翌平日。※2月27日は展示替えのため臨時休館)

(なお、状況に応じて休館日を変更する場合がございます)

⇒詳しくは開館日程カレンダー(トップページ)を参照

【入館料】

ロビー展示のみのご観覧は無料です。

 

 

 

古都秋月 雛めぐり

【タイトル】 古都秋月 雛めぐり  
【内容】

 3月3日は「桃の節句」、女の子の健やかな成長を祈願し、伝統的に雛人形を飾ります。城下町秋月では各所で雛飾りが展示されます。早春の秋月で雛めぐりをお楽しみください。

 秋月博物館では、ロビー及び旧戸波家住宅にて雛飾りを展示いたします。また、旧田代家住宅では、武家屋敷に飾られた趣深い雛飾りをご観覧いただけます。

戸波家

以前の様子

【開催場所】

朝倉市秋月博物館 ロビー、旧戸波家住宅

 

【開催期間】

【日付】令和6年2月10日(土)~令和6年3月3日(日)

【時間】9時30分から16時30分まで(入館は午後4時まで)

茶室

以前の様子

【休館日】

毎週月曜日(※祝日の場合は翌平日。※2月27日は展示替えのため臨時休館)

(なお、状況に応じて休館日を変更する場合がございます)

⇒詳しくは開館日程カレンダー(トップページ)を参照

 

 

【入館料】

雛人形展示のみのご観覧は無料です。

 

 

 

高取焼体験会

【タイトル】 高取焼体験会  
【内容】

 直方市を発祥とする高取焼は福岡藩の事業として始まり、現在も続いています。このたび、東蓮寺藩と秋月藩の立藩400年を記念し、古高取を伝える会による高取焼体験会を行います。奮ってご参加ください。

過去の様子

以前の様子

【開催場所】

朝倉市秋月博物館 市民交流棟

 

【開催期間】

【日付】令和6年2月10日(土)

【時間】13時00分から15時00分まで(受付は12時から)

過去の様子2

以前の様子

【参加方法】

朝倉市秋月博物館まで、ご来館もしくはお電話でお申し込みください(0946-25-0405)。

定員:25名

過去の様子3

以前の様子

【参加費】

無料

 

 

 

特集展「もうひとつの支藩 東蓮寺藩」

【タイトル】 特集展「もうひとつの支藩 東蓮寺藩」  
【内容】

 秋月藩と同時期に成立した東蓮寺藩(直方藩)を紹介する展示を行います。東蓮寺藩は、黒田長政の四男高政に分知されたことにより始まり、4代目藩主が死去したことで本藩に統合されます。また、黒田藩の特産物となった、高取焼の発祥となったことでも知られています。鷹取城出土の鬼瓦、初期高取焼の名品、藩主の奥方墓の発掘調査資料など、東蓮寺藩所縁の品々をこの機に、御観覧ください。

高取焼椀

高取焼椀(内ヶ磯窯跡出土)

【開催場所】

朝倉市秋月博物館 展示室2

 

【開催期間】

【日付】令和6年1月6日(土)から

    2月25日(日)まで

【時間】9時30分から16時30分まで (受け付は16時まで)

燭台

燭台(4代藩主黒田長清前室墓出土)

【休館日】

毎週月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は開館し、その翌平日が休館)

(なお、状況に応じて休館日を変更する場合がございます)

⇒詳しくは開館日程カレンダー(トップページ)を参照

惣郭図

直方惣郭図

【観覧料】

大人:330(220)円

 ※(  )内は団体料金  

小・中学生 無料

⇒詳しくは観覧料(トップページ)を参照

 

 

 

 

 

 

秋月藩成立400年記念特別展「藩祖 黒田長興」終了しました

【タイトル】 秋月藩成立400年記念特別展「藩祖 黒田長興」  
【内容】

 本年は、元和9年(1623)の福岡藩初代藩主黒田長政の遺言により、秋月藩が成立して400年の節目です。夜須・下座・嘉麻郡のうち5万石を福岡藩2代藩主黒田忠之から分知された黒田長興は、秋月城の築城とともに、政治・経済の中心地として城下町秋月を整備していきました。この時に整備された町並みや歴史的建造物群は、現在も人々の生活基盤として大切に守り伝えられています。

 本展では、14歳で藩主に就任し56歳で死去するまでの42年間に及ぶ長興の足跡を、黒田家に伝わる武具甲冑や古文書、原城跡から出土した考古資料等から多角的に捉え、秋月藩政の礎を築いた長興の人物像に迫る企画として開催いたします。

黒田長興像

黒田長興像

【開催場所】

朝倉市秋月博物館 展示室1、展示室2

 

【開催期間】

【日付】令和5年10月21日(土)から

    12月17日(日)まで

【時間】9時30分から16時30分まで (受け付は16時まで)

律管

律管脇立桃形兜・緋糸威胴丸具足 小具足付(黒田長興所用)

 

 

 

【休館日】

毎週月曜日(※11月20日、27日、12月4日を除く)

(なお、状況に応じて休館日を変更する場合がございます)

⇒詳しくは開館日程カレンダー(トップページ)を参照

黒漆塗鑷頭巾形兜白四手脇立付・  紺糸威桶側胴二枚胴具足 小具足付  (伝宮崎重昌着用)

黒漆塗鑷頭巾形兜白四手脇立付・

紺糸威桶側胴二枚胴具足 小具足付

(伝宮崎重昌着用 福岡市博物館蔵)

【観覧料】

大人:500(330)円

 ※(  )内は団体料金  

小・中学生 無料

⇒詳しくは観覧料(トップページ)を参照

 

 

 

 

秋月博物館へ資料の寄贈をいただきました

【タイトル】 磯田道史先生より資料をご寄贈いただきました
【内容】

NHKBS「英雄たちの選択」他でご活躍中の歴史学者磯田道史先生より資料をご寄贈いただきました

3349

 

 

 

 

 

 

【寄贈資料】

秋月藩12代藩主黒田長徳が詠んだ和歌の短冊他6点

【経緯】

 磯田先生が来福されるに際し、秋月博物館に渡したい資料があるとご連絡いただきました。訪問先の福岡県立九州歴史資料館において、ご寄贈いただきました。 

 

 

 

 

 

 

 

 夏季特集展「藩主の装い」終了しました

【タイトル】 藩主の装い  
【内容】  藩主がどのような服装をしていたか、知っていますか。江戸時代の武家は身分や年齢、儀礼などによって服装が細かく定められており、秋月藩主もその時々に応じた服装をしていました。本特集展では、陣羽織や火事装束などの武家らしい装いから、参内する際に着用した冠や沓まで、秋月藩主ゆかりの装束をご紹介します。奥深い“装い”の世界をこの機にぜひご堪能ください。

火事兜

火事兜

 

 

 

 

 

 

 

【開催場所】

朝倉市秋月博物館 展示室2

 

【開催期間】

【日付】令和5年6月6日(火)から

    8月6日(日)まで

【時間】9時30分から16時30分まで (受け付は16時まで)

緋羅紗地下藤文付陣羽織

緋羅紗地下藤文付陣羽織

 

紫羅紗・腰金襴陣羽織

紫羅紗・腰金襴陣羽織

【休館日】

毎週月曜日(祝日の場合、翌平日)

 

(なお、状況に応じて休館日を変更する場合がございます)

⇒詳しくは開館日程カレンダー(トップページ)を参照

 

【観覧料】

大人:330(220)円

 ※(  )内は団体料金  

小・中学生 無料

⇒詳しくは観覧料(トップページ)を参照

 

 

 

    

 

 
 
 
 

 

 トップページへ戻る  このページの上部へ移動

 

| トップページ | 施設情報 | 交通案内 | イベント情報 | 歴史コラム | 各種お問合せ |

 

このページを見た方はこんなページも見ています

    このページに関する
    お問い合わせ先

    朝倉市秋月博物館
    お問い合わせフォーム

    このページに関するアンケート

    このページは見つけやすかったですか?
    このページの内容はわかりやすかったですか?
    このページは参考になりましたか?