表示色
文字サイズ変更

ここから本文です。

新庁舎整備

登録日:2020年12月16日

 平成18年の市町村合併以来、合併協定書に基づき、旧甘木市役所の庁舎を朝倉市の本庁舎として活用してきましたが、昭和48年1月に竣工した現庁舎は、老朽化が進むとともに、狭あいとなり、またバリアフリーにも対応することができない状況があります。あわせて「建築物の耐震改修の促進に関する法律」に基づき、耐震診断を実施した結果、現庁舎は耐震性に不安を残す結果となりました。
 このことから、平成26年に具体的な検討を始め、平成27年8月に庁舎整備の基本方針となる「朝倉市庁舎整備基本構想」を策定し、その基本理念を達成するための基本的な指針となる「朝倉市庁舎整備基本計画」を平成28年3月に策定しました。
 平成28年度・29年度には、庁舎建設基本・実施設計を進めていましたが、平成29年7月5日に発生した、九州北部豪雨による災害の影響を受け、基本・実施設計までは完了したものの、その後の庁舎建設計画は一時凍結となりました。
 現在、朝倉市では、災害からの復旧・復興事業を最優先に取り組んでいますが、新庁舎建設については、その経過を引き継ぎ、建設する時期を検討していくことにしています。

 庁舎整備に関するお知らせ

 

構想・計画・設計等

朝倉市庁舎整備基本構想(概要版) 平成27年3月
朝倉市庁舎整備基本計画(概要版) 平成28年3月
朝倉市庁舎建設基本設計(概要版) 平成29年4月

このページを見た方はこんなページも見ています

    このページに関する
    お問い合わせ先

    総務部 庁舎・十文字公園整備室
    お問い合わせフォーム

    このページに関するアンケート

    このページは見つけやすかったですか?
    このページの内容はわかりやすかったですか?
    このページは参考になりましたか?